さかな。9 さん プロフィール

  •  
さかな。9さん: sakaT's dialy
ハンドル名さかな。9 さん
ブログタイトルsakaT's dialy
ブログURLhttp://sakat.hatenablog.com/
サイト紹介文不登校が多くなりましたね。子ども達にとって、学校はうざい所、嫌な所なんでしょうね。
自由文最近、学校に関する悲しい話題が多いですね。でも、本当は生徒にとって一番落ち着く場所が学校、或いは教室であるはずです。私は、学校が、クラスがこれからもずっと生徒にとって居心地の良い場所であって欲しいと願って、ブログを綴ります。私の学級通信の一部を掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 141日(平均5.9回/週) - 参加 2016/04/29 23:07

さかな。9 さんのブログ記事

  • 学校って本当は楽しいところなんですよ
  • 「あぁぁ〜、今年度も終わりか・・・・。はやいなぁ〜。この学級便りも書けなくなるんだなぁ。そして、春になれば、また新たな子どもたちと新しいクラスを作っていくんだ・・・。そう言えば、学級便りに何を書いて来たっけ? 学級便りって生徒の歩みを記した日記帳なんだよね。面白いエピソードの宝庫だった気がするけど・・・。 でも、反面、私の教員生活の歩みでもある大切なものなんだよなぁ。恥ずかしい思い出もありそうだけ [続きを読む]
  • 3《延々と続く男子の給食・・・・・》
  •  日直が「いただきましょう!」と言って始まる楽しい給食の時間。ところが、男子には通過しなければならない“儀式”があるのでした。それこそが『残り物を誰が食べるかじゃんけん』 「おい! メンチカツが残っているぞ! 欲しい人〜!」「はいはいはいはい!」と、集合する男子の数が10人以上。誰が食べるか決めるのは“じゃんけん”なんです。 「じゃんけんぽん!じゃんけんぽん!・・・」10人以上という大人数ですから [続きを読む]
  • 8《な、なにぃ〜! 4組に四天王がいるだとぉぉぉ!》
  • 生徒A「先生。知ってます?うちのクラスに『オ○ク四天王』がいるんですよ」(ヒソヒソ)担 任「なんだよ、その『○タ○四天王』って・・・・」生徒A「え!知らないんですか!一〇君にぃ、龍〇君あと、こ〇た君と唯〇君のことですよ」(ヒソヒソ) A君によれば、その『〇〇ク四天王』の中でも〇生君が王の中の王で、その次が〇一君であること。また、四天王の下には『門下生』がおり、それが林〇君と町〇〇と君だとか・・・・ [続きを読む]
  • 第1章「やる気と不安が交差する4月」 《中学校は忙しい?!》
  • 13《中学校は忙しい?!》 中学校に来て初めての楽しい給食。午前中は、中学校のきまりや身体測定、写真撮影でもうくたくたでした。 一年生も給食の時ばかりは楽しそうに食べていました。 そこへ・・・。「キーンコーンカーンコーン…」とチャイムの音が。真弓さん「ん?先生。今のチャイムは何で鳴るんですか?」担  任「給食の終わりを告げるチャイムだよ」(苦笑)生徒たち「え〜!!早い!!もう!全然食べてない!!」担 [続きを読む]
  • 16《先生! 心の花は満開だよ!》
  • 担  任「今日、桜の下で写真撮る日だけど、休みの人がいるんだよ」シーンと静まりかえる教室・・・・・。担  任「学級委員を中心にどうするか話し合っておいてよ」休み時間後・・・・美保さん「写真撮りません」担   任「でも、桜は散っちゃうよ。それでもいいの?」良 介 君「先生! 桜の花が散っても、心の花は満開ですよ!写真はいつでもいいですよ!」「沼川西中学校 3年1組だより №2」(平成26年4月11 [続きを読む]
  • 21《2年4組の出だしは?!》
  • 「2年4組って、どんなクラスだろう」 そうなんです。生徒も緊張するけど、担任も緊張するんです。去年1年間一緒に勉強した生徒達なのですが、初日はやっぱり緊張するんです。と、本当はそうなんですが・・・。担 任「2階に荷物が沢山あるんだけど、男子で持って来てくれる人いる?」担 任「配りものが沢山! 女子! お願いしま〜す!」担 任「棚がごちゃごちゃだぁ。どうしようか・・・」担 任「田中君運んできて欲しいんだ [続きを読む]
  • 26《・・・で、ござる?》
  •  何の話だったでしょうか?慎一君や和成君たちと職員室で話をしていたときでした。とにかく敬語に気をつけなければいけないという気持ちが伝わってくるのですが・・・慎一、和成君2人「先生、〇〇は、〜であるですか? ん?」先生「それ、変だぞ。であるですかって。」慎一、和成君2人「であるでござるかな?」先生「・・・ござるって言われてもなぁ〜。何だか時代が戻っただけで現代の敬語じゃないだろう〜」 ただ今、敬語に [続きを読む]
  • 29《ちょっとお疲れぎみ?!》
