かどやん さん プロフィール

  •  
かどやんさん: 70年80年代ヒット曲動画
ハンドル名かどやん さん
ブログタイトル70年80年代ヒット曲動画
ブログURLhttp://70and80hit.sblo.jp/
サイト紹介文懐かしい1970年代と1980年代にヒットした曲(洋楽)の動画を掲載します。
自由文現在記事数600以上、あなたが知っている曲が必ずあります。懐かしの曲を楽しんでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/04/28 18:15

かどやん さんのブログ記事

  • ティナ・チャールズ(Oh!クッキーフェイス)
  • Oh!クッキーフェイスCookie Faceは、1977年ティナ・チャールズのシングルヒット曲日本では、夏目雅子が出演したカネボウのCMで有名になった。また夏目雅子自身もこの曲をカバーした。本人が歌っている動画はありませんでした。曲をお楽しみください。良い曲だと思った人は〓カッチとお願いします Amazon.co.jp ウィジェット音楽動ブログランキング [続きを読む]
  • キャロル・ダグラス(マイ・シンプル・ハート)
  • キャロル・ダグラスCarol Douglasは、アメリカのソウルミュージック、ディスコミュージック系の黒人女性歌手。"Doctor's Orders" のヒット(1974年) によって、この分野での魁、先駆者と看做されている。wikipediaマイ・シンプル・ハート1981年のディスコヒット曲です。1979年スリー・ディグリーズのヒット曲、マイ・シンプル・ハートのカバーである。スリー・ディグリーズの動画も掲載しました。良い曲だと思った人は〓カッチとお [続きを読む]
  • ヤズー(ドント・ゴー)
  • ヤズーYazooは、80年代に人気を博したイギリスのシンセポップデュオ。ヤズーは、Vince Clarke(ヴィンス・クラーク)とAlison Moyet(アリソン・モイエ)の二人によって、1981年イギリスのエセックスで結成された。ヴィンス・クラークは1960年7月3日生まれ、イギリスのロンドン出身。キーボード担当。テクノ・サウンドを得意とした。以前はDepeche Mode(デペッシュ・モード)の結成メンバーであり、作詞・作曲を手がけていた。ア [続きを読む]
  • パイロット(マジック)
  • パイロットPilotは、1974年にデビューしたイギリスのポップ・バンドかつてベイ・シティ・ローラーズに在籍したデヴィッド・ペイトンとビル・ライオールの再会をきっかけに、パイロットというバンドが結成されることとなった。レコード会社もこの新バンドのデビューを即決した。1975年に発表したセカンド・アルバム『セカンド・フライト』からのシングル「ジャニュアリー」は全英1位を記録した。結局、メンバーの脱退やセールス面で [続きを読む]
  • REOスピードワゴン(涙のレター)
  • 涙のレター1980年にリリースされたREOスピードワゴンによる9枚目のスタジオアルバム『禁じられた夜』 (Hi Infidelity) に収録されているヒット曲アルバムからリリースされたシングル6曲はそれぞれチャートでヒットしている。「キープ・オン・ラヴィング・ユー」はバンド初の全米1位のヒットとなり、「テイク・イット・オン・ザ・ラン」は5位に達した。涙のレターは全米20位アルバムのタイトルはオーディオ用語で「高再現性」を意味 [続きを読む]
  • フィル・コリンズ(ススーディオ)
  • ススーディオ Sussudioは、1985年フィル・コリンズ3枚目のアルバム「フィル・コリンズIII」からのシングル大ヒット曲全米1位獲得アルバムは、フィル・コリンズがリリースしたスタジオアルバムでは一番の売り上げを記録した。アメリカで1,200万枚、イギリスで200万枚、全世界では2,000万枚を売上を記録した。このアルバムがリリースされた当時はライヴ・エイドへの出演やジェネシスとしての活動などで多忙な生活を送っており、音楽 [続きを読む]
  • ジョーン・バエズ(風に吹かれて)
  • ジョーン・バエズJoan Baezは、アメリカのミュージシャン。1941年に、ニューヨーク州のスタテン島にてメキシコ系の家に生まれる。歌手としての経歴は、1959年のニューポート・フォーク・フェスティバルから始まった。ファースト・アルバムの『ジョーン・バエズ』は、1960年にヴァンガード・レコードから発売される。同作は「ドナドナ」「朝日のあたる家」などトラディショナルのフォーク・バラード、ブルースと哀歌が、彼女自身の [続きを読む]
  • エタ・ジェイムズ(アイド・ラザー・ゴー・ブラインド)
  • エタ・ジェイムズEtta Jamesは、アメリカのブルース、R&Bシンガー。出生時の名前は、ジェイムセッタ・ホーキンズ。60年代から70年代にかけてチェス・レコードに在籍し、"Tell Mama"など多くのヒットを生んだ。1938年1月25日、カリフォルニア州ロサンゼルスにて、アフリカ系アメリカ人の母親のもとに生まれ、祖父母に育てられた。幼い頃からバプテスト教会に通い、ゴスペルの合唱団に所属していた。12歳の頃、母親とともにサンフラ [続きを読む]
