chi-sk8 さん プロフィール

  •  
chi-sk8さん: 登山女子のぽんこつ日記
ハンドル名chi-sk8 さん
ブログタイトル登山女子のぽんこつ日記
ブログURLhttp://chi-sk8.hatenablog.com/
サイト紹介文登山女子のための、はじめての登山のこと、登山ルートや装備のこと、いろいろ紹介します。
自由文登山洋品のレビューやメンテナンス方法、おすすめの登山ルート、紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 293日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/27 21:09

chi-sk8 さんのブログ記事

  • 赤岳鉱泉 アイスクライミング入門とはじめての小屋泊
  • 2017年2月11日(土)〜12日(日)赤岳鉱泉 アイスキャンディ前回の山行から約一ヶ月。chi-sk8.hatenablog.com国家試験の受験のため、山に行けず、嫌いな勉強の毎日でした。無事に試験を終えたら世間は厳冬期です。身体もすっかり鈍ってしまいました。さて、赤岳鉱泉は11月にテン泊して以来です。chi-sk8.hatenablog.com今回は予約してずっと楽しみにしていたアイスクライミングにチャレンジします。2月11日(土) [続きを読む]
  • アイゼンの研ぎ方 
  • アイゼンのメンテナンス 研ぎ方気が付くともう年明けです。「もう〜い〜くつ寝〜る〜と〜」なんて、寝る暇もなくなるほど忙しかった年末。恒例の大掃除に、おせち作り、年賀状書きと、そして、アイゼンのお手入れ、爪研ぎもあります。(本当はシーズン終わりにやらなければいけないのですが)先日の木曽駒ヶ岳のアイスバーンで怖い思いをしましたので、chi-sk8.hatenablog.com今回はアイゼンの爪研ぎを紹介してみようと思 [続きを読む]
  • 年末の宝剣山荘
  • 2016年12月30日(金) 年末の宝剣山荘 今年の年末年始は5〜6年ぶりに宝剣山荘が営業すると、小屋閉めのときにお聞きしていたので、冬休みは宝剣山荘に行こうと、ずっと楽しみにしていました。とはいえ、水の確保や荷揚げの問題等、スタッフさんたちは相当な苦労や困難があったと思います。それでも冬に登るたびに「食事もトイレも何もなくてもいいから宝剣山荘が開いていたらなぁ」と思っていたので、今回はとてもワ [続きを読む]
  • 木曽駒ケ岳 雪山の危険
  • 2016年12月24日(土)木曽駒ケ岳 八丁坂と宝剣岳はアイスバーン前回の木曽駒ケ岳から約4週間。chi-sk8.hatenablog.com師走の激務を、山のことだけを考えて乗り越えてきました。雪の積もり具合など、どんな状況になっているのかワクワクします。今年のクリスマスは土日に重なり、祝日と合わせて3連休です♪本当は23日に登る予定でしたが、週間予報ではあまり天気が良くありません。念のため麓に宿を予約していましたので [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 日帰り雪山登山
  • 2016年11月26日(土)木曽駒ヶ岳 日帰りピストン11月24日、東京では54年ぶりの雪になりました。積雪は観測史上初とのことです。職場のみんなはブーブー言っていましたが、私は「こりゃ山にも雪が積もるな」とひとりニヤニヤしていました。木曽駒は一年中毎月行っていますが、雪と岩が混じりそうなタイミングは初めてなのでワクワクします。11月25日(金)深夜、菅の台バスセンター駐車場に到着しました。車の温度計を見るとマ [続きを読む]
  • 雪山テント泊で使えるハクキンカイロ
  • 雪山でのおすすめ防寒グッズ ハクキンカイロ 厳冬期のテント泊。寒さを通り越して、痛みと筋肉疲労との戦いです。マットやシュラフ、防寒着で武装しますがそれでも熟睡できないこともあります。そんな時、使い捨てカイロは、気温が低すぎると全然温かくなりません。なので、私はハクキンカイロを持って行きます。日帰りでもビバークに備えて必ずザックに入れておきます。ハクキンカイロはベンジンやジッポのオイルで [続きを読む]
  • 11月の赤岳鉱泉 テント泊
  • 2016年11月12日(土)赤岳 雪山登山とテント泊前回の木曽駒ケ岳から2週間。冬の色は日に日に濃くなってきています。私の身体も冬眠前のクマのように栄養をたくさん・・・(笑)chi-sk8.hatenablog.comというわけで、鈍った身体に喝を入れるべく八ヶ岳の主峰、赤岳に行ってきました。思い返せば雪山デビューは八ヶ岳でした。アイゼンにピッケルで、一丁前の山屋になったような気分で気取っていた頃が懐かしく、また恥ず [続きを読む]
  • 山の天気予報 Mountain forecast リンク作りました
