Mick さん プロフィール

  •  
Mickさん: 日本人夫の台湾国際交流日記
ハンドル名Mick さん
ブログタイトル日本人夫の台湾国際交流日記
ブログURLhttp://taiwanjapanmarriage.blogspot.jp/
サイト紹介文台湾人妻を持つ日本人夫の国際交流日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/04/30 23:19

Mick さんのブログ記事

  • 基隆の中正公園
  • 台湾北部にある基隆市の定番の観光地といえば、中正公園です。旅行会社のオプショナルツアーでもよく訪れることが多いです。僕が行ったときも阪急交通社のツアー団体がきていました。 中正公園は基隆港の東側にある小高い山の中にあり、日本統治時代には台湾八景に数えられていたそうです。広い公園なので基隆港が見渡せる山頂へ行くには時間がかかります。山頂にある広場には、観音像と巨大な狛犬が立っています。この観音像は中 [続きを読む]
  • 台湾のお茶を買うなら茶樂樓がおススメ!
  • 台湾土産の定番といえばお茶ですよね。台北の迪化街にある茶樂樓は台湾在住歴の長い日本人がオーナーなので、分からないことがあれば、気軽に日本語で質問ができます。 お茶の種類や値段もはっきり書いてあるので安心です。お店で売っているお茶の種類は多くありませんが、阿里山の高山烏龍茶や凍頂烏龍茶等の日本人に人気の茶葉が揃っていますよ。オーナーにお願いすれば、お茶の入れ方もレクチャーしてもらえます。      [続きを読む]
  • 気軽に利用できるタクシー
  • 台湾のタクシーは全てメーター制で、自動ドアでないこと以外は日本と同じです。大都市では流しのタクシーも多く、車体は黄色に塗装されているので遠くからでもすぐにわかります。郊外や田舎だと流しのタクシーがいないので注意が必要です。タクシーを利用する際は下記に注意です。1.行先(住所)の書いたメモの準備(ガイドブックに記載している地名を言っても通じないです) 2.ドアは自分で開閉3.シートベルトは装着(全席装着義務があ [続きを読む]
  • 悠遊カードで賢く移動!
  • 悠遊カードは日本でいうSuicaのような電子マネー機能をもった交通系カードで、台湾旅行には欠かせないアイテムです。悠遊カードはMRTを利用するときに本領を発揮します。MRTは1区間乗車するだけでも、20元(約80円)と安いですが、悠遊カードを利用すると、さらに全区間の運賃が2割引きになります。20元の区間だと16元で乗れることになります。悠遊カードは台湾の鉄道(TRA)でも利用できるので、切符を買う必要がなく便利です。悠遊カ [続きを読む]
  • 基隆の中正公園
  • 台湾北部にある基隆市の定番の観光地といえば、中正公園です。旅行会社のオプショナルツアーでもよく訪れることが多いです。僕が行ったときも阪急交通社のツアー団体がきていました。 中正公園は基隆港の東側にある小高い山の中にあり、日本統治時代には台湾八景に数えられていたそうです。広い公園なので基隆港が見渡せる山頂へ行くには時間がかかります。山頂にある広場には、観音像と巨大な狛犬が立っています。この観音像は中 [続きを読む]
  • 基隆の中正公園
  • 台湾北部にある基隆市の定番の観光地といえば、中正公園です。旅行会社のオプショナルツアーでもよく訪れることが多いです。僕が行ったときも阪急交通社のツアー団体がきていました。 中正公園は基隆港の東側にある小高い山の中にあり、日本統治時代には台湾八景に数えられていたそうです。広い公園なので基隆港が見渡せる山頂へ行くには時間がかかります。山頂にある広場には、観音像と巨大な狛犬が立っています。この観音像は中 [続きを読む]
  • 基隆の中正公園
  • 台湾北部にある基隆市の定番の観光地といえば、中正公園です。旅行会社のオプショナルツアーでもよく訪れることが多いです。僕が行ったときも阪急交通社のツアー団体がきていました。 中正公園は基隆港の東側にある小高い山の中にあり、日本統治時代には台湾八景に数えられていたそうです。広い公園なので基隆港が見渡せる山頂へ行くには時間がかかります。山頂にある広場には、観音像と巨大な狛犬が立っています。この観音像は中 [続きを読む]
  • 台湾のSIMカード
  • 海外旅行中にインターネット環境があると大変便利です。個人的には迷ってしまったときに地図アプリが使えるのでいつも助けられてます笑もし、SIMフリーの携帯電話を持っているなら、SIMカードの購入をオススメします。台湾のSIMカードは気軽に購入でき大変使いやすいです。SIMカードは空港の到着ロビーで売っています。電信服務(Telecommunication)と書かれているところが売り場です。SIMカードの品揃えは桃園空港が1番です。中華 [続きを読む]
  • 体調くずしたら台安医院へ
  • 海外での病院受診って言葉や費用の面でとても不安ですよね。台北で病院受診が必要になった場合、台安医院がおススメです。海外旅行保険に加入していればさらに便利です。まずは夜間や土曜日を除けば、確実に日本語で受診できます。さらには海外旅行保険に加入している場合、病院受付で契約証を提示すれば、保険会社に連絡する必要もなく、治療費用がキャッシュレスになります。ただしクレジットカード付帯の海外旅行保険の場合は、 [続きを読む]
  • 産後ケア(坐月子)
  • 台湾の産後ケアは坐月子と呼ばれ、大切な時期とされています。坐月子の基本的な考えは、妊娠中に変形した内臓を元の位置に戻すというものだそうです。 この時期に、食事や生活習慣の面から身体のケアをしっかりしておけば、頭痛や腰痛、胸やお腹の弛みといった症状に悩まされず、冷え性や便秘といった体質も改善できるそうです。  台湾では産後1ヶ月間を月子と呼び、この1ヵ月をちゃんと過ごさないと10才老けるともいわれていて、 [続きを読む]
  • 悠遊カードで賢く移動!
