rin さん プロフィール

  •  
rinさん: my life my eyes...and more
ハンドル名rin さん
ブログタイトルmy life my eyes...and more
ブログURLhttp://mylifemyeyes-andmore.seesaa.net/
サイト紹介文写真、アート、映画、音楽、美味しいもの…etc.好きなことや気になることを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/04/27 16:22

rin さんのブログ記事

  • 映画「スパイダーマン ホームカミング」。
  • 現在上映中の映画「スパイダーマン ホームカミング」。観てきました。これまで5作、映画化されてきた「スパイダーマン」。サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3作(2002~2007)。主演はトビー・マグワイア。マーク・ウェブ監督の「アメイジング・スパイダーマン」2作(2012~2014)。主演はアンドリュー・ガーフィールド。苦悩しながらも成長していくヒーロー、スパイダーマンが好きで全作観ています。ニューヨークの大空をクモの糸で [続きを読む]
  • 空間芸術、佐川美術館。アルフォンス・ミュシャ展。
  • 滋賀県の佐川美術館。水庭にたたずむ美しい建物が見たくて行ってきました。とてもいい天気だったのでパンフレットみたいな写真が撮れました。(笑)水面の反射の光が屋根やら壁にキラキラ映り美しい。水鏡に映る建物。この美しさを計算して建築したんだろうなぁ。館内にも光を計算して作られた場所があちこちに。地下の楽吉左衛門館は、1階の水庭のゆらゆらが光を通して壁と床に映り美しい。これは楽吉左衛門氏自身が設計創案・監 [続きを読む]
  • 夏の京都。建仁寺の半夏生。
  • 祇園・花見小路にある京都最古の禅寺、建仁寺。鎌倉時代に建立された古刹。建仁寺の両足院で開かれていた「半夏生の庭園特別公開」。書院の前の庭園に群生する半夏生(はんげしょう)。今年は6月12日から7月9日にかけて一般公開。先日ギリギリセーフで見に行くことができました。ドクダミ科の半夏生。半化粧とも書きます。緑の葉っぱが白くなっていくのが、化粧をしているようだからだそう。白い部分は花びらではなく葉。上から3枚 [続きを読む]
  • 川底トンネル、安治川隧道。
  • ↑美味しそうな飲食店の匂いがする西九条駅高架下先日、大阪の西九条駅から九条駅を散策。初めて訪れたので、地元の方に道を尋ねました。「ここ左にずーっといくと”ずいどう”あるやろ?」「”ずいどう”渡ってずーっといくと九条駅やで」”ずいどう”。最初、何のことだか全く分かりませんでした。”ずいどう”を渡る、って言っていたので「橋」かしら。教えてもらった道を進み、”ずいどう”発見。それは、安治川を渡る川底トン [続きを読む]
  • 久しぶりの甲子園球場。
  • 祖父の代から阪神タイガースが好き。旦那も阪神タイガースが好き。そして私も。先日、父と旦那と私の3人で甲子園へ。甲子園で野球観戦なんて何年ぶりかしら。4、5年ぶり?前回行った時は、金本”選手”だったもの。甲子園の広い空間が気持ち良い。人工ではない芝が美しい。盛り上がりはお祭りのよう。久しぶりに行ったその日は偶然「TORACO DAY」。女性ファン限定のイベントが色々ある日。ネイルしてくれたり虎耳ヘアにしてくれた [続きを読む]
  • 京都のツバメソースと伏見でちょこっと観光。
  • 京都の地ソースとして知られているツバメソース。昭和五年創業のツバメ食品というソース専門の会社が作っています。この老舗こだわりのソースが美味しいらしい。と、聞いて食べてみたくなりました。ネット通販で買うことができますが、京都にあるいくつかの酒屋さんでも販売してます。その中の伏見の酒屋さんに買いに行くことにしました。伏見に行ったついでにカメラを持ってちょこっと観光。坂本龍馬が襲撃を受けた寺田屋、伏見・ [続きを読む]
  • 花曇りのお花見。
  • 先日、去年より少し遅めに咲いた桜を見に行きました。あいにくの花曇り。毎年桜を撮りに出掛けるぞー!という日は曇りがち。パカッとした青空の下で桜撮影をしてみたいなぁ。曇りでも肌寒くても小雨が降っても。みなさん楽しそうにお花見をされていました。春が来たんだなぁ。満開の桜のそばに桃の花が咲いていました。桃の花って3月3日の雛祭り頃に咲くイメージ。遅咲きの桃?と思っていたのですが、桃の季節は3月下旬から4月の上 [続きを読む]
  • 猫カフェ。
