すみれママ さん プロフィール

  •  
すみれママさん: 中高年がとまらない
ハンドル名すみれママ さん
ブログタイトル中高年がとまらない
ブログURLhttp://sumiremama.blogspot.jp/
サイト紹介文中高年のエイジングは加速するばかり。中高年の視点で感じたり考えたこと、情報などを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 330日(平均3.2回/週) - 参加 2016/05/04 14:16

すみれママ さんのブログ記事

  • 人の話をちゃんと聴ける人
  • 他人の話をちゃんと聴くことができますか?自分も含めてですが、人の話をきちんと聴くことは意外と難しいです。「聞く」ことはできても「聴く」ことは難しい。人に自分のことを話すと一応は聞いてくれますが、ちゃんと聞いてないことも多く期待した反応が来ないことがよくあります。反対に、私も、人の話を聞いている時に聞き流してしまったり自分のことに置き換えてしまい、本当の意味でその人の言いたいことや気持ちを理解できな [続きを読む]
  • 介護のキーパーソンは・・・
  • 介護において慎重に選ぶ必要があるのはそれは、ケアマネさんです。ケアマネ=ケアマネージャー=介護支援専門員介護保険制度においてケアマネジメントを実施する有資格者のこと。 要支援・要介護認定者およびその家族からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を行う。在宅でも施設でも介護事業所はケアマネさんのプランにのっとって介護を実施します。要介護者や [続きを読む]
  • 銀行の冷たい窓口対応に勝利!
  • 窓口対応があまりにも不親切なので寝たきりの母親の年金通帳からかさむ介護費や医療費を捻出することにしました。暗証番号を聞いて銀行に引き出しに行きました。しかし、「番号が違います。」となってしまい・・・ずっと使用していなかったキャッシュカードなので母は暗証番号を忘れてしまったようです。適当に番号を入れてみましたがダメでした。窓口で、暗証番号の変更を申し出ましたが、本人が来ないと駄目だそうです。でも、本 [続きを読む]
  • 在宅介護は本当にしんどいです。
  • 夜中に起こされるので眠くて仕方がない週4日(日月、木金)と泊りで両親の介護に行っていると本当に忙しくてなかなか休んでいる暇がありません。全く寝たきり(要介護5)の母と認知症や麻痺のある父(要介護3)の介護は想像以上に大変です。自分も体調が万全でなく、夫も心臓の手術をしたので、1月は全て訪問ヘルパーさんにお願いしたらとんでもない金額の請求が来てしまい・・・(父は2割負担なので余計)食事やおむつ交換の [続きを読む]
  • 愛犬への曲
  • 亡くなった愛犬のためだけに弾く曲今日は、18年間生きたワンコの3回目の命日でした。3年前に私の布団の中で息を引き取りました。長年家族の一員として可愛がってきたワンコが亡くなった時、小さなお葬式をしました。その時に、ワンコのためにピアノ曲を弾いてあげました。ショパンのプレリュード「雨だれ」。天国にのぼるような美しいメロディ。雨音の連打が心の涙のようです。この曲を愛犬のための曲と決めたので、毎年、命日 [続きを読む]
  • 歳を取っても維持できる知能
  • 歳をとっても維持・上昇できる知能もある   脳科学者の篠原菊紀教授作成のグラフ90歳で要介護3の父親には認知症が見られます。日時、曜日はなかなか出てきません。先ほどまでしていたことを完全に忘れている。「メシはまだか。」「〇〇はどうしている?」などと、同じことを何度も聞きます。「おしっこは?」と聞くと「ない。」とおきまりの返事。でも、オムツの中には尿が満タンに溜まっていて・・・まるで赤ちゃんのようで [続きを読む]
  • タクシー運転手さんの矛盾
  • 病気ならちゃんとマスクしてください!先日、父親を病院に連れて行った帰りのタクシーで。運転席の後ろに「インフルエンザ予防のため運転手はマスクをしています。」と注意書きが貼られていました。いろいろなお客が乗車するため、感染予防のためにマスクをされているようです。そこまでしっかり車内に記載してあるのにその運転手さんはノーマスク。私的には別にノーマスクでも構わないのですが、そのあとがいけません。運転手さん [続きを読む]
  • 訪問看護師さんに感謝
  • 訪問看護を経験して要介護の両親は病院に通院できないため家に医師と看護師さんが訪問してくれています。特に、要介護5で寝たきりの母親は体の衰弱とひどい褥瘡(じょくそう)がありその処置に日曜祝日もなく毎日訪問してくれています。また、寝たきりだと便通も悪くなるため母の「摘便」もしてくれます。肛門から指を入れ便を摘出する医療行為です。この摘便は、介護士は禁止行為です。普通の人だとためらうようなことも看護師さ [続きを読む]
