井戸端 さん プロフィール

  •  
井戸端さん: 井戸端
ハンドル名井戸端 さん
ブログタイトル井戸端
ブログURLhttps://suzuki999.muragon.com/
サイト紹介文サンクチュアリー井戸端会議所
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/05/05 02:50

井戸端 さんのブログ記事

  • 世界で活躍する家庭連合のリーダーたちの言葉
  • 憎しみや恨みの歴史的な連鎖。 その鎖をどうやって切るのか? 復活論に書いてある通りだ。 甘受であり悔い改めであり許しであり愛でしかその鎖を切る道がない。 銃を持つ者は銃で滅びる。 同じころ自称王とその家来がマシンガンをもってにこやかに写真に収まる。 少し原理を学んだらどうか。 笑止の至りの思いを通りこして、情けなくなる。 家庭連合で世界の兄弟姉妹に説教などされておられる方がおっしゃ [続きを読む]
  • 感想は?
  • マモルさん、投稿ありがとうございます。マモルさんのところに感想を書こうとしたのですが、なぜかできなかったのでここで感想を書いてます。素晴らしいと思います。これからもどんどん更新お願いします。できたらマモルさんの感想などもシェアしていただくとより良いかと思われます。 それから マモルさんのおっしゃりたいこと?がとてもよくわかるような気がします。「青年の主張」ではなく「信仰歴x十年の家庭連合シックの主 [続きを読む]
  • 聖霊大学Q&A
  • 私が参加させていただいた聖霊大学の感想をちょっとシェアしたいと思います。 Q1: 聖霊大学はソクラテスやお釈迦様のような聖人の大学なのでしょうか?学歴は必要でしょうか? 違います。必要ないと思います。基本的な言葉ができれば大丈夫です。私の英語はとても制限されていますが、それでも多くのことを学び喜びがありました。 Q2:怖い先生とかいますか? 知りませんが私が参加したクラスの先生は優しかったです。2 [続きを読む]
  • ベルギーの会議
  • キングズレポートで、パンザーさんがベルギーでの会議の報告をされてました。 亨進様は「サンクチュアリーと多くのお金を持って行ったカクグループと全ての基盤を奪った家庭連合とやったのだね。それはいいことだ。家庭連合も自分たちの神学を守らないといけなくなるだろう。学者の前でもっと議論して彼らがどんな組織なのか全て明らかにすることはいいことだ。公に多くやればやるほど、罵り合ったりするのではなく、プロフェッシ [続きを読む]
  • キングズレポート
  • 今5月31日朝、エルダーさんのキングズレポート韓国語で行われています。今日は途中からいくこさんが訳を入れてくだいました。 英語の時は、星野さんたちが日本語でも訳を入れてくださいます。わからないところを質問すると、すぐに答えてくださいます。ヨナニムは韓国語に、ローデスとテッドはポルトガル語に、同時で翻訳してくださっています。 [続きを読む]
  • 署名運動
  • 安東さんが署名運動一生懸命されておられます。 アメリカ家庭連合が「天一国」を家庭連合のトレードマークとして登録することにより、サンクチュアリ教会その他で「天一国」を使えないようにしようとしています。これに反対する署名運動に参加しましょう!「天一国」はお父さまが全人類のための神の地上天国、神の王国を指して使われた言葉です。ひとつの宗教団体による宗教活動の出所を示す商標ではありません!  カンパは必要 [続きを読む]
  • サンクチュアリー井戸端巡り
  • 写真を撮り忘れてしまいましたが、神奈川では「この子らを世の光に」のブログをやっておられた方のところにお世話になりました。 神戸でトランプブログをやってくださっておられる方、奥様とお父さん、 岐阜の青年リーダーの方とそのおじいさんおばあさんおばさんお母さん(ついでにピエールさんとちずこさん)、 鹿児島の教会長さんと渡辺さん、47家庭ほどおられるそうです。この次は何家庭になっておられるのでしょうね? [続きを読む]
  • 礼拝のアナウンスメントより
  • 次期聖霊大学のズームミーテイングが木曜日にあるそうです。 日本時間では金曜朝の8時です。たぶん星野さんか誰かが後で日本語でもやってくださるのではないかと期待してますが、ぜんぜん怖いものではありませんので、英語の授業、中高で受けられたかたであれば全く問題ないと思います。関心のある方、Kerry Williams 、kkwms27@ [続きを読む]
  • Sanctuary Kingdom Academyアップデート
  • 海外の方歓迎だそうです。地元のウエスタンの家族と一緒に英語、韓国語の勉強のいい機会にもなるでしょうと亨進様がおっしゃってました。そのとうりだと思います。 今日の時点では5月1日からではなく6月1日からとなっていました。そうなるとサンクチュアリーキャンプも参加できますね。オーシャンちゃれんじは9月の終わり、楽しみがふくれますね。遊びのことしか考えていないような自分でちょっと申し訳ないような感じです。 [続きを読む]
  • 懐かしきエデン
  • このように考えるとき、今まで私たちが生きてきた過去の生活と、今日私たちが生きている現実の生活はあまりにも無感覚的であり、あまりにも無情緒的であり、あまりにも没落した宇宙観をもっています。私たちはこれを悲しまなければなりません。もしこれを悲しむことができる人になるならば、彼は新時代の人物として召命されるでしょうし、新しい時代の使命を受け持つことができるのです。 懐かしきエデン 一九五九年六月二十八日 [続きを読む]
  • 簡易トイレ