  • 猫カフェ。つい最近まで知りませんでした。ドッグカフェはペットの犬同伴で入ることができるカフェ。それは知っていましたが。猫カフェは、カフェに居る猫と戯れる所なのですね。ペットの猫を連れて行くのではないのですね。先日、友人と猫カフェ初体験。私も彼女も犬しか飼ったことないのですが。老後、犬とか猫とか飼いたいね。犬は散歩大変よね。猫、いいね。かわいいね。でもなー、旦那猫苦手で。おぉ!うちもよ〜。じゃ、猫カ [続きを読む]
  • 2017年、あけましておめでとうございます。
  • あけましておめでとうございます。2017年、すっかり明けて5日目です。さて、今年の年賀状写真は↑です。埴輪の鶏。レプリカですが。シンプルだけど、きれいな形をしているなぁ。と、古代の人の美意識に感心。古代史に興味があります。古墳などに行くとテンションが上がります。発掘調査の仕事をしてみたかったな。最近、日本中で発掘調査&新発見がありますよね。どんどん歴史の新事実が解明されますように。スポンサーリンク今年 [続きを読む]
  • 2016京都の若冲展。
  • あっという間に12月。先日すべりこみで若冲展を観てきました。京都市美術館の「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」。12月4日まででした。私の好きな「象と鯨図屏風」「百犬図」「果蔬涅槃図」を観ることができました。「象と鯨図屏風」の象がかわいすぎる。「百犬図」の子犬たちがキモかわいすぎる。(笑)「果蔬涅槃図」墨の濃淡や筆の勢い…モノクロなのにカラーに見えてきました。水墨画が多く展示されていました。布袋さんの [続きを読む]
  • 懐かしの嵐山。
  • 10月。中旬になり、やっと秋らしくなりました。先週まで暑かったですね。そんな、秋なのに暑かった先週。嵐山へ。気候が良いから撮影を。と、カメラを持ってウロウロ。10月なのに汗だくに。学生の頃ウロウロした場所へ。友達が下宿していた場所。まだありました。駄菓子屋は無くなっていました。懐かしの車折神社。芸能(芸術)の神様でもある神社。境内にはたくさんの芸能人の名前が。そこのおみくじの自動販売機。昔、通るたびに [続きを読む]
  • 昭和という時代 木村伊兵衛展。何必館・京都現代美術館。
  • 京都の八坂神社の近くにある、何必館・京都現代美術館。夏に開催されたサラ・ムーンの写真展。先日ブログに書いた「サラ・ムーンの写真展。何必館・京都現代美術館。」。その後、開催中ギリギリ間に合い見に行ってきました。何必館・京都現代美術館で現在「昭和という時代 木村伊兵衛 展」が開催中。今回は開催早々に足を運びました。近代写真家の第一人者、木村伊兵衛。下町の暮らしや地方の写真。昭和という情景。ライカで写すモ [続きを読む]
  • ありあけのハーバー。
  • 8月もあっと言う間に下旬。まだまだ暑いし、台風は来るし。もうすぐ秋ね、という気分には全然ならず。秋服が洋服屋さんに並び始めたのを見て、思います。「9月になったら秋っぽい服装をしなくちゃかなぁ。残暑が厳しそうだなぁ…。」スーパーに買い物に行くと、夏休みの親子連れでいっぱい。フードコートは「遊園地?」と思うぐらい元気いっぱいの子供の声が。暑いけど写真が撮りたくて「暑さを凌げる場所」を求め午前中の神社へ。 [続きを読む]
  • 舟和の芋ようかん。
  • 7月ももうすぐ終わり。毎日暑いですね。日差しが強い。光と影のコントラストから生み出される、その時だけの形。惹かれます。公園の滑り台に出来た、葉っぱの影。綺麗。影は美しいけれど…日差しは暑い。(笑)蝉の声がすごくて、夏なんだなぁと感じます。夏まつりや花火大会、海やプール。若い頃は楽しいことがいっぱいでした。元気だったなぁ。←年寄りか。(笑)スポンサーリンクさて。唐突ですが、舟和の芋ようかん。久しぶり [続きを読む]
  • 七夕と天の川。
  • 七夕ですね。見えましたか?天の川。何か願いましたか?私はというと。何も願わず。天の川も見えず。ちらし寿司は食べました。(笑)でも何で七夕にちらし寿司なのだろう?節句=お祝いだからかしら。近所の幼稚園の七夕飾りに飾られた園児の短冊。「カブトムシになりたい」と書いていた子。かわいいなぁ。シュールだけど。(笑)天の川。1度だけ見たことがあります。山頂で。天の川が見れるとのことで車で出掛けたのですが。あま [続きを読む]
  • サラ・ムーンの写真展。何必館・京都現代美術館。
  • 何必館・京都現代美術館。京都の八坂神社の近くにある美術館。定説で縛られ自由を失わないように”何ぞ必ずしも”と疑う精神を。そんな願いから名付けられた「何必館」。モダンで美しい建物。都会の中なのに静か。展示室やホール、光の差し込む庭や茶室。小さな美術館の至る所に美意識を感じる。主なコレクションは日本画の村上華岳、洋画家の山口薫、芸術家の北大路魯山人の作品。その他、日本画、洋画、工芸、書、写真の現代美術 [続きを読む]
