taz さん プロフィール

  •  
tazさん: 生きている時代のブログ
ハンドル名taz さん
ブログタイトル生きている時代のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/378mbcws/
サイト紹介文生きているこの瞬間のこころを表現していく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 301日(平均1.3回/週) - 参加 2016/05/03 19:00

taz さんのブログ記事

  • 冨田さん意見陳述「元の身体を返して」
  • あ〜あ なかなか予感というのは正しいことがあるよね 何か気が進まなかったりした今日やっぱり後悔したな午後 やっぱり土曜の日がいいね充実していて 山に登ったり食事をしに行ったりやっぱり計画が充実させる日となる たまには部屋でぼ〜っとしておけばいいけどもったいないようで予定のない日でも動いてしまう でも外も少しずつ明るくなってきたもう3月も目の前に 記事には 小金井刺 [続きを読む]
  • ガンとか重い病で今を生きる人もいる
  • 週末に向かう眠りにつこうかとする平日の夜に想う この世には ガンとか重い病で今を生きる人もいる 何故だろうと思う みな意にそわないはずなのに みな自身がそうなったら信じられないだろう まだ年齢も若くこころは生きたいのに 自身が自身の肉体を殺すことの意味とは いくら生身のこの命でも消えるのを求めもしないのにいつしか自身を消そうとする意味とは 何もないこれが当たり [続きを読む]
  • それにしても今度かったパソコンのブルーマウス
  • 帰りの見上げる大空はふく風も心地良い 交差点で止まりふ〜っと息を出す 今週も耐えの刻が過ぎたことをこの鎧で実感する この社会はそうなっているからまあ仕方ないかと足早に行き交う人々を遠くに見る でも週末の夕は何とも気分がいいな また温泉に入ろうと思う気持ちいいもんね それにしても今度かったパソコンのブルーマウスカチカチ音もせずに触れ心地も柔らかくてとても良い気に入った [続きを読む]
  • 露天風呂から広い空を見上げる
  • ふ〜っと 白い湯気が立ち上がる露天風呂から広い空を見上げる 雲が流れる大空をまばらに 風は冷たいけれど心地良い湯かげん やっぱりこの自然の温かさはいいねこの大地の恩恵のぬるぬるした湯 生きていると感じるこの空間だ ゆっくりと時間が過ぎていく今の刻が 昨日は朝から山に登り午後からは遠くまで行って帰ってきたのは夜 金曜の午後からずっと動いていたようやっぱり休みは自由さ [続きを読む]
  • ”形あるものはいつかは壊れる ”
  • ガガガガガ・・・・と数秒間、こだまする山林この間の休日早朝の新鮮な山道を下りる 何だ?と静かな高い木々を見上げる するとまたしても ガガガガガ・・・・と静まり返ったなかでこだまする あっ! キツツキだ! もう餌を捕ったのか、それとも気づかれたのかもう2度とここにいる間は音はしなかった でも自然の中での生き音を聞けて感動した 昼は新店の回転寿司で食する少し食べ過ぎたよう [続きを読む]
  • なんか先進国というアメリカも乱れてきたね
  • 何故か不思議不思議に感じる もう2月に入った 早々に刻々と一月を乗り越えたみたいにもう今年も振り返る年になったような気分にもなる 今日もコツコツと仕事を終え久々に電車に乗り込む中は混んでいるけれどみなシーンとしている 聞こえるのは電車のつなぎ目のジャバラ状のほろが揺れるガシャ ガシャ ギュル ギュルという音だけ 目を閉じると暖かく、うとうととでも暖かいことはホントに気持ちがい [続きを読む]
  • 久々に ”千と千尋の神隠し” を観た
  • ジーンとあふれだす感情の暖かい涙 今週の週末も過ぎようと でも金曜の夜から楽しかったな夢心地のようだったな 日曜の最後の夜は久々に”千と千尋の神隠し” を観た 何でだろう最後の歌の時には涙がとめどなく滲んだ 生きている、死ぬときの不思議さとは この世で自身の生きる意味が分かった時のようであり 最後は不思議さと心地良さにジーンつまった 人はこの鎧の為に食し ここ [続きを読む]
  • <いじめ>「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケート
  • 朝から風強く雪舞う 吹雪とまではいかないけれど結構顔にも打ち付けられた朝の道数日前の朝 寒いよりも痛かったね でも もう今年も26日も日々が過ぎようと毎日、毎日何事もないように朝が来て、昼が来て、夕が来て、夜が来る そのなかでいつものようにみなの暮らしがある いつものように人として生きる生きがい探しての旅 記事には <いじめ>「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケ [続きを読む]
