ryomei さん プロフィール

  •  
ryomeiさん: テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜
ハンドル名ryomei さん
ブログタイトルテニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜
ブログURLhttp://improving-tennis.noor.jp
サイト紹介文アラフォーリーマンのテニス上達奮闘記。練習や試合で気づいた上達のヒントを中心に日々の出来事を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 322日(平均2.9回/週) - 参加 2016/05/07 17:23

ryomei さんのブログ記事

  • 【TOYOTA】PRIUS PHV (プリウス) 試乗レポート
  • 2017年2月に発売となったTOYOTA PRIUS PHVに試乗させてもらいました。私の電気自動車の印象は静粛性が高い意外に加速が良い一度日産のリーフに試乗して強く感じたことです。ただリーフは電気のみなので、充電がなくなるとアウトだったのですが、PRIUS PHVはガソリン走行(ハイブリッド)が可能な為、充電具合に神経質になる必要はありません。これは大きなアドバンテージです。(今は日産もNOTE e-POWERシリーズで電気のみではない車 [続きを読む]
  • 【YONEX】POWER CUSHION ECLIPSION M GC インプレ (パワークッションエクリプション)
  • 昨年購入したSRIXON プロスパイダーがへたってきて、オムニコートで結構滑るようになってきてしまったので、テニスシューズを新調しました。ラケットをYONEXにしたこともあり、ワウリンカ選手や西岡選手も使用しているYONEXシューズを購入してみました。(ブランド統一したい病の発病です・・・)YONEXシューズといえば、『パワークッション』が有名です。「7mの高さから生卵を落としても割れずに4m跳ね返る」という驚異の衝撃吸収 [続きを読む]
  • 【SRIXON】REVO CX 2.0 2017モデル インプレッション
  • 土居美咲選手使用ラケットとして有名なSRIXON REVO CX2.0 2017年モデルを試打してみました。ちょっと前までREVO V3.0を使用していてSRIXONラケットの最大の特徴(ではないか・・・)と私個人的に感じる『柔らかさ』については体感しています。2.0は3.0と比べボックスフレームで重さもあり面も98incと少し小さめ。少し難しそうですが、柔らかさとパワーを出すために改良を加えられた新フレームでどのような感触なのかワクワクしながら [続きを読む]
  • 試合の入りを良くする方法の検討〜序盤で主導権を取るために
  • 先日出場した市民大会シングルス。何とか初日は勝ち抜けたものの、初戦の出だしがあまり良くありませんでした。市民大会レベルの試合だと1setマッチがほとんどで、試合の出だしがかなり大きな要素を占めます。参加人数が多かったりすると、集合時間に到着したにも関わらずものすごい時間待たされたりすることが多く初戦の入りは結構難しいと思います。今後の試合に備え、初戦から良い入りができるようにするための方法を考えてみた [続きを読む]
  • 【YONEX】ポリツアーファイア(POLYTOUR FIRE)耐久性レポート
  • 昨年12月に張ったYONEX ポリツアーファイア。テンション維持に優れていて、ここまで特に不満なく(素人感覚で)使用してこられましたが、まるまる3ヶ月過ぎてきていよいよストリングの劣化を感じてきました・・・私個人的感覚で「劣化」を感じた点と、ストリングの状況についてレポートをしてみたいと思います。劣化を感じたポイントインパクト時の感触のボヤケ張りたての頃はボールを捕らえた瞬間、「キュッ?」と包んで打ち出して [続きを読む]
  • 【ダブルス】ポジショニングで相手のミスを誘う方法
  • 先日行ったダブルス練習をビデオに撮影してもらいデータをいただくことができたので、何故勝てないのかを解明するためじっくりと観察してみることにしました。(呑みながら)ひとつひとつのショット力に大きな差はないように感じる相手でも試合をするとポイントが取れないということはないでしょうか?どこに打ってもしっかりボールが返ってきて最終的に追い詰められ、博打ショットを打って失点 or ボールが浮いて決められてしまい負 [続きを読む]
  • ストロークのアウトを矯正する方法〜調子が悪い時チェックしたい2項目
  • 私がストロークで犯すミスは8割がアウトでネットミスは少なめです。スピンを多めにかけて高い弾道の球を打つプレースタイルなので、ネットが少ないのかもしれません。先日の試合練習では(も!?)序盤ストロークの安定感がなく、アウトミスを連発してしまいました・・・高い弾道で相手が打ち損じた浅い球を抑え込めずアウトしたり、簡単なつなぎ球でもちょっとアウトしたりとひどい状態でした。『回転を意識』しすぎてミスを量産し [続きを読む]
  • 【MAZDA】2017 新型CX-5 試乗レポート 〜 装備・内装・走り全てにおいて進化
  • 2012年にクリーンディーゼルエンジンを搭載したSUV 初代CX-5が登場し爆発的な人気を集めました(集めています)その後MAZDA車にはどの車種にもディーゼルモデルが用意されるようになり、他メーカにはない独自のブランドを確立しています。クリーンディーゼルエンジンと『魂動』をテーマにしたデザインの先駆けとなったCX-5が2017年フルモデルチェンジをし、2代目CX-5となりました。試乗開始のDMが自宅に届いたのでソッコー試乗させて [続きを読む]
  • APPLE WATCH series2 Nike + 使用レビュー 〜 普段使いとランニング
  • 最近話題!?のウェアラブル端末を流行に乗って購入してみました。iPhoneユーザーなので携帯電話との連携ができ、更にランニングに特化しているという特徴のある『Apple Watch Nike+』をチョイス。(お約束の)開封の儀から、装着して日常を過ごした感想、ランニングでの使用感をメインに評価をしてみたいと思います。購入はApple store 銀座で 定時ダッシュで銀座へ向かい実物を確認してからの購入。腕の細い私は、38mmと42mm [続きを読む]
  • 【MAZDA】ATENZA (アテンザ) XD L Package 試乗レポート〜クリーンディーゼルの感想
  • マツダといえば国内(乗用車)でディーゼルエンジン車に関して他メーカーの追随を許さない存在になっています。『CX-5』の発売で人気が爆発し、それ以降他の車種にも続々とディーゼルエンジンを搭載して、他メーカーにはない特徴を生んでいます。そのフラッグシップ車『アテンザ』(ディーゼルエンジン/ワゴン)を試乗させていただいたので、レポートしたいと思います。ディーゼルエンジンの走りはもちろん、『GVC』(G-ベクタリングコ [続きを読む]
  • 【Wilson】BURN 95 CV (バーン95) インプレ 〜 2017年錦織選手使用モデルの感想
  • 2017年の錦織選手使用モデル、wilson burn 95 cvを試打することができました。自転車業界では有名らしい、カウンターヴェイル(Countervail)をラケットに使用してインパクト時の振動を吸収し、『疲れにくい』ラケットを目指すというコンセプトで開発されたようです。プロはもちろんですが、1日に何試合もこなさないといけない我々アマチュアプレーヤーにも『疲れにくい』ことは非常に重要なポイントです。本当に疲れにくいのか!?を [続きを読む]
  • ディフェンス力をアップさせる方法の検討〜2017年テニス目標
  • 作年はフォアハンドの厚い当たりを意識して練習時間を費やしてきました。練習の成果か、擦るだけの弱小フォアハンドから多少推進力のある伸びのあるボールが打てるようになってきました。試合中自分の展開で打ち続けられている時は良いボールが打てているのですが、相手の良いボールで自分の体勢で打てない状況となった時の処理が下手で浅くなってしまう為、そこから攻め続けられ防戦一方になることが良くあります。1本攻められな [続きを読む]