今野まお さん プロフィール

  •  
今野まおさん: ちょっと贅沢な私作り
ハンドル名今野まお さん
ブログタイトルちょっと贅沢な私作り
ブログURLhttp://ameblo.jp/m-milieu/
サイト紹介文マインドの豊かさと、外見の美しさは比例する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 354日(平均6.0回/週) - 参加 2016/05/05 09:22

今野まお さんのブログ記事

  • 感度を上げる
  • ピンクな話題ではない。 悪しからず。 夜寝る前に 何を思って眠るだろう? 上司に怒られたこと? 彼とケンカしちゃったこと? 1日の反省をする人もいるかもしれない。 私の友人の場合は 「あぁ今日もいい日だった」 と思い、眠りにつくという。 いいことがあった日も、 悪いことがあった日も。 [続きを読む]
  • 中身より外見
  • プレゼントには笑顔が詰まっている。 プレゼントを選ぶとき 相手のことを思い出すだろう。 プレゼント、と一口に言っても 誕生日、結婚、入学、卒業… 旅行のお土産もプレゼントだ。 異国の地へ行ったときでも 自分のことを思い出してくれていると思うと 温かい気持ちになれる。 楽しい時間のなかでも、 ふと思い出してくれ [続きを読む]
  • ニーズを満たす
  • ニーズを満たす。 お腹が空いたからご飯を食べる。 喉が渇いたから水を飲む。 眠いから寝る。 ただ満たすだけでは 心は動かない。 必要なのはサプライズ。 意外性なのだ。 サプライズと言っても、 何も特別なことをするのではない。 ほんの少し彩りを添えるだけでいい。 そしてそれを、  [続きを読む]
  • 言葉の裏側
  • 好きなマンガに このようなセリフがあった。 「キツイ言葉を使うのは 傷つきやすい自分を武装するため」 プライドの塊だった私は この通りに、キツイ言葉を選んで 口にしていた。 誰にも負けないように。 強くなるために。 弱さを悟られないために。 言葉には裏があるのだ。 なので、女性が [続きを読む]
  • 開花のタイミング
  • いつものフラワーショップに 早くもひまわりが並んでいた。 まだ4月なのに。 こうして花を選んでいると SMAPの「世界に一つだけの花」を思い出す。 どの花もどの人も、それぞれで美しい そういった歌詞だったはず。 花によって美しさは違うし、 見頃もまた違ってくるのだ。 そう。 人に [続きを読む]
  • 2時間で得られるもの
  • こんにちは、今野まおです。 先日、初めてのセミナーを 開催させていただきました。 地元、関西ということもあり アットホームな雰囲気の中での 開催となりました。 東京開催は今週末に 控えております。 お席わずかにございますので、 気になる方はどうぞお早めに…? では、 いただい [続きを読む]
  • とっておきの朝美容
  • 毎朝、鏡を見る。 顔を洗い、 歯を磨く。 メイクをほどこし、 髪を巻く。 以前に雑誌で見たのだが、 メイクをする際は チークを最初に入れた方がいい、と。 顔色がパッと明るくなり、 気分が高揚するから、だそう。 冴えない顔色が華やかになると、 それだけで元気になれる。   [続きを読む]
  • 押してダメなら引いてみる
  • 押してダメなら引いてみる。 恋愛における駆け引きで よく使われる言葉だ。 好きな人の気をひくために ・LINEを送る ・電話をかける ・プレゼントを贈る など、 増やした行動を減らしてみよう ということを指すことが多い。 この言葉が、恋愛以外でも使える。 人はどうしても 行動したり、何かを付け足すこと [続きを読む]
  • 執着を味方に
  • 人は手に入りそうで入らなかったものに 執着する。 知り合った男性と 何度目かのデート。 自分の中では好感度高いし、 彼も私のこと気にしてくれてるみたい。 そろそろ告白されるかな? なんて思っていたのに。 連絡が減って、 急に疎遠に…… そんなとき 「あぁ、あのときこうし [続きを読む]
  • 今週のピックアップコーデ
  • こんにちは、今野まおです。 大阪も最高気温15度を超える日が めっきり多くなりました。 これで、やっと薄着ができますね? 身軽になると心も軽くなるので なんだか妙に嬉しいものです。 (クレジットはインスタグラムに載せてあります) 白シャツにデニム。 シンプルも好きです。 トレンチコートは スト [続きを読む]
  • 振り向かれる女性
  • すれ違う人混みの中、 ある女性に目を奪われた。 小柄の女性だった。 艶のある髪はキレイに巻かれ、 花柄のワンピースに身を包み、 顔こそ見えなかったが 存在感は抜群だった。 すれ違った後に気がついたのだが、 職場の先輩だったのだ。 仲の良い先輩なので、 もちろん美しさは知っている。 美貌 [続きを読む]
  • 心がデブになる
  • 「私ってこんな人」 「私はこれぐらいが丁度いい」 「私ってこれがお似合い」 ねぇ、それ本心から思っている? 「私って人に指示されて当たり前」 「私はこれぐらい言われて当然」 「私ってこういう扱い受ける人」 心に余分な物がたくさんついていない? 体と同じように、心も重くなる。 人の考え方や言葉を受 [続きを読む]
  • ロバの王子様