  • 悠遊カードは日本でいうSuicaのような電子マネー機能をもった交通系カードで、台湾旅行には欠かせないアイテムです。悠遊カードはMRTを利用するときに本領を発揮します。MRTは1区間乗車するだけでも、20元(約80円)と安いですが、悠遊カードを利用すると、さらに全区間の運賃が2割引きになります。20元の区間だと16元で乗れることになります。悠遊カードは台湾の鉄道(TRA)でも利用できるので、切符を買う必要がなく便利です。悠遊カ [続きを読む]
  • 台北の中正記念堂
  • 台北のシンボルともいえる場所です。多くの観光客がおとずれる観光地なのはもちろん、イベントが開催されたり、地元の子どもたちが遊んでいたり、若者がダンスしていたり、お年寄りが合気道をしていたりといつもにぎわっています。中正記念堂へのアクセスはMRTが便利です。中正記念堂駅の出口5が最寄りです。 とにかく、中正記念堂がある広場は本当に広いです。敷地総面積は25万m?だそうです。広場内には国家戯劇院(オペラハウス [続きを読む]
  • 台湾のSIMカード
  • 海外旅行中にインターネット環境があると大変便利です。個人的には迷ってしまったときに地図アプリが使えるのでいつも助けられてます笑もし、SIMフリーの携帯電話を持っているなら、SIMカードの購入をオススメします。台湾のSIMカードは気軽に購入でき大変使いやすいです。SIMカードは空港の到着ロビーで売っています。電信服務(Telecommunication)と書かれているところが売り場です。SIMカードの品揃えは桃園空港が1番です。中華 [続きを読む]
  • 台北の中正記念堂
  • 台北のシンボルともいえる場所です。多くの観光客がおとずれる観光地なのはもちろん、イベントが開催されたり、地元の子どもたちが遊んでいたり、若者がダンスしていたり、お年寄りが合気道をしていたりといつもにぎわっています。中正記念堂へのアクセスはMRTが便利です。中正記念堂駅の出口5が最寄りです。 とにかく、中正記念堂がある広場は本当に広いです。敷地総面積は25万m?だそうです。広場内には国家戯劇院(オペラハウス [続きを読む]
  • 食べ残しても"打包"
  • 台湾に初めて行ったときに驚いたことの一つが打包(dǎ bāo)です。レストランにてこの言葉を使うと、持ち帰りという意味になります。ちなみにレストラン以外だと、梱包してくださいという意味になります。台湾人と食事をしていると、台湾人は日本人に比べてどんどん注文をしていくことが多いです。なので気づけば、人数より多い色とりどりの皿がてんこ盛りになっていることもしばしば。食べきれない場合は、持ち帰りをする旨を店員 [続きを読む]
  • 中国語学習をはじめたきっかけ
  • 中国語学習をはじめたきっかけというのは、妻との交際がスタートしてからなのは言うまでもないですが、大きな転機になったのは、結婚前の2010年3月に妻に連れられてはじめて台湾に行ったときでした。当時は中国語も謝謝や你好などあいさつレベル。英語には不自由しないレベルだったので、あまり言葉の心配をすることなく現地に行きました。滞在中は妻の実家で寝泊りさせてもらいました。妻の家族との会話は英語でとても親切にして [続きを読む]
  • 台湾式結婚式:披露宴
  • 迎娶が終わったら披露宴になります。当日、迎娶が終わった後に簡単なリハーサルをしました。会場入り口から会場中ほどまでの入場と当日の流れを司会の方と打ち合わせしました。事前に会場の下見をしていましたが、改めて約80テーブル(1テーブル約12人)の数に圧倒されました。最終的には出席者は約800人だったのですが、1テーブルが僕の家族や親戚、友人で、残りは妻側というか妻のご両親側の方で、大部分の出席者とは初対面でした [続きを読む]
  • 台湾式結婚式:儀式
  • 結婚式を挙げるというと日本では挙式・ 披露宴・二次会を想像しますが、台湾では挙式や二次会はなく、披露宴とその前にある儀式を指します。台湾の結婚式は人によって多種多様なので、居住地域、 経済状況等によって様式も変わってきます。なので、僕の結婚式もあくまで一例になります。今回は儀式(迎娶と言います)について書きます。結婚式当日、披露宴会場のホテルから装飾された車に乗り、妻の実家まで向かいました。本来ならば [続きを読む]
  • 台北MRTのサービスが充実!
