にゃん太 さん プロフィール

  •  
にゃん太さん: 乙女雑記帳
ハンドル名にゃん太 さん
ブログタイトル乙女雑記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/nyaaata0530/
サイト紹介文備忘録も兼ねた主に乙女ゲームのぐだぐだ感想ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/04/30 10:39

にゃん太 さんのブログ記事

  • 【8月】乙女ゲーム情報
  • こんばんは〜にゃん太です(´-`*)毎日毎日ほんっっとうに暑いですね…!!アイスの食べ過ぎでお腹壊しました!!(笑)職場は製造しているモノの品質上、一定温度になってるんですが、何分凄く体力仕事なので季節関係なく汗かきます。最悪。でもね、外と中の温度差があるというだけでも仕事終わりの身体にはキツイっす。車の中も暑いしさぁ〜〜_(┐「ε:)_ダルダルとはいえ明日が終わればお盆休み。今日はガルスタをご褒美にして仕事 [続きを読む]
  • 空蝉の廻*キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ注意※※ [概要]当時の時の権力者が天災などを引き起こすという"穢れ"を除去するため、術者を冥島へ送り、魂の廻りを円滑にする門を作らせる。この時門を作ったのが、初代の魂宮家(鬼)と鎮宮家(人)。初代の頃は種族の壁などなかったが、ある日初代が2人とも何者かに殺されたことが火種となり、三百年後の現在に至るまで憎み合いが始まってしまう。 しかし、憎しみ合う両家だけど"妖魔(悪霊みたいなもの)"を討 [続きを読む]
  • 空蝉の廻*全体感想*
  • 8月初めましてのブログ更新です。仕事復帰したこともあってプレイするスピードがガクンと落ちてます〜!でも仕事終わりの楽しみがゲームでもあるんだよね。ということで頑張ってますということで本題。 物語日本全体が平穏な暮らしを送っていた江戸時代。本土から海を隔てた孤島には、「死の国」とつながる二つの門があった。亡くなった人の魂を死の国へ送り出す灯厳門を祀るのは鎮宮一族と人々。死の国に入れない魂が悪霊となり [続きを読む]
  • あやかしごはん〜おかわりっ!〜*あやかし編感想*
  • ※※ネタバレ注意※※?以下、犬嶌詠、芹ケ野真夏、木邑浅葱の感想になります。 ・犬嶌詠(cv.梶裕貴)凛と付き合い始めた時から「看取る覚悟をしている」と言い切った詠に感激しました。そういうとこキチッとしてる詠素敵ですね。そして、凛の気持ちを理解するためにあれだけ嫌っていた人間と話す努力もしてる。(まぁ…記憶にないからそこまでの憎悪が消えてる部分もあると思うけど)凛は、逆に詠と一緒にいられる時間が限られ [続きを読む]
  • あやかしごはん〜おかわりっ!〜*人間編感想*
  • ※※ネタバレ注意※※?以下、犬嶌謡、伊吹萩之介、花蘇芳の感想になります。 ・犬嶌謡(cv.下野紘)同じ家に住んでいるのに、好きな人と一つ屋根の下で寝ている意識がまったくなかったっていうのが何だか謡らしくて笑った(笑)謡√はあやかしに産まれて村を守るという役目がある謡と、人間として産まれて命に限りがある凛の時間の擦れ違いが主になってました。 紅葉村以外の場所を知った謡は村や大切な人を守るためにはもっと強く [続きを読む]
  • あやかしごはん〜おかわりっ!〜*全体感想*
  • 物語◎人間編物静かでおとなしく、人を信じることが出来なかった主人公。紅葉村で出会ったあやかしや村人たちとの交流を通し、人とごはんを食べることの温かさを知った主人公は、謡達と共に穏やかな日々を送っていた。春を迎え、高校三年生に進級した主人公だが、ある日を境に謎の嫌がらせを受け始める。謡と詠曰く、どうやらあやかしの仕業らしいけれど…?果たして、嫌がらせを仕掛けたものの正体とは?あやかし達と共に繰り広げ [続きを読む]
  • 青春はじめました!*全体感想*
  • 物語Spring time of life!たった一度の青春を全力で謳歌しようぜ!高校3年生になった春――……両親の都合で昔、暮していた街に戻って来た双子の姉弟。転校初日、かつての友人と再会する。久しぶりの再会に感動する間もなく、その友人に、とある部活へと誘われる。それは…"青春部"高校生活も残すところ1年になり、何も青春をしていないことに気付き思い付きで発足された部活。青春部に集まったメンバーと共に [続きを読む]
  • 【7月】乙女ゲーム情報+α
  • こんばんは〜夏も本格的になってきましたね私はというと暑いのマジ苦手なんでクーラーある部屋から出られない状態です。あと伸びに伸びて8月からようやく仕事復帰できることになりました(わーい( ˙-˙ ))炎天下の中、空調の効かない我が愛車で出勤することを思うとかなり億劫なんですが頑張ります その仕事復帰までのカウントダウンの中でやりたいことを全部やっていこうと今更躍起になってしています。今日はその中の一つ、脱 [続きを読む]
