みやQ さん プロフィール

  •  
みやQさん: 「くすりや」の「現場」
ハンドル名みやQ さん
ブログタイトル「くすりや」の「現場」
ブログURLhttp://miyaq.hatenablog.com/
サイト紹介文薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/05/01 21:56

みやQ さんのブログ記事

  • ビタミン剤のタイムリリースってなんぞ?
  • 葉酸サプリの調査をしているうちにビタミン剤のタイムリリース加工って何?という疑問がわきました。一言で言えば、長い時間効くように水溶性のビタミンを長時間かけて徐々に溶け出るように加工したということらしい。いろいろな溶け方をするカプセルにビタミンを入れるのだそうな。 実際は、食事と定期的に摂っている場合は食べるたびにビタミンを摂取していることが多いので、タイムリリース加工の効果を感じにくくなっていま [続きを読む]
  • 葉酸単独?ビタミン追加?鉄を追加?それともカルシウム?
  • 答え)商品の説明書に書いてある量を飲むのならば、葉酸単独、ビタミン付加、鉄付加、カルシウム付加のものどれを飲んでも健康に害を与えません。妊娠後期には、鉄の必要量が増えるため、鉄を多く含むサプリメントに切り替えてもいいでしょう。(鉄分1日量15mg以内のもの) ただし、貧血の状態によっては鉄剤を処方されることがあるので、その場合はサプリメントでは鉄を含まないものにしましょう。サプリメントを摂っているこ [続きを読む]
  • 合成葉酸と天然葉酸の違いについて
  • 葉酸サプリの記事に見られる表現のうち「これ難しいよね?」と思うものについて解説します。★合成葉酸、天然葉酸、酵母葉酸小腸で吸収される時点で分子レベルの大きさになっているので、葉酸の原料が何であるかは関係なくなっています。あるとしたら、グルタミン酸が1つだけついている(モノグルタミン酸型の葉酸)かグルタミン酸が複数ついている(ポリグルタミン酸型の葉酸)の違い。調理や胃酸でグルタミンが取れて、最終的 [続きを読む]
  • 葉酸サプリメントを選ぶ大まかな基準
  • miyaq.hatenablog.comの記事で掲載されたサプリメントの中に自分が今飲んでいるものがないと心配になっている方へ 信頼できる製品かどうか見極められるポイントを紹介します。商品の包装を見ましょう。実際に購入した葉酸を含有した、ビタミンB12,鉄の栄養機能食品の包装です。こちらの商品は400円していません。原料、成分表示のしっかり出来ているものです。(先日の記事には紹介されていない商品です)紹介されていな [続きを読む]
  • おすすめ葉酸サプリメント
  •  葉酸が特に必要となる期間(妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで)と妊娠中後期に飲むのに適したサプリメントを紹介します。<判断根拠>1.妊娠前後の女性が服用するのに適した成分である2.国民生活センターの調査( http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110526_1.html )を通っている、もしくはその関連、後継商品3.広告表現に科学的根拠のない表現を使っていない4.継続して購入しやすい(定期購入という方法もしているサイト [続きを読む]
  • 「門真市薬剤師会にソクラテスがやってきた」
  •  こんにちは。先日、大阪府門真市で行われた、平成29年度第一回門真市薬剤師会生涯教育講習会に参加してきました。 会場は古川橋駅前のルミエールホール。当日何かのイベントがあったらしく、えらく長い行列ができていました。大阪北部の方なら古川橋駅に行ったことがある方も多いと思います。そう、運転免許証の更新で。 前座として、大塚製薬工場から、熱中症についての話題。 資料としては熱中症だけではなく、急性胃腸 [続きを読む]
  • 販売する人の顔色をうかがってしまう
  •  前もって言っておきますが、今回は学術的なことがほぼ含まれていません。  対面販売で物を買う際、私自身が考えていることについて書きます。 よく対面販売で商品を買います。自分では気づかない商品との相性や、商品パンフレットには書かれていない商品の使い方の情報を店員の方に聞きに行くとわかりやすく教えてくれます。 こちらも使用しての感触を伝えたり、どう使えばいいのか質問したりします。今後、商品を販売する [続きを読む]
  • 平成29年7月29日 居酒屋抄読会参加報告
  •  先日、梅田で開かれた「居酒屋抄読会」に参加してきました。どんなものかといいますと、医学論文(のうち、薬を飲んでの効果や安全性などを書いたもの)を読み合わせて、別途シナリオ上にある患者さんの状況にどう活用できるか話合う会です。論文を読むのが到達点ではなく、患者さんの訴えに対し、根拠ある答えを出すための手がかりを見つけようというものです。 今回はこういうテーマで行われました。pharm-niiyan.hatenablog. [続きを読む]
  • 書評「 あるある症例から学ぶ!薬学的思考トレーニング」