  • 登山の天気予報私がいつも見ている山の天気予報は、tenkura.n-kishou.co.jpですが、この通称「てんくら」で登山指数が「A」なら問題ないのですが、曇りマークで、かつ、「B」とか「C」の場合非常に悩みます。晴れでも風が強いと「C」になっていたりします。標高1000メートル以上の地点の場合、気象業務法というのがあって、「晴れ」とか「雨」といった普通の予報ができないそうです。そこで私は、もう一つのサイト、Mounta [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 冬支度と携帯トイレのススメ
  • 2016年10月22(土) 木曽駒ヶ岳 10月 テント泊 前回の北穂高から、秋のイベントシーズンで仕事がとても忙がしく、休日出勤が続いていました。忙しいと時間は早く過ぎるように感じるものですが、私にとっては長い長い2週間ぶりの山となりました。北穂高の記事はこちら↓chi-sk8.hatenablog.comさて、木曽駒ヶ岳フリークとしては、「月イチ木曽駒」をしないとココロが充電できません。傷つくことを知った14歳か15歳の [続きを読む]
  • テントの修理 補修テープ比較
  • テントの補修暴風の中、涸沢カールのテント泊で破れてしまった山岳テント。アライテントのエアライズ3。chi-sk8.hatenablog.com 今日は破れたところを補修テープで修理してみました。 破れたのはフライ(外張り)が二ヶ所。 撤収の際に自分で踏んでしまった本体の一ヶ所です。 フライの補修 破れた部分はテントの角、ポールの先端に引っかけるDカンのところです。一晩中岩に擦れてしまったようです。山で見 [続きを読む]
  • 北穂高岳 10月の寒さと服装・装備 三日目
  • 2016年10月10日(月)穂高 冬の訪れ上高地から涸沢ヒュッテまでのスピード登山作戦を成功させ、昨日は初めての北穂高に登頂しました。幸せな気持ちいっぱいで眠りについたのですが・・・さ、寒い。なんだこの寒さは。時計のバックライトを点灯させると4:30。あ、今回の腕時計はプロトレックです。chi-sk8.hatenablog.comまだ暗いテントの中、首にかけたヘッデンをつけます。すると、なんじゃこりゃ〜!シュラフの表 [続きを読む]
  • 北穂高岳 登山の難易度 二日目
  • 2016年10月9日(日)北穂高岳 登山昨日の涸沢カールまでのスピードアプローチに成功し、4時間半で上高地から涸沢に登ってきました。chi-sk8.hatenablog.comしかし強風でほとんど眠れず。テントのベンチレーターから外を覗くと雨は止んでいます。白の中の涸沢のテン場。お花摘みに外に出てみると、レンタルのエスパーステントが1張りポールが折れて潰れていました。隣のテントのお兄さんは怖くて眠れなかったそうです。 [続きを読む]
  • 北穂高岳 登山成功のポイント3つ 一日目
  • 2016年10月9日(土)先週、天候不良により撤退した北穂高のリベンジに行ってきました。撤退はしましたが、先週の涸沢でのテント泊は非常に勉強になりました。先週の記事はこちら↓chi-sk8.hatenablog.com10月8日(金)いつもと同じく、日中から仕事中にもかかわらず山のことで頭が一杯です(ワラ)先週の涸沢テン泊での反省点から、3つの作戦を立てました。このブログを読んでくださっている皆さんの多くは時間(日程)に制約 [続きを読む]
  • 北穂高改め 涸沢カール テント泊 紅葉と虹
  • 2016年9月30日(金)〜10月1日(土)秋の北穂高岳 登山前回に引き続き、さらに秋の深くなった山を目指し、テント泊で穂高に向かいました。前回は木曽駒ケ岳↓chi-sk8.hatenablog.com9月29日、20時に東京を出発し、空いている高速を気持ちよくドライブしながら24時前、上高地沢渡駐車場到着。平日だからでしょうか、駐車場はガラガラでした。Tシャツ一枚では肌寒く、ソフトシェルを羽織りましたが、それでも寒かったです。ダウ [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 秋のテント泊 服装と装備
  • 秋の木曽駒ヶ岳。寒さは?雨のテント泊はどう過ごすの?参考になれば幸いです。前回の木曽駒ヶ岳から約3週間。chi-sk8.hatenablog.com目標を剱岳に定め準備を重ねてきました(大袈裟)毎日天気予報を確認していると、ん?んんっ!?日曜日は雨!(泣)これではちょうどピークアタックの日が雨になってしまいます。剱の岩場はさすがに雨では自殺行為ですね。決算期の激務をこなしながらこの日の為だけに頑張ってきたのに!一方、パ [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳の楽しみ方3つ
  • 2016年8月26日(金)先々週の槍ヶ岳に続いて、今回はまたまた木曽駒ヶ岳にテント泊でやってきました。chi-sk8.hatenablog.com今回はいつもとちょっと違った角度から、木曽駒ヶ岳の楽しみ方をご紹介します。おなじみの菅の台バスセンターに0時到着。平日にもかかわらず、そこそこ人が多いです。平日でしたが臨時バス&ロープウェイで8時には千畳敷で準備完了!良いテン場を確保する為、頂上山荘目指し、いざ、ゆかん!今日も訓練を兼 [続きを読む]
  • 槍ヶ岳 テント泊 最終日の事件