  •  今日は欠席が4人いました。生活ノートにある日記を読むと「疲れた」「自主勉強する時間がなかった」「小学校の時よりかばんが重い」など、この一週間の頑張りが少々疲れとして出ているかなと思えるようになっています。明日あさっては休日です。疲れたときは睡眠をしっかりととることが一番です。しっかりと疲れをとって、また来週からがんばりましょう!「緑山中学校 1年A組 学級通信 №7」(平成18年4月14日(金)) [続きを読む]
  • 第2章 「面白そうだな、このクラスと思えると《給食編》」
  • 33《ちょっとしたエピソード「給食の時」》 給食当番A「先生!〇〇君が小食缶をこぼしました!」というA男による第一報。 その後、次々に入ってくる詳細情報・・・。こぼした場所は、コンテナー室であること。こぼしたのは桃であること。他の先生方が拾うのを手伝ってくれたことなどなど。担任もその場所に急行しようとすると、途中の廊下で○○君に出会いました。 担任「○○!こぼしちゃったんか。まぁ、気にするなよ。そうい [続きを読む]
  • 36徐々に教え子がブログを読み始めたようですね
  • 36《最近の3A・・・》職員室での会話A先生「職員用の給食がちょっとあまったから、3Aにあげますねぇ〜」担 任「あ、済みません。よろしくお願いします」職員室から、インターホンで3A教室に連絡を入れる・・・。職員室「あのぉ〜、ちょっとだけ職員室の給食が余って・・・」「ドカドカドカ」と廊下を走る音。同時に「グアラ!」と職員室のドアが開き、「ありがとうございます!」と3A生徒・・・・。連絡と同時に給食を [続きを読む]
  • 38《こんなことがありました!》
  •  給食にミカンが出た日。パン袋とミカンの皮を一緒にまとめられた袋をコンテナー室に戻した給食係のある生徒。他のクラスはしっかりと区分けして出したのに1組は・・・・。立ちすくみじっと考えた末にゴミ袋の中に素手を突っ込み、分け始めたのです。ゴミ袋の下の方まで手を入れ、全部分けてくれたそうです。遠くで見ていたある先生はとても感心して、担任に報告してくれました。ちょっとした瞬間に人の心に触れることがあります [続きを読む]
  • 41「面白そうだこのクラス《休み時間編》」
  •  自分のクラスが一番と、生徒は自慢したいのだと思います。 私は、それをこう捉えました。生徒一人一人が安心して生活できる場所になることだと。例え、生徒同士が喧嘩をしても、です。そのバロメーターは、クラスにどんな困難なことが起きても、それを根気強く解決していこうとする生徒がいること。そして、その生徒が多ければ多いほど良いクラス。それが、自慢できるクラスにつながるのではないかと考えていました。40人近く [続きを読む]
  • 54《最近の3A・・・》
  •  昨日から生徒と進路面談を始めました。進路決定に向けて「できることをやろう」と、既に毎日1、2年次の復習を始めている生徒が多くて、感心というより少々びっくりです。進路だけを思っていると、日々の友達とのやりとりが味気なくなるし、そうかと言って毎日楽しんでばかりいられない・・。悩みどころです。でも、いつも教室に充満させてもらいたいことがあります。友達といると楽しいという気持ちです。どんなことがあっても [続きを読む]
  • 57《清掃活動中・・・》
  • 担 任「廊下のこのはしごみたいなシミ取れないかなぁ」内井君、渋谷さん、青山さん「落としましょうよ!」 と、始まった廊下で目立っていた汚れ落とし。雑巾だけでなく、金もののスポンジを利用して落とす重労働。しかし、見る見るきれいになっていく廊下。掃除を終えた生徒達も周りで何だ何だの騒ぎに!「すげー」「これ、ラダーの跡じゃないですか?」と話しかけてくる生徒達。 その中で、「先生!俺もやります!道具貸してく [続きを読む]
  • 59《最近の出来事 部活動編》
  •  3年生にとっては、いよいよ最後の大会です。悔いの残らないように後輩としてできる限りのことをしてください。3年生が練習にいる光景が当然と思ってはいけません。もうすぐ、2年生が先頭に立たなければならない時が来ます。3年生の熱意を感じ取ってください。そして、そっくり受け継いでください。 スポーツ刈りでバレーをしていた女子を思い出します。最後の試合、コートで声を上げて泣いていた生徒を思い出します。 最 [続きを読む]
  • 第4章 「1学期の終わり」
  •  1学期は、とにかく自分がいるこのクラスは、個性的で面白いと、生徒に思わせることを1番の目標にしていました。 そう思うことができるということは、どこかに気の許せる場所なり、友達なり、先生なりがこのクラスには、「ある」・「いる」ということだと思います。 そんな気の許せるクラスに近づいていくと、当然のように時の経つのが早く感じられるものです。66《なんか、あっという間の1学期でした・・・》 今年の1学 [続きを読む]
  • 69《1学期最後の給食》
