gan1980 さん プロフィール

  •  
gan1980さん: 癌治療.jp
ハンドル名gan1980 さん
ブログタイトル癌治療.jp
ブログURLhttp://xn--wvw46r2a.jp/
サイト紹介文癌の種類や治療法、検査、副作用についてブログを中心に公開中
自由文癌の種類や治療法、検査、副作用についてブログを中心に公開中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/05/04 19:21

gan1980 さんのブログ記事

  • ビノレルビン(ナベルビン)とは?効果・副作用は?
  • 肺に作用しやすいビノレルビン(ナベルビン)ビノレルビン(ナベルビン)とは、抗がん剤で、植物由来のビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍剤であり、フランスの製薬会社であるピエールファーブルメディカメン社で開発されました。ビノレルビン(ナベルビン)は、協和発酵キリン株式会社から販売されていて、ナベルビンはその商品名です。ビノレルビンは微小管阻害薬とも呼ばれている抗がん剤で、他のビンカアルカロイド系の薬と違って脂 [続きを読む]
  • パクリタキセル(タキソール)とは?効果・副作用は?
  • イチイ科の植物から抽出された成分を使って作られたパクリタキセル(タキソール)パクリタキセル(タキソール)とは、イチイ科の植物から抽出された成分を使って作られた抗がん剤であり、化学構造的にタキサン環を持っていることから、タキサン系と呼ばれています。パクリタキセル(タキソール)は、ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社によって商品開発されました。その際に一般名がパクリタキセルへと変更され、BMS社の化合物 [続きを読む]
  • ノギテカン(ハイカムチン)とは?効果・副作用は?
  • 抗がん剤の一種で、トポイソメラーゼ阻害薬に分類されています。ノギテカン(ハイカムチン)とは、抗がん剤の一種で、トポイソメラーゼ阻害薬に分類されています。ノギテカン(ハイカムチン)は、日本国内においては日本化薬から点滴薬として販売されており、ハイカムチンはその商品名となっています。ノギテカンは小細胞肺がんや、がん化学療法後に悪化した卵巣がんの治療に使用され、海岸ではトポテカンと呼ばれています。また、 [続きを読む]
  • ドセタキセル(タキソテール)とは?効果・副作用は?
  • 抗がん剤の一種で微小管阻害薬に分類されるドセタキセル(タキソテール)ドセタキセル(タキソテール)とは、抗がん剤の一種で微小管阻害薬に分類されており、ヨーロッパイチイから抽出された成分を使って作られ、タキサン系に属しています。ドセタキセル(タキソテール)は、サノフィ株式会社から点滴薬として販売されており、タキソテールはその商品名となります。ドセタキセルは同じヨーロッパイチイの成分から開発されたパクリタ [続きを読む]
  • エリブリン(ハラヴェン)とは?効果・副作用は?
  • エリブリン(ハラヴェン)とは、抗がん剤の一種で、微小管阻害薬に分類されています。エリブリン(ハラヴェン)は、エーザイ社から注射薬として販売されており、ハラヴェンはその商品名となります。エリブリンは比較的新しい抗がん剤で、2011年に承認を受けました。エリブリンは日本で開発され、ハリコンドンBという、海洋生物のクロイソカイメンが持つ抗がん性物質をもとに作られたことから、ハリコンドリン系と呼ばれています。 [続きを読む]
  • 80歳の祖父が前立腺がん。初期症状と診断後の生活は。【体験ブログ】
  • 腰が痛いと愚痴る、ようになったのが今から約5年程前でした。80歳の祖父が前立腺がんです。私は直接祖父ががんである事を知らされたわけではなく、がんである事実を祖父の姉から偶然聞きましたので、祖父がいつがんだと診断されたのかはわかりません。ですが咳き込む事が多くなったり夜中に何度もトイレに行く、腰が痛いと愚痴る、ようになったのが今から約5年程前でした。そして前立腺がんの症状に、咳や夜中に何度もトイレへ向 [続きを読む]
  • エトポシド(ベプシド、ラステッド)とは?効果・副作用は?
