GON さん プロフィール

  •  
GONさん: I love Thai night
ハンドル名GON さん
ブログタイトルI love Thai night
ブログURLhttp://ameblo.jp/ilovethainight/
サイト紹介文バンコク、パタヤのカラオケ、ゴーゴーバー、マッサージ等の思い出を仕事と共に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/05/07 18:47

GON さんのブログ記事

  • 今更ソンクランパタヤ編(最終話)
  • 今週は何がなんだか忙しい。仕事なのか何なのか。今度の土日も関係無い。ゴルフでは無く、訪タイする方々のアテンドや打ち合わせや接待で昼も夜も埋まっている。勝手な想像としてGW明けは仕事初めでは無いが起動の1週間。順当に回り始めてこの5月末頃からの出張が多いと思っている。想像だけは自由である。飽く無き想像の世界。私の中では007である。イギリスのジェントルマンシップ。「シップ」が「湿布」と1度変換されている段階 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その16)
  • ある日の1人一杯。テーメーカフェから本当の目的地であるソイカーボーイへ。さてさて何処へと思っていたが、何と無くのんびりしたい気持ちになった。そこでティーラックへ。店内のソファー席は欧米系の方で一杯である。案内されたのステージ脇のカウンター。しかもお会計のオバハンのハマっている直ぐ近くでせわしない。ゆっくり飲むはずが・・・今日の〆は空振りっぽいと思えて来た。お店を変えて〆の仕切り直しかと思えた時に、 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その15)
  • ある日の飲み歩き。ナナプラザに見切りを付け、ソイカーボーイを目指す。案の定途中でテーメーカフェで一休みと言い訳をする。何とも人が多い。コーラ片手に座席を探すついでに尾根遺産チェック。そう言えばイサーン出身の尾根遺産。仕事の関係でバンコク出張の際にテーメーへ来ると言っていたが、ほぼ毎回見かける様になっている。完全に田舎の仕事を辞めてバンコクに出て来たパターンであろう。通常の仕事よりも実入りが良くなっ [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その14)
  • 良くある日常。何のかんのと言い訳をしながらも夜な夜なナナからアソークまで流している事に変わりが無い。変化の無い夜になって来た。何かを変えなければマンネリ化している。そう思いながらバイクタクシーでプロンポン駅へ。BTSで降り立ったのはナナ駅で有った。気が付けばツイスターバーでシンハービールが片手にあった。脊髄反射の様な状況で有る。それにしても尾根遺産の顔ぶれが変わるのが早いのは変ら無い。私の記憶に有る [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その13)
  • 昨日はゴルフであった。しかもおかしな誘われ方であった。私も含め総勢8名の為、2パーティで回る。この内半数は知っている方で有るにも関わらずで有る。木曜日にメールが入る。20日のゴルフについてとは何事ぞ。このメールにて20日がゴルフである事を初めて知った。いつの間にか勝手に頭数にカウントされていた。しかも誰からも連絡が無く、突如の何処へ何時集合のお知らせである。そのメールが来て初めてメールの宛先に有る方々の [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その12)
  • 昨日もアマタナコーンでスコールの様な雨が降った。瞬く間に冠水。お昼ご飯を食べに出たが、フェイズ4と言われる辺りの冠水が酷かった。何時も冠水するエリアではあるが。本日では無く、その前のアマタナコーンの冠水。工業団地発表は推進10cm。マジか・・・バイクのタイヤの半径は10cm、直径20cmな訳が無いだろう。確実にバイクのタイや半分は沈没しているエリアが有った。そう言えば3年前になるだろうか。アマタナコーン工業団地 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その11)
  • 燃え上がる目指せコンドミニアム購入。目を付けた物件がある。お値段も手頃な中古物件である。新築のプレビルドを狙いたい気持ちも有るが、いかんせん外国人では情報が遅く手の出る価格帯は良いのが見当たらない。億ションの広告は一杯見るが・・・コンドミニアム購入後の名義変更。ココにミソが有る。一般的に日本人でもコンドミニアムを自分名義で取得できると唄っているHPが沢山ある。そしてこのHPのほぼ全てが日本に住んでいる [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その10)