  • ロバート・パーマー(この愛にすべてを)
  • この愛にすべてを1988年ロバート・パーマーは古巣のアイランド・レコードを離れて、EMIと契約し、同年『HEAVY NOVA』を発表。ここから"Simply Irresistible"(邦題・この愛にすべてを)が全米シングルチャート2位を記録するヒットとなり、この曲で自身2度目のグラミー賞最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞した。wikipediaロックだけど、ソウルを感じる曲ですね、ロバート・パーマーは、R&Bバンドからスタートして [続きを読む]
  • クライミー・フィッシャー(ぼくからのラヴ・ソング)
  • クライミー・フィッシャーClimie Fisherは、イギリスのポップ・デュオ。ボーカリストのサイモン・クライミーとキーボーディストのロブ・フィッシャーで1986年に結成された。ロジャー・ダルトリーや元ABBAのフリーダ等に楽曲提供していたソングライターのクライミーと、元ネイキッド・アイズのフィッシャーの2人がアビー・ロード・スタジオでのセッションで出会い、クライミー・フィッシャーを結成する。1986年にデビュー・シングル [続きを読む]
  • ボビー・コールドウェル(風のシルエット)
  • 風のシルエットWhat You Won't Do for Loveは、1978年ボビー・コールドウェルのデビューアルバム「イヴニング・スキャンダル」に収録されているヒット曲邦題、「風のシルエット」ボビー・コールドウェルのデビュー曲アルバムも「What You Won't Do for Love」で邦題が、イヴニング・スキャンダルこのアルバムは昔よく聴きました。特にこの曲はお気に入りでした。もう40年近く前の曲になりますが、ぜんぜん古さを感じさせないですね [続きを読む]
  • チープ・トリック(永遠の愛の炎)
  • 永遠の愛の炎Lap of Luxurは、チープ・トリックが1988年に発表した10作目のアルバム「永遠の愛の炎」からのタイトル&シングル大ヒット曲アルバムは全米16位に達した。外部ソングライターにより書き下ろされたバラード「永遠の愛の炎」が第1弾シングルとしてリリースされ、バンドにとって初の全米1位獲得シングルとなった。wikipedia全米1位ですので、良いバラード曲です。80年代後半のロックのバラードだなと感じた曲でした。良い [続きを読む]
  • トミー・ショウ(恋の標的)
  • トミー・ショウTommy Shawは、アメリカのミュージシャン、ロック・ギタリスト、歌手、作曲家。1970年代から活躍し、特にスティクス、ダム・ヤンキース、ショウ・ブレイズなどでの活動が著名。数多くのローカル・バンドでプレイした後、スモーク・リング (The Smoke Ring) に加入。その後バンドはMSファンクと名を変えてシカゴを拠点に精力的に活動した。3年ほどプレイした頃、バンドはマネジメントの計らいにより、ツアーでシカゴ [続きを読む]
  • ロス・ロボス(ラ・バンバ)
  • ロス・ロボスLos Lobosは、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするバンド。メンバーはメキシコ系アメリカ人で、ロックにメキシコ音楽の要素を取り混ぜたサウンドが特徴。"ラ・バンバ"のヒットで知られる。バンド名は、スペイン語で「狼たち」を意味する。1974年、イーストロサンゼルスのガーフィールド高校出身の4名、デイヴィッド・イダルゴ 、セサル・ロサス 、ルイ・ペレス 、コンラッド・ロサーノ によって結成さ [続きを読む]
  • ロビー・ネビル(セ・ラ・ヴィ)
  • ロビー・ネビルRobbie Nevilは、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身のソングライター、歌手ロビーは若くからミュージシャン/コンポーザーとしての才を表し、他のアーティストに多数曲を提供していた、縁の下の存在です。曲を書いていたアーティストは、例えばポインター・シスターズ、EW&F、エル・デバージなど。80年代後半にソロ活動期があり、"C'est la Vie"のヒットに恵まれました。Amazonカスタマーレビューセ・ラ・ヴ [続きを読む]
  • キム・ワイルド(ユー・ケイム)
  • ユー・ケイム1988年キム・ワイルドのアルバム「クローズ」に収録されている大ヒット曲全英3位獲得曲その当時、ディスコで頻繁に流れていた曲だそうで、全米ダンスチャート1位を獲得しているそうです。良い曲だと思った人は〓カッチとお願いしますClose (25th Anniversary Edition)音楽動画ランキング [続きを読む]