素肌美人 さん プロフィール

  •  
素肌美人さん: 〜アトピーニキビ肌 お悩みアドバイスBOOK〜
ハンドル名素肌美人 さん
ブログタイトル〜アトピーニキビ肌 お悩みアドバイスBOOK〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/atopy-jyoho/
サイト紹介文身体に備わっている自己治癒力をアップさせ、薬に頼らずに、自分の力でアトピーとニキビを治す情報サイト
自由文アトピー性皮膚炎とニキビで悩んでいる人向けの情報サイトです。クスリや周りの人に頼らなくても、私たちの体に備わっている自己癒力をアップさせ、ご自身でアトピーとニキビが治せる情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/05/06 21:50

素肌美人 さんのブログ記事

  • 額から滲出液が出る理由
  • 額から滲出液が出てくる: 滲出液が出てきているのは、アトピーが悪化していると思っています。 アトピーの人は体に水分が多いので、腎臓で上手く解毒できなくて、処理できなかった水毒が、湿疹や 滲出液となって第二の排泄器官である皮膚に排泄されてきている状態です。。 体の細胞が活性化し、アトピーを治そうとして、外に出てきていますので、喜ばしい症状なのかもしれません。 なので、自然の摂理を、薬で症状を抑えては、よ [続きを読む]
  • ニキビを一日で治す方法
  • ニキビを一日で治す方法:そんなのがあったなら、ノーベル賞が貰えるでしょう。そして、誰もが喉から手がでるほど、全員が欲しいと思うのです。東洋医学では、病気を治すのに、病気になった期間だけ必要ともいわれています。結婚式や、特別な日の一日だけ顔からニキビがなくなって欲しいと思う人がいるでしょう。 そんな時は、お薬の力を借りては如何でしょう。ニキビ肌の誰でもに一日だけニキビが消えるという保証はありませんが [続きを読む]
  • 慢性化したアトピーの治し方
  • Q.皮膚科に行っても、ステロイド軟こうを出して終わりという感じで、おそらく診察費だけをとって根治する方法をしらないのでしょう。アトピーの人は、皮膚科に行けばアトピーが軽減したり、完治すると思っている人が多いと思うのです。アトピーに限らないかもしれません。 でないと、皮膚科にはいかないでしょうね。お薬でアトピーが治るのであれば、こんなに多くの人が、アトピーで苦しまないでしょう。アトピーは、薬では治り [続きを読む]
  • アトピーの頭皮のトラブルの原因
  • アトピーで、特に頭皮から膿とフケ:頭皮の皮膚は薄いので、水分が蒸発しやすい場所。水分が蒸発すると、頭皮のトラブルはアトピーでなくても、起こりやすいのです。頭皮の水分を蒸発させない方法シャンプー剤は皮脂を取りすぎない物を選ぶ。紫外線が直接当たらないよう、帽子や日傘をさす。水分補給は、お顔だけでなく、頭皮にも必ず必要。顔よりも、必要かもしれません。肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因になります。頭皮 [続きを読む]
  • アトピーは腸内環境を整える
  • 腸が悪いとアトピーは悪化する?腸と肺と皮膚は、経絡で繋がっています。そして腸は、体の70%の免疫機能を担っています。免疫力が高ければ、アトピーは悪化しません。このように考えますと、腸内細菌を整えることは、アトピーを悪化しないでしょうしまた、アトピー完治に向かいます。腸内環境を整えるには、腸を冷やさないこと重要。腸内環境を整える腸を冷やさない腸の温度は37℃。冷えた物が腸に届くと、腸に負担がかかります [続きを読む]
  • 鼻の下、顎のニキビの治し方
  • Q.鼻の下とアゴのニキビに悩まされ、皮膚科に通院中。もともと冷え性で生理痛も重く、いろんな化粧品も試したのですが、どうもグリセリンという成分が肌に合わないようで、困っています。 A冷え症を改善する冷え症は、ホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスの崩れは、ニキビができやすくなります。ですので、冷え症を真っ先に治すこと。体が冷えていると、生理痛もひどくなります。ニキビができる原因ホルモンバランス [続きを読む]
  • アトピーは甘え?
  • アトピーは甘え?「病気なら、病気で良い病院に行って治してこい」と、家族経営の社長に怒鳴られた。アトピーは、甘えかもしれませんし、甘えでないかもしれません。というのも、病気はお医者さんが治してくれると、薬に依存している人は、甘えになるかもしれません。薬では、アトピーは治りません。もし、薬でアトピーが治ったら、アトピーで、これだけ苦しむ人が多くない筈です。お医者さんも、アトピーが薬で治るとは、思って [続きを読む]
  • アトピーの特効薬
  • アトピー性皮膚炎の特効薬をもし見つけられたらノーベル医学生理学賞取れますか?多分、ノーベル医学生理学賞は、取得できないでしょう。アトピーは、生活習慣を正せば治る病気。決して不治の病ではありません。実際アトピーを自力で治している人も、珍しくありません。 アトピーを治した人は、様々な治療法を経て、最終的には食事で治した人が殆どだと思うのです。 生まれた時から、アトピーだという人も食事で大方、治せると思 [続きを読む]
  • アトピーの人は、長寿?
