趣味の和裁教室by東亜和裁 さん プロフィール

  •  
趣味の和裁教室by東亜和裁さん: 趣味の和裁教室by東亜和裁
ハンドル名趣味の和裁教室by東亜和裁 さん
ブログタイトル趣味の和裁教室by東亜和裁
ブログURLhttps://ameblo.jp/toawasai/
サイト紹介文ちょっと趣味で和裁をやってみたいな、という皆様にワークショップ形式のレッスンを始めました❤
自由文フリーダイヤル 0120−83−1112
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/05/07 13:11

趣味の和裁教室by東亜和裁 さんのブログ記事

  • 趣味の和裁教室@盛岡支部
  •  8/18、趣味の和裁教室は盛岡で開催されていたマイ浴衣製作教室の8回目、最終回が無事終了しました 『はじめは、大丈夫かなぁ〜?出来上がるかな〜?と思っていたけど、気が付いたら出来上がっていてうれしい!』 と受講生さんに言ってもらえ私たちもとても嬉しいです 最後、袖の振りくけが終わって、『完成です!』と声をかけたら、「次はどこかなぁ〜・・・」と考えてた時には出来上がっていたのにびっくりしてしまったよう [続きを読む]
  • 半巾帯ワークショップ@名古屋支部
  • 8月4日に名古屋支部で『半巾帯作り』のワークショップが開催されました 今回は、着物に詳しく、手作りが得意な参加者さん。「持ち込みの生地で作りたいです!」との希望で、皆さん、生地を用意して頂きました。 作業も多くなってしまうけれど、「頑張るよ!!」とリバーシブルにも挑戦です。まずは裁断!印付け → ミシン掛け → 芯をとじる → ひっくり返して仕上げ → あき口をくけます。 こちらはリバティの生地を [続きを読む]
  • お寿司マグネットワークショップ@名古屋支部
  • 今日は東亜和裁名古屋支部でちりめん細工のお寿司マスコットを作りました。せっかく時間のある夏休み、9歳と13歳の女の子がハンドメイドに挑戦です。先生のお手本、卵焼き、エビ、マグロを見ながら自分はどんなお寿司にするか考えます。「サーモンが好きなんですけど...」「じゃあ、マグロをオレンジのちりめんで作って、サーモンにしちゃいましょう!」シャリはみんな白いのでまず、基本としてチクチク開始。 コテは熱いから [続きを読む]
  • お寿司マグネットワークショップ開催します!
  • 夏休みワークショップ開催のお知らせでーす??ちりめんで作るお寿司マグネット??開催支部??東亜和裁四日市支部7/24(月)10:00〜12:00??東亜和裁名古屋支部7/31(月)10:00〜12:00参加費 1000円(材料費込み)お友達を誘って、楽しくチクチクお寿司を作ってみませんか?詳しくはプロフのリンク、またはフリーダイヤル??0120-83-1112までお待ちしてまーす?? [続きを読む]
  • 6月開講土曜コース 第2回
  • 今回は土曜コース第2回の様子をご紹介盛岡と名古屋で開催されていますよ。久しぶり?!の登場ピンクのテディ・ベア桜ちゃん桜ちゃんには盛岡の浴衣教室の様子をご紹介してもらいます受講生さんが練習してきてくれた運針。細かく縫えています♪ 第2回の今回はお袖作りです自分のサイズで印を付けたり。 袖口をくけたり。前回は練習用の布だったのが、今回から自分の反物を縫っていくのでなんだか少しドキドキですよね。丸みを縫 [続きを読む]
  • 今日は和菓子の日
  • 6月16日は「和菓子の日」。この日には、菓子を食べ厄除けと招福を願う嘉祥(かじょう)という行事がありました。嘉祥は江戸時代には重要な儀式となっていましたが、明治時代になって廃れました。そして、全国和菓子協会が、厄除けと招福を願い、「和菓子の日」として現代によみがえらせたそうです。 東亜和裁インスタグラムでは、たびたびちりめんで作った和菓子を紹介してきました。 この豆大福やお団子、柏餅、桜餅などなど... [続きを読む]
  • 【ゆかたを作ろう2017】part⑩今回の動画は衿先です。
  • 【ゆかたを作ろう2017】part⑩ 今回の動画は衿先です。 衿先のトメをして衿先をぬいぬい。縫い終わったらキレイにたたんでからー、ひっくり返す!! 衿先の縫い代がゴロゴロしない様に要注意です!!待ち針をうったら衿納めをしますよ! #タイムラプス #timelapse #和裁 #初心者大歓迎 #動画 #howtomake #ビデオ #仕立て #ゆかた #浴衣 #着物 #運針 #印つけ #衿 #趣味発見 #東亜和裁のゆかた教室2017趣味の和裁 by 東亜和裁さん( [続きを読む]
  • 6月開講土曜コース&5月開講水曜コース・レポ
