CHIA さん プロフィール

  •  
CHIAさん: 子宮内膜症とチョコレート嚢胞と私
ハンドル名CHIA さん
ブログタイトル子宮内膜症とチョコレート嚢胞と私
ブログURLhttp://fanblogs.jp/chia6u6o/
サイト紹介文子宮内膜症・チョコレート嚢胞と診断された私が、病気と向き合ってきた日々を記載した闘病日記。
自由文27歳12月。子宮内膜症とチョコレート嚢胞と診断されました。治療法は?治るの?
行った治療や病気と向き合う日々を記載した闘病日記です。
この病気に不安を抱える方、理解したい方のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/06 16:00

CHIA さんのブログ記事

  • ストレスを体で感じやすくなること
  • 昨年末、約8年続けた仕事を辞めました。病気だから仕事を辞めなければ休まらないという意味ではありません。新しい仕事をするよりなれた仕事をする方が負担が少ないと思います。私のストレスの根元が、会社にあるという結論に至ったことと、人事異動もあり体への負担を考えて辞めました。しばらくは休暇を取ろうと思って辞めましたが、休むことで被る負担も大きかったのでまだもう少しだけならできるということもあり、異なる仕事 [続きを読む]
  • 肌の艶や顔立ちの変化。老けてゆく感覚。
  • 髪の毛に艶が失われたり、肌のはりがなくたるんだような気がして、ただ、30歳近くになれば、おのずとそういうからだの変化がみられるのではないかと思ったりもして。あと顔立ちがさっぱりしたような。そんな副作用は、言われていないですが、ディナゲストの作用に、「エストロゲンを下げすぎない」といわれているようにある程度下げているのではないかと思われるため、髪、肌の艶顔立ちが変化することも否定できない気がします。た [続きを読む]
  • 手術圏内脱出。
  • ディナゲストを1錠に変えた理由は辛い副作用ともう一つ、チョコレート嚢胞が手術をしなければないらないと言われていた大きさではなくなったこともあります。2015年10月の触診。エコーでの検査で、3.8×2.6まで小さくなっていました。発見時の大きさが、5.4×3.7ですから1.6×1.1小さくなりました。ディナゲスト服薬から、1年4ヶ月です。手術しなくてもよいという大きさでも、まだそれなりの大きさがあ [続きを読む]
  • 婦人科から漢方の処方
  • 大量不正出血とその時にあった辛い症状が、辛すぎて耐えられない話を先生に言いました。そして、ずっと相談している漢方治療への切り替えも。ただ、切り替えはやはり受け入れられませんでした。漢方には長く続けると体が変化する特徴はありますが、チョコレート嚢胞への直接的な作用がないためそれだけにはできないし、ディナゲストを飲まないとまた、せっかく小さくなったものが大きくなってしまうという理由でした。しかし、辛い [続きを読む]
  • 大量の不正出血
  • 頭痛・肩こり・首こり・倦怠感・集中力、記憶力欠如とい症状がピークになっていた、2015年12月。ディナゲストを1錠にしてみたのですが、またこの病気が発覚したときのような、下腹部の違和感(張る感じ)が見られるようになりました。また、薬をちゃんと飲もうか…?ただ、仕事の時は我慢していますが、帰宅したら椅子に5分座ってなにか作業をすることも集中できないがために、できない状況にまた戻ることを考えると、躊躇しまし [続きを読む]
  • ディナゲスト2年目突入。冬にかけて辛い。
  • このブログでは「辛い」「辛い」と連呼しておりますが、「辛い」中にも体と自分を大切にすることや、自分の「辛い」(服薬に関わらず)という気持ちをないがしろにしていたことに気付かされたこと等、いいこともあります。我慢し耐え偲ぶことも大切ですが、見極める力をもちたいと思うばかりです。ディナゲスト2錠服薬は、1年6ヶ月ぐらい続けました。でも、自己判断で1錠にしました。理由は、耐え難かったからです。そして、1 [続きを読む]
  • 肌の不調に使用しているコスメ
  • 顔に体からのメッセージが出やすい気がします。私だけでしょうか?月経に合わせて、ニキビができやすくなったり、もともとニキビ肌だったり。ニキビって体の滞りサインなのではないかと思います。治りにくいニキビを抱えたら、どこか体で滞りがでているもしくは、どこということではなく循環が悪くなっているのではないかと注意するようになりました。ディナゲストを服用する前は、月経にあわせてニキビができていましたが、服薬に [続きを読む]
  • 徐々に現れる変化。覚えられないこと。理解できないこと。
  • ディナゲストの副作用に更年期障害のようになるというものがあります。そのようになりにくい薬と説明を受けましたが、多分それ様になっている気がします。ものを覚えることや、物事に関して発展させることが難しくなりました。また理解力が落ちたり、悪気もなくわすれてしまう。なんだろうかこれは?なんとなく思いながらも、そんなはずはないと言い聞かせ服薬を続けていました。今まで症状として出ていた、肩こり・頭痛・首こり・ [続きを読む]
  • ホルモン・・・バランス?