  • 両親のダブル要介護という現実
  • 母親が短期間で要介護5に父親も要介護3・・・(;O;)昨年の11月までは歩いていた母(80歳)が12月後半から急に寝たきりになりました。介護度が一番高い要介護5です。それまでも骨粗鬆症で腰痛が強くなっていましたが、転んで大腿骨頸部などにも圧迫骨折がきたようで強い痛みと全身のむくみで動けなくなりました。その後はベッドで同じ方向を向いて寝てるしか痛みを取ることができず寝たきりに。寝る方向を変えると、痛みと不整脈が [続きを読む]
  • 危ない!認知症高齢者
  • 車道のど真ん中を歩く高齢者(出典:いらすとや)車を運転中、交差点で信号待ちをしていた時。青信号で横断歩道を渡っている高齢者がいました。杖をついて、かなりヨレヨレの感じでした。80〜90代くらいだと思います。赤信号になってもまだ渡り切れなくて対向車線の車は進めず待ち状態。やっと渡りきれたかと思ったらその高齢者は何を勘違いしたのか歩道に行かず戻って車道のど真ん中を歩き出しました。「危ない!」対向車の車は動 [続きを読む]
  • 流氷への旅
  • 北海道網走への旅1月下旬〜3月上旬にかけてオホーツク海の流氷が接岸します。2015年2月に網走の流氷を見に行きました。女ひとり旅です〜(2泊3日)ずっと昔に小説「流氷への旅」(渡辺淳一著)を読み流氷への憧れをいだいてきました。いつか行ってみたいと思っていました。一昨年、思い立って極寒のオホーツク海に行くことができました。ツアーではない本当にひとりの旅でした。昨年から体調を悪くしましたがこの時は元気いっぱい [続きを読む]
  • SMAP解散後のキムタクドラマ「A LIFE」はいかに。
  • 「A LIFE」の初回を見てみました。公式HPより2017年1月15日から、木村拓哉さん主演のドラマ、TBS日曜劇場夜9時「A LIFE 〜愛しき人〜」が始まりました。愛しき人の「たったひとつの命」 愛しき人の「かけがえのない人生」を巡るヒューマンラブストーリーだそうです。今回は、SMAP解散劇でキムタクドラマの話題性が高かったので私も見てみました。主演の彼は、心臓血管と小児外科が専門の腕の良い職人外科医という役柄。彼にとって [続きを読む]
  • 吹雪にも負けない鳥のように
  • 今日は雪の日になりました。 吹雪の中、独り何を思うのか・・・この冬最強の寒気が日本列島を覆い朝から雪が舞っています。今日明日と大学入試センター試験です。受験生の皆さん、お疲れさまです。この低気圧や気温の変化で朝からひどい片頭痛が・・・(;O;)持病の喘息は意外にも大丈夫です。かなり良くなってきたようです。朝積もった雪は一時融けてきましたが、午後になってまた強風で激しく雪が舞い始めました。まさに吹雪のよう [続きを読む]
  • 「ヒートショック」と「浴室熱中症」に注意!
  • 高齢者に多い入浴中の死亡原因は温度差によるヒートショックだけではないらしい寒気団が日本列島に居座る寒い冬。冬場に浴室での死亡事故が増加します。特に高齢者に多く、よくニュースになりますね。昔からよく言われるのは、脱衣所と浴室の温度差が原因というもの。寒い脱衣所で服を脱ぐと、血圧が急上昇します。ブルブル震えながら、浴室の湯船に直行します。すると・・・お湯の温度で血管が開き血圧が急低下。この血圧の急激な [続きを読む]
  • 「ピースサイン」から指紋が盗まれる可能性
  • 写真撮影時の「ピースサイン」には注意しましょう!(出典:いらすとや)写真を撮られる時に、よくピースサインをしますよね。?特に若い人は、かなりの割合で ? しますし、そのデータを知人に送ったり、ネットに掲載したりしています。ピースサイン写真のデータを他人に渡すことや、SNSなどでネットに流すと大変なことになるようです。というのは・・・ピースサインから「指紋」が出回り盗まれるからです。指紋の盗撮防止技術を [続きを読む]
  • 火災保険の更新、気づいたら今年でした。
  • 火災保険の期限大丈夫ですか?2016年12月22日に、糸魚川市で大規模な火災が発生しました。強風のため、多くの家屋が焼失しました。火元となった中華料理店の非が問われていますが、普通は故意による火災以外、類焼への賠償の多くは発生しないのだそうです。つまり、隣から移った火事でも自己責任ということで「火災保険」で何とかしましょうということのようです。最近では、賃貸アパートやマンションでも入居時に家財の火災保険を [続きを読む]
  • 年賀状に未来はあるのかな?
