minako さん プロフィール

  •  
minakoさん: もう悩まない!介護施設の選び方
ハンドル名minako さん
ブログタイトルもう悩まない!介護施設の選び方
ブログURLhttp://kaitekikaigo.com/
サイト紹介文介護施設を探すことは、ある日突然やってきます。
自由文介護施設を探すことは、ある日突然やってきます。

それは、あなた自身のためかもしれませんし、あなたの大切な家族のためかもしれません。

突然のことで介護の専門用語や介護施設の種類やサービスの違いがわからず悩みや不安があるかと思います。このサイトが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 362日(平均2.5回/週) - 参加 2016/04/28 10:08

minako さんのブログ記事

  • 認知症に特化した医療保険
  • 認知症を患っている高齢者の数は年々増加しています。現代の日本は医療技術が進歩したため、今まで完治することが困難だった病気でも適切な治療を受けることで完治するものも多くなりました。一方、高齢者が多くなり介護を必要とする人も増えています。介護する側の負担も大きく、介護保険などを活用しても介護にかかる費用負担も大きいのが現状です。介護保険は要介護1から5という等級と要支援1、2という等級がある制度です。要介 [続きを読む]
  • 認知症に関する法整備の課題
  • 認知症に関する法整備は、まだ行き届いているとは言えません。課題として、次の点が挙げられます。1、自動車運転で事故を起こしてしまう課題認知症から運転事故につながる原因としては、空間認知能力が低下して接触事故を起こしてしまう、記憶障害で行き先を忘れたりして混乱し慌てて事故を起こしてしまう、信号や進行方向などの意味が認識できなくなり信号無視や逆走などを起こしてしまうなどが挙げられます。認知症がある方で自 [続きを読む]
  • 要介護度における認知症の認定
  • 要介護度は、申請する人がどれだけ介護を必要としていかの状況に応じて、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5という、7つの段階が設けられています。要支援1がもっとも介護を必要としていない段階で、要介護5がもっとも介護を必要としている段階です。そして、認知症と診断されると要介護以上に認定されることが多くなりますが、これは必ずしも症状の重さと比例するものではありません。また、家族から [続きを読む]
  • 食生活とライフスタイルで認知症を予防
  • 認知症の最大の危険因子は加齢です。若年性の症状もありますが、多くは加齢による脳機能の劣化が原因になります。そこに遺伝子や食事、ライフスタイルなどが組み合わさって発症リスクを高めてしまいます。加齢と遺伝はどうしようもできませんが、食事やライフスタイルを改善すれば予防することが可能です。認知症のリスクが高くなるのは65歳を超えたあたりからですが、実際に認知力を左右するのは40歳代の食事やライフスタイルなの [続きを読む]
  • 認知症と歩幅の関係〜狭い人は要注意
  • 認知症と歩くことの間には、深い関係があると言われていました。たとえば適切な歩行には、全身の血流を促進させることにより、脳への血流も促進する作用が期待できます。それにより脳の認知機能が上昇することが期待できると言われています。ですから予防のためにウォーキングを行っていると言う人も多いかと思われますが、最近では歩幅が認知症と関係があると言うことが明らかにされました。これは群馬県で、この病気を発症してい [続きを読む]
  • 認知症は遺伝する事がある?その特徴は
  • 認知症は年齢が70歳以上を超えて徐々に発症することが多いとされています。さらに、アルツハイマー病や脳血管性など原因も様々です。そして、その多くは孤発性、つまり明らかな原因なく、たまたまその人が罹患してしまったとされています。原因はまだまだ研究されつくされているわけではなく、わかっていないこともたくさん残されていますし、根本的な治療が開発されているわけでもありません。ですから、正確なことはこれから研究 [続きを読む]
  • 成年後見制度は認知症高齢者の権利を守っています
  • 認知症を発症してしまった高齢者の方は、判断能力が進行具合によって不十分になっていまい、自分の所有していた財産などの管理も非常に困難な状況になってしまいます。また、その人の家族や親族などによる相続などの揉めことや、高齢者などを狙っている犯罪なども数多くあり、その方たちを保護するためにはバックアップが必要不可欠になってきています。このようなことに対応するために作られた制度が成年後見制度です。認知症を発 [続きを読む]
  • 認知症の中でも難しいピック病とは