  • 生理の時のような浮き沈みは、ディナゲストを服薬し続けても感じることはありません。浮き沈みがないだけで、「沈みがち」ではあるのですが。ただ、エストロゲンを下げすぎないから、バランスは保たれる。。。というようなお話だったと思うのですが、いつからか、「ヒゲ」が生えるようになりました。右側のチョコレート嚢胞持ちなのですが、右半分の顎先中心に産毛でない「ヒゲ」。薬は、バランスを取ろうとしているけれど、それ以 [続きを読む]
  • 不正出血の頻度
  • 下腹部のチクチクする痛みと不安定な体調、気持ちのムラ。不正出血も3ヶ月に1回くらいありました。服薬が長期化し安定すると不正出血がなくなるかたもいるみたいですが、すごく体調が悪くなって、チクチクする下腹部痛、頭痛と肩こり、倦怠感が数日強く続いた後でカスのような赤茶色のものが出ました。不正・・・出血?なのか、もはや液体ではないものが体の中から出てきます。カスの正体は、今まで溜まっていた内膜や古い血だそ [続きを読む]
  • 定期的な触診
  • 約6ヶ月に1回状態をみるために触診を行っています。ディナゲストの耐え難い副作用は、約4ヶ月でどうにか仕事ができるレベルに収まるようになりました。ただ、服薬前よりは、集中力がなかったり、忘れっぽかったり頭痛・肩こりに悩まされました。あと、無駄に怒りっぽかったり。。。イライラしないと決めたのですが、イライラはためないことにしました。休みは、遊ぶ体力も気力もなくぼんやり寝ていることが多かったです。もとも [続きを読む]
  • 色々な手当
  • 4ヶ月会社を休んだわけですが、その間お給料が0になります。でも、0だと生活できません。当たり前ですが。1人暮らしをしていたら家賃もかかります。食費も光熱費も通信費ももちろんかかるのです。実家があるなら実家に暮らすのが一番だなと思いました。人生なにがあるかわかりません。お金のこともこれをきっかけに本気で考えるようになりました。会社員だと、健康保険に加入していますから、そこから傷病手当金の支給がありま [続きを読む]
  • 試み⑤絶対に無理をしないこと
  • 「イライラ」は子宮にくると、この病気になっていわれました。生命維持に不可欠ではない臓器(その個体を生かすという意味で)からダメージを受けるということらしいです。生活が学校中心だった学生から、仕事が大半をしめる社会人になって、イライラの種類も変わりました。イライラしないことが一番なのですが、イライラしてしまうこともあります。また、無理をしたくないと思っても無理をしなければならないときもあります。絶対 [続きを読む]
  • 試み⑥体を温めること
  • このことについては、散々いろんな方に言われましたし、そうだと思います。女性は体を冷やしてはいけないんですね。。。温めるって具体的に何をしたら温まるのか。ただ、低血圧で血のめぐりが悪いのと筋肉量が少ないので、改善点としてはその辺ではなかろうかと思いました。低血圧は体質的なもので、生まれてこのかた低血圧のため、お風呂やヨガなど外部刺激により頑張ってもらうことにしました。あとは、はらまき。常にはらまき。 [続きを読む]
  • 試み⑤漢方
  • 漢方は内膜症の治療ではじめてもらったのではなく、ニキビの治療で皮膚科で処方されたのが良さを感じるきっかけでした。ツムラのケイガイレンギョウトウ(50番)です。そのとき、西洋の薬と漢方を処方されたのですが、治りがよく感覚的にあってるんだなと思いました。なので、この内膜症の治療でも漢方や鍼灸をメインで治療できないものかと先生に相談しました。ディナゲスト等ホルモン剤何を飲んでも、体への負担が大きいと感じ [続きを読む]
  • 試み④アロマ
  • アロマは、芳香することで、頭痛がすこし和らいだ経験から興味を持ちました。その時は、ベルガモット精油をディフューザーで使用していました。アロマは漢方に似ていているな、という印象です。いろいろな成分が入っていることで、ある効果を得ようとしていて、薬のようにある特定の成分のみをピンポイントに処方するものではありません。そのため、緩やかに作用します。日本では、アロマは雑貨扱いで薬とみなされていませんが、海 [続きを読む]
  • 試み③温泉(岩盤浴)
  • 温泉の水質や効果などさほど気にしたことがなかったのですが、効能に「慢性婦人病」というのもあるんですね。そして、「温泉療養」というのも一般的。私の場合、お灸+鍼+ヨガ+温泉(岩盤浴)で自分の行きたい時に行っていたので、本格的に、温泉メインで試していた訳ではありません。本格的に行うとなると、温泉に2、3週間連続で通い経過をみることとなります。その他、色々と注意点もあり、ディナゲストという薬を飲みながら [続きを読む]