  • 何故か開閉できないファスナー
  • やっと やっと 今週の峠ももう少しの木曜日に 気も明るくなる週末があと少し そういえば最近布製のファスナー付きの袋というか小バックを探していたさっそく安くて良さそうなものがあり注文した届いたものは肌触りもよく満足した が けれども何故か開閉できないファスナー 隅の所で動かない 作った人はこんな作りでは機能しないことが分かったろうに 何度もトライしたけれどこれでは開閉に [続きを読む]
  • ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問
  • 寒いね〜寒いよ〜と白い息を吐き出すガタガタと肩を震わせる朝 この冬の自然は半端ない容赦はない みなマフラーで鼻まで隠し行き交う交差点 こういう時は仕事ではなく温泉に行きたいなと思う でも現実は仕事 まあ仕方ないと前に進み諦め耐えの業に時間を流す でも頑張った分ある程度の今年の始まりの業務もこなしホットした まあ時々パソコンにも飽きるけれど形を作ることに力 夕刻は寒 [続きを読む]
  • 新年の始めはみな先の期待できない社会でも
  • また少し寒くなってきた新年 昨日は新年の会で夜に酒を飲み干すまた今年も始まる自分も含めて新たなそれぞれの社会生活 でも不思議に思うよ みな気持ちが前向きだなとこんなにも大変な世の中なのに前を向こうと生きるそれぞれにそれぞれの息立場で 新年の始めはみな先の期待できない社会でも頑張りをこころする瞳こらして明るい未来を期待して そうだよな〜そうしなければ前を向いて生きられないもんね& [続きを読む]
  • 昨日の「真田丸」最終回
  • 先週の土曜日は珍しい焼き餅を食べに出かけた ほとんどが落ちて寂しい木々が多いけどもう12月半ばというのに木々の紅葉もまだ見られた バスで凄い坂をぐるぐる回りながらのゆっくり旅 やっぱり休みの日は全てが心地いいないつもこんな感じで生きられたらホントに素晴らしいのになと思う まあ、耐えの5日間があるから休みが充実しているとも思うけどそれにしても休みの時間はもったいないくらいに刻々と通 [続きを読む]
  • 蔓と一緒に土の中から赤い芋がぞろぞろと地上に出てきた
  • 寒いね 寒いね 寒すぎる朝はマフラーに手袋でペダル踏みしめる もうあと今年も20日を切った早いものだこの年月の進み方は今年の初めから日々が加速し重なるように でもここ最近はいろいろと旅に出てよりゆっくりとこの自然を感じれた この前の土曜日は朝早くから他県に行き畑のやわらかい土を掘っての芋ほり体験をした 大きいスコップを足でグサッと押さえる蔓と一緒に土の中から赤い芋がぞろぞろと地上 [続きを読む]
  • 今回は九州の長崎に出かけた
  • 先週は金曜日の早朝から旅に出た 今回は九州の長崎に出かけた 12月とはいえ上空は青空で気候も良く快適な旅 長崎駅に着くと静かな街並みに路面電車が通る風景は古風にも思えた やっぱり来て良かったあちらこちら観光地を歩き回った でもこの坂は半端なく凄い日々の生活の人たちは大変だろうと思うでもこの場所で会う人たちを見ると幸せそうだ 亀山社中の場所まで上る狭い階段の途中は修学旅行の [続きを読む]
  • 見上げる町灯りはもう師走がすぐそこと感じさせられる
  • 今日も夕刻が来た 1日の仕事を自身にごくろうさんと言い終える夕刻ダウンに身をまとうけどやっぱり寒いね、もう冬の入口かと 暗い外は女子学生たちも自転車で寒そうに顔も歪み走り去る 自身もペダル蹴りライトの先を見据え飛ばす 自宅の駐車場に着くと今日は以前持っていかれた自転車を引き取りに歩いて駅に向かう 行き交う人もこの季節は暗い服なので暗い道ではぶつかりそうになる 車も自転車も人 [続きを読む]
  • こんな低レベルのテーマパークとかが運用されている現代
  • 見上げる空は青空も見えないけれど休みの日は意のままでの時で過ごせて心地良い 昨晩は降り出した小雨のなか運転中フロントガラスも油膜のせいか見ずらかった やっぱり危険だね暗い時はライトの反射とかで前が見えにくい自転車も何台も走っているので怖い感じがした 今日は昼間にマックに寄り新しい商品食した後はフロントガラスとライトの前の油膜取りに汗して頑張るおかげで視界もすっきりした最近は土曜に山に [続きを読む]
  • 人類の起源はたった一人のアフリカ人の女性に行き着くと