  • 相性が合うか合わないか 究極、それはわからない。 「あんまり合わない気がする」 と一方が思っていても、 「すごく気が合うんだよ!」なんて もう一方は思ってるかもしれない。 特に日本人は 奥ゆかしさであったり、 ハッキリと表現することを嫌う風潮がある。 ゆえに、腹を割って話さないと 相手がどう捉えているかはわからないのだ。& [続きを読む]
  • マナーとは生き方
  • こんにちは、今野まおです。 本日は、 マナー講師福山枝里さん主宰の アフタヌーンティーマナーレッスンに 参加させていただきました。 名古屋ストリングスホテルにて、 イチゴがふんだんに使われた アフタヌーンティー。 盛り付けが美しいので、 目で味わうこともできますね。 お友達同士でアフタヌーンティーを  [続きを読む]
  • 育てないパートナーシップ論
  • 「男を育てるだなんて、あんたそんなにえらいの?」 ふと、おかまバーの彼女の言葉を 思い出した。 「人は一方だけが成長することなんてないのよ。 お母さんだって、赤ちゃんを育てているようで、 赤ちゃんにお母さんとして、育てられている。 赤ちゃんからお母さんも学んでいるのよ。 それなのに、あんたたち さっきから男を [続きを読む]
  • 近距離恋愛
  • 好きな人のそばにいたい。 笑顔が見たい。 ふれていたい。 抱きしめたい。 恋する友人が ため息まじりにこうつぶやいた。 「遠距離って上手くいくかな?」 会って顔を見ながら話せば解決することも、 直接会えないことにより 複雑に絡まってしまうこともある。 これは、 遠距離恋愛だから上手くいかない [続きを読む]
  • 豊かさの基準
  • 豊かさってなんだろう? いい家に住むこと。 ブランド物を持つこと。 キレイなお洋服を着ること。 これらはお金で買える豊かさだ。 いつかの記事で書いたのだが、 消え物にお金をかけるのは なんとも儚い。 それに、 物質の豊かさを求めると 上には上があることに、いつか気付くだろう。 都内で一等 [続きを読む]
  • 占いは信じない
  • 占いは信じない。 というのも、いいことだけ信じるようにしている。 友人に勧められた占い師さんがいた。 友人本人、友人母、友人母の友人、 友人母の友人の友人…などなど 何かしら言い当てられる人が続出なのだという。 電車に揺られ、訪ねてみることにした。 着いてみると、誰かが先に占ってもらっているようだった。  [続きを読む]
  • MCのお仕事②
  • こんにちは、今野まおです。 モデル、エミ・レナータさんの トークショーの司会を務めさせていただきました。 (中央右がエミ・レナータさんです) はじめましての瞬間から happyオーラがあふれ出ていたエミさん。 雑誌で拝見してるままの 美しさでした。 見た目の美しさはさることながら、 内面からあふれ出る輝きに ただた [続きを読む]
  • 価値観の共有
  • 価値観の違いは、 後々大きなひずみを生むこともある。 価値観が合うかどうか、というのは お付き合いするにしても、 結婚するにしても、 決め手になるだろう。 しかし、だ。 相手の価値観のうち、 あなたは何を見ているだろうか。 彼はラーメンが好き。 あなたはパスタが好き。 この価値観の違いは埋められ [続きを読む]
  • 優しさの本質
  • 優しさって、意外と一方的なのだ。 それを私に気付かせてくれた 出来事がある。 育休から戻ってきた職員さんが、 お子さんを連れて事務所を訪ねてきた。 事務所があるフロアは廊下が広く、 子どもなら走りたくなる広さだ。 上のお子さんが走り出したとき、 つまずいて転んでしまった。 思わず手を差し伸べそう [続きを読む]
  • 大人の泣き虫
  • 私は、すぐに泣く。 今日もさっきまで泣いていた。 昨日も泣いた。 1週間前にも泣いていた。 別に誰かに泣かされたわけではない。 嬉しかったり、 悲しかったり、 勝手に泣いている。 子どもの頃、 人前では泣けなかった。 泣くことが恥ずかしいこと、 いけないことだと思っていたから。 「泣いてた [続きを読む]
  • 雨の日だけ伝わる想い
  • 雨の日も悪くない。 相合傘にキュンとしてしまう。 このような言葉を聞いたことがある。 「相合傘で濡れている面積が大きい方が、 相手を想っている」と。 そういえば… 身に覚えがあった。 当時大学生の私が 自宅の最寄駅に着いたとき、 すでに雨が降り始めていた。 まぁ避けれなくもないレベルの雨だったこともあり、&nb [続きを読む]
  • 送る言葉
  • 食べた料理の味が思い出せない。 決して物忘れが激しいわけではないが、 思い返せば数回、そのようなことがあった。 ひとつは、 その場に居ることが苦痛すぎて 食事を味わうことができず。 正直、何か話したのか、 何を食べたのか、どうやって食べたのかさえも 思い出せない。 私がまるでその場にいないように 時間は過ぎ [続きを読む]
  • 人から学ぶということ
  • 人が変化を起こすには 人に教えてもらうことが手っ取り早い。 私も、ヘアスタイルのことは 美容師さんに相談する。 ヘアアレンジのテクニックや 髪をキレイに保つためのノウハウを 教えてもらうのだ。 美容室へ行くと、 「こうしたらカワイイよ」 「キレイめにするならこうだよ」など 嬉しい言葉を投げかけてくれる。   [続きを読む]