  • 昨日は17日に日付が変わって早々だろうか、雷+大雨で合った。何も考えずに朝の出勤はいつも通り。ドライバーさんも何事も無く来ていた。これまた出勤は何時もの通りに車内では寝させて頂いた。途中何やら雨が煩い事は睡眠を取りながらも認識出来るほどであった。到着が何時もより30分程度遅かった。道路の冠水が始まっている事による渋滞で合ったのを知るのは更に1時間から2時間後である。案の定雨がぱらつく。昼頃であった。多少 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その9)
  • 完全にコンドミニアム購入に火が付いた。何が何でも銀行からお金を借りる。そう思って仕事の合間を見付け某外資系銀行へ。もちろんアマタナコーンの中にある支店である。案の定である。「外国人相談専用窓口担当が18日(木)に来るからその時に来い」と何時もの対応で合った。ネット上でも外国人に住宅ローンを提供している外資系銀行である。日本であれば何処の支店に行こうとそれなりの対応は有ると思う。ソコはソコ。Theタイであ [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その8)
  • 当たり前の事だがお金を借りるのは難しい・・・コンドミニアム購入を目指し、銀行へご相談。もちろんタイの銀行である。ダメ元は分かっている。ひょっとしたら何かルールが出来るなり変わるなりと期待を少しだけした。単純な話、そうそう簡単には借りられないであった。しかも銀行で感じるTheタイ!相談したエリアも工場の在るアマタナコーンが悪かったのか・・・先ず初めに銀行員に言われるのは「初めてのケース」だと。そりゃそう [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その7)
  • 何故か最近の生活圏が変わって来ている。BTSプロンポン駅周辺を中心としたリトル東京からラチャダー界隈へ。決して特殊浴場の話をしている訳では無い。私のイメージからすると現地採用の方等々が多く住むエリア。最近ではやたらと中国人が多くなっており、ヤワラートを越える中華街になりつつ有るとか。確かに常に中国人観光客で賑わっている。道端レストランですら中国語のメニュー表を用意している。私に写真無しの中国語メニュ [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その6)
  • 一昨日の雨は昨日の朝まで残っていた。朝のウォーキングに出る時にもパラついていた位だ。当然昨日のコンドミニアム見学は雨の中で有る。彼女のコンドミニアムの契約が切れる為である。ホワイクワンの市場近く。外観は気持ち古い。それでも築5年程度と言っていたか。タイと日本のマンションの賃貸や購入の違い。そもそもタイには不動産屋さんが少ない。タイ人は基本的にその様なモノを使用しない。最近ではネット検索が一般的か。 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その5)
  • 昨日は朝からツイて無かった。流れの悪い時はそんなモノである。GWの一時帰国時に日本で受けた健康診断。記録的な数字を叩き出した数値が有り、健康診断途中で医師からお呼び出し。端的に医師の言葉を表すと「今すぐポックリ逝っても不思議は無い」である。臓器に異常がある可能性も否定出来ないが、生活習慣病の酷いヤツと認識している。多分遺伝だろう。母も母弟も母姉も似た様な症状が60歳過ぎで出ている。私はアラフォーを越え [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その4)
  • 仏教の日に当たった10日。もちろん禁酒日であった。その前日の9日。お客様とプロンポン駅近くの屋台風タイ料理屋さんからスタート。お食事の後はナナプラザからソイカウボーイ。このお客様はインドネシアはジャカルタの駐在員である。〆はソイカウボーイのバカラ。ウダウダと飲んでいるとウエイトレスと尾根遺産から同じ話が。明日10日は禁酒日だが仕事だと。ホンマかいなと思ってしまう。しかし何の関係も無い2人から同じ話が出る [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その3)
  • 昨日は仏教系の休日で禁酒日。なのにソイカーボーイでバカラは営業中。禁酒日前日にお客様とナナからソイカーボーイまでのコース。その時にウエイトレスの尾根遺産が嘆いていた。明日はお店を開けるんだと。さて、GWの飲み会。ワンピースの女性のお友達話が止まらない終わらない。某社の社長さんに次いでNo2の方とも面白い関係になって来る。一同酔いも周り、この無茶苦茶な話だけが酒の肴になっている。それにしても某社のお2人の [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編(その2)
  • GWの飲み会は終わらない。某社の社長に引き続き同じく某社のNo2までも手玉に取るパンツが見えそうなワンピースを纏う女性のお友達。そんな良い女なのに私は一切食指が動か無い。やはりタイの夜にやられているからなのだろうか。ダメな症状である。某社のNo2の方からこの方のご趣味に付き合うべくアイテムを購入させられたワンピのお友達。アイテム購入だけで終わる訳は無いのである。私の趣味の磯釣りしかりである。万が一お気に入 [続きを読む]
  • 今更ソンクランパタヤ編