  • 数日前目が覚めるとこの列島近くの海底の大揺れによる津波 テレビからは「つなみ!早く逃げて!、3.11を思い出して!」とけたたましい呼びかけ 今朝は関東でも10cm以上の積雪で数十人がケガと ほんとにこの大地の上で生きる生き物たちはいつもこの自然の恵みと容赦ない厳しさの中でたたずみ息を飲む そうやって今日も生かされ生きている ありがたいとか、悔しいとか、悲しいとか、辛いとかそれぞれ [続きを読む]
  • マンション内ぐらいは挨拶ぐらいは人としてすべきと思う
  • あくせく あくせく あくせく と 今週も働いた 黙ってする仕事は何かと偏った気ばかりに包まれる他人に対しても疑心なこころ持ちにもなりかける 一言話すと気もほぐれるけど仕事中は一にも二にも耐えの時間を繰り返す そうやって価値あるという労働に時を変えているのも事実かと 夕刻、解放され、ほっとしながらの帰り道もう寒くなったこの季節に首をすくめる暗い曇り空の下は風も冷たい 友人からのメ [続きを読む]
  • 今を重い病で戦っている人も多くいるこの世
  • ハア ハア ハアと 上を見ると果てしない急な斜面の山道 休みの土曜日は山頂を目指した 1m程幅の細いくねった上下の山道右下に目をやると200m以上の急な斜面 怖い場所はひたすら右下をみないように速足で進む  しかしこの大地は上に行けば気持ちいいけど怖いな〜時々足がすくんだ今、地震でも起きたらとひとたまりもないだろうな それでも人はこの雄大な山に憧れる人の一生は何度も何度も [続きを読む]
  • 先週、都知事選挙も終わったけれど
  • どんどん過行く一日 一日朝 昼 夕 晩と人とか、かまわず刻は流れゆく自身も日々を感じ受け止めまたあるものは忘れ去る新しい先を 今を 感じ受け流しながらかとゴミ出しの朝は、蝉が一斉に鳴いているこの世の短い生を絞り出しているように子孫を残したいとメスめがけ鳴いている寂しく泣いているようにも聞こえる朝もう8月2日かとこの大地の生き物もこの暑さを汗に変えやり過ごす自身もペダル蹴って風を受けやり過ごす し [続きを読む]
  • 学歴が低い人ほど自殺率は高いことが判明―国内の大学研究チーム
  • ささやく ささやいてみる囁くとは人にすればあまりいい感じはしないけど自身の内には、たまにはささやいてみる目の前のやるべきことをどう思うかと真っすぐな気持ちで受け止める何故か納得したこの先をしかし、この青空の太陽の熱が腕にじかじかと浴びせてくる肌色の腕の汗が眩しいくらいに光る自転車飛ばして先を急ぐけどどこまでも暑い日差しが追ってくる自然7月の26日、夏真っ盛りだなその下で今日も刻々とままに生かされ [続きを読む]
  • 地雷に注意 ボスニアで「ポケモンGO」利用者に警告
  • あ〜昨晩は飲みすぎた祝賀会に招かれ知らない人もたくさんいたけど少し酔って今思えば恥ずかしいほど饒舌に大勢の前で挨拶平日に飲むことはめったにないけれどやっぱり休みのビールが一番かとまどろぐような夜を超え朝を迎えるまだ視界が熱くぼんやり気味ひやっとした外に出る綺麗な青空とミシ ミシ ミシと大勢のセミの声夏、真っ盛りかと思うそういえばこの間聞いた外人さんによるとドイツにはセミがいないとイギリスとかもい [続きを読む]
  • 日本人は毎日仕事ばかりで楽しくないと
  • しかし しかし 蒸し暑い午後からの仕事ではこの頭もぼんやり気味となる室温30度、湿度82%では当たり前かとまだまだ扇風機で踏ん張るまだまだ元気だと自身に言い聞かせるでもこの間聞いた小さな工場では50度近くもあるところで働くとみな頑張っているんだなと思うどうしても冷房も無いところも今だにあるそういう仕事もある若い外人さんも学費稼ぐためには頑張っていると日本で大学出て国に帰ると思いの職に就けるらしい [続きを読む]
  • 恥をかかないデキる大人のマナー
  • す〜っと多くの夢の世界から覚める今日は平日だけど少し遠くまでの楽しみもあるもう7月も半ばかと外に出ると少しひんやりとした風に包まれる何か気持ちがいい朝セミの一斉の声が遠くからこだまするもう真近だな、夏は見上げる大空に感じる記事にはお中元のお礼は3日以内! 「つまらないものですが」より賢いフレーズとは? 恥をかかないデキる大人のマナー260選と■ハンカチを贈るのは失礼!? 贈り物のタブーえっと思ったけどハン [続きを読む]
  • 初めての1票を投じた若者たち、選挙を通じて感じたこと
  • 見上げる始まりの空はまだ梅雨模様昨日はせみの声も聞こえていたけど今日は聞こえないでも真近に暑い青空が待っているようだ子どもの時からひと夏の想いでは数多い早朝から虫取りに行ったり泳いだり小山を走り回ったり崖から落ちて死にかけたりしたけど楽しかった夕方の少し寂しくなるあの夕暮れ時が懐かしい暑さから逃れる夕方の楽しみも多かった花火あげたりアイスやすいか食したり夜空がとても綺麗だった夢を見ているように通 [続きを読む]