花マキ さん プロフィール

  •  
花マキさん: 新鋭コミックがおもしろい! 週刊「SUZUKA」
ハンドル名花マキ さん
ブログタイトル新鋭コミックがおもしろい! 週刊「SUZUKA」
ブログURLhttp://ameblo.jp/book-wave/
サイト紹介文オリジナル作品の発表をしながら紙書籍化、電子化を進め読者に届ける出版プロジェクトに挑戦しています。
自由文出版実績は第一弾として「一姫二太郎育児絵日記 絵描きオカンの日々」はるたけめぐみ(著)を発行しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 245日(平均1.1回/週) - 参加 2016/05/01 09:32

花マキ さんのブログ記事

  • 「そして全てが終る日に 7 」
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12227402707.html ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 次号へ続く... ━─━─━─━─https://twitter.com/tobira1960こちらでは漫画家志望者さんの作品もリツイートさせて頂いていますが今後は、そんな方々の作品をこちらでも紹介させて頂きたいと希望しています。やはり描いた作品を活かすに [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 6 」
  • 前回までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12225584561.html☆:; ; ::; ;: *:; ;: : ;;:  また次号! ━ ─━─ ━─  ━─  ━   ─ 先日はマンガ、アニメ関係者の懇親会。漫画家志望者よりもレッスン中の多くの声優志望者さんと接触した。創られる作品を声から魂を吹き込もうとしている彼らに感動! こちらは以前に掲 [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 5 」
  • 前回まで http://ameblo.jp/book-wave/entry-12222077807.html また、次号で... ○+●+○+●+○+●+○+●+ 忙しくしてて止まってたけど更新準備中。 して、準備完了。アメブロを更新しました。http://ameblo.jp/harutake0612/entry-12225277161.html はるたけめぐみ  [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 4 」
  • 前回までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12221947312.html ☆ *゚  ゜゚* ☆*゚  ゜゚* 続く...◆◇ ◆   ◇ ◆  ◇◆  ◇   ◆  ◇とあるサッカーチーム様から「一人追加」とのご依頼。 少年少女が手に取るものなので、全体的に明るい雰囲気になる色合いで仕上げています。 はるたけめぐみ Twitterhttps://twitter.com/ [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 3 」
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12216695644.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----book-wave_12216695644 ☆。o゚。★─☆。o゚。 ●━ ● ━ ●━ ● ━ ●━ ●━次号に続く ...  ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 Twitter 新鋭コミッ [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 2 」 はるたけめぐみ
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12216602412.html ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 次号へ! ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 「情報メディア白書 2016」・出版市場は1996年の6割に縮小・出版産業構造図マンガ① 市場    マンガ単行本販売金額が2年連続で増加② 単行本   アニメ化・実写化で市場は活況③ 雑誌  [続きを読む]
  • 「そして全てが終る日に 1」 はるたけめぐみ
  • 片腕を無くした脱走兵の青年が逃げた先は「20年前」に離ればなれになった恋人の元だった。 そこには20年前の恋人にうり二つの女性が住んでいて、青年の不死身の体の秘密や恋人の消息も全て知っていた。 ・:,。゚ ・:,。 ★゚・:,。゚・ : ,。☆゚ 恋人との約束を守るために全てを背負った男と、恋人と共に生きるために全てを捨てた女のSFラブストーリー。 次号へ! [続きを読む]
  • 紙絵本のすばらしさ。
  • 創作活動で児童書をテーマとしている方も結構多いのではないでしょうか。児童書も様々ありますが、特に絵本って不思議。どんな年代になっても絵本を開くと一瞬でピュアな気持ちになりませんか。雑念が消えるというか、ゼロ状態になると言いましょうか。 先日、関西にある老舗の児童書出版社の方と一杯交わしたのですが、少子化の影響から始まって厳しい販売状況だよと話してくれました。 ・絵本は季節商品の要素が強く競 [続きを読む]
  • ほんとうに描きたい事。
  • 「学校は辞めます。アシスタントにして下さい!」  「ありがとう!嬉しいです。」 「でもね、学校は卒業して様々な体験をしてから、また電話を下さい。」  ( ̄□ ̄;) 。。。 これは僕が17歳。今はすっかり街から消えた公衆電話から弟子入りしたい漫画家さんへお願いをした時のやり取りです。 一方、その時の友人が某漫画家のアシスタントを経て「少年サンデー」の連 [続きを読む]
  • 掲載コミックをユーチューブにしてみた。
