たまねぎ さん プロフィール

  •  
たまねぎさん: たまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー
ハンドル名たまねぎ さん
ブログタイトルたまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー
ブログURLhttp://caminodesantiago.hatenablog.jp/
サイト紹介文慶應卒なんちゃってエリートOLが仕事と恋愛をほったらかして800kmスペイン・サンティアゴ巡礼の旅!
自由文スペイン語は単語会話レベル。アラビア語日常会話程度。ロンドン帰国子女。慶應義塾大学OG。東京都港区在住のゆとりOL。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 136日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/06 05:45

たまねぎ さんのブログ記事

  • 帰国しました。6か9かの境界線。
  • ただいまです。お盆に帰国していたのですが、もうなんていうか休みすぎてて色々死んでいました。とりあえず、どうして途中からブログの更新がなくなったから説明しますね。えーっと、携帯が壊れたからですwバルセロナで修理いたしましたが、もうその頃は遊び呆けていたので日本に帰ってからゆっくり更新しようと、こんな時期になってしまいました。読者さんが増えていたのに申し訳ない [続きを読む]
  • Camino day 23
  • Bercianos to El Burugos全く歩きたくありません。もう、疲れちゃったー、日本帰りたいー、そんな愚痴ばっかりが書かれている、カミーノ23日目の日記w(オンタイムだと、今32日目。頑張れ自分、と思いながら乱雑な日記を読み返している。筆記体が雑すぎて自分でも解読に時間がかかるw)少しだけ(7〜8km?)歩いて、この日も、ホテルに泊まりました。2日続けて、ホテル [続きを読む]
  • Camino day 22
  • Moratinas to Bercianosなんだかよくわからないけど足が痛い。なんだかよくわからない日焼けが足首にできている。はっきり言おうや め た い ! w正直、私の贖罪への答えは出た。どう捉えてこの先、生きていくかも。しかも、よくよく思い返して考えてみれば、もう歩き始めた1日目、最も辛かったピレネー越えの日に既に答えは [続きを読む]
  • Camino day 21
  • Carrion to Moratinas朝、コーヒーを飲みながら、ふと思った。この巡礼において、朝のこのコーヒーは何にも役立っていないと。そもそも起きるのは遅いし、コーヒーを飲みにカフェへ着く頃には頭は冴えきっている。歩くことの効率性を考えるならば、飲むべきものはRED BULLじゃないか?夜はバルなんだから、RED BULLくらいあるよね?ほら、やっぱりあった…。 [続きを読む]
  • Camino day 20
  • Poblacion to Carrion泊まりたかった場所に着くと大量のバックパックたちがw拒否権なく、日本の歌を歌わされる。ギターを弾くシスターって…めっちゃROCKですよねwこの日は、なんだかいい日だった。いろんな人に再会できたし。でもね、正直ね、やっぱりちょっと歩くのに飽きてきたよ…そして、みんなでおくる集団生活に疲れてきた。 [続きを読む]
  • Camino day 19
  • Itero to Poblacion9時に宿を出る。既に干からびそうに暑いんだけど…てけてけと…みんなが行こう〜と言ってたちょっと大きな町、Fromistaを目指す。わたしは何がなんでも今日ここにたどり着きたい。なぜなら…キャッシュがないwりあるガチやばいよう〜(´・_・`)あと、持ち物で、これ持って来ればよかったーというものが一 [続きを読む]
  • Camino day 18
  • Hontanas to Itero朝、8時半に宿を出る。もちろん最後ですw8時過ぎに、知らないメンズに「ここ、8:30までに出ないとだよー(´・_・`)」と起こされる。あ、ありがとうwおばちゃん、もう掃除してるう〜ごめんね、すぐ出て行くから、許して…。てけてけ1人で歩いていると…何やら二つのもふもふが動いている…あ、あ、あれは… [続きを読む]
  • Camino day 17
