すみれママ さん プロフィール

  •  
すみれママさん: 中高年がとまらない
ハンドル名すみれママ さん
ブログタイトル中高年がとまらない
ブログURLhttp://sumiremama.blogspot.jp/
サイト紹介文中高年のエイジングは加速するばかり。中高年の視点で感じたり考えたこと、情報などを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/05/04 14:16

すみれママ さんのブログ記事

  • タンス商品券
  • 実家の片付けをしていたら・・・母が亡くなって四十九日が過ぎました。そろそろ片づけを始めようと手を付けたところまあ、たくさんの商品券などのもらい物が出てきました。商品券の他にはかなり昔にいただいたご祝儀やお見舞い金などが袋のままであちこちに置いてあって・・・袋に入れてあった紙幣も、旧1万円札・5千円札(聖徳太子)、千円札(伊藤博文)さらには、500円札、100円札(懐かしい)まで出てきてどうすんべっ [続きを読む]
  • 限界の決断
  • 長年通った歯医者さんとの別れ今日、4ヶ月に1回の歯科健診に行ってきました。以前に歯をすごく悪くして腕がいいと評判の歯科医院にかかりました。それまでにかかっていた近くの歯科の治療で悪くされてしまったためです。それから20年以上、丁寧な治療と歯科指導で現在はとても良い状態になっています。その先生から今日告げられました。「目の網膜を悪くしてしまい、手術もしましたがものが曲がって見えてしまいます。目を使う [続きを読む]
  • 夏の疲れかな。
  • 毎日「かゆみ」や「むくみ」が出てきます。この1ケ月間くらい、毎日体のどこかにかゆみが出て困っています。特に夜や早朝に。どちらかというと下半身に多く、ひどい時はじんましんが盛り上がってかゆくて・・・抗ヒスタミン剤を飲むと2時間くらいで消えます。それと、毎朝手にむくみとこわ張り、全身に慢性の筋肉痛もあらわれ・・・夏の疲れが出る時期ではありますが、もう2か月以上も続いているので他の要因もあるでしょう。自 [続きを読む]
  • 義理の両親への介護について
  • 嫁には介護義務がないそうで・・・両親のダブル介護でこの半年間実家に通っていると、昔から知り合いのおばちゃんたちと久しぶりに話す機会が増えました。母が亡くなってお参りに来るご近所さんもいて懐かしい顔ぶれに会えています。「介護がんばったね。」って労いの言葉をいただいたりします。介護の話になると、おばちゃんたち(70〜80代)は息子さんやお嫁さんの話になります。多くのおばちゃんたちはご主人を亡くされていてひ [続きを読む]
  • キナ臭い話ですね。
  • 北朝鮮が「日本を焦土化することもできる」と挑発朝鮮中央通信が8月9日に伝えたところによると、北朝鮮の報道官が「日本列島を瞬時に焦土化できる」と警告する声明を発表したようです。新しく就任した小野寺防衛相が、敵のミサイル基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を検討する姿勢を示したことに反発した格好です。核を搭載した長距離弾道ミサイルも完成しつつあるようで、アメリカにも脅威を与えています。日本は、今までも [続きを読む]
  • 終活は必要かも
  • 何も知らせないと遺族が困る母が亡くなってから約半月が経ちました。いろいろと支払いや手続きでバタバタしています。一番困ったのは、亡くなってすぐの通夜・告別式の連絡でした。親族やご近所さんは別として、故人の友人関係、趣味や社会活動関係などは全くわからず、葬儀までに連絡ができませんでした。葬儀が終わってから残された手紙や配達物から類推して電話をかけてみたりしています。また、たまたま母へ遊びのお誘いの電話 [続きを読む]
  • 母の死
  • 母親が亡くなりました。半年間寝たきりで苦しんでいた母が4日前に亡くなりました。昨日葬儀も終わりやっと落ち着いたところです。亡くなってすぐに、葬儀などの打ち合わせや関係者への連絡などものすごい動きが要求されます。私は高齢の父の代理として喪主代理を務めましたので本当に大変でした。悲しみに沈んでいる暇もないほどのハードなスケジュールをこなさないといけません。葬儀代やお寺さんへのお礼など料金もかなり高額で [続きを読む]
  • 豊田真由子議員に・・・
  • 豊田真由子議員の報道で思うこと秘書への暴言・暴行で渦中の豊田真由子議員ですが、この人には人格障害が潜んでいるように私には感じます。外面は良いが、身内や格下には暴言を吐いたり抑圧したりする。報道からしかわかりませんが、自己愛性か境界性か双極性などの人格障害があるのではないかと想像します。(あまり他人のことを決めつけてはいけないのですが)というのも、自分の母親が豊田議員とかぶってしまうのです。このブロ [続きを読む]
  • 追いつめられて・・・