  • 「SUZUKA」に訪問頂きまして、ありがとうございます! 今回は前回まで連載したはるたけめぐみさんの「天帝の翼」と7月に掲載しましたたきのみおさんの「赤とんぼ」をYouTube版にしてみました。慣れない作業でしたので高級な出来とは言えませんが、お2人からの快諾を頂け、張り切った試みですので楽しんで頂ければ幸いです。なお、「天帝の翼」は全4回になっています。 「天帝の翼」  はるたけめぐみ [続きを読む]
  • 「天帝の翼 最終回」 はるたけめぐみ
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12202938793.html ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ ...完。 最後まで読んで頂き有り難う御座いました。m(__)m ちなみに「伽の相手」とは単純に「夜の相手」だと思って頂いて問題はありません。「私がモデル」と何度か書いていますが(私はそちらの方はさっぱり自信はありませんが)、この状況で下ネタを言う辺り実に私がモデルらしいとは思っています。 [続きを読む]
  • 「天帝の翼 9 」
  • 前回まで... ○+● +○ + ● +○+ ●+○+ ●+ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆次号最終回! さて、前回は迂闊にもキス一つで接続完了してしまいました。と言いますか、これは読んで下さった方の判断にお任せの部分ですが、「自分は出来損ないだからそう簡単にはいかない」という気持ちがお互いに強すぎて、本当は接続出来ていたのに気がつかなくて発動出来なかった [続きを読む]
  • 「天帝の翼 8 」と新作「ユメミルタマゴ」
  • 前回までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12198525157.html ・ :, 。゚・: ,。★ ゚・ :,。゚・:,。☆゚ 次号へ! ▽ ▲ ▽ ▲ ▽  ▲ ▽  ▲ ▽   ▲ はるたけめぐみさんが新作を発表しました。「ユメミルタマゴ」http://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEH_o8同級生に絶賛片想い中の女子高生、涼香が下校途中に空から爆発音と共にタマ [続きを読む]
  • 「天帝の翼 7 」
  • 前号まで...http://ameblo.jp/book-wave/entry-12195498059.html ・: ,。゚・: ,。 ★゚・ :,。゚ ・ :,。 ☆゚  次号に続く!... さて、序盤の畑で突風が吹いたりしていました。あれはスズカが無意識のうちに起こしていた風です。本当は「そういやあいつと居たら凄え風が強かったなあ」などとカズサにスズカの腰巻きが捲れ上がっている姿でも思い出さ [続きを読む]
  • 「天帝の翼 6 」 はるたけめぐみ
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12194876848.html  * ☆* : ; ; ;:* ☆  *:;;;: 次号へ! ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 カズサ、意外と父親似。きっと成長した暁にはお館様のような立派なゴリマッチョになるのではないでしょうか。「脳の走査=スキャン」ですね。「SFにしたかったけどさせて貰えなかった」悔しさが所々に滲み出ています。今回 [続きを読む]
  • 「天帝の翼 5 」 はるたけめぐみ
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12193373808.html前回では主人公、何やら必死ですがM字開脚で吹っ飛びました。実は打ち合せ時に「鬼畜な話ならやられまくってますよね」との名言を頂いた場面です。 ★─ ☆。 o ゚。 ★ ─ ☆。 o ゚ 。 次号へ! さて、展開的にも枚数的にも今回から後半に入りました。主人 [続きを読む]
  • 「天帝の翼 4 」 はるたけめぐみ
  • 前号までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12190972997.html☆.。 . :* ・ ゜☆ .。 .: *・゜ 次号を! 実は登場人物の名前は全員カタカナ表記ですが漢字で書ける名前です。兄貴の名前「ホツマ」は秀真と書き、息子の名前の候補の一つでしたが「一回で読んで貰えない」等の理由で却下され、結局一回で読んで貰えない同 [続きを読む]
  • 「天帝の翼 3」 はるたけめぐみ
  • 前回までhttp://ameblo.jp/book-wave/entry-12189993399.html 雨が降らないのとは言え村人荒ぶり過ぎな気もします。作中には「天狗」「人間」「巫女(天狗と人間の混血)」の種族が出て来ます。それぞれ特徴つけて描くのは楽しかったです。 巫女には女しか居ない理由と巫女の存在理由がちらりと出て来ました。巫女の少年の自分自身への評価の原因はこれらにあります。はるたけめぐみ:.. 。o ○☆゚・:,。* :..。o○ [続きを読む]
  • 「天帝の翼 1」 はるたけめぐみ
  • それは天高くある太古の遺産.。この星を殺した人類の罪。その罪無くして世界は存在できぬ罪と二つの世界を支える存在を天帝という。 遠い遠い未来。太古の人類の科学力によって地球は破壊され尽くして回らなくなった時代。繁栄していた時代の遺産として天空に人工衛星を浮かべ地球を丸ごと包み、人工で気象と気候を操作している時代。 その衛星上に生活する発展した人類と、一部の地上に取り残されて太古の日本のような [続きを読む]
  • 「赤とんぼ 第1話」 たきのみお
  • 日常は出版関係の業務に携わっていますが、これからの漫画家を目指す人たちの作品を紹介させて頂きたくて週刊「SUZUKA」を始めました。個人の作品を発信する手段は様々にある時代ですが、ここからも編集者や読者との繋がりに結び付けばとの思いです。 そんな皆さんの中から今回はたきのみおさんの作品を紹介させて頂きます。今日から4回に渡っての連載です。どうぞよろしくお願い致します。 「赤とんぼ 第1話」 &n [続きを読む]