  • 高齢化が進むにつれて、認知症を発症する人も増えてきています。認知症とは様々な原因から脳の細胞の働きが悪くなってしまったために障害が発生して、生活していく上で支障が出る症状が現れることです。認知症の種類にはいくつかありますが、一番割合が多いのがアルツハイマー型で女性に多くみられます。特殊なたんぱく質による神経細胞の破壊が原因で、代表的な症状としては物忘れがあります。あとは判断力の低下や見当識障害、介 [続きを読む]
  • 認知症でほとんど動かないという状態も要注意
  • 親が高齢になり、少し生活をするのが不自由になることもあります。また、認知症の症状がでてしまうこともあります。このような状況になってくると、介護の必要がでてきてしまうため、親の様子がおかしいと違和感を感じた場合にはできるだけ早く医療機関で診察を受けさせることも大切です。また、認知症では攻撃的な言動、行動をすることがあり、物忘れが激しくなったり、時には感情的になることもあります。言葉も今までではしない [続きを読む]
  • 認知症予防のプログラムと実践方法
  • 認知症は進行性の病気で一度発症すると治療する事はできません。しかし、認知症になってから進行を遅くしたり、発症する前の予防をする事は可能です。認知症プログラムと題して現在は多くの自治体や団体、市民グループ、ボランティア団体、介護施設などで取り入れています。特に一律に決まったプログラムではなく、それぞれの組織や団体でオリジナルの方法を取り入れている所も多いです。特に気軽に誰でも行けるサロンやカフェなど [続きを読む]
  • 2025年には認知症の患者はかなり多くなる
  • 認知症患者が増えたことによって様々な問題が浮き彫りになっています。昔の日本では、高齢者は家族で面倒を見るのが当然だという風潮がありましたが、共働き夫婦が増えたことによって家庭内で介護をするのは難しいのが現状です。また高齢化が進んでいるものの寿命は長くなっているので、それだけ介護をする時間が増えていることにもつながります。介護というのはとても大変なもので、今まで元気だった人が少しずつ老いによって衰え [続きを読む]
  • 認知症の方が引き起こした事故が問題になっています
  • 日本は高齢化が進むと同時に、認知症を発症する患者さんが増えています。高齢者は若者に比べて判断力など様々な能力が低下しているのは当然です。さらに認知症を患うようになると、さらに判断力が衰えてしまうので事故などを起こしたり巻き込まれやすくなります。認知症患者が引き起こした事故が問題になることが多くなっていますが、その1つが高齢者による運転があります。高齢であっても運転技術や健康に問題がなければ問題はあ [続きを読む]
  • 認知症は家族でサポートを
  • 親がそれなりに高齢になると、体の機能などの衰えなどにより、体が不自由になることもあります。日常生活がある程度送れるような状況ならば、様子を見たり、少し実家で手伝う程度でも対応することができますが、認知症などの症状が出てしまった場合には、しっかりと介護をする必要がでてきます。ですが、介護に関しては、仕事や家庭の事情などにより、なかなか難しい問題であるともいえます。また、家族全体で認知症の方のサポート [続きを読む]
  • 認知症の患者さんにオススメのレクリエーション
  • 日本は高齢化が進んでいます。高齢化が進むにつれ、認知症を患っている方の人数も増加しています。認知症は症状が改善することは難しく、治療薬もまだありません。しかし、予防することは可能で、今以上に症状が進行することを防ぎ、維持することはできます。では、認知症を予防、症状の進行の予防、現状を維持するためにどのようなレクリエーションを行っていけばよいのか紹介します。病院やデイサービスでレクリエーションを企画 [続きを読む]
  • 認知症の一人暮らしの危険性と周囲のケア
  • 核家族が増える中で、高齢の方が介護をする老老介護、認知症の方が認知症の介護をする認認介護が在宅では多くなっていますが、それ以上に高齢の方の一人暮らしも急増しています。認知症の方は誰か家族が同居していれば、初期症状でも気付きやすいケースが多く大事には至りませんが、一人暮らしの場合は周囲の方も殆ど気付かない場合が多くあります。認知症の症状としても独自の世界観があり、自分の世界が正しい世界と認識しており [続きを読む]
  • 親の認知症のために介護離職すると
  • 近年では、高齢化が進み、介護の話題もよくニュースで見かけることも多くなりました。また、自分の親に関しても高齢であるという場合もあります。親が健康で自分で生活ができている分にはいいですが、高齢になることで体が不自由になることもあり、ある程度介護が必要なケースもでてきます。また、認知症になった場合には、その症状次第では本格的に介護をしなければならないこともあります。しかし、親の介護をするのに仕事をして [続きを読む]
  • 脳梗塞や脳卒中が原因で起こる脳血管性認知症
