横浜の秘密 さん プロフィール

  •  
横浜の秘密さん: 横浜の秘密
ハンドル名横浜の秘密 さん
ブログタイトル横浜の秘密
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jpgr2025
サイト紹介文知らなかった横浜がいっぱい �・鈴木祐蔵ブログ�・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/04/27 17:17

横浜の秘密 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 西洋理髪発祥之地記念碑「ザンギリ」は、なぜ山下公園に建っている?
  • 安政6年(1859年)に開港した横浜には、外国人が永住し、会社やお店を構えて貿易や商売をすることができる外国人居留地が設けられた。居留地で仕事や生活を営んだ外国人たちは、より快適に暮らすために慣れ親しんでいる自国の文化を数多く横浜に持ち込んだ。一方で、好奇心旺盛な横浜の人々は、自分たちの暮らしに欧米文化を積極的に取り入れた。その結果、横浜には日本での発祥となったものが多いのだが、「西洋理髪」もそのひと [続きを読む]
  • 崎陽軒のシウマイ娘は、元祖キャンペーンガール。
  • 横浜名物として幅広く親しまれている食が「崎陽軒のシウマイ」。いまでこそ高い人気と知名度を誇っているが、当初から順風満帆というわけではなかった。明治41年(1908年)、横浜駅(※初代横浜駅=現在のJR桜木町駅)構内の食料・雑貨の売店として創業した「崎陽軒」。発足したばかりのころは「シウマイ」は開発されておらず、目玉商品がなかった。駅弁は販売していたが、当時の東海道線の下り列車では始発の東京駅で駅弁の購入を [続きを読む]
  • 馬車道は生チョコの発祥地ではない。
  • 日本で初めて産声をあげたものがいろいろとある馬車道。しかし、なかには日本の発祥地だとカン違いされているものもある。馬車道に「シルスマリア」という洋菓子店が店舗を構えており、「生チョコ発祥の店」と書かれたひときわ大きな看板を掲げている。散策している際などに目に飛び込んできやすい看板なので、あたかも馬車道が生チョコ発祥の地であるかのように錯覚しやすい。確かに「シルスマリア」は「生チョコ発祥の店」。1988 [続きを読む]
  • 「みなとみらい21」は「赤い靴シティ」になっていたかもしれない。
  • 横浜のハーバーサイドという開放感のなか、歴史と未来が共存した独特の空間が形成され、多数の支持を集める日本最大級の人気観光エリア「みなとみらい21」。赤レンガ倉庫を代表とする横浜港ゆかりの歴史的遺産を活かした施設とランドマークタワーを筆頭とする未来的デザインの建築物が、調和を保ちながら美しく配置されており、平日・休日を問わずに多数の人々が全国各地から訪れ、グルメ、ショッピング、映画、遊園地、散策などを [続きを読む]
  • サンマーメンの発祥は、横浜中華街の老舗・聘珍楼。
  • 「横浜謎解き散歩」(KADOKAWA 新人物文庫/監修:小市和雄)の著者ということで、2016年4月14日(木)、テレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」内の「春の横浜謎解き散歩」と題した特集コーナーに、ガイド役として出演させていただいた。そのなかで訪問したのが、横浜中華街の老舗中華料理店「聘珍楼(へいちんろう)」である。じつは、横浜生まれの大衆食として知られる「サンマーメン」の発祥地が「聘珍楼」という説があるか [続きを読む]
  • 横浜は、なぜ横浜という地名なのか?
  • 日本では、おそらく多くの人が知っていると思われる都市「横浜」。でも、どうして「横浜」という地名なのかと問われれば、大半の人が首をひねって答えに窮してしまうのではないだろうか。文字通り、「横の浜」、「横に浜」と考えてみる。地図を広げてみても、海沿いに足を運んでみても、陸地に沿ってその横に海が広がってはいるが、そんな風景は横浜に限らず日本全国いたるところで目にすることができる。おまけに、横浜には現在、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …