ポラ丸 さん プロフィール

  •  
ポラ丸さん: ポラ丸 アジアの街角を歩く
ハンドル名ポラ丸 さん
ブログタイトルポラ丸 アジアの街角を歩く
ブログURLhttp://gtsaigon0514.blog.fc2.com/
サイト紹介文台湾の街、スリランカの自然…今年も気持ちのままに歩きたい。
自由文アジアの街はその生活感が魅力です。

私の大好きな本、辛永清さんの「安閑園の食卓」を読むと、昔の台南の小路に聞こえる物売りの声が甦ります。そして家の中で聞いている子供たちのドキドキした気持ちも。

その土地の人達と気持ちが一つになることは大変なことですが、旅人は旅人なりに街角を曲がり、次の新しい街と出会いたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 325日(平均1.4回/週) - 参加 2016/05/02 19:41

ポラ丸 さんのブログ記事

  • トリンコマリー駅
  • 小雨のトリンコマリー駅です。駅は町から結構離れていますが心配はいりません。トゥクトゥクの大群が待ち構えています。料金相場を勉強しておき、乗車前にキチンと交渉しなければいけません。それでも途中車を寄せてきて行先のホテルの悪口を言い自分が手数料をもらえるホテルに連れて行こうとするのが必ずいます。うっとおしいですね。ウプベリ丁字路にいるトゥクトゥクドライバーは皆気持ちのいいヒンズーの青年でしたが…コロン [続きを読む]
  • ガルオヤ・ジャンクション駅
  • ガルオヤ・ジャンクション駅はコロンボ・フォート〜バッティカロアの本線からトリンコマリー方面の乗換え駅です。右の方の線路を行くとトリンコマリーです。こちら側のホームがメインのホーム。時間通りなら本線の列車も支線の列車もこのホームで乗り降りします。ただ遅れが出ると(大概は本線)乗継列車は裏側のホームに待機しています。ホームにある駅舎にトンネル状の通路がありますのでその通路を急がなくてはなりません。ホーム [続きを読む]
  • コロンボからトリンコマリーへ/東部州の車窓
  • コロンボ・フォート駅からトリンコマリー駅まで列車の旅に出かけます。トリンコマリーは東部州の由緒ある町で、鉄道路線もコロンボから真っ直ぐに伸びているように見えます。実際には急行列車はバッティカロア行きで、トリンコマリーへは途中ガルオヤ・ジャンクション駅で支線に乗り換えます。バッティカロア行きの急行列車は日に3本、そのうち2本が夜行列車です。景色を楽しむにはこの6:05コロンボ・フォート駅発の列車しかありませ [続きを読む]
  • コロンボの夕暮れ
  • 夕方のコロンボ・フォート駅付近を歩くのは楽しい。仕事帰りの人々でごったがえしバスの呼び込みの声は相変わらずうるさいのですが家路を急ぐ人たちの表情になにか人本来の安堵感を感じるからです。顧みれば日本人の仕事への過剰な忠誠心の反動とはいえやれ飲み会、麻雀と、心安らかに家路につかなかった過去の自分が悔やまれますね。コロンボ・フォートは「ヨットハーバー型未来都市」(私の印象)を目指しているようです。そのため、 [続きを読む]
  • 台南 北區の道を歩く
  • 台南で私たちがよく歩くのは中西區、火車站より西側、南側です。もちろん台南はどこを歩いても趣はあるのですが・・・あまり観光ルートではない北區の道は一味違います。なんというか・・・ノンビリ感というか、暖かい懐かしさのようなものに包まれます。古い庭のドアが何故こんなに立派なのでしょう。ここは和緯路一段の南側。北側は旭日街など昔からの小路ですが、南側は原っぱが広がっています。再開発されるのでしょうか・・・(201 [続きを読む]
  • 台南・永楽市場の昼下がり
  • 前稿で永楽市場近くのカフェ2店をご紹介しました。台北の永楽市場はバリバリの現役ですが台南の永楽市場の2階はごく一部を除いて住居になってしまいました。市場自身が忙しかった昔を思い出しながらまどろんでいるそんな気がします。(2016.10)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 存憶Cafe Bar
  • 台南市中西區国華街三段211號無休 9:30〜22:00 (火・水12:30〜)こちらも公車は 北5-5 西門民權路口下車です。国華街に入り北上します。民族路の交差点を越えてあと少しです。国華街に面していますのですぐ分かるでしょう。オーナーの黄さんも人柄がイイ。ご近所のお年寄りからもよく声がかかります。以前私のカメラの充電が不十分だったことがあって、黄さんにカメラ屋の場所を教えていただきました。台南には大きなカメラ店がなく [続きを読む]
  • Cafe Flaneur
  • 台南はカフェブーム。老房子を利用したカフェが増えています。台南は確かに老屋、老房子には事欠きませんし、表情の多様な美しい建物も多いのです。ただ昨今のカフェはオシャレにしようと新しいデザインの内装を目指しますが・・・それが結果的に画一的な感じになるというか建物の個性を消してしまう気がします。また値段が高いのも違和感があります。台南の若者が気軽に利用できる店でないとしょうがないと思うのですが…古い建物を [続きを読む]
  • 猫舌頭(ネコジタ)小籠包
  • 台南市北區旭日街103號 南18-8 和緯路一段 土日休 6:00〜9:00 14:00〜19:00台南の路地にある小籠包屋さん。和緯路一段から旭日街という路地に入ってすぐそこです。小籠包屋さんで猫舌頭というのが楽しく、しかも日本語で「ねこじた」とふりがながついています。一応外帯専門なのですが、頼めば店先に椅子を出していただいて小籠包を食べることが出来ます。姉弟でやってらっしゃるお店でイイ感じです。お店先でセイロから出したばかり [続きを読む]
  • 信燒烤
  • 台南市中西區公園路12號 火車站より徒歩 火休 11:00〜13:30 17:30〜26:00「原台南測候所」の真ん前にある飲み屋さん。最近お昼の営業も始めたようです。なんと言ってもお店のたたずまいが渋いですね。「キリン一番搾り」の宣伝がありますので1990年以降なのは間違いないですが、何故かもっと古く感じます。台南には「日式」と謳うお店が多いですが、その多くはなにか商魂だけでピントがずれているような…ここは「日式」と言っていま [続きを読む]
  • 夏一跳
  • 台南市中西區健康路一段352號(公車 北5-11 または 南0右-19 家齊高中 )無休 6:00〜11:00この記事から台南のアクセス表記を台南火車站バス停からに変えました。台北ナビ投稿した旅行記「台南旅情食堂図鑑」からの引用ですが…『台南の街歩きに自転車は危険、公車(バス)の利用が便利です。乗車時悠遊カードワンタッチだけで簡単ですし、町の雰囲気がよく分かります。ここでは台南火車站からの路線を記しておきます。火車站のバス停は北 [続きを読む]
  • 風の日 台北市立美術館へ写真展を見に行った
  • 風の強い日だった。四平街の旗が揺れています。四平街でお昼をしてから、圓山へ。花博公園の草木も風になびいています。お目当ては、台北市立美術館の写真展「另一種目線-王信攝影展」以下は、特に私の心に響いた王信さんの写真です。王信さんは1941年台中生まれ。鹿港で育ち東京写真専門学校で写真を学びました。私には比較的初期のもの、霧社や蘭嶼島の写真が良かったです。写真たちが「生きることの意味」を問いかけてくるようでした [続きを読む]
  • ホートン・プレインズ国立公園の歩き方
  • [気候と服装]この地域のベストシーズンは8月9月ですが、それでもコロンボからハプタレーにつくとかなり涼しい。ホートン・プレインズはさらに寒く凍えるので十分な防寒対策が必要。ここはパタゴニア?と思うような、毛糸の帽子やポンチョやら地元の方たちは着てきます。みんな、そんな服も持ってたんだねぇ。ホートン・プレインズへの小旅行をアレンジしてくれる地元の方は朝一番の出発を勧めます。霧が出ない前にということです。朝 [続きを読む]
  • ハプタレーの歩き方
  • [ハプタレーへのアクセス]コロンボ・フォートから鉄道で約8時間。車窓風景の素晴らしさと、気楽な列車まかせの、鉄道の旅がお勧めです。やわらかなシートでノンビリし、車窓を楽しんでいると時間の経つのは早い。途中のいくつかの駅で乗りこんでくる果物やお菓子やパンの売り子がまた楽しく役に立つ。コロンボ・フォート駅でお弁当を買うのを迷いましたが朝ご飯さえ食べてくれば、ボトル・ウォーター1本持参で大丈夫でしたね。長時間 [続きを読む]
  • 絶景のホームステイ Polo Region Rest Inn
  • Polo Region Rest InnNo 114,Walimada Road, Haputale Sri Lankaお世話になったハプタレーの宿「ポロ・リージョン・レスト・イン」をご紹介します。峠の町ハプタレーのさらに高台にあるこの宿は御覧の通り絶景の宿です。このLandscapeはそこらのリゾートホテルをはるかに凌ぎます。しかし価格は、予約サイトにもよると思いますが、朝食込で約USD19。そうです、こちらはホテルというよりホームステイ。若夫婦とお母様、次回訪問したら戦 [続きを読む]
  • コロンボ・フォート駅
  • スリランカのメイン・ステーション、コロンボ・フォート駅。ホームはたった4つ。それだけの線路でスリランカ全土に列車が出ていきます。写真はウエスト・コースト方面の跨線橋から撮影。割に隙間が見えますが発車が近づくとごったがえします。ウエスト・コースト方面を眺めます。同じ方面なのですが、上に跨線橋が見えます。そしてその向こうにある踏切状のアスファルトが構内踏切。左側に行くとなんと駅裏に。改札・・なさそうですよ [続きを読む]
  • セクレタリアット駅
  • コロンボ・フォート駅からウエスト・コースト方面への最初の駅。コロンボ・フォート駅から歩いてでもすぐです。昔は国会議事堂が近かったので存在理由があったのだけれど首都機能が移転して(写真では美しくみえない)バワ設計の新しい国会議事堂になってしまった。なので現在停車する列車は少ない。けれど見ていると列車が駅のカーブで減速する時にホームに飛び降りる人が必ずいる。そんなに時間を惜しむのか・・・それともキセル?そ [続きを読む]
  • ハプタレー駅
  • 峠の町ハプタレーの駅。スリランカでは大きめな駅ですが、停車場(ていしゃば)と呼ぶのが似合います。後ろの煙のようなものは霧。南斜面からやって来ます。いつでも涼しいハプタレーは霧が出るとさらに寒くなります。巨大な給水ポンプ。SL時代のものが残っているようです。スリランカでは山間の小さな駅でも花で飾られていますね。Wellcomeの気持ちが嬉しいです。(2016.8)にほんブログ村 [続きを読む]
  • アジアで最も美しい車窓/コロンボからハプタレー列車の旅
  • スリランカの列車の旅は、レトロな車両や花を飾った小さな駅たちなど思い出に残る旅です。美しい自然が多く残るスリランカは、車窓からの風景が素晴らしい。特に南部高地を走るバドゥッラ行きの列車の車窓はアジア一美しいと言われます。コロンボからハプタレーまで8時間を越える列車の旅ですが少しも退屈しません。広がる茶畑、点在する紅茶プランテーション、川、村、木々、遠くの青い山脈・・・そして驟雨が足早にやってきます。(2016.8) [続きを読む]
  • 晴れた日には花博公園に行こう
  • 昨夜の雨と今朝の風のおかげで台北は青空です。花博公園に出かけましょう。1號出口を出ると外帯のお寿司屋さん発見お弁当にちょうどよい。公園の木もスッキリした影ですね。空が気持ちイイ。振り返ると圓山站の月台に電車到着。早速木陰でお弁当にします。・・・少し歩いて中山北路を渡ると 臺北市立美術館花博公園側から見るとコンパクトに見えますが中はすごく広くて3つくらいの展覧会を同時に見ることが出来ます。絵を見ている [続きを読む]
  • 朝食天国 科技大樓站エリアを歩く
  • 科技大樓站エリアは朝食天国これは私の中では結構な大発見。コロンブスの次くらいの大発見と思うんですが。科技大樓站を出ると(出口は一つ)目の前が復興南路二段。その科技大樓站の背中側、復興南路二段と和平東路二段、敦化南路二段に囲まれた一帯がそうです。科技大樓站を過ぎるとMRT文胡線が90度の急カーブを切ります。そのカーブの内側と言うと分かりやすいかもしれません。歩いてみましょう。ここいらは高いビルが皆住宅、マンシ [続きを読む]
  • 座ると良さがわかる「四海豆漿」
  • 科技大樓站エリアの豆漿店「四海豆漿」をご紹介します。古くからのお店ですが、他の豆漿店にありがちなゴチャゴチャ感や汚れた感じがありません。清潔な白い壁と大きな間口、座ると居心地の良さは抜群です。お店のご家族のサービスもスマートだと思います。私の好きな豆漿店はここか雙連の「世界豆漿大王」です。似た名前「四海豆漿大王」が近所にあるようですが違いますよ。四海豆漿台北市大安區和平東路二段311巷40號無休 5:30〜12:00丸 [続きを読む]