  • www.nankodo.co.jpwww.e-hon.ne.jp 日薬の学術大会の時にサイン本頂きました。遅くなりましたが感想を。  頭の中での思考パターンの展開を、視覚的に読者に伝える工夫が欲しかったのが正直な感想です。思考方法には骨格があって、その骨格をどのように臨床現場で応用させて、アウトプットするかというのがわかりやすければタイトルと中身が一致するのではないかと感じました。見るもの 患者さんの背景、人となり 健康状態 [続きを読む]
  • 健康食品を望む気持ち
  •  健康食品を求める人がいる。 実際の効果は定かではないものが多いため、医療関係者(特に医師や薬剤師)からは「効かないのだから必要ない」と扱われることが多い。効果は定かではないの意味 客観的なデータに基づく効果判定をした研究結果が少ない。 研究しようにも時間とお金とそれを行う人員が不足している。 研究する気がない。(売れればいいので、など理由は色々) ところが、効かないからといって医療者の側から [続きを読む]
  • 院内の調剤料と院外の調剤料が違う理由
  •  院内処方と院外処方で調剤に関する技術料が違うのにはわけがある。 1.採用している医薬品の種類 院内処方の場合、 大きいところだとその病院で採用する医薬品の種類を決めているので、原則としてその中から処方される 診療所で医師が一名だと、その医師が使用したい薬のみと種類が限定される。 院外処方だと多数の医療機関多数の医師の処方が突如として来るため、置いている医薬品の種類も多くなっていく。そして、1 [続きを読む]
  • 神戸市中央区薬剤師会学術講演会(2017.6.3)
  •  自分が参加した講演会の内容を軽くまとめます。 「神戸市での結核発生状況と薬局薬剤師に期待すること」神戸市保健所 藤山理世先生 神戸市は全国よりも結核発生割合が高い (一番高いのは大阪市) ホームレスだけの問題ではなく、小児に感染することもある。 結核の薬は有効なものの種類が多くないので、副作用が出ても一切中止とならないこともある 最初は入院で治療するが、外来で治療する(270日間薬をのむことに [続きを読む]
  • 遠隔診療は果たして対面より優れているのか?
  • 遠隔診療に対する話題がある。遠隔診療普及へ報酬増額=安倍首相「しっかり評価」―未来投資会議 - エキサイトニュースオンライン通院始めました〜半年して見えてきたこと 医者にも患者にも大きなメリット 普及に向けて前向きな議論を | JBpress(日本ビジネスプレス)遠隔診療でも直接対面で診察する場合でも治療効果に差はないという発表があった。 そうなれば、病院に行くのが面倒な人は遠隔診療を選ぶであろう。自宅だと、 [続きを読む]
  • EBMに対する誤解を解こう
  •  先日参加した講演会の内容をまとめました。 第6回 兵庫医療大学薬学部生涯研修セミナー 「ポリファーマシーをめぐる問題と薬剤師の関わり」 講師 青島 周一 先生(医療法人 徳仁会 中野病院薬局) 青字で書いているものは完全に私の私見です。 「ポリファーマシーの明確な定義はない」 ただし、処方される薬が5剤を超えると有害事象の発生が増える傾向にあるので、ざっくり5剤という捉えられている印象。「ポ [続きを読む]
  • 遠路はるばる会う意義
  •  「SNSの時代なのになぜ遠路はるばる会いに行く必要があるの?」 「患者は土日もないのに!」 という意見もありますが・・・・(もちろんこういう人は少数) 実際に、学会などで遠路はるばる会う意義があるのです。1.既に交流がある人との出会い2.新しい出会い両方です。 そもそも学会に行く人の多くは、新しい知見を得に行きたい人です。(中には所属組織内の付き合い・・・何もいいますまい) 会社組織内では浮いてい [続きを読む]
  • PGF2α誘導体製剤の紹介とまぶたへの色素沈着の機序
  •  今回の記事の始まりはTwitterで「プロスタグランジンF2α誘導体について調べる」といったことから始まっています。 ★そもそもプロスタグランジンとは 非常にざっくり説明すると 体中のいろいろなところで、様々な作用を示す物質。当たり前すぎますね。 プロスタグランジンにはいろいろな種類があります。 プロスタグランジン - Wikipediaここは書くのが面倒なのでwikipediaの資料を参考ください。一般の方が読んでもそこ [続きを読む]
  • 学会(学術集会)の流れ
  •  「学会に行きました」という報告が時折あります。多くの人が参加したことがないと思われる学会。いったいどんなことをしているのでしょうか?1.シンポジウム有名な人や実績を上げた人がそれぞれの取組から、同業の人に対し現状報告や未来への提言を行うもの2.発表自分の取り組みを発表する。ポスターを提示し、ある一定の時間にそのポスターについて説明したり、見に来た人と意見を交換するもの→名刺を交換し、その後の交流 [続きを読む]
  • 最後まで口から物を食べよう
  •  人生の最後に必要なのは、食べられることではないかと思う。 80歳を超えると、薬で延命できる期間が限られてくる、と数々の文献が示す。体の機能が落ちてきて、何かしらの不調で亡くなるリスクが高くなる。薬物治療による有害事象の方が効果よりも大きくなる傾向もある。効果に差がなくても、薬による治療を続けたいと考えるのならば、それはその人の生き方だ。 50代ぐらいから嚥下機能、物を飲み込む機能は落ちてくる。80 [続きを読む]