  • 6月に新しく開講した浴衣教室・土曜コースに新しい受講生さんたちが来てくださいました 普段からよくお着物を着ることのある着物好きな方や、なんと中学生の方も参加です今日からよろしくお願いします第1回目は和裁の基礎知識 浴衣の名称・和裁道具について・浴衣が出来るまでの工程などを説明させていただいて、その後、運針とくけの練習。指ぬきを使っての運針が難しくて、最初はやっぱり苦戦してしまいました。 私も初めて [続きを読む]
  • 5月開講水曜コース 第2・3回レポート
  • 名古屋で開催中、水曜コースの浴衣教室の様子です。 今回はお袖作りと身頃のミシンがけの様子をお届けー お預かりした反物は裁断・印付けをさせていただきました。 準備バッチリ!!の状態で受講生さんたちをお待ちします。 テキストを見ながら、印を付けたりー  ミシンで縫ったりー お袖作りはブログでも何回かご紹介しているので、良かったら過去のブログも覗いてみてください。 第2回マイ浴衣製作教室レビュー!今日はお袖 [続きを読む]
  • 4月開講土曜コース 第4・5回ゆかた教室レポート
  • 浴衣教室第4回と第5回はひたすら「くけ」祭りーなのでブログは1回にまとめてご紹介しますね。 前回、身頃のミシンを全て終わることができたので今回ミシンは使いません。縫い代の始末をひたす〜ら、くけていきます 衽と脇の縫い代をキレイにたたんで3分くけしていきます。 たまにはおしゃべりしながら、時には黙って集中して黙々と。ひたすらくけていきました くけ合間に、衽の角の縫い代の始末、「額縁」もやりましたよ イン [続きを読む]
  • マイ浴衣製作教室・土曜午後コース 6/3開講決定!
  • おかげ様で、土曜午前コースは満員御礼となりました??午後のコース、追加しましたので奮ってご参加ください。お待ちしてまーす?? ??開催日時 6/3, 6/10, 6/17, 6/24, 7/1, 7/8, 7/15 ??開催教室 東亜和裁 名古屋支部 名古屋市中区新栄町2-3 名古屋YWCAビル6階 ??料金 入会金5000円(運針スターターキット含む) 受講料 20,000円(全8回分) *浴衣の反物は別途ご用意ください お申し込みはプロフのリンク、またはフリーダ [続きを読む]
  • 【ゆかたを作ろう2017】part⑨左のえりの針うち〜衿付け
  • 【ゆかたを作ろう2017】part⑨ 左のえりの針うち〜衿付けをして、その後衿にキセをかけながら衿巾の印を付けて折っています。 じつは、衿付けをし始めた最初の方で、縫い針が折れてしまうハプニングがありました・・・ ひえぇー?ってなりながら、こっそり針を交換してたのですが、どこで変えてるか、皆さん分かりますかー??? #タイムラプス #timelapse #和裁 #初心者大歓迎 #動画 #howtomake #ビデオ #仕立て #ゆかた #浴 [続きを読む]
  • 土曜コース第3回ゆかた教室レポート
  • 今日から身頃スタート!!今日はひたすら身頃のミシンがけをしますよ。ミシンが久しぶりという受講生さん、上手く出来るかドキドキしながら作業開始!!今日もいろいろお話ししながら作業しましたよ!土曜日の受講生さん、趣味が結構合うので作業しながらのお話が盛り上がります。日本手ぬぐいを使っていたので、手ぬぐい話に花が咲きました!!端っこが、裁ちっぱなしで、手ぬぐいはコンパクトで乾きがはやい!!浴衣教室始まる [続きを読む]
  • 盛岡支部 5/20からマイ浴衣製作教室開講します!
  • みなさん、こんにちは〜! ゴールデン・ウィークも終わり、季節は梅雨に向かいそうですが、おうちでじ〜っくり浴衣のお仕立てをするにはうってつけのシーズン到来です 名古屋支部では4月から開講中のご自分の浴衣を仕立てる和裁教室、盛岡支部でも5/20の土曜日からスタートですよ〜日程は以下の8回5/20、5/276/10、6/17、6/247/8、7/15、7/22 これなら、お祭りにも間に合うはず!今年は自分で作った浴衣を身にまとって、街に繰り [続きを読む]
  • マイ浴衣製作教室 番外編
  • ゴールデンウィークで浴衣教室もしばらくお休みなので、 今回は皆さんには体験していただかない部分の印付けの作業をちらっと少しだけご紹介しまーす 裁断は終わらせてある状態からスタートまずは、身頃を並べてみて、柄がぶつかっていないか確認。 それが終わったらきれいに重ねて、長さを確認します。 次に身頃の長さを切りそろえてー ものさしと、コテを使って、印を [続きを読む]
  • 4月開講土曜コース 第2回ゆかた教室レポート
  • 皆さん、こんにちは!今日は「昭和の日」。  先日、今上天皇さまが大戦前、幼少の時に着物を着ていらっしゃるお写真を見ましたが、日本はつい数年前までは、生活が着物だったんだよなあ〜と思うと、今、こうやって普段お洋服で過ごしている時代がくるとは、当時の人は思わなかったのと同じくらい不思議な気持ちになりました。  さて、そうは言っても着物は日本の民族衣装。浴衣からでもいいので、1年に1度くら [続きを読む]