  • Tarjados to Hosantosカミーノ開始以来、わたしが一番好きな道となりました。これぞ、サンティアゴ巡礼的な道ではないか!!ついつい歌ってしまう。日本語解禁で、ひとりでモンパチの古いタイトルもよくわからない歌を歌うwほら、あなたにとって大切な人ほどすぐそばにいるの。夢ならば覚めないで♪ってやつ。なんて、美しい道なの [続きを読む]
  • Camino day 16
  • Atapureca to Tarjados今日は大都市ブルゴスなんだけどもーなんだけどもー泊まった場所からブルゴスまでの16、7km、タクりましたw都市の前って自然が突然減って、道路の横をてけてけ排気ガス吸いながら歩くの嫌だから…ブルゴスとレオン前は飛ばすと決めていたのでぶーんとベンツでとばしてたったの20分で大聖堂に着くw [続きを読む]
  • Camino day 15
  • Villafranca to Atapuercaお風呂に二回もはいれて、元気爛漫!!どこまでもいけそうw美しい山道をいくねぇ、本気でこの道だっていってる?泣くよ?てけてけと寒い中をいく…寒暖差、すさまじいwここで、ログーニョ以降、行方不明だったフランス人夫婦と再会!! [続きを読む]
  • Camino day 14
  • Belorado to Villafranca今日は休養日ということで、ゆるゆると11kmだけ歩きました。途中の町で大好きなアナリースに遭遇。エステラ以降行方不明だったから嬉しい〜〜!!アナリースはオリソンからのファミリー!!サンティアゴまで行くのかとずっと思ってたけど、レオンまでみたい。だから、ゴール着いたらポストカードをアナリースの住むアムステル [続きを読む]
  • Camino day 13 +α
  • San Domingo to Belorado再開したビェッティが、お金ないから、ドネーションのアルベルゲが良いと言うので、一緒のところに寝泊まりしたかった私は、彼女と一緒にそこに泊まった。そして誓う。二度と、ドネーションの宿には泊まらないwwwWi-Fiはないし、人多すぎだし、働いてる人はボランティアだからなんだか色々頼みにくいし…もう。・゜・(ノД`)・゜・。無理!w [続きを読む]
  • Camino day 12
  • Najera to Santo Domingoたまにまとめて2、3日分更新しているので、あしからず( ^ω^ )最新記事だけが新記事じゃなかったりしますゆえ。近づいているけど、遠い…今日は途中1人で歩いていて暇だったので、このサンティアゴ巡礼をどうプレゼンしたらビジネスになるか(日本で流行らせられるか)を考えてみた。あーでもない、こーでもない2時間 [続きを読む]
  • Camino day 11
  • Navarrete to Najera「8時だぞwまだ寝るのかw」デイヴッドに起こされる。もう…What is your problem???あと30分は寝かせて?wもはやわたしが最後にアルベルゲを出ることは定番だ。なぜ、みんなそんなに急いで出てくのか逆に意味がわかんないw暑いのが嫌なら、この時期に歩かなければいいのにw宿があるか心配なら、途中でどこまで歩くか決めたときに予約すればいいのにw暗い [続きを読む]
  • Camino day 10
  • Viana to Narravate今日は足が痛すぎて、カミーノやめたくなりましたw大都市ログーニョを通過。なんでこんな辛い思いをしながら、歩かないと、いけないのか… とりあえずみんなで美味しい夕飯を食べる為に…置いていかれないように…てけてけ…てけてけ…町、まだですかね??w友達が一緒に予約してくれたから、ベッドがなくなる [続きを読む]
  • Camino day 9
  • Los Arcos to Viana朝、5時。みんなが起きはじめる。目が覚める。私も起きなくちゃ。でも、疑問…その1。なんで?w答えは、暑さの中を歩かないようにするためである。うーん、どうしようかなぁとうとうと考えていたら、6時半。すると、ここで神の声が。今から2時間寝て、2時間灼熱の中を歩くのと、今すぐ起きて歩き始めるか…即決で [続きを読む]
  • Camino day 8
  • Estella to Los Arcos朝置きて、支度しながらふと思う。今日は1人で歩きたい。ケリーのことはとっても好きだけど、正直、ずっと話してると疲れるのだ。たまにイラっとしてしまって、詰めたくなるときもあるけど、歳下だし、まぁ我慢している。たとえば、アメリカ最高、うちらアメリカ人だから的なこといってるけど、所詮アリゾナだろ?ってちょっと思ってしまう。私からしたらそこはもうほぼメキシコなんだがwアメリカ至上主義は結 [続きを読む]