  • 両親のダブル介護に限界が・・・昨年末に母親が倒れ寝たきりになりました。それから半年。24時間酸素吸入の処置が必要です。また、全く腰から下が動かないので、近々身体障害者1級が取れると医師から言われています。もうこの7〜8年間要介護3の父親を介護してきましたが、それに加え母親の介護が加わり在宅で頑張ってきました。時々、ヘルパーさんにも入っていただいています。両親がどちらも頑として病院や施設には入りたく [続きを読む]
  • 猫の存在
  • 高齢化と猫出典:いらすとや最近は猫ブームのようで、CMにも猫がよく出てきます。今、「猫忍」という映画をテレビでやっていて何となく見てしまっています。介護に通っている実家にも14歳くらいの三毛猫がいてそれが最近可愛く感じるようになってきました。本当にきれいな顔をしたネコちゃんです。私はどちらかというと犬派で、人間に良くなついて従順なのが好きなのですが、猫も悪くないかなと・・・まあ、子供の頃からずっとネ [続きを読む]
  • 自律神経が不安定になる時期
  • GWが終わり気温差が激しくなる時期GWが終わり普通の生活が戻ってきましたが、生活のリズムがうまく取り戻せない人も多いかと思います。また、この時期は気温差が大きいため急に暑くなったと思ったらまた肌寒い日もあり、1日の気温変動も大きく体調を崩しやすい時期でもあります。着る物にも迷います。高齢者&認知症の父親は家の中にいるとストーブをつけてしまい朝起きると寝室がガンガンに暑くなっていてびっくりしました。でも [続きを読む]
  • いつか自分も・・・
  • 同じことの繰り返しが目立つようになると要介護3の父親は認知があるので同じことを何度も聞いてきます。1分前に聞いたことをまた・・・聞いたことを忘れてしまうのですね。また、同じような行動にこだわります。朝起きると、まず外出用のズボンを履きたがります。おむつが満タンで外に漏れていても構わず履きます。ズボンがないと「ない!」と大声で呼ばれます。毎日です。以前の習慣がそのまま残ってしまっているようです。おむ [続きを読む]
  • 失言は本音だと思う
  • 政治家の失言が後を絶ちません失言とは、「言ってはいけないことをうっかり言ってしまうこと」です。昔からですが、政治家はうっかり失言でよく辞任に追い込まれてきました。今日も、今村復興大臣が東日本大震災をめぐり「まだあちら(東北)だから良かったけど・・・」と発言し批難されています。先日も、「福島の避難は自己責任」発言でマスコミに突っ込まれ謝罪したばかりです。その数日後に、また失言。しかし、これは失言では [続きを読む]
  • 散る桜に想う
  • 桜が散り初夏の陽気が・・・今年は特に長かった桜もやっと雨に散っていきました。葉桜はあまり美しくはありませんが、初夏を感じる季節がやってきたようです。満開の桜はこの上なく美しい。でも、何か気分が落ち着かないような・・・近々一斉に散る運命の桜を鑑賞する。そこに「儚さ(はかなさ)」を感じてしまうのです。だから、桜が散って青々とした葉の桜の木を見るととてもさわやかな安定した気分になります。桜で気分がざわつ [続きを読む]
  • 身体が動くうちにしておきたいこと
  • 福祉住環境整理の需要が急増中「片づけられない」高齢者が増加しています。超高齢化で、独居や認知症高齢者などは、居住が困難なほど家がゴミだらけになる状況が増えているそうです。テレビでも、「高齢者のゴミ屋敷」がよく放送されますよね。また、ホームに入居する場合も、必要最低限の物しか持っていけないため処分に困る高齢者も多いです。さらに、そのまま亡くなると、遺族はその家の片づけに相当困難を要するとも言われてい [続きを読む]
  • 転送電話で対処
  • 高齢者宅をターゲットにした商売や勧誘出典:いらすとや介護で実家に頻繁に入るようになってから電話の多さに辟易しています。必要な電話もかかってくるので一応出ますが、多くは商売や勧誘の電話です。向こうが「〇〇様ですか?」と聞いてくると普通は「はい」って答えてしまいますよね。商売の場合、どこかから名簿を仕入れたのでしょう。多いのは、健康食品の販売、投資、建築関係のリフォーム、不用品の回収などです。悪質なの [続きを読む]
  • 人の話をちゃんと聴ける人
  • 他人の話をちゃんと聴くことができますか?自分も含めてですが、人の話をきちんと聴くことは意外と難しいです。「聞く」ことはできても「聴く」ことは難しい。人に自分のことを話すと一応は聞いてくれますが、ちゃんと聞いてないことも多く期待した反応が来ないことがよくあります。反対に、私も、人の話を聞いている時に聞き流してしまったり自分のことに置き換えてしまい、本当の意味でその人の言いたいことや気持ちを理解できな [続きを読む]
  • 介護のキーパーソンは・・・
  • 介護において慎重に選ぶ必要があるのはそれは、ケアマネさんです。ケアマネ=ケアマネージャー=介護支援専門員介護保険制度においてケアマネジメントを実施する有資格者のこと。 要支援・要介護認定者およびその家族からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を行う。在宅でも施設でも介護事業所はケアマネさんのプランにのっとって介護を実施します。要介護者や [続きを読む]
  • 銀行の冷たい窓口対応に勝利!