  • chi-sk8.hatenablog.com昨日登頂し、夢のような時間を過ごしました。今日は名残惜しいですが下山です。槍ヶ岳 テント泊最終日2016年8月14日(日)4:00起床テントのジッパーを開けると、清々しい空気が霧のように中に流れ込んできます。お湯を沸かすために外へ出ると、聡明の光が星々のまどろみは消し去ろうとしています。お湯を沸かしながら淡々と荷造りをします。「帰りたくないね」とか「寂しいね」とか、口に出ことが [続きを読む]
  • 槍ヶ岳 殺生ヒュッテ テント泊 二日目
  • 昨日は、気持ちのよい横尾までのハイクと、大曲を過ぎてからの、きついきつい登りを乗り越え、最高のロケーションに幕営できました。chi-sk8.hatenablog.com2016年8月13日(土)槍ヶ岳 登山 テント泊 二日目 お花摘みに行きたくなり、5:00起床。清々しい空気を胸いっぱいに吸い込むと、まるで充電されているみたいです。すでに山頂を目指していく人がけっこういます。私は心地よい筋肉痛が出ています。槍に朝日が [続きを読む]
  • 槍ヶ岳 登山 テント泊 一日目
  • 2016年8月11日(木) 朝から山のことでそわそわしています。パートナーが仕事を終え、21:00、上高地に向けて出発。ハード&タイトな出発プランで申し訳ないけど、私には何もすることができない。頑張って眠らないように、せめて楽しいドライブにしようと思いました。運転中も主に山の話と音楽の話で盛り上がります。はじめての槍ヶ岳念願の槍ヶ岳。始めて見たときから絶対に登りたいと思い続けてきました。楽しみな一方で、距離 [続きを読む]
  • 登山用腕時計3選 女子が選びます
  • 登山の時計登山ブームで、登山用の腕時計も各メーカーからたくさん発売されていますね。でもどれを選んだらいいの?どんなものがおすすめなの?と、私自身もずいぶん悩みましたので、実際に山で使ってみた経験からおすすめ3種をご紹介します。時計選びのポイントまず、アナログの針時計かデジタル表示か。アナログアナログ時計は、現在の時刻から、経過した時間がパッと見てすぐに分かります。地図を見ながら自分のペース [続きを読む]
  • 常念岳 日帰り登山5つのポイント
  • 燕岳の帰り道、心地よい疲労感の中、目に飛び込んできた大きな山容。chi-sk8.hatenablog.com気になり調べてみると、常念岳。なかなか天候に恵まれませんでしたが、やっと行ってきました。7月23日(土)常念岳 一ノ沢ルート 日帰り登山口の標高1323メートから山頂2857メートルを目指します。①駐車場の確保事前に調べたところ、気になるのは駐車場の確保でした。前日金曜日、仕事を終え急いで帰宅し20時に東京を出発します。一 [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 テント泊 雨降りの二日目
  • 7月16日〜三連休で、一泊の予定で木曽駒ヶ岳に来ていましたが、天気予報が変わり、7月17日は雨の予報。さて、どうなることやら。昨日は快晴だったのに(泣)chi-sk8.hatenablog.com 雨のテント泊 早朝3:30雨の音で目が覚めました。テントのチャックを空けると、外は暗闇のはずなのに真っ白しろのガスと横殴りの雨。今日はどうしようかな、と、回らない頭のまま、コーヒーを入れます。あ、テント内でのストーブの使用は換気 [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 テント泊 最終日
  • 7月18日昨日下山する予定が悪天候のため、一泊延長することに。chi-sk8.hatenablog.com三日目、早朝3時。背中の痛みで目が覚めました。やっぱり二泊以上のときはエアマットが欲しいなぁ。行程も短かったので、ザックの重量的にはまだ余裕があったんだから、持ってくればよかった。風が弱まっていることに気付き、チャックを空けると満天の星が。濃紺の星空に稜線のシルエット。コーヒーを入れ、固まった背中と眠たい脳をほぐします [続きを読む]
  • 木曽駒ヶ岳 テント泊
  • 念願の三連休♪毎日天気予報を見て、オコナイを良くし、てるてる坊主まで作って、待ちに待ったこの日!快晴でスタートです!大、大、大〜好きな木曽駒ヶ岳に行きました。7月16日(土)〜7月18日(月) 木曽駒ヶ岳 テント泊 おなじみの菅の台バスセンター。連休ということもあっていつもより早くから行列ができています。5時15分のバスに乗ります。ロープウェイで千畳敷まで空中散歩です。 千畳敷 いつ来ても、何度来て [続きを読む]
  • 宝剣岳 登山の難易度について
  • 週末が近づくにつれて、読みにくい梅雨の天気をチェックしています。頭の中は山のことばかりが山積しています(山だけに)。さて、今日は常念岳をやろうと先々週から狙っていましたが、常念岳は天気の良いときに絶景を見たいと思うから、宝剣岳をやることに。私なりの答えは、岩峰登山は曇りや悪天候でもテンションが上がるし、技術が身に付くと勝手に思っています。あ、もちろん自分の身の丈に合った山に行きますが。宝剣岳日帰 [続きを読む]