  • まだ続くGWの飲み会。昼の11時から飲んでいれば話題も豊富である。特にその中に気合のパンツが見えそうなワンピースで現れた女性のお友達の激白。某社の社長さんで有ったが結局はソデにしたこのお友達。パンツの見えそうなワンピースと気合が入った格好をいつもしているからそういう事になるんだと思っている。このお友達に対して私は全くこの某社の社長の様な気持ちにならない。お友達だからだろうか。激白は続く。某社の社長だけ [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その10)
  • タイへ昨日帰って来た。変なホっと感があるのがヤバい。まだ続くよ日本の飲み会。男性3人、女性2人の合計5人の飲み会。その女性の1人。仲間内の飲み会に気合を入れてパンツの見えそうなワンピースで表れたお友達。某社の社長さんと衝撃のお話。キスに引き続き飲み物の贈り物。この段階で一同ストーカーではと気が付く。しかしコレには更に後日談が付いて来る。ある時、とある駅でバッタリしてしまった。するとこの某社の社長さん。 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その9)
  • 一昨日の飲み会の続き。仲間内の飲み会に気合を入れたパンツが見えそうなワンピースで表れた女性お友達からのカミングアウト。某社の社長さんとキスをしたと。しかしそれで話が終わらない。さらに後日談が付いて来た。ワンピのお友達と某社の社長さんが2人で飲んでいる時である。このワンピのお友達は肌が弱いのが悩みだと話をして様だ。そして某社の社長さんがオススメの飲み物を紹介して来れた。ワンピのお友達はお酒が入るとア [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その8)
  • 昨日は飲み過ぎた。健康診断で注意されていたのに。集合は昼の11時。この集合時間にイカレ具合を感じた。何にしても半信半疑で集合場所へ。しばらくすると本当に集合した。なぜ11時と思ったら、早い居酒屋がその時間に開くからであった。何にしても生ビールで乾杯である。タイでも正直なところ昼間のビールに違和感を感じる。それなのに日本でである。何だか良く分からない居酒屋。イタリアン風にアレンジされている料理が多い。美 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その7)
  • 今年のGWは諸般の事情から親戚一同が集合しない事になった。コレは年中行事の山菜採りと筍掘りの中止も意味する。筍掘りは親戚の土地なので一声掛ければ可能で有る。山菜採りは親父の仕事仲間の所有する山である。何もその気になれば可能で有る。しかし、少人数でソレをするには何となく寂しさが有り、実行に移す事はしなかった。それにしても食べたいと言う欲求は別で有る。さてどうしようかとなれば買うしか残りの道は無い。山菜 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その6)
  • 先日の釣り。帰り道の途中で休憩がてらコンビニへ寄った。そのコンビニでコーヒーを購入するためにレジへ。レジの横にほぼ確実に存在する中華まんが目に入った。そこには「プレミアム肉まん」の文字。コレで心は決まった。横浜の伯母さんを言い訳に横浜中華街へ行こうと。そして昨日。予定通り横浜中華街へ。何時もは山下公園の駐車場に車を入れる。しかし昨日はパレードとやらで首都高降り口から直接駐車場の入り口に向かえず挫折 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その5)
  • 釣りは楽しい。昨日は伊豆で釣りを楽しんだ。我が釣りクラブの会長が某渡船屋さんの釣果報告にブツ持ち写真で載っていた。コレはと思い、会長に即連絡。見事に会長も連日の釣りである。そこでご一緒させて頂いた。私の唯一の趣味。磯釣りであり。渡船屋さんを何処にするかは会長にお任せである。何時もの釣り具屋さんで会長や仲間達と合流。しばしの談笑である。そして渡船屋さんへ。渡船屋さんでも情報収集 。あまり状況は良く無 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その4)
  • 昨日は健康診断。ソンクラン前にもタイでやってはいるが。しかしこの日本での健康診断。いつも驚かされる事がある。その手際の良さ。昨年と同じ場所で健康診断を受けて来たが、病院側の手順が変わっていた。よりスピードが上がり、待機時間が減った様に感じる。総勢で100人は超えていた。今年はほぼ1人で各検査を指示された通りに回る。バーコードで個人管理をするのは今更である。検査を行うと検査結果が自動的にタブレットに入力 [続きを読む]
  • 今更ソンクランバンコク編(その3)
  • 昨日は秋葉原。電気街が歩行者天国のなるとは知らなかった。メイドと言われる格好をした尾根遺産が大通りに少ないのも発見であった。今も有るのか?某BTS直結のショッピングモール内にソレがあった。結構人の出入りが有り驚いた。この時は私も含めておっさん3人。お互いに「行けよ!行けよ!」と譲り合い結局お店に入る事が出来なかった。この時思った事。きっと格好だけでは無く、そのままのサービスで歌だけ加わったカラオケがタ [続きを読む]