  • 年賀状出していますか?(出典:年賀状わんパグ無料素材)年始のご挨拶としての年賀状ですが、最近は出す人や枚数が減ってきているようです。私は一応出しましたが、あまり会っていない人も多いです。幼稚園の頃遊んだ子とは、かれこれ50年あまり全く会っていないのに年賀状を交換しています。でも、年に一度はその人のことを思えるまたは思ってもらえるから価値はあると思います。私の子供〜青年期には手書きか版画で作成して出し [続きを読む]
  • 「申酉(さるとり)騒ぐ」
  • 2016年は何かと騒がしい1年でしたね。今年は政治も経済も世界中が目まぐるしく動きました。特に、イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選でのトランプ氏の勝利など予想を覆すニュースが印象に残っています。日本では熊本地震が大きな災害でした。都知事選も興味深かったし、リオ・オリンピックでの日本選手の活躍は見事でした。相場の格言に、「申酉(さるとり)騒ぐ」というものがあります。「申酉騒ぐ」とは干支にちなんだ株式相場 [続きを読む]
  • メリクリどころじゃないので・・・
  • 気がついたらクリスマス・イブでした。(出典:Naverまとめ)今日はクリスマス・イブです。この1週間ほど、パパさん(夫)の手術でブログをストップしていました。少し遠くの大学病院のため、私はビジネスホテルに宿泊しました。子供も休みを取って来てくれたのですが、仕事持ち込みでずっとパソコンしながら・・・年末で忙しそうでした。来てくれてありがとう!パパさんは5年前に健康診断で心房細動が見つかりました。心臓が1分間 [続きを読む]
  • 後部座席のシートベルトをしないと罰則は?
  • 車の後部座席でシートベルトしていますか?(出典:JAF)今日、久しぶりに車の後部座席に乗りました。いつもは運転席か助手席なのでシートベルトはしていますが、後部座席でのシートベルトはしたことがありません。子供はチャイルドシートに括り付けていましたが、まさか大人が後部座席でシートベルトなんて高速道路のバス以外はタクシーでもしたことないです。でも、今日は試しにシートベルトを着用してみました。何とも窮屈な感 [続きを読む]
  • DQNな「おでんツンツン男」
  • 不衛生行為を動画配信するDQN(非常識人)コンビニおでん(出典:Naverまとめより)(出典:矢印素材)テレビのワイドショーで「おでんツンツン男」について取り上げていました。「おでんツンツン」とは、おでんのつゆの中に指や手を突っ込む行為です。「おでんツンツン男」はコンビニのおでんの中に指を突っ込んだ動画を配信していました。このような非常識・反社会的行為をする人をネット用語でDQN(ドキュン)と言うそうです。 [続きを読む]
  • 「まとめサイト」にメス、情報の不確実性
  • まとめサイトの不確実性いらすとやさんからいただきましたディー・エヌ・エー(DeNA)のまとめサイトの情報の不確実性や著作権侵害が指摘され、公開が中止されました。閉鎖されたまとめサイトは、健康・医療情報サイト「ウェルク」をはじめ9サイトです。特に「ウェルク」での医療情報には他サイトからのコピーや書きかえが判明し、その情報の不確実性や被害が報告されたからです。「肩こりは幽霊が原因」「風邪にはラーメンがいい [続きを読む]
  • 意外で素敵なサウンドスケープ
  • サウンドスケープとは「音風景」のことです。冬の風鈴(出典:Yahoo!ブログ)sound(音)とlandscape(風景)を合わせた言葉カナダのシェーファーによって研究されました風景は見るだけでなく音も風景の一部なのですね最近、徐々に体調が回復してきたので夕方、小一時間ほど散歩をしています近くの四季桜ともみじの紅葉不思議なコラボレーション過ぎ行く晩秋を惜しみながら・・・年末から3月ごろまで増える公共工事道路工事が終わ [続きを読む]
  • アインシュタインの名言が興味深い
  • アインシュタインの名言知っていますか?アインシュタイン(出典:cbt-jp.com)アルベルト・アインシュタイン(1879〜1955年)はドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者です。有名な相対性理論などを提唱し、現代物理学の父と称されています。1922年にノーベル物理学賞を受賞しました。彼は天才とか変人とか言われていますが、本当はおとなしく、生真面目な性格であり、自身を天才であるとは思っていなかったようです。そのアインシュ [続きを読む]
  • 紅白歌合戦で感じる疑問
  • 今年の紅白は様変わりしそうですね。先日、今年の紅白歌合戦の出演者が発表されました。目立ったのは、大御所と言われる歌手の落選。さらに、長年出演してきた演歌系も何人か。数年前の北島三郎さんの紅白卒業を皮切りにその後、森進一さんの卒業がありました。その流れを受けて自主的に卒業する歌手や和田アキ子さんのように落選で悔しさいっぱいの歌手、反対に、やっと初出場を果たした歌手など芸能情報を賑わせています。演歌系 [続きを読む]