  • 梅雨と雨の日と紫陽花と。
  • 梅雨ですね。雨の日の景色は情緒があって美しい。それなのに。雨の日に傘をさしての撮影が苦手。濡れてカメラが壊れてしまわないか心配。(小心者(笑))建物の中から撮ったり、窓ガラス越しに撮ったり。↑上の写真も車の中から撮ったもの。かなり昔の写真ですが。コンデジを初めて手にして嬉しくて。雨の日だろうが真夏日だろうが、毎日撮っていた気がします。今では。雨降ってるから撮るの辞めよう。暑いから辞めよう。…昔の写 [続きを読む]
  • 京都烏丸。イノダコーヒとベルアメールと箸方化粧品。
  • 葵祭の翌日。京都烏丸へ。あ、上の写真は前日の大田神社の杜若です。京都烏丸で1度行ってみたかったお店3つ。イノダコーヒ本店。ショコラ ベルアメール 京都別邸。箸方化粧品(はしかた四条烏丸)。行ってきました。「イノダコーヒ本店」は京都の有名喫茶店の本店です。1940年創業の歴史ある老舗カフェチェーン。外観は町家風だけど店内は洋館サロン風。レトロで素敵な雰囲気の別館の席へ。人気メニューらしい「アラビアの真珠」と [続きを読む]
  • 葵祭と大田神社の杜若。
  • 先週末、京都へ。葵祭。初めて見ました。平安朝の着物が美しかったです。優雅で華やか。なんだかお雛様の行列を見ているようでした。写真もたくさん撮りましたが、見物客いっぱい。運動会並の望遠レンズにすれば良かったと反省。(笑)京都三大祭といえば、葵祭、祇園祭、時代祭。葵祭は京都最古の祭り。京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ、平安時代の王朝装束を纏った行列がねり歩きます。総勢500名を超える行列の路頭の儀。近 [続きを読む]
  • 伊藤若冲の展覧会。2016東京と京都。
  • 現在、東京都美術館で開催中の「生誕300年記念 若冲展」。日本美術ブームの中で最大の人気絵師、伊藤若冲。若冲の名作中の名作が約80点集められた展覧会。相国寺所蔵「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」全30幅が一挙に公開。「動植綵絵」は宮内庁三の丸尚蔵館所蔵。「釈迦三尊像」を取り囲むようにかけられていました。この33幅が東京で一堂に会すのは初めて。おぉ、すごい!伊藤若冲。江戸中期の日本画家。1716年、京都の青物問屋の [続きを読む]
  • 母の日のカーネーション。
  • 昨日は母の日。母へカーネーションを贈りました。毎年、カーネーションなど花を贈ります。母が花が好きなので。でも何故母の日はカーネーションなんだろう?フト気になり調べてみました。母の日にカーネーションを贈る由来は。1905年のアメリカ。5月に母を亡くしたアンナ・ジャービスという女性が開いた追悼会。祭壇に飾ったのが、母が好きだった白いカーネーション。その後、彼女は母を敬う気持ちを残したいと「母親のための祝日 [続きを読む]
  • ツツジとUV対策の話。
  • ツツジを撮りに行きました。濃い赤、濃いピンク、薄いピンク、白。咲き乱れていました。甘い良い香り。4月下旬が見頃なので今年見納めだったかも。カメラを持った人があちこちにいました。スケッチをしている人も。小さくてかわいいけれど、よく見たら結構情熱的な感じ。そういえば。ツツジとサツキって似てるけれどどう違うのかしら。「サツキ」はツツジの一種。「皐月躑躅(サツキツツジ)」を省略した名前。旧暦の皐月(5月)に [続きを読む]
  • コクヨ なまえのないえのぐ。
  • 今気になるもの。「コクヨ なまえのないえのぐ」。その名の通り、絵の具に名前がついていません。普通の絵の具はチューブに「あか」とか「あお」と書いてありますよね。でもこの商品は、色名はつけず3原色だけで色を表現。チューブに3原色の色がプリントされています。シアン・マゼンタ・イエローの3原色。例えば「あお」ならシアンの丸がチューブにプリント。「みどり」ならシアン+イエローの丸がチューブにプリント。丸の大きさ [続きを読む]
  • 笙(しょう)の音。
  • 4月の始めにちょっとだけ桜を見に行きました。近所の神社へ。花曇りだったので桜の写真をたくさん撮れず。またお天気な日に撮りに来よう。そう思ったまま、桜の時期が過ぎてしまいました。残念。また来年。昨日はまた別の神社へ。雨上がりのしっとりとした空気の中の神社。緑が水を得て活き活きしていました。さつきやハナミズキが咲いていてキレイ。春だわ〜。神社で結婚式をしていました。ピヨ〜と笙(しょう)の音が。おぉ、癒 [続きを読む]