  • アトピー性皮膚炎の人はそうじゃない人に比べて寿命が短くなりますか?その逆です。アトピーの人は、長生きすると昨年の暮れに亡くなられた新潟大学の名誉教授であった免疫学で世界的に著名な安保先生が、おっしゃっていました。皆さん、長生きしたくて様々な健康に良いことをされている人にとって、アレルギーの人を羨ましがられているかもしれませんね。私個人的にも、かなりのアレルギー体質で、色々体の不調なところが多かっ [続きを読む]
  • アトピー肌の水分量を上げる化粧水は?
  • 肌の水分量を上げる化粧水:アトピーの人は、肌の水分が不足しているので、肌の水分量を上げると、アトピーは自ずと治っていきます。大方の人は、肌の保湿に水分量を上げることを考えず、ワセリンで保湿をされている人も多いと思うのです。 ワセリンは、肌の表面を油で被っているだけで、肌の水分量を上げることはできません。また、肌の水分量を上げようと、化粧水を一日中、肌に浸透させている人も、いらっしゃると思うのです。 [続きを読む]
  • ニキビのできる場所で、原因が分かる大人のニキビ
  • 顎や口周りにできるニキビ:顎や口周りにできるニキビは大人のニキビといわれています。生活習慣や、肌は乾燥していませんか?生活習慣睡眠食生活運動ストレススキンケア保湿上記が大人のニキビの原因になっている物です。下記で詳しく説明します。1寝不足とニキビの関連性は深いですね。睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、交感神経が優位になってしまいます。ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分 [続きを読む]
  • 抗ヒスタミン剤の作用
  • 抗ヒスタミン剤はずっと飲み続けるのですか?それとも、症状が出た時だけ飲んでますか? ヒスタミンは、体内で作られる物質。私たちの誰もの体で生成されています。体内で作られている物質ですので、アレルギーを起こすことはありません。ヒスタミンは、体内に入り込んだ異物を体の外に排泄する特性があります。異物を排泄するそのものが鼻水やくしゃみ、涙なだの症状です。体は異物を排泄しているのですから、自然の流れを薬で止 [続きを読む]
  • ニキビ跡は、自然治癒しない
  • ニキビ跡って自然治癒しないんですか?肌細胞が活性化すると、傷んだ肌細胞が修復され、うるおい成分が作られるようになりますので、ニキビ跡は、自然治癒します。クレーターは、美容皮膚科でも死んだ細胞なので、元に戻らないという見解です。ですが、これも時間はかかりますが、自然治癒します。肌トラブルは、水分が不足してターンオーバーが乱れることが原因です。アトピーも、ニキビも、毛穴の開きもすべて同じ。肌の水分が [続きを読む]
  • 思春期のニキビの治し方
  • 思春期ニキビは、薬を塗っても意味がない?薬は、病気?を治すものではなく、炎症や痛みを一時的に抑える対症療法です。病気もニキビも、体の不調を治すのは、体の備わっている自然治癒力が働くからです。自然治癒力は、その方の免疫力が高いと治癒力も高いので、治るのも早いです。お薬は、自然治癒力を低下させます。辛い時は、一時的に薬に頼るのもアリかな、と思うのです。でも、ニキビを治すのに薬だけに頼っていると、ニキ [続きを読む]
  • アトピーの脱ステ脱保湿、糖質制限
  • アトピーの脱ステ脱保湿、糖質制限: 脱ステは必要アトピーの人は、気付いた時に脱ステは必要です。ずっと、薬で抑えて過ごすことはできません。長く使えば使うほど、副作用で新な病気を作り、さらに苦しむことになります。脱保湿絶対やってはいけません。保湿は、絶対必要です。 アトピーの人は、バリア層が壊れ、水分保持ができなく、肌が乾燥するので、痒みがあるのです。 そこへ、脱保湿をすると益々肌は乾燥し、痒みは増して [続きを読む]
  • 光アレルギーの2週間後の肌の状態
  • 光アレルギーの2週間後の肌: YHエッセンス使う前の肌の状態:「特に利き目の右目に炎症があります。携帯の光も影響しているみたいです。太陽ももちろんあると思います。できたらステロイドとかの薬品で抑え誤魔化すようなことはしたくはないですよね。なるべく自然のもので改善できればと思ってます」 薬用YHエッセンスの使用2週間のお写真をいただきました。ご本人も短期間で、著しい肌の変化が嬉しくなり、一週間毎に、お [続きを読む]
  • 自販機のお茶でニキビ対策?えっ