  • Camino day 7
  • Lorca to Estella朝みんながガサゴソうるさいから目が覚める。5時。うん、約束は6時半起きの7時出。まだ寝れる。次起きたら7時過ぎ。出発の頃にはうちら以外に誰もいないwww宿出たの8時。ぐだぐだすぎる。2人で誓う。明日こそはwww今日は12kmしか歩かない予定だったのでまぁいいんだけど、明日はまた山を越えるので、早目に置きなくてわ。。実は元カレにもらった、カルティ [続きを読む]
  • Camino day 6
  • Muruzabal to Lorcaバイヨンヌでアミーゴになったケリーに宿で再開して、飛び跳ねて喜んだ。今日は2人で歩く。ゆっくりね。話したいことたくさんあるから。もう適当なとこで歩くのやめよ?足痛いしさ?もう今日は楽しよ?って言いながら、なんだかんだ20km歩いてしまったから怖い。だって泊まれるとこ、なかったんだもんw出発したのは10時前。スーパーゆっくり。 [続きを読む]
  • Camino day 5
  • Pamplona to Muruzabal朝起きたの9時過ぎ。宿を後にしたのが10時半。巡礼者にしては驚異的なノロさ。だって…眠いんだもの。。いいの。笑われたって、今日こそは遠くまで行く気ないから。のろのろとパンプローナの街を行く。ちなみに街観光は一切していないw興味のない街の散策とか時間と体力の無駄。見てもたぶん、ふ〜んで終わる私はこの日も??やじるしを探しててけてけ歩くのみ。 [続きを読む]
  • Camino day 4
  • Zubiri to Pamplona朝起きて、まず思ったこと。「ここはどこ?」一瞬、自分がどこにいるのかわからなかった。寝袋の寝心地、なかなか良い。みんなガサゴソと出発の準備を初めてる。まだ暗い、朝6時前。私はとりあえずトイレいって…、また寝るwww今日は数キロ先の町でのんびり過ごしてから、翌日ゆっくりPamplona に行って観光するつもりだったので、朝皆が7時には出払うところ、8時過ぎにク [続きを読む]
  • Camino day 3
  •  Roncesvalles to Zubiri 朝起きて、まず思ったこと。絶対歩けない。筋肉痛が凄まじいのである。今日出会った人はみんなどこかしら痛めていたwいかにピレネー越えが辛かったかで盛り上がる。話しまくってたから、余計に疲れたんだろうな…。今日はダニエルと別れて一人で歩いていた。(てか私が寝坊したかつ、全身筋肉痛で普通に歩けるまでに時間かかりすぎた)そして気付いたのだ。私って本当はすごく歩くの速いwww普通 [続きを読む]
  • Camino day 2
  •  Orisson to Roncesvallesこの日ほど人生でshit!!って口にしたことはないと思う。坂が目の前に現れるたびに、ダニエルとshit!!!って叫んでましたw超絶爆笑な写真があるんだけど、顔特定しやすすぎるので、断念wとにかく霧がすごかった。馬とか牛とか大量。この馬、私のバックパックにサンドイッチが入ってることを悟って、どこまでも追いかけてきた。普通に怖いから。これら洗濯物は悲しいくらい乾きませんでしたwfoggy foggy [続きを読む]
  • Camino day 1
  • サンジャンからオリソンまで。カミーノやる人は絶対オリソンに泊まることをお勧めする。旅の日程でどうしても先に行きたくても、どうにかして泊まることをオススメするwここを飛ばしてしまうのは、カミーノの意味あるのかな?ってくらい最高の出会いがあります。なんたって周りに何もなくて暇だから、話すしかなくて、かなり仲良くなる。ごはん皆んなで食べて飲んで家族みたいになるの。ちなみに私は旅程に関係なく、体力なさ過ぎ [続きを読む]
  • My eyes are on you, Pyrenees@SJPP
  •  今日はのんびり散歩したり、ポストカード書いたり。昼寝したり。あ、あと郵便局からサンティアゴに荷物送った。英語上手く通じてなかったけど、英語でやり通すメンタルw明日からいよいよピレネー山脈に突入。韓国人の子をよく見かけるけど、なんで韓国人って韓国人としかあんまりいないんだろうか。よく理解できないwいろいろとw間違えられると全力で否定。日本人です。かなりの確率で間違われるけど。アイデンティティ強め [続きを読む]