  • Side Kicks!*キャラ別感想②*
  • ※※ネタバレ注意※※??フルコンプしての感想なので真相なども含みます。以下リコ、ノラ、タテワキの感想になります。雑感。 無邪気なムードメーカー・リコ(cv.蒼井翔太)リコ…リコ…(´;ω;`)ブワッ真相見た人大体こんな感じになるんじゃないかな〜〜〜〜もうボロボロ出てきた。そりゃそうだよね、カメラアイなんていう見たものを瞬時に記憶できるって能力、確かに便利だし羨ましいくらいだけどそれって悪いことも全部、普 [続きを読む]
  • Side Kicks!*キャラ別感想①*
  • ※※ネタバレ注意※※??フルコンプしての感想なので真相なども含みます。以下チカ、ヒバリ、シシバの感想になります。雑感。 正義感溢れる刑事見習い・チカ(cv.石川界人)元孤児で生きるために悪いことも多少はしてたチカ。社会の不条理を知り、自分のような思いをする子供を助けるという信念のもと、当時親友で相棒だったマキと奮闘していたが、タテワキに捕まり、『目先だけではいくら頑張っても変わらない。その後のことも [続きを読む]
  • Side Kicks!*全体感想*
  • 物語アメリカ、カリフォルニア州の街「サクラダ」。西海岸の陽気な気候に恵まれた穏やかな街だが、近年は中毒性の高いドラッグ、通称「リップコード」の蔓延に頭を悩ませていた。そんな犯罪を取り締まるため、サクラダ警察では新しい組織が結成された。自由な発想と異分野のスキルを持ち合わせたメンバーを集めた特別捜査課、その名は「サイドキックス」。抜群の運動神経を持つ「チカ」、言葉巧みな心理プロファイラー「ヒバリ」、 [続きを読む]
  • 夏空のモノローグ*全体感想*
  • 物語舞台は海にほど近い田舎町、土岐島市。主人公・小川葵はいつもと同じように過ごしていた。平凡な風景の中にそびえ立つ、超高層建築物『ツリー』。30年前に突如現れ、にわかに全国を騒がせたそれも、今やただ寂れた観光資源に過ぎない。そんな中、葵の所属していた科学部は廃部が決定。面々は釣れたって廃部前日である、7月29日。『ツリー』観測へと赴く。その日、その時、その瞬間――。『ツリー』は歌いだし――7月29 [続きを読む]
  • 忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻-*全体感想*
  • 物語幼いころに両親を亡くし、自分を育ててくれた祖母も亡くした16歳の主人公。彼女は、生活費と学費のための奉公に明け暮れながら憧れの"忍者"になるために町の忍術道場に通っていました。ある日、彼女はひょんなことから奉公先で"真田高等修練院"の副理事長と出会い、特待生認定試験 を受けてみないかと誘われます。特待生になるための試験を突破するには、修練院に"編入"して中間試験で一定以上の成績をおさめなくてはならず… [続きを読む]
  • 華アワセ[唐紅/うつつ編]*キャラ別感想②*
  • ※※ネタバレ注意※※ストーリー集素晴らしかった…!!!!! [概要]前回に引き続いて、全ての真相となる疫病菌を用いてみことを狙う犯人探しとその動機についてなんですが…。まぁ犯人はこのタイミングで新サブキャラとか絶対何かあるでしょってことで割と予想はつくんですが、問題はその動機・目的ですよね。ストーリー集も読んだ今、どうしてこのツキで定さんが刑事をしていたのか分かった気がします。 ■事の発端(前兆)は [続きを読む]
  • 華アワセ「乙女ゲームとは思えない」
  • タイトルからしてなんぞやって思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。。。華アワセのストーリー集、買いました(/・ω・)/ \\その厚さ、2cm…!(vita2個分くらい)// 【恋から愛へ。恋人たちの「ひとつ先の物語」】 ■總-アヲイロノキヌ-『華アワセ 蛟編』で結ばれた蛟とみことのその後の物語が綴られます。同じ時刻に起きた出来事を、みことから見た「望(ノゾム)」視点と蛟から見た「月(ミコト)」視点で綴ります [続きを読む]
  • 華アワセ[唐紅/うつつ編]*キャラ別感想①*
  • ※※ネタバレ注意※※ [冒頭]車に撥ねられかけたみことを庇って病院に運ばれたいろは。目を覚ますとみことの手を握っていた。だけど起きて早々、鬼札がないと知り勝手に帰ってしまう。そこへ事情聴取をしに来たのだという刑事の斧定九朗が。みことは事故のことはよく覚えておらず、もう一人の被害者であるいろはの身元が判明したら知らせるため、連絡先を交換する。一方華園では、百歳が鬼札が見つからないためみことをお迎えでき [続きを読む]
  • 華アワセ[姫空木編]*キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ注意※※唐紅/うつつ編までプレイした前提での感想です。 [冒頭]『ある日、王子様は、悪い化け物に襲われている女の子を助けました。その子は、なんと月からやってきたお姫様だったのです。お姫様はとても美しく清らかで…王子様は、一目で恋に落ちてしまいました。そして、お姫様の胸に、永遠の愛を誓うキスをしたのです。ところが、王子様には、ある呪いがありました。お姫様を絶対に幸せに出来ない、とてもとても悲 [続きを読む]
