南野真宏 さん プロフィール

  •  
南野真宏さん: 「訳あり物件の見抜き方」(ポプラ新書)番外編
ハンドル名南野真宏 さん
ブログタイトル「訳あり物件の見抜き方」(ポプラ新書)番外編
ブログURLhttp://ameblo.jp/nooilmovement/
サイト紹介文世の中で起きた訳ありな出来事を紹介しながら、著者が不慣れなブログに慣れるトライアルブログです。
自由文著書で語り切れなかったエピソードや物件事例、世の中で起きた訳ありな出来事を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/04/29 15:58

南野真宏 さんのブログ記事

  • 京都の穴場?!桂が住むのに人気の理由
  • 東京から京都に旅行する人がわざわざ桂離宮を訪れることは少ないだろう。由緒はあるのだが、どうしても金閣寺や清水寺などに比べるとインパクトに欠ける。 ゆえに、観光客がわさわさと来て、落ち着かないということはない。 そんな桂だが地価が高い割に景観だのなんだのと住みづらい京都の中心地に比べると暮らし易いのは言うまでもない。阪急京都線の桂駅には特急が停まるので、梅田駅には34分で行け、河原町駅にも8分で行け [続きを読む]
  • 梅田から近くて人気の天神橋筋六丁目だが・・・。
  • summo住みたい街ランキングで22位である。 homes近畿圏の「買って住みたい街」ランキングでは1位。首都圏の1位が船橋なので、平均的な所得水準の人が現実的に買える限界値ランキング1位といっても良いかもだが。 地下鉄谷町線と堺筋線が交わっており、堺筋線には阪急千里線が相互乗り入れしている。 谷町線で東梅田駅まで2駅であり、交通的には便利である。ショッピングも、天神橋一丁目(天一)から天神橋六丁目(天六)ま [続きを読む]
  • JR高槻駅が阪急高槻市駅に人気で負ける不思議・・・。
  • summo住みたい街ランキングの21位にJR高槻駅が入っている。13位も、同駅から徒歩10分程度の場所にある阪急高槻市駅であり、それだけ高槻という街が人気ということなのだろう。 北側を見ると北摂山系が見える。また梅田方面から電車に乗ってくるとわかるが、名勝・摂津峡から流れ出た芥川も駅から思いの外近い。水も綺麗だ。山と川を近くに感じるのでなんとなく自然に囲まれている感がある。 一方で、交通と買い物は便利で [続きを読む]
  • 梅田の衛星駅・中津が、住みたい街ランクに挙がる理由!
  • summo住みたい街ランキング(関西)で20位に入っているのが中津である。 中津といっても、唐揚げで有名な大分の中津ではない。 梅田駅から地下鉄御堂筋線で1駅の中津駅である(阪急にも中津駅はあるが少し離れている)。30年近く前の高校、浪人時代、河合塾の模擬試験を良く受けに行っていたので日曜日には、ぞろぞろと他の受験者と共に梅田駅から阪急の高架沿いを歩き、中津にある河合塾ヘ向かったものである。 当時、中津 [続きを読む]
  • なぜ、草津(滋賀)が住みたい街ランキングに?
  • 大阪・本町と並んでSUMMO住みたい街ランキングの18位だったのが草津である。草津といっても、群馬県の温泉で有名な草津ではない。滋賀の草津である。草津市は、滋賀県の南東部に位置し、県庁がある大津市の北部に隣接。鉄道は、JR東海道線(琵琶湖線)と草津線、道路は、名神高速道路と新名神高速道路、国道1号線と8号線といった交通のハブ地点として便利な場所だ。 ゆえに、草津市にはオムロン、ダイキンなどの工場があり、隣 [続きを読む]
  • 本町(大阪)が住みたい街ランキングに!
  • 東京でいえば、大手町に住むようなものだろうか。大阪のど真ん中、ちょうど梅田となんばの間に位置する本町には、いまだ有名企業が多数本社を連ねる。 かつて「東洋のマンチェスター」と呼ばれた大阪は繊維産業が盛んだったこともあり、繊維を生業とする会社が多い。クラボウ、ダイワボウ、ユニチカ。そして、長年、伊藤忠商事や丸紅が本店を置いていた場所でもある。他にも、竹中工務店、岩谷産業オリックスなどが本社を構える。 [続きを読む]
  • 神戸駅の今昔(何もない場所から住みたい街へ)!