  • 自販機のお茶で、どれがニキビ対策に良いですか?自販機のお茶で、まずニキビ対策は難しいでしょう。自販機のお茶の殆どは、本来のお茶ではなく、香料と色が付いているだけ。本来のお茶の栄養素は期待できません。 ですので、本来のお茶としての栄養素が含まれている飲料を求めることでしょう。薬局や通販で求めることができます。 ニキビ対策のお茶といえば、代表的な物はドクダミ茶ハトムギ茶、数珠玉が挙げられます。 特に、こ [続きを読む]
  • 薬用YHエッセンスのパワーにビックリ 光エネルギー
  • 光アレルギー: 2,3日前に光アレルギーのお客様の使用一週間のbefore→afterの写真をアップしました。一週間でお肌の変化がお写真からも、理解していただけたと思うのです。  実は、お写真で見るより、実際お会いすると、もっときれいな肌になっているようです。 この方が、10年来通っている美容室のオーナーさんは、 短期間で著しいお肌の変化に、ビックリされたとか。リフトアップがなされている色白になった肌がつやつやに [続きを読む]
  • アトピーの季節の食事 夏編
  • 夏の食事:夏の冷たいものは、冬に悪化する、ということは、アトピーの人は、既にご存じですね。そしてアトピーの人は、低体温で手足が冷たい人が多いと思うのです。夏は暑いので、ついつい喉ごしの良い食べ物を取り過ぎてしまいますね。でも、アトピーの人は、低体温で体が夏の生理になっていないので、夏野菜や豆腐など、体を冷やす陰性の食べ物は、極力控えるようにしたいですね。冬にアトピーが悪化しないために夏でも陽性の [続きを読む]
  • アトピーの体の洗浄は?
  • どうやって、垢を落すの?:これだけは、避けるもうご存じかもしれませんが、ボデイソープを使いナイロンタオルなどで、ゴシゴシ洗うこと。 きれいにサッパリしたいと、ナイロンタオルを使っている人もいらっしゃるかもしれませんね。 ゴシゴシ洗うことは腸にビフィズス菌が棲んでいるように皮膚にも表皮ブドウ球菌という皮膚を守っている菌がいます。その良い菌も、ゴシゴシ洗うことで、良い菌も一緒に洗い流していることを忘れ [続きを読む]
  • 人は人を支援することで成長する アトピー生活
  • 与える人になる:人に何かをして貰いたいと思うのであれば、まず自分が与える人になること。情報、気付き、元気どれかひとつでも与えられる自分になることです。アトピーやニキビ肌のひどい症状の人は、生きていく価値がないように、自分を卑下しがちになります。でも、自分と向き合ってみると、何か周りに与えることがあるのに、気付くと思うのです。 有益でホットな情報相手のビジネスや成長に役立つような気付き相手を楽しい気 [続きを読む]
  • 頭皮の膿んだアトピーとフケの治し方
  • 特にひどいのは、頭皮の膿んだアトピーとフケ: 頭皮のアトピーを克服するのに、真っ先にやるべきことは、液体シャンプーを止めること。これだけでも、頭皮のバリアは、かなり修復される筈です。バリアが修復されると、水分保持ができてくるので、フケもだいぶんよくなってくるでしょう。多くの人は、液体シャンプーを疑いもなく使っていますが、台所洗剤の原液を、そのまま薄めないで、ふりかけている状態ののです。台所洗剤と同 [続きを読む]
  •  光アレルギーのお客様の声
  • 光りアレルギー: Q今現在、今春からどうも光アレルギーで目の周り、特に利き目の右目に炎症があります。携帯の光も影響しているみたいです。太陽ももちろんあると思います。 できたらステロイドとかの薬品などで抑え誤魔化すようなことはしたくないのですよね。なるべく自然のもので改善できればと思っています。よろしければ、その旨、よろしくお願い致します。 一週間後の肌の状態一週間目の肌の写真を送らせていただきます。 [続きを読む]
  • ニキビ跡の色素沈着も、黒ニキビも、解決法は一つ
  • ニキビ跡の色素沈着を消したい(泣)毛穴詰まりの黒ニキビも消したいです。という質問に下記の回答をされている人がいらっしゃいます。ニキビ跡にはpiuのフルーツエッセンスがいいですよ。ニキビケアにはオードムーゲの化粧水をお勧めします^−^ニキビ跡には美白に効果がある化粧品を使うと消えるとか聞きました。また、別の人の回答は、毛穴詰まりの黒ニキビも消したいですという質問に、毛穴詰まりの黒ニキビは、別のケアになり [続きを読む]
  • ニキビ肌と乾燥とトータルでケアしたい
  • ニキビ肌と乾燥とトータルでケア:ニキビが出来るということは、肌の水分が不足しているからです。必要な水分が肌にあれば、肌荒れを起こさないので、ニキビはできません。ですので、不足している水分を肌へ浸透させることで、肌荒れがなくなり、ニキビ問題も解決します。こういうと、これでもかと化粧水を肌へ浸透させる人がいますが、体液と異なる水分を肌へ浸透させても、乾燥肌は改善しません。浸透圧の違う水分を肌につける [続きを読む]