c_moon さん プロフィール

  •  
c_moonさん: かちょうふうげつ
ハンドル名c_moon さん
ブログタイトルかちょうふうげつ
ブログURLhttp://77moon.blog47.fc2.com/
サイト紹介文写真と旅とたわごと ときどきピアノとおいしいたべもの
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/04/30 15:09

c_moon さんのブログ記事

  • あたりまえが・・・/予感/自堕落
  • 今日、おかしの○ちおか、コンビニ2件、スーパー2件、ドラッグストア2件へ行って、捕獲してきたカールです。コンビニには、もう居場所すらなかった模様。○ちおかに居場所がなかったのは、変な感じ。ドラッグストア、スーパーでは、売れ切れ。ポテトチップスと違って、欲張って食べても、気分が悪くならないので、「かっぱえびせん」とともに、かなり好きだった。でもカレー味は、(熱烈なファンがいるのを知っているけど)私には [続きを読む]
  • カメラが壊れた?
  • 電池が残り少ない状態であることに気づきながら、撮っていたら、動作が止まってしまい、オン、オフもできなくなってしまいました。仕方なく電池を抜き、充電してある別の電池を入れて、電源は動かせるようになりましたが、液晶画面が暗い。絞り値やらISOなんかの情報は表示されるものの、普段はほぼ使わないファインダーを開いて、のぞくと、そっちも暗い。買ってから一度も故障したことがない、優秀なカメラは、フォーサーズ(マ [続きを読む]
  • Fabulous!
  • 今日のタイトルは、このバラの名前。ひさしぶりにあたらしいバラを、冬の間に購入しました、そのうちのひとつです。白いフロリバンダなら、「アイスバーグ」にしようかなと思ったのですが、もうちょっと花弁がほしいなぁと思ったので、こちらになりました。片親が「アイスバーグ」のようですよ。真っ白かと思っていたので、クリーム色でびっくりしたのですが、このあと真っ白になるようです。まだ小さいのに、住まいは西向きのベラ [続きを読む]
  • 鯛釣草/消える
  • とても変わった植物ですが、公園、庭園にはあまりなくて、個人のお庭のほうでよく見かけると思います。かわいいですね。白い花もあります。この植物は、いつのまにか消えてしまうのです。私は2回ほど買った記憶があるのですが、いまはもうありません。わさわさと大きな葉は、ぱきっと折れやすく、夏になる前には、なくなります。暖かい都市部では、地上部があるのは、三か月あるかないかぐらいで、春が来て「そういえば、ここにこ [続きを読む]
  • おじさんと親切/ランラン
  • 「えっ?うそでしょう?!」と、聞きなおしてしまうような環境にいるお嬢さんが、娘の友達にいる。いろいろ聞いていくと、少しは安心できたのだけど、娘には、何かあったら連れてらっしゃい、と言ってある。日本語の「優しい やさしい」という言葉の中には、「甘い」ということも若干含まれているような気がするので、こういういい方をするけど、子供のころ、私にもっとも「親切」だったのは、親でも祖父母でもなく、隣りに住んで [続きを読む]
  • 虹ではなくて
  • 虹にしては、まっすぐだし、太陽と同じ方向に出ているので、違うものだろうな・・・と思いつつ撮りました。環水平アークというものらしいです。虹とは違う原理でできるので、名前は当然ちがってくるのでしょう。 [続きを読む]
  • ながい
  • 今年の桜は、長かったですね。最初に撮ったのが、3月22日。最後は、4月14日、3週間ありました。いつもだいだい10日から14日ぐらいで桜は撮り終わるのです。写真は、中盤の4月5日の写真。 [続きを読む]
  • ほんとうに原っぱ
  • いろいろな「うみのそば」へ行ったけれども、こんな広く何もないところは、なかなかありません。宮古島の東平安名崎も広いところだったけれど、南の島らしく、緑が深々と、花々が咲き、「何かある感じ」がまだあったのですが、ここ、男鹿半島の入道崎は、ほんとうに原っぱ。草原の先は、すとんと断崖になってます。 [続きを読む]
  • かすかに、来年を期待しながら
  • ここは、私の季節限定パワースポット。でも桜の木は伐採される予定で、来年はないかもしれないと、新聞の地方欄で知った。毎年通って、私なりに気に入った写真もたくさん。さすが飽きたと思わなくもないけど、新聞のせいで、駆けつけてみる。何度も何度も来ているはずなのに、ここに山桜があったことに気づかなかった。桜は木としては、低くこんもりしているのが通常で、空高く、のびのびと咲く桜はあまりない。ここは小さな林のと [続きを読む]
  • 桂のうた
  • ここは、私の季節限定パワースポット。でも桜の木は伐採される予定で、来年はないかもしれないと、新聞の地方欄で知った。毎年通って、私なりに気に入った写真もたくさん。さすが飽きたと思わなくもないけど、新聞のせいで、駆けつけてみる。何度も何度も来ているはずなのに、ここに山桜があったことに気づかなかった。桜は木としては、低くこんもりしているのが通常で、空高く、のびのびと咲く桜はあまりない。ここは小さな林のと [続きを読む]
  • Bye
  • 結晶がはらはら落ちてきます。こんな雪は、春の近い証拠なのかな?以前、結構苦労して撮りましたが、マクロレンズも不要(上の写真はコンパクトカメラ)、タイミングさえあえばよいのでした。 [続きを読む]
  • 風車
  • 新潟で海沿いをずっと走った時には、風車を見かけた記憶がないのですが、秋田ではずいぶん、それも規模の大きいもの(大きさではなくて、数のこと)を見かけました。 [続きを読む]
  • 半島と絵本と山
  • 中央から左の山は男鹿半島。この半島、もともとは島で、本州と離れいたようです。これを知らないと、絵本の「八郎」が理解しにくいかもしれません。右の雪をかぶった低い山が、八郎が抱えて海へ投げた、寒風山。八郎潟は、寒風山の右横になるので、写真の切れたあたりでしょうか。 [続きを読む]
  • 田沢湖
  • 中央から左の山は男鹿半島。この半島、もともとは島で、本州と離れいたようです。これを知らないと、絵本の「八郎」が理解しにくいかもしれません。右の雪をかぶった低い山が、八郎が抱えて海へ投げた、寒風山。八郎潟は、寒風山の右横になるので、写真の切れたあたりでしょうか。 [続きを読む]
  • これはもう春
  • 車の中から写真を撮るときは、自分の姿勢が曲がっていて、水平云々は無理なので、小さいカメラを使うのですが、シャッターは1/2000まで。真っ白な写真になったので、仕方なく大きいほうを出しましたが、いっぱいいっぱいでした。この明るさは、春ですね。 [続きを読む]