  • 昔、祖母の家が兵庫の和田岬にあった。母に連れられ、大阪駅から神戸駅まで行きそこからバスに乗って良く行ったものである。 水色が好きだった私は、、水色の電車(普通電車)に乗りたがり、柿色の電車(快速電車)には乗りたがらなかったので、母は困ったという。 が、1978年に新快速が神戸駅に停まるようになってからは、クリーム色の新快速に妥協して乗るようになったので、母もホッとしたそうだ。 そんな私の記憶では、神 [続きを読む]
  • 高槻市より若干地味な茨木市も、住みたい街ランキングの16位に!
  • 阪急茨木市駅。住みたい街ランキング関西編の16位である。 高槻市駅と同様、やはりJRの駅ではなく阪急の駅名が挙がるところに阪急ブランドの強さを感じる。 ちなみに読みは、「いばらきし」である。「いばらぎ」と読まれがちだが、茨城県同様、「き」である。 私が通学で阪急京都線を利用していた頃茨木市駅は急行までしか停車しなかったが、2001年に特急停車駅となっており、現在は、その特急で梅田駅ま [続きを読む]
  • 京都が住みたい街ランキング14位の理由とは。
  • 京都が、summoの住みたい街(関西編)ランキングで14位である。駅単位で集計しているらしいので京都駅ということになる。東京でいえば東京駅、大阪でいえば大阪駅だ。 がしかし、京都である。外国人を含めて観光の表玄関の駅である。あまり住むイメージがないのは関西でも同じである。 大阪駅までJRの新快速で28分。大阪へ通勤通学するのには可も不可もなくといったところだろう。 であれば、街中志向の人な [続きを読む]
  • 芦屋川が住みたい街ランキング12位の理由!
  • 阪急芦屋川がsummo住みたい街ランキングの12位である。そもそも狭い芦屋の中でも阪急芦屋川に絞られているので10位を漏れても当然かもしれない。 またしても梅田と三宮の間である。 そして、山から海に向かって阪急、JR、阪神が走っている中、阪急沿線が人気であるのは改めて言うまでもない。正直、JR芦屋川駅周辺には風光明媚な光景と邸宅しかない。なかなか新しい住民にはなりづらい環境である。 あまり [続きを読む]
  • 住みたい街に挙がるのも当然の宝塚の歴史!
  • 住みたい街ランキングの上位にも挙がる宝塚は、阪急宝塚線の終着駅で、いわずと知れた宝塚歌劇団発祥の地である。 元々は鄙びた温泉地であった宝塚。阪急(当時の箕電)は、有馬まで路線を伸ばしたかったものの、泊り客の減少を恐れた現地旅館に反対された為、宝塚が終点になってしまった。結果、集客の必要性に迫られた小林一三(阪急オーナーにして日本の鉄道事業の祖)がその真骨頂を発揮する。 明治時代末期、京都 [続きを読む]
  • 御影石のように落ち着いた魅力が人気の御影!
  • 2017年のsummo住みたい街ランキングで10位だった御影。例年、この辺りの人気をキープしている。 決して、ベスト5に入る訳ではないが、10位前後の位置をキープしているのである。 御影は、神戸の東灘区に位置し、例によって、阪急側(山側)は高級住宅街である。 梅田駅からは阪急の普通電車で11駅33分である。西宮北口駅まで特急で行き、そこから普通に乗りかえると26分である。 西宮北口駅か [続きを読む]
  • 住みたい街ランキングでの天王寺の位置づけ・・・。
  • 住みたい街ランキング(summo)に天王寺が入っているというと、関西の人でもピンと来ない人が多いしれない。確かに交通は便利である。JRや地下鉄の天王寺駅があり、近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅とも繋がっている。路面電車の起点でもあり、JRの大阪環状線、関西本線、阪和線、地下鉄の御堂筋線、谷町線、近鉄の南大阪線、阪堺電車の上町線計7路線の利用が出来る。 なんば駅迄6分、本町駅まで10分大阪駅まで20分であ [続きを読む]
  • 関西の三茶?東京の息吹を感じる江坂の魅力!
  • 梅田から御堂筋線で5駅17分新大阪から2駅で5分。交通は至便である。 そんな江坂の特徴は、東京の息吹を感じられることである。代ゼミ(1987年〜2015年)東急ハンズ(1983年〜)クレヨンハウス(1991年〜)関東以外で初出店だったり、関西初出店だったりする。梅田や難波でなくなぜか江坂なのである。 江坂より以北、緑地公園や千里中央が転勤族に人気なので一定の需要が見込めるというのも大きな [続きを読む]
  • 神戸三宮の底堅い魅力の数々!