  • 最近ペンシルベニアのサンクチュアリー教会に新しいオフィスとトイレが出来たそうです。それまでは、式典の時には他の皆と同じではなく簡易トイレを借りて亨進様ご夫妻は外に出て使っておられたようです。 ヨナニムは 「人がいないか、見られないか、そーっと使ってたんですよ。」 「簡易トイレで式服が汚れないように気を使って大変でした。」 と言っておられたということです。 簡易トイレは狭いのです。式服を着て入るよう [続きを読む]
  • HSU
  • 日本語のHSUクラスリーダーが神の日にちょうど集まり、これからの施政方針演説を語り合いました。まだ数日間登録の期間がありますので、お子様からお年寄りまで、どんどん参加されてください。信仰のレベルは問いません。 私が参加した去年のクラスでは2世のクラスメートも二人おられ、まだサンクチュアリーに対しても迷っておられる方もおられましたが、ともに祈り学び合うことを通し、聖霊の恵みにより、サンクチュアリーに [続きを読む]
  • 亨進様の伝道
  • もとすぎ やよいさんという方が天一ネットでもう8年も前のことですが載せてくださってました。コメントとともに紹介したいと思いました。 オランダの姉妹から感動的なメールが届きました。 食口の皆様とその感動を、分かち合いたいと思います。 お父様を証しするその姿を見ていると、かつて、お父様がただ一人で 神様を証しするために歩んでこられた姿がそうであったのかなと 思えて成りませんでした。 [続きを読む]
  • King's Report-2
  • マタイによる福音書9章 35 イエスは、すべての町々村々を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。 36 また群衆が飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れているのをごらんになって、彼らを深くあわれまれた。 37 そして弟子たちに言われた、「収穫は多いが、働き人が少ない。 38 だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すように [続きを読む]
  • King's report-1
  • 最終的には神の事情です。私たちの事情ではありません。人間が自分たちの事情だけを主張するのは傲慢なことです。 真の愛は神に対するサタンの行いを嫌う必要があります。 King's Report 私たちが世界の人に伝えたかった内容と私たち自身が学ばなければならない内容。 高卒の人たちであれば、できれば直接聞いても欲しいですね。 私は、直接聞いたり、訳を見たり両方です。 こちらでは私は英語はできない方です [続きを読む]
  • 天一宮 式の感想 肝心な話題以外
  • 今日はサンクチュアリーまで行かずに天一宮の入宮式でした。 素晴らしい2世が多く来ていてびっくりしました。「私の結婚相手サンクチュアリーで探そうと思っても無理ね!ここには、誰もいないわね!」とサンクチュアリーの礼拝後の飯の列に一緒に並んで言っていた2世の言葉、ついこのあいだ聞いたばっかりでしたがもう違う時代が来たと感じました。 そして、「あんたたち、とーちゃん かーちゃんに引っ張られてきたの?」とい [続きを読む]
  • ペンキ塗り
  • グレッグが天一宮のペンキ塗り手伝ってくれないかと、亨進様が私のことを思い出して下さって、どうかと電話くださいました。以前、やはりペンキ塗りでずっこけて、2ヶ月位、松葉杖でサンクチュアリーでもぶらぶらしていたので、相対者もキッチンに行くと「ああ、あのズッコケた人の奥さん?」とちょっと有名になり、ピノキオの鼻が長くなる気分です。 2日間手伝わせていただきました。 1日目は、ロー、スコット、クラーク、エ [続きを読む]
  • オールスター講師陣
  • 日本家庭連合オールスター講師陣、生田さんにコテンパンにやられて、 最後の戦法、クイズシランプリ。 あまりにカッコ悪すぎるのが分かったみたいで今度は別な話題で訴えるぞー。 281人の教会長に生田さんが送られた手紙、「本部で対応しますので。。」とどこかのブログで書いてくださってましたが、これがその対応なんでしょうか? 苦労してきた日本のシックのために自分よりも何千倍も基準の高い信仰を持っているといい、 [続きを読む]
  • 原理のバカども
  • 学生時代アパートを姉妹とともに訪問していた時、 廊下ですれ違う2−3人の男性が 「あいつら何?」 「原理のバカどもか?」 と言っていたのを思い出しました。帰りに姉妹が「んんー?」と靴の中にみそがベチョっと入れられてました。 よく祝福を与えるお父様が冠をかぶっている姿をバカにした絵とか書いて共産党の学生が迫害していました。 トンギルの機械を売っていた時は、高性能の日本製の機械をアメリカ人セールスマン [続きを読む]
  • チエ様
  • チエ様に「新しい家はどうですか?」と聞くと 「物置がちょっと狭いですかね?」と言われました。 「だったらどうして引っ越されたのですか?」「亨進様のためにですか?」と聞くと 「そうです。この家(もとの家)は国進様はお父様の家だと言われます。以前は真のお母様に来ていただこうと思っていましたが、独生女などを語り始め、それも難しくなり、現在真の父母の代身、王としておられる亨進様が住むのがふさわしいと言われ [続きを読む]
  • 内容がない?
  • 原理講論を読むというブログで だいたい、三男派の人々はよっぽど顕進様にたいして自信がないのか、顕進様の状況やみ言葉を公表して知らせることが殆ど無い。 と桜井節子先生の手紙に対するコメントがありました。 考えてみると、お母様のみ言葉も公表されるよりは隠されているということが言えるのではないでしょうか? 私もいつも、お母様、ソンジンニム、最高委員会の会議の内容、あるいは一人一人のシックの証しに関心を持 [続きを読む]