  • 北アメリカのメギ科の植物の根から抽出したエトポシド(ベプシド、ラステッド)エトポシド(ベプシド、ラステッド)とは、1966年に合成された抗がん剤(抗悪性腫瘍剤)であり、北アメリカのメギ科の植物の根から抽出した成分結晶性成分であるポドフィロトキシンを原料としています。エトポシド(ベプシド、ラステッド)は、トポイソメラーゼ阻害薬に分類される抗がん剤の一種であり、ラステットは日本化薬から販売されている際の商品 [続きを読む]
  • メルカプトプリン(ロイケリン)とは?効果・副作用は?
  • 急性リンパ性白血病の寛解後に使われるメルカプトプリン(ロイケリン)メルカプトプリン(ロイケリン)とは、代謝拮抗薬と呼ばれる抗がん剤であり、その中でもプリン拮抗薬に分類されています。メルカプトプリンは大原薬品工業から、ロイケリンという商品名の散剤で販売されており、急性・慢性の白血病に適応となっています。メルカプトプリンは歴史的には、白血病に対抗した初めての抗がん剤として知られていますが、現在は急性リン [続きを読む]
  • 喉頭ガンのステージⅢが発症した祖父への告知と治療。【体験ブログ】
  • とても元気で、いつも人の中心にいた祖父が、喉の不調を訴えたのは亡くなる2年前の事でした。もともと、お酒やたばこが大好きでしたが、なんの病気もなく今まで健康でいられたのがとても不思議なくらいでした。でも、70歳を少し過ぎたある日の事、喉の不調を訴えたのです。始めのうちはただの風邪かと思っていたのですが、父祖が喉が詰まるような感覚をお医者さんに訴え、念のため検査したところ、喉頭ガンということが判明しま [続きを読む]
  • パワーフコイダンCGの口コミ・気になる成分は?
  • コンブ・ワカメ・モズクのヌメリから抽出した成分が原料のパワーフコイダンCG世界中で話題騒然の「フコイダン」。コンブ・ワカメ・モズク等のヌメリから抽出した成分であり、いわば天然のバリア成分というわけです。14年の研究開発商品で安心のパワーフコイダンCG荒波にもまれ、海中のあらゆる外敵から自身の身を守るために海藻が生み出したバリア成分であり、その効果は各種癌対策や健康維持などに効果があるとされているのです。 [続きを読む]
  • ペメトレキセド(アリムタ)とは?効果・副作用は?
  • 葉酸代謝拮抗剤ペメトレキセド(アリムタ)ペメトレキセド(アリムタ)とは、分子構造のよく似た葉酸の代謝を阻害することで細胞に損害を与える葉酸代謝拮抗剤であり、抗がん剤の一種です。ペメトレキセド(アリムタ)は、日本イーライリリー株式会社から点滴薬として販売されており、アリムタはその商品名となります。ペメトレキセドは、海外では手術不可能な中皮腫の標準治療に、シスプラチンとの併用治療が活用されています。日本 [続きを読む]
  • ペントスタチン(コホリン)とは?効果・副作用は?
  • 多くのリンパ系の腫瘍に効果があるペントスタチン(コホリン)ペントスタチン(コホリン)とは、フルダラビンやメルカプトプリンと同じプリン代謝拮抗剤に分類されている抗がん剤です。ペントスタチンはアスペルギルス・二デュランスと呼ばれる細菌から合成される抗がん剤であり、1994年にヘアリーセル白血病の治療薬として承認されました。ペントスタチンは多くのリンパ系の腫瘍に対して、治療効果の有効性が確認されていますが、特 [続きを読む]
  • フルダラビン(フルダラ)とは?効果・副作用は?