  • 加齢とともに体の機能は少しずつ衰えていきますが、特に認知症は進行すると改善が難しくなってしまいますので、初期症状は見落とさないよう、高齢者の変化はよく見てあげたいところです。認知症はアルツハイマーが特に有名で、これは脳神経が委縮し、脳が委縮してしまうことで起こります。急激に変化するのではなく、少しずつ進行するのが特徴的で、判断力が落ちる、気力が低下する、怒りっぽくなる、記憶障害、徘徊など様々な変化 [続きを読む]
  • 認知症と向き合うためのケアマネジャー
  • 認知症は徐々に人間らしさを奪っていきます。これは家族にとっても患者さん本人においてもとても辛いことです。しかし、特効薬は開発されていません。病から目を背けた場合には多くの人に迷惑をかけてしまう可能性があります。認知症における徘徊の問題、それに伴う事故の責任の所在の在り方などは社会問題として取り上げられ、専門家の間でも意見が分かれるほどです。誰がいつどこで発症するかわかりません。若いころに元気だった [続きを読む]
  • 認知症の特徴と記憶障害について
  • 認知症は脳の委縮による病気で加齢による単なる物忘れとは違い、数分間の出来事や重症化すると場所や家族の顔まで忘れてしまう病気です。この様に最も特徴的な症状としては記憶障害に現れ大別すると次の5つの種類があります。①短期②長期③手続き④意味⑤エピソードのそれぞれの記憶に司る障害が出て来ます。① 短い期間の出来事を覚えるのが苦手になり、ご飯を食べた事やトイレに行った事すら忘れてしまい何度も同じ動作 [続きを読む]
  • 認知症を患いながら老老介護をする時代がやってくる
  • 高齢になると若いときに比べて体が思うように動かなくなったり、判断力が低下します。老化現象の1つなので避けることは難しく、誰でにも体力や能力、記憶力の低下は訪れます。ただ、日本では高齢化が進んでいることから、老老介護をしている人の割合が増えています。65歳を過ぎてもその親世帯の面倒をみている人は多いですし、65歳を過ぎた夫婦が二人で支え合いながら暮らしているうちに、どちらかが認知症を患うということも考え [続きを読む]
  • 認知症のひとつ、アルツハイマーについて
  • 一口に認知症と言っても、その種類はいくつかに分類されています。そのひとつがアルツハイマーです。アルツハイマー型の認知症は、全種類の中でも最も患者数が多いとされており、男性よりも女性に多く見られるタイプであると言う特徴があります。発症の原因としては、脳にアミロイドβやタウと呼ばれる特殊なタンパク質が蓄積されていくことです。そのタンパクが蓄積されていくことで脳の神経細胞が破壊され、死滅してしまうために [続きを読む]
  • 認知症の方が服を脱いでしまう理由とは?
  • 認知症は脳の委縮による進行性の病気で、主な症状として中核症状と周辺症状に分ける事ができます。中核症状とは、記憶を司る障害であり、記憶障害、見当識障害、実行機能障害、理解判断力障害があります。周辺症状とは、昔は問題行動と呼ばれており現在はBPSDと言われいます。主な特徴として無気力などのうつ障害、せん妄、妄想、幻覚や錯覚、徘徊、失禁、暴言、食行動の異常が挙げられます。認知症の方が全員上記の様な症状になる [続きを読む]
  • 認知症改善には脳トレ体操が効果的
  • 認知症は、脳の障害によって細胞が死滅したり、圧迫されて本来の機能を失い、思考、運動、記憶などが上手く行えない症状のことを言います。脳は、前頭、側頭、後頭と分かれており、それぞれが行う指令をつかさどっていますが、神経により繋がれ連携しています。認知症はアルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型、ピック病などありますが、全体の認知症の約8割以上とも言われているのが、アルツハイマー型です。原因は、脳内にア [続きを読む]
  • 認知症はなぜ被害妄想を引き起こすのか
  • 認知症は本人にも家族にとっても、大変つらい病です。しかし放っておくわけにはいきません。他の病気と違って、脳を静かに侵食していくこの病は、体が元気であれば一般の人と変わらないくらいの行動力も持っていて、むしろ自制心がきかない分、大変な事故を引き起こす可能性も持っています。本人や身内にかかる迷惑だけならば不幸中の幸いですが、責任の重さが社会的なレベルで問われるようになれば、地域の人たちを多く巻き込んだ [続きを読む]
  • 認知症関連の事件を減らすためには
  • 近年認知症を理由とする事故や事件がとても多くなりました。事故は自宅の外に出て徘徊中に車に轢かれたり、線路に進入してはねられたりすることが多いでしょう。また、症状が出ているにも関わらず自動車の運転を継続しており、衝突事故や通行人を轢いてしまうような加害者になっているケースも多く見られるようになりました。事件では、認知症を患っている配偶者の介護が困難になった末に、無理心中を図ったり配偶者を殺害してしま [続きを読む]