  • 華アワセ[蛟編]*キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ注意※※唐紅/うつつ編もプレイした前提での感想です。 [概要]車の衝突事故に巻き込まれ、目を覚ますと病院のベッドにいた。傍には自分を助けてくれたという美形の男が。その命の恩人が置いていった鬼札を返すため、彼が通っている華遷国立学園へ行くと「貴女から来て下さるなんてうれしい!これは、神様が下さった奇跡ですわ」と謎の美少女に抱きつかれ、鬼札に選ばれたという理由で強引に今通っている学校から華園 [続きを読む]
  • 【私的】上半期乙女ゲームプレイランキング
  • さて!2017年も残すところあと半年となりましたね!はやい!wアイスが美味しい時期となってきました そこで上半期に新旧問わず私がプレイした中で面白かったものをピックアップしていきたいと思います。 ??まず上半期プレイした乙女ゲーム一覧※青字今年発売[vita]剣が君 百夜綴り月影の鎖 狂爛モラトリアム花朧〜戦国伝乱奇〜BLACK WOLVES SAGA - Weiβ und Schwarz -プリンス・オブ・ストライドDIABOLIK LOVERS LOST EDE [続きを読む]
  • 剣が君 ニコ生特番?
  • 楽しみにしていたニコ生特番、最後までお楽しみ様でした〜?終始村田さんの"水こぼし"いじられてましたねwww 最初は2013年12月19日にPCゲームとして発売してからこれまでの3年半の歴史を振り返りつつ、おのゆー&置鮎さんのおもしろ視聴者投票があったりと和気藹々とした感じでした〜!3017年のゲーム事情はどうなってるかは笑いましたね!(笑)あと新情報ね、剣君声優陣の皆々様、雑誌でも「今後の進展に期待すること」って聞 [続きを読む]
  • 3周年記念「乙女ゲープレイヤーに50の質問」やってみた
  • こんにちは、にゃん太です。3日坊主で終わると思っていた感想を残すためのブログが、気付けば3年…!でございます。いつも見に来て下さる方も、いいね押してくださる方もありがとうございます、凄く励みになっております…! いつもゲームの話ばかりで私自身のことはあまり書かないので、今更ですがちょっと前に流行っていた50の質問をこの機会にじゃんじゃん答えていこうと思います。(結局ゲームの話) Q.1 お名前は?にゃん [続きを読む]
  • 【PC】華アワセ[唐紅/うつつ編]*全体感想*
  • 『乙女の祈りで華が咲く――』★蛟編感想 ★姫空木編感想━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─・シナリオ今回は攻略制限付きで、唐紅→うつつ→いろは(真相)の順で開きます。唐紅・蛟・姫空木がどういう人物かはもうわかってるので、蛟・姫空木√はよりキャラのことが理解できるような作りをしつつ、詳細は各々各編で!って感じ。でも一番平和的解決だったかな〜と。唐紅は自力で自√を切り開いてみことを手にします。そ [続きを読む]
  • 【PC】華アワセ[姫空木編]*全体感想*
  • →[蛟編]感想 ・シナリオ蛟編も面白かったので、姫空木編もとっても期待してたんですが、期待を裏切らない面白さでしたね!ジワジワと真相に迫ってる感じが凄くしました。ミステリーチックで、謎の残し方が巧い。姫空木編は蛟編同様、鬼札もしくはみことが選んだパートナーが運命の相手となって話が進みます。他√は"運命(ツキ)"違い。 姫空木は…蛟編姫空木√まんまの人でしたね(笑)ホント、このゲーム癖のない人が1人もいない [続きを読む]
  • 【PC】華アワセ[蛟編]*全体感想*
  • 花札をモチーフにしたビズログ創刊10周年を記念して企画された乙女ゲーム…であることは、毎月ビズログ買ってたので名前だけは知ってたんですが、この度機会があったのでプレイしてみました。 物語乙女の祈りで華が咲く――"華札"を用いた札遊び、"華遷"その特殊な"華"の力を引き出せるのは、一部の能力者"華詠"のみ。彼らの多くは男性であり、学園内に限り力の持つ5人は"五光"と呼ばれ、崇められている。本作は、稀有な才能・ [続きを読む]
  • 白と黒のアリス*キャラ別感想(白サイド)*
  • ※※ネタバレ注意※※?以下ネロ、ミネット、レインの感想になります。※「白と黒のアリス」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社・株式会社工画堂スタジオに帰属します。 ルナと比べて帰る居場所がある愛日梨。だけど本当はその居場所も偽りのもので、いきなり連れてこられて女王にされるわ命狙われるわで散々です。また血の価値も分かってないので、自覚するまでは危なっかしくて仕方なかっ [続きを読む]