  • 血病やリンパ腫等の血液腫瘍の治療に用いられるフルダラビン(フルダラ)フルダラビン(フルダラ)とは、主に白血病やリンパ腫等の血液腫瘍の治療に用いられる、プリン系抗悪性腫瘍剤です。フルダラビン(フルダラ)は、内服によって投与されるフルダラ錠、点滴静注によって投与されるフルダラ静注用の2種類がバイエル薬品から販売されています。フルダラビンは、世界中で慢性リンパ性白血病の治療に使用されている抗がん剤で、代謝 [続きを読む]
  • フルオロウラシルとは?効果・副作用は?
  • 5-FU、カルゾナール、ベンナン、ルナコール、ルナボンの効果・副作用は?フルオロウラシル(5-FU、カルゾナール、ベンナン、ルナコール、ルナボン)とは、抗がん剤(抗悪性腫瘍薬)であり、フッ化ピリミジン系の代謝拮抗剤です。フルオロウラシルはウラシルの5位水素原子がフッ素原子に置き換わった構造をしており、1956年にDushinskyらによって合成されました。その後、基礎および臨床にわたる広範囲な研究がHeidelbergerらを中心 [続きを読む]
  • ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)とは?効果・副作用は?
  • 白血病やメラノーマの治療に使用されてきたヒドロキシカルバミド(ハイドレア)ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)とは、代謝拮抗剤に分類される抗がん剤であり、ドイツのDreslerらによって1869年に合成された尿素誘導体です。ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)はブリストル・マイヤーズ・スクイブ社によって販売されており、ハイドレアはその商品名となります。ヒドロキシカルバミドは前述の通り、今から約150年ほど前の1869年に [続きを読む]
  • ネララビン(アラノンジー)とは?効果・副作用は?
  • ネララビン(アラノンジー)とは、代謝拮抗剤に分類されている抗がん剤です。ネララビンは、日本では2007年12月14日に保険承認され、これまで標準的な治療法がなかった再発または難治性のT細胞急性リンパ性白血病(T-ALL)や、T細胞リンパ芽球性リンパ腫(T-LBL)に対して、初めて単剤での有効性が認められた抗がん剤となっています。ネララビンは、1981年に現在のグラクソスミスクライン社であるイギリスのウエルカム社において発 [続きを読む]
  • 特濃フコイダンEXプラスって?口コミや評判は?
  • 沖縄の海で育ったフコイダンをふんだんに使用した特濃フコイダンEXプラスワカメやモズク、ヒジキ、コンブ等の海藻類は古くから日本人に親しまれてきました。美味しいのはもちろんの事、身体にとっても良いというのが親しまれてきた利用でしょう。特濃フコイダンEXプラス 初回限定お試し価格そんな日本時になじみ深い海藻類ですが、その成分の一種である「フコイダン」が現在では癌治療の救世主として大注目を浴びているのです。そ [続きを読む]
  • 実際にブロリコ飲んでみたレビュー紹介。飲み方や注意点は?
  • これからブロリコを購入しようとしている方へ。加齢による免疫力の低下を防ぎ、高めてくれる成分として注目を浴びているのがブロッコリーを原料とする免疫活性成分「ブロリコ」。少々ややこしいのですが、このブロリコという成分を配合したものが、その名を冠した「ブロリコ」という商品です。要するに成分と商品名が一緒の「ブロリコ」という名前なんです。今回はそんな商品の「ブロリコ」を実際に飲んでレビューしていこうと思い [続きを読む]
  • 犬のガンの早期発見チェックは?
  • 犬のガンを早期に発見・チェックすることはなかなか難しい?現在、日本ではペットのガンが非常に増えているといわれており、実際に多くの犬たちがガンで命を落としているという現状から、ガンを早期発見し、早期治療を行うことが重要です。ただ、多くの犬の早期ガンでは症状がない、早期ガンを見つけるための良い検査法がない、という理由から早期にガンを発見することは難しく、実際、進行ガンや末期ガンという状態でガンが発見さ [続きを読む]