  • 試み②ヨガ(ホット)
  • もともと通っていたとき、体の調子がよかったこともあり、再開しました。あまりホットヨガは良くない(脱水症状等)という方もおりますが、私のように外に出しにくい体質や、体の柔らかくない人が運動をするにはとても良いのではないかと思います。湿度と温度が調整された暖かい部屋で、ヨガインストラクターと複数の生徒と一緒にヨガのポーズを決められた時間、水を飲みながら行います。なぜ、ホットヨガのLAVAを選んだかというと [続きを読む]
  • 試み①鍼灸
  • 鍼灸は、病名を聞いたとき最初に始めたことでした。鍼灸が女性の不調と相性が良いという情報が多かったので、試しに始めた感じでした。鍼(はり)と聞くと痛くないのか、大丈夫なのか?と思うわけで、あまりいきたいとは思っていなかったのですが、結果は、とてもよかったです。行き始めは、鍼だけをうっていたのですが灸も徐々に行うようになりました。基本的に、全身のコースで頭から足先まで部分的なマッサージを入れて月2回ぐ [続きを読む]
  • 考えようとしていなかった色々なこと
  • ディナゲスト服薬3ヶ月で、少しだけ成果がみられたことで副作用が多少あっても薬をもう少し続けることになりました。クラクラしながらソファに寝転ぶ毎日でしたが、仕事に追われていた毎日から離れて今まで向き合ってこなかった体と、強制的に向き合わされている状態の中、反省や少しの後悔、今後のことを考えたりする時間ができました。のべ、4ヶ月仕事を休み、その後復職したのですが、この期間で仕事に関する考え方や向き合い [続きを読む]
  • ディナゲスト服薬_2・3ヶ月目
  • 容態に変化はありませんでした。少し眠りやすくなったぐらいです。下腹部は痛くて、頭痛はするし倦怠感と集中力がなくなるし。副作用にないといわれても、実際に起こっていることをなにで説明したらいいのか。直接作用する薬で小さくなる可能性があるということを信じて、服薬を続けました。食欲も無く、ごろごろしながら考えることは、どうしてこうなってしまったのだろうということ。どうして、今まで気づけなかったんだろう。ど [続きを読む]
  • ディナゲスト服薬_1ヶ月目
  • ディナゲストは副作用が出にくいホルモン剤です。と言われましたが、めっちゃばっちり副作用がでてました。服薬一ヶ月は前のブログでも書きましたが、不眠症状が非常にひどかったです。ついで、倦怠感と頭痛等々。あと、とても困ったのが、集中力の欠如。本当に、副作用ができにくい薬なのか?となんども思いました。毎日、朝と夜1錠ずつ計2錠を一日に服用しました。私の感想は、早くやめたい。です。もともと薬が嫌いで、いや誰 [続きを読む]
  • 体調が崩れる前と崩れた後の暮らし
  • 子宮内膜症とチョコレート嚢胞と診断されたのは2014年12月ですが、それより前、2013年2月頃から急に体調が悪くなりだしました。背中の痛みが出だして、朝起きられない。私はその原因を、その前年の夏にした交通事故のせいだと思っていました。交通事故で鞭打ちをしており、よく半年後に症状がでるということもあり、いづれよくなるだろうと思っていました。でも、症状は少しづつ少しづつ、悪くなる一方でした。社会人に [続きを読む]
  • 「ディナゲスト」という薬
  • 服薬1週間:不眠・倦怠感・何もしたくない・疲れる・頭痛・腹痛服薬2週間:不眠・倦怠感・何もしたくない・疲れる・頭痛・腹痛・出血止まる服薬3週間:不眠・倦怠感・何もしたくない・疲れる・頭痛・腹痛        …etc身体に問題なく馴染めばよいと思っていましたが、やはりダメでした。ただ、これは副作用。どちらが病気かわからない日々が続きました。朝起きて、ソファに寝転んでなんとなくTVを観て。観ているという [続きを読む]
  • 薬の変更
  • 仕事を休むと決めたのは、ホルモン剤を飲みながら仕事ができないと判断したからです。ヤーズも体に合わなかった。手術という選択肢もあったけれど、6ヶ月たったその時も、手術をしたいとは思いませんでした。薬を変えることにしました。薬を1年以上飲み続けるのと、手術をするのとでは、手術をする方が金額的には安価でした。変更した薬は「ディナゲスト」という薬です。ジェネリックがなく3割負担でも1ヶ月大体、1万円近くし [続きを読む]