  • 1学期最後の給食。もうすぐ夏休みという時期だけあって猛暑日が続き、さすがに生徒もぐったりしていました・・・・。 奨二君「最近、熱いよなぁ。みんなで寒くなろうぜ。真彦!頼んだぜ!」 真彦君「しょうがねぇなぁ。 じゃぁ、寒くしてやろうか!」 真彦君「シカの顔がおかシカった!」 クラス「・・・・」 クラス「シ〜ン・・・」 奨二君「さすがは真彦!お前、腕上げたな!」 奨二君「じゃあ次は・・・」 と、こ [続きを読む]
  • 第5章 「面白そうだこのクラス。2学期になると・・・」
  •  “このクラス、楽しいかも”と、思ってくれたら、2学期は1学期以上に面白いことが増えました。 学級通信の中身は、1学期に比べると、出来事を説明する文章よりも、担任と生徒の会話場面が多くなってきました。また、他の先生から褒められることも増えていきました。 ん?ん〜。担任の小言も増えてました・・・。 体育祭や合唱祭、校外学習のエピソードは、あとで紹介しますが、とにかく絆の増した2学期は、ネタの宝庫でし [続きを読む]
  • 80《そういえば9月2日は・・・?!》
  • 《朝の会から》日 直「これから朝の会を始めます。起立、注目、礼」・・・ こんな調子で1年A組の一日が始まります。この後、提出物の確認と係からの連絡があって先生の話と続きます。普段なら何事もなく行われる朝の会・・・。ところが!日 直「係から何かありませんか?」(全員手を挙げる!)担 任「何で?そんなに連絡あったっけ?」(全員起立して)生 徒「先生、誕生日おめでとうございます」 まさかとは思いましたが [続きを読む]
  • 83《最近の1の1です》
  • 83《はいはい並んで!》担 任「あぁぁぁ、給食の時間だ!」「早く教室に行かなくっちゃ!」 教室に向かうと・・・・堂本君「はいはい並んで〜!」と、消毒液を担任に代わってかけてくれていました! またまたインフルエンザ流行の兆しが見える今、有り難かったなぁ!84《先生泣いちゃいますよ》新見さん「先生!合唱の練習を見に来てくださいよ!すごい上手なんですよ!先生泣いちゃいますよ、きっと!」担  任「そう?じゃ [続きを読む]
  • 87クラスの世間話
  • 87《佐々木君のヒソヒソ話(ここで書いてもいいのかなぁ)》俊太君「先生!尚美ちゃん、卵ぜんぶ食べられましたよ!」(ヒソヒソ)担 任「お!そうかい!それは良かったね」(ヒソヒソ)二人顔を見合ってニコニコ。88《萌愛さんの話(委員会決めを終えて)》萌愛さん「先生!秋美ちゃんと真弓ちゃんなら絶対クラスのことを考えてくれますよ。絶対良いと思います!」担  任「へぇ、何でそう思うの?」萌愛さん「だって、秋美ち [続きを読む]
  • 93《最近の1の1は・・・・ PARTⅠ》
  •  青龍祭や合唱祭、それに上田学習に後期係決定などなど、様々な提案が出されている今日この頃・・・。 そしてその都度聞こえる係の生徒たちの声。「〇日までにスローガン書きたいんですけど、手伝ってくれる人いませんか!?」「人型に紙を切ってください!」「あのぉ、歌詞を模造紙に書いて欲しいんだけど」と、早急に仕上げなければいけないという条件付きの募集ばかりなのですが、その都度集まる有志の生徒たち! 訳が分からずに [続きを読む]
  • 97《いつもの1Aですけど・・・やっぱり劇場だ!》
  • 担 任「一史!新聞見たか?一史が載ってたぞ」一史君「えっ!本当ですか?! 何で載っていたんですか?」担 任「なぁ〜んだ知らないのかよ。沼川ボーイズの記事だよ。カラー写真もあったぞ」一史君「あ〜、あれですか…」担 任「あ〜、みんな新聞読んできたか?今日読んできた人!」生徒達「…」(し〜ん)担 任「なぁんだ、新聞読まないのかよ〜。全く!みんなはどこ読んでくるんだよ?!」生徒達「新聞なんて読まないっすよ、先 [続きを読む]
  • 100《恒例記者会見「後期学級委員になって」》
  • 記 者「今の心境を聞かせてください」林田君「どう言えば良いんですか? あ!そう書いちゃうんですか!」記 者「当たり前です。どんなクラスにしていきたいですか?」林田君「何でもできるクラスにしていきたいです」記 者「今、クラスに必要なことは何だと思いますか?」林田君「責任感です!」記 者「自分を動物に例えてください」林田君「ライオンとか、格好良い系です!」記 者「・・・・。好きなテレビ番組は何ですか? [続きを読む]
  • 343 ≪人を理解することに全力を注いでください≫
  • 長島慶二君 今日の道徳では、違う世界を知ることは難しいことですけど、意外に近くにあることを知りました。違う世界は人それぞれが持っていて、考えていることなのですね。だからこそ、その考えを知ることが、その人を知ることになるのではないでしょうか。そして知ることで、仲良くなっていくのだと思います。 今は受験です。受かった人もいたり、まだ受かっていない人もいると思います。でも立場はみんな同じなんです。北中の [続きを読む]