西村土地家屋調査士・行政書士事務所 さん プロフィール

  •  
西村土地家屋調査士・行政書士事務所さん: 西村土地家屋調査士・行政書士事務所
ハンドル名西村土地家屋調査士・行政書士事務所 さん
ブログタイトル西村土地家屋調査士・行政書士事務所
ブログURLhttp://www.office-nk.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
サイト紹介文滋賀県長浜市の土地家屋調査士・行政書士事務所のホームページです 古地図・地籍図鑑定のページもあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/05/02 09:27

西村土地家屋調査士・行政書士事務所 さんのブログ記事

  • 虎姫小&中学校同窓会
  •  昨日は長浜市内にて虎姫小学校&中学校の同窓会でした 五年に一度の開催というペースで開催されていますので、五年ぶりに懐かしい面々にお会いすることができました   しかし、それぞれ就職や、出産などの成長期&変化期とでもいうべき時期を過ぎたせいか、全く誰かわからないような方は少なくなったような気はします ただ、私は地元にいますので、何かと近辺をウロウロしていますから、その [続きを読む]
  • 台風5号で近所の姉川が氾濫しました
  •  近畿地方を直撃した台風5号の影響で、私の近所の滋賀県長浜市を流れる姉川大井橋付近から水があふれ、長浜市大井地区の方では床下・床上浸水などの被害が出たようです  まずは被害にあわれた方々が一日も早く日常を取り戻されることをお祈りいたします  私の方はといいますと、自宅及び事務所はその決壊箇所の反対側の地域(長浜市五村地区)になりますので特段の影響はありませんでした た [続きを読む]
  • 長浜・北びわ湖大花火大会 2017
  •  今日の夜は夏の風物詩、「長浜・北びわ湖大花火大会2017」が開催されました 夕ご飯を食べてから、家族で近所の土手から毎年見ています  上記は事務所近くの県道丁野虎姫長浜線の新大井橋からとった写真です 少し距離がありますので、ちょっとピンぼけな感じですが、毎年のことながら周りにはギャラリーもそれなりにおられました この日ばかりは長浜市内も交通量が多いですので、なかなか打ち上 [続きを読む]
  • 第8回不動産表示登記無料相談会がNHKにて取り上げられました
  •  7/30に開催されました滋賀県土地家屋調査士会主催の全国一斉不動産表示登記無料相談会につきまして、NHK大津局で取り上げていただけたようです 私自身が相談会に参加したわけでもないのですが、いい制度PRとなったものと嬉しく思います  下記にNHK大津局のサイトより記事の内容を転載させていただきます ---------------------------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 約20年ぶりに土地家屋調査士試験出願者数が下げ止まる
  •  現在、法務省のHP上に、平成29年度の土地家屋調査士試験の出願状況が掲載されているのはご存知でしょうか?  先日の近畿ブロックの会合でも岡田連合会会長から「土地家屋調査士試験の受験生の減少がようやく止まりました」との報告もありましたが、本当に久しぶりのことです  ではいつ以来か、といいますと、平成11年の出願者数が11,103人、そこから今年まで一度も増加せず、まっすぐ右肩下がりで今日に至ってい [続きを読む]
  • 地籍問題研究会第19回定例研究会に参加します
  •  今月開催が予定されています地籍問題研究会第19回定例研究会に参加させていただきます 今回は、滋賀県土地家屋調査士会からの密命?も帯びておりますので、動かないといけないこともありますが、とりあえず一参加者としてお勉強させていただければと思っております  ただ、正直なところマンションは当方の滋賀県北部地域ではあまり(というか全く)御縁もありませんので、その辺、どうでしょう [続きを読む]
  • ブラタモリ名古屋編と歴史地理学会
  •  先日参加させていただきました歴史地理学会の当日は、NHKのブラタモリでちょうど名古屋・熱田編の放映日でした  歴史地理学会では溝口常俊先生(歴史地理学会会長・名古屋大学名誉教授)による講演「古地図で語る郷土の歴史」ということで名古屋の歴史についてお話がありました ちなみに上記の写真は溝口先生の講演の際のものです 濃尾平野の高低差を説明されていますね  片やブラタモリでは歴 [続きを読む]
  • 「絵図」と「地図」の境界はどこ?
  •  私の周辺では「絵図」と「地図」は一体何がどう違うのか、またいつから「絵図」は「地図」になったのか、といったような議論が時折みられます 一般的には、不正確で、古い時代の地図のことを絵図、逆に地図とは近代的な測量結果を表した正確なもの、というような理解がされているケースが多いようには思います 先日の歴史地理学会の公開講演会で下記のテーマの講演がありました 「ある民間地 [続きを読む]
  • 「日本の空き家空地問題を考える」地籍問題研究会より
  •  今日、私の事務所に地籍問題研究会より「日本の空き家空地問題を考える」―研究者・実務家・行政による多角的検討、とのタイトルの冊子が送られてきました  全国各地で問題になっているいわゆる「空き家問題」について、特に土地家屋調査士の立場からフォーカスした冊子です この冊子の元のネタは昨年の7月に金沢大学角間キャンパスにて開催されました地籍問題研究会第16回定例研究会の内容ですね [続きを読む]
  • 住宅ローンと不動産価格のお話(歴史地理学会にて)
  •  6/17、18と愛知県刈谷市内の愛知教育大学にて開催されました第60回歴史地理学会大会・総会に参加してきました 私自身は歴史地理学会に参加させていただくのは初めてですが、この間、日本地理学会では研究の報告させていただく下での参加でしたので、今回はいささか気楽でした  でも、多分、土地家屋調査士が歴史地理学会に参加するのは初めてでしょうね 正直、もったいないなあ、と思います この際、 [続きを読む]
  • 墓地の所有者は「村中」さん?
  •  昨日は滋賀県土地家屋調査士会の総会後初の理事会が開催されました そこで理事の職掌も最終的に決められたわけですが、私は新体制でも引き続き滋賀県土地家屋調査士会の研究部長と法25条2項委員会委員長を兼任させていただくことになりました 今回で三期にわたり、同じ役職を担うことになったわけですが、さすがに四度目はないでしょう、ということで、この役回りの有終の美を飾れるよう、何とかやって [続きを読む]