  • 最近、駅プラットホームに設置している「夜間婦女待合エリア」が「夜間安心待合エリア」に変更していることに気づきました。今年の5月末に変更になったようです。監視システムや呼び出しインターホンも設置されて、係員の巡回を強化しているそうです。MRTは他のサービス充実も図っています。まずは30カ所の駅に授乳室を設置。その他の駅でも申し出れば、係員の休憩室を授乳場所として提供してくれるそうですよ。また、11カ所の駅で [続きを読む]
  • 気軽に利用できるタクシー
  • 台湾のタクシーは全てメーター制で、自動ドアでないこと以外は日本と同じです。大都市では流しのタクシーも多く、車体は黄色に塗装されているので遠くからでもすぐにわかります。郊外や田舎だと流しのタクシーがいないので注意が必要です。タクシーを利用する際は下記に注意です。1.行先(住所)の書いたメモの準備(ガイドブックに記載している地名を言っても通じないです) 2.ドアは自分で開閉3.シートベルトは装着(全席装着義 [続きを読む]
  • 台湾式結婚式:披露宴
  • 迎娶が終わったら披露宴になります。当日、迎娶が終わった後に簡単なリハーサルをしました。会場入り口から会場中ほどまでの入場と当日の流れを司会の方と打ち合わせしました。事前に会場の下見をしていましたが、改めて約80テーブル(1テーブル約12人)の数に圧倒されました。最終的には出席者は約800人だったのですが、1テーブルが僕の家族や親戚、友人で、残りは妻側というか妻のご両親側の方で、大部分の出席者とは初対面でした [続きを読む]
  • 台湾人は氷入りの冷たい飲み物を飲まない!?
  • 台湾では冷たい飲み物でも氷を入れずに飲む人が多いです。僕の妻も例外でなく、飲み物を注文するときは、氷なしの意味の去冰(qù bīng)と言っています。驚いたのは、台湾では氷なしで注文してもグラスいっぱいに飲み物を注いでくれます。台湾ではこれが当たり前です。なので、妻は日本では氷なしを注文したら飲み物の量が少ないとよく嘆いています笑 こんなことが台湾であったら、クレームになりそうです。日本のレストランでは [続きを読む]
  • 李鵠餅店のパイナップルケーキ
  • 定番の台湾土産と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?僕は台湾に行くと必ずパイナップルケーキ(中国語:鳳梨酥)を買います。パイナップルケーキはクッキー生地の中にしっとりとしたパイナップル餡がたっぷり詰められたお菓子で、僕の好物です。 先日、奥さんが出産で台湾北部基隆の産婦人科クリニックが入院していたのもあり、1882年創業で地元では有名な老舗の李鵠餅店のパイナップルケーキを買いに行ってきました。お店は [続きを読む]
  • 悠遊カードで賢く移動!
  • 悠遊カードは日本でいうSuicaのような電子マネー機能をもった交通系カードで、台湾旅行には欠かせないアイテムです。悠遊カードはMRTを利用するときに本領を発揮します。MRTは1区間乗車するだけでも、20元(約80円)と安いですが、悠遊カードを利用すると、さらに全区間の運賃が2割引きになります。20元の区間だと16元で乗れることになります。悠遊カードは台湾の鉄道(TRA)でも利用できるので、切符を買う必要がなく便利です。悠遊カ [続きを読む]
  • 台湾式結婚式:儀式
  • 結婚式を挙げるというと日本では挙式・ 披露宴・二次会を想像しますが、台湾では挙式や二次会はなく、披露宴とその前にある儀式を指します。台湾の結婚式は人によって多種多様なので、居住地域、 経済状況等によって様式も変わってきます。なので、僕の結婚式もあくまで一例になります。今回は儀式(迎娶と言います)について書きます。結婚式当日、披露宴会場のホテルから装飾された車に乗り、妻の実家まで向かいました。本来ならば [続きを読む]