  • 窓口対応があまりにも不親切なので寝たきりの母親の年金通帳からかさむ介護費や医療費を捻出することにしました。暗証番号を聞いて銀行に引き出しに行きました。しかし、「番号が違います。」となってしまい・・・ずっと使用していなかったキャッシュカードなので母は暗証番号を忘れてしまったようです。適当に番号を入れてみましたがダメでした。窓口で、暗証番号の変更を申し出ましたが、本人が来ないと駄目だそうです。でも、本 [続きを読む]
  • 在宅介護は本当にしんどいです。
  • 夜中に起こされるので眠くて仕方がない週4日(日月、木金)と泊りで両親の介護に行っていると本当に忙しくてなかなか休んでいる暇がありません。全く寝たきり(要介護5)の母と認知症や麻痺のある父(要介護3)の介護は想像以上に大変です。自分も体調が万全でなく、夫も心臓の手術をしたので、1月は全て訪問ヘルパーさんにお願いしたらとんでもない金額の請求が来てしまい・・・(父は2割負担なので余計)食事やおむつ交換の [続きを読む]
  • 愛犬への曲
  • 亡くなった愛犬のためだけに弾く曲今日は、18年間生きたワンコの3回目の命日でした。3年前に私の布団の中で息を引き取りました。長年家族の一員として可愛がってきたワンコが亡くなった時、小さなお葬式をしました。その時に、ワンコのためにピアノ曲を弾いてあげました。ショパンのプレリュード「雨だれ」。天国にのぼるような美しいメロディ。雨音の連打が心の涙のようです。この曲を愛犬のための曲と決めたので、毎年、命日 [続きを読む]
  • 歳を取っても維持できる知能
  • 歳をとっても維持・上昇できる知能もある   脳科学者の篠原菊紀教授作成のグラフ90歳で要介護3の父親には認知症が見られます。日時、曜日はなかなか出てきません。先ほどまでしていたことを完全に忘れている。「メシはまだか。」「〇〇はどうしている?」などと、同じことを何度も聞きます。「おしっこは?」と聞くと「ない。」とおきまりの返事。でも、オムツの中には尿が満タンに溜まっていて・・・まるで赤ちゃんのようで [続きを読む]
  • タクシー運転手さんの矛盾
  • 病気ならちゃんとマスクしてください!先日、父親を病院に連れて行った帰りのタクシーで。運転席の後ろに「インフルエンザ予防のため運転手はマスクをしています。」と注意書きが貼られていました。いろいろなお客が乗車するため、感染予防のためにマスクをされているようです。そこまでしっかり車内に記載してあるのにその運転手さんはノーマスク。私的には別にノーマスクでも構わないのですが、そのあとがいけません。運転手さん [続きを読む]
  • 訪問看護師さんに感謝
  • 訪問看護を経験して要介護の両親は病院に通院できないため家に医師と看護師さんが訪問してくれています。特に、要介護5で寝たきりの母親は体の衰弱とひどい褥瘡(じょくそう)がありその処置に日曜祝日もなく毎日訪問してくれています。また、寝たきりだと便通も悪くなるため母の「摘便」もしてくれます。肛門から指を入れ便を摘出する医療行為です。この摘便は、介護士は禁止行為です。普通の人だとためらうようなことも看護師さ [続きを読む]
  • 両親のダブル要介護という現実
  • 母親が短期間で要介護5に父親も要介護3・・・(;O;)昨年の11月までは歩いていた母(80歳)が12月後半から急に寝たきりになりました。介護度が一番高い要介護5です。それまでも骨粗鬆症で腰痛が強くなっていましたが、転んで大腿骨頸部などにも圧迫骨折がきたようで強い痛みと全身のむくみで動けなくなりました。その後はベッドで同じ方向を向いて寝てるしか痛みを取ることができず寝たきりに。寝る方向を変えると、痛みと不整脈が [続きを読む]