  • summoの住みたい街ランキング関西編で、7位の神戸三宮。2位、梅田1位、西宮北口4位、夙川6位、岡本 なので、基本的に、梅田から西へ西へと向かっている感じである。 で、神戸三宮は、兵庫県で一番の交通の要所である。 名称は、若干異なるが、JR、阪急、阪神、神戸市営地下鉄、ポートライナーの各線が集まる主要駅となっており、当然、駅前は賑やかである。そごうやマルイ、三宮センター街など人通りは絶え [続きを読む]
  • 住みたい街上位の常連、神戸の高級住宅街とされる岡本の魅力!
  • 神戸市東灘区に位置する阪急神戸線の岡本は、高級住宅街と称される。ケルン、DONQ、ケーニヒスクローネ、芦屋ローゲンマイヤといった有名なパン屋やお洒落なカフェがいくつも存在する。 阪急の駅から山に向かうにつれ瀟洒な住宅が並ぶのは阪急沿線らしい光景である。 ただ、景観の良さや、住宅の整然とした感じ、一軒一軒の豪邸感については、夙川から芦屋にかけての方が数ランク上ではないだろうか。 では、なぜ [続きを読む]
  • 関西好きな街ランキング3位・難波の魅力!
  • 全国放送で大阪人をインタビューする場合必ずといって良いほど道頓堀にかかる戎橋でグリコの看板をバックに撮影される。ゆえに関西以外の人にとって大阪イコール道頓堀の光景であろう。 一方、その割に知られていないが、道頓堀の最寄り駅が、なんば(難波)だということである。 そもそも、難波という名称が全国的には有名ではない。道頓堀、ミナミという固有名詞の方が、通りが良いのは否めない。そんな難波は(「な [続きを読む]
  • 大阪一の商業地・梅田が住みたい街ランキング2位の理由!
  • 関東の住みたい街ランキングで東京駅や新宿駅が1位や2位になることはないだろう。 なぜなら、ビジネスや商業の場所であって、住宅地ではないからである。 それは、大阪一の繁華街梅田でも同じことであろう。梅田駅は、東京でいえば新宿駅や東京駅に匹敵する交通の要所である。JR大阪駅・北新地駅阪急梅田駅、阪神梅田駅地下鉄梅田駅・東梅田駅・西梅田駅これらを一度利用出来るのだ。地下鉄の梅田駅と西梅田駅の関係 [続きを読む]
  • 住みたい街ランキング1位(関西)の西宮北口の魅力!
  • 関東の人に、西宮といっても1月に福男をかけて境内を走る西宮戎の印象しかない人がほとんどである。高級住宅街として、芦屋は、名が知れているが、西宮に、そこまでの知名度はない。 しかしながら、地元・関西では、芦屋より若干カジュアルな高級住宅街というイメージが出来上がっている。 芦屋よりも大阪により近く面積も芦屋市の5倍近い西宮市は、住みたい行政区として不動のナンバー1の地位を保ち続けており、その [続きを読む]
  • 芸能人出没地帯・三軒茶屋の魅力とは〜。
  • 三軒茶屋(いわゆる三茶)には、芸能人が出没する飲食店も多く、お洒落なイメージがある。 渋谷から東急田園都市線で二駅、たったの5分だ。 そして、世田谷区。 これだけ聞くと、都会的過ぎてとっつきにくいイメージがあるが、三茶の良い頃は、意外に庶民的なところである。 なにしろ、あの「家政婦は見た!」でおなじみの世田谷線の終着駅である。庶民的な商店街がいくつも広がり西友、肉のハナマサ、ドン [続きを読む]
  • 程よく”杉並区”な荻窪の根強い人気!!
  • 25年前、荻窪は今よりもっと人気があった。ラーメン激戦区の元祖でもあった。JR中央線と東京メトロ丸ノ内線の2路線が通っていて、新宿へ10分、大手町へも29分逆に吉祥寺へも4分である。 当時、大学の同級生が荻窪に住んでいた。 四ツ谷の『天狗』でその友人も含めて安いワインと日本酒を飲みまくっていたら、テーブル上で嘔吐してしまいトイレまで点々と吐しゃ物が連なったのまでは記憶がある。 が、次に [続きを読む]