GON さん プロフィール

  •  
GONさん: I love Thai night
ハンドル名GON さん
ブログタイトルI love Thai night
ブログURLhttp://ameblo.jp/ilovethainight/
サイト紹介文バンコク、パタヤのカラオケ、ゴーゴーバー、マッサージ等の思い出を仕事と共に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/05/07 18:47

GON さんのブログ記事

  • KZ現る
  • 1つ私の情報に誤りが有った。ソレはドリアン+お酒。日本人向けフリーペーパーに記事が載っていた。お年寄りがドリアンをつまみにビールを飲んだ後ショック死をしたと。ショック死。合っているかどうかは分からないが、私のイメージするショック死とは低血圧に寄るものである。極端に血圧が低下し死に至る。するとである。タイ人はドリアンを食べる時にマンゴスチンも一緒に食べると言う。コレはドリアン=熱い?暑い?食べ物で有り、 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(まとめ)
  • 昨日のスーツを仕立てる話の続き。濃いネイビーブルーの無難な生地を選択。主賓でも無いのに悪目立ちはしたくない。まさかの1発用の遊びスーツでも無い。そこでどんなビジネスシーンでもイケるネイビーブルーの濃い所をチョイスした。シャツは?と聞かれるが今回はパス。理由は簡単。お気に入りの薄いブルーのシャツが有るのでソレを着る予定である。このシャツ。ドレスシャツで有るが、日本ではワイシャツと言われる通りに白いドレ [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その21)
  • 来月の頭頃にお客様の開所式後のパーティーに呼ばれている。一大事である。何故なら服が無い。ASEAN地区を営業で回る事も想定し、ジャケパンスタイルが多い。現場立ち合いの時は作業着で有るが。流石にもう少しオフィシャルなスーツが必要であろうと、久しぶりに仕立てに出掛けた。何時ものお店である。何時もと書いたが、お店に着くなりミャンマー人(?)の店員に久し振りじゃないかと声を掛けられた。挙句に店主も同じ事を言ってい [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その20)
  • 金曜日の昼食。午後にローカル間の社内業務に関するミーティングが予定されていた様で、営業の大半が社内に残って居た。そこで多少の話聞きたさで営業の連中を昼食に誘う。もちろん仕事の話聞きたさであった。何時ものイサーン料理の道端レストラン。入るなりチムチュムか?と聞かれたがお断り申し上げた。席に着きコーラ片手に話を始める。大した事が聞きたかった訳では無い。それこそ半分は外でお昼ご飯を頂く言い訳である。料理 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その19)
  • 昨夜は彼女と共に彷徨った。晩御飯を頂く為にホワイクワン市場へ。手前のフードランドでチャーンビア出資なのか、駐車場で有名タイPOP歌手がライブを開催しており、ラチャダー通りが大渋滞していた。路上に並ぶバイクの駐車と何事ぞとユックリ走る車。ソンクラーンの時と同様である。やっとの思いでホワイクワンへ到着し、何時もの道端レストランへ。ここのアサリの炒め物が大好きである。この炒め物のソースを白いご飯に絡めると [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その18)
  • やっと体調が戻って来た。お腹の具合が悪い間の夜はじっと我慢の日々であった。今日もまだ様子見で出撃は控えようと思う。じっと我慢の日々、尾根遺産から営業メールを頂いた。先ず先日チムチュムを奢らされたタニヤの尾根遺産。結局70代のお金持ちおじい様と仲良くしている様だ。そしてとうとう日系メーカーの高級車と言ってもL社では無いが契約をした様だ。納車まで約1ヶ月だと嬉しそうに連絡をして来た。私にその様な甲斐性もお [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その17)
  • まだ体調が戻り切ら無い。熱は下がったがお腹の具合が悪いのなんの。薬を止めると直ぐにお腹が急降下する。そもそもお腹が減らない・・・お腹の調子の悪い時の典型症状である。それにしてもタイ人の食中毒感覚は面白い。彼女も今だに言って来る。2日も前に食べた生牡蠣が原因な訳が無いと。流石の医者嫌い薬嫌いの私でも生牡蠣の食中毒では病院へ行く。仕事が終了してからの病院行。流石に日本人受付が閉まっており総合受付へ。バ [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その16)
  • だいぶ食中毒症状も治って来た。昨夜には微熱程度まで下がり、今朝は平熱に戻っていた。それでも何やら変なクラクラ感が残っている。単に空腹によるものか。ほぼ2日間何も食べてい無い。お腹が空くことも無かった。某日系製薬会社のスポーツドリンクをスーパーで買い漁って飲んでいる。500mlでB30/本のお値段。日本並み。何と無くの個人意見で有る。タイのスポーツドリンク系が信用出来無い。某アクエリ◯◯も完全に日本と味が違う [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その15)
  • 昨日昼頃から猛烈な食中毒症状に襲われている。上からは余り出ていないが、下からはストレートに出ている感じである。昼食時である。カオトムタレーと大人しい料理にしておいた。しかし、他の料理、特にトムヤムタレーが来た。こいつが何時もの味付けよりはるかに辛い。小鉢一杯分食べたが具合の悪さも相まって地獄である。しかもこの後の猛烈な食中毒症状が現れる。げっぷをすると最後までトムヤムタレーの香りが上がって来る。全 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その14)
  • 彼女の携帯が壊れた続き。土曜日のランチでとんかつ。その後セントラルの中でバーゲンを発見した彼女。バーゲンに行きたいと始まった。女性のユックリ買い物に付き合えるほど私も人が出来てい無い。そこでバーゲンセールをユックリ見て貰おうと、私は別なお店を巡る事に。適当にセントラル内を巡る。ふと自分の携帯代を払おうとキャリアのショップへ。タイの携帯代は安い。iPadとiPhoneのSIM2枚態勢。それぞれ8G/月の4Gデータ量で [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その13)
  • 金曜の深夜どころか日付が変わった後である。突如知らない電話番号から数回着信した。KZは尾根遺産と楽しくRCAで遊んでいる頃だろうし、誰だと思いながらも無視した。しばらくすると今度はSMSが入る。そこには彼女の名前と携帯が壊れた内容が書いてあった。ハイハイと思い、着信した番号に掛けると彼女が出た。携帯が壊れ、修理のために某市場に来ていると。良くフルーツを買うお店の反対側に携帯ショップが有り、そこに居るから来 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その12)
  • とうとう若い技術のKZが帰って行った。今朝の早い便で日本へ帰って行った。1人でタクシーに乗れないKZ。当然BKK空港まで行く事が出来ない。しかし帰って行った。その裏・・・昨日になる。午前中はお客様へ出掛けて打ち合わせである。その昼食中タイのラーメンを食べながらである。やたらに携帯を弄り倒している。そして昼食後はデザートからのコーヒーと仕上げてからのタイ工場帰着。工場到着後に一息ついているとKZから「晩御飯は [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その11)
  • 昨日はゴーゴーバーのハシゴ。そもそも仕事が早く終わった。トンブリ側にお客様が有り、工場の有るチョンブリまで戻っても仕方の無い時間になり直帰した。しかし昨日は都合上遅目の昼食となり、若い技術のKZと再合流する時間になってもお腹が空く訳も無かった。そこでスタートはナナのHootersへ。日暮れに合わせてどんどん混迷を極めて行く通りを眺めるのが好きで有る。The東南アジア感が満載で有る。こんなブログを書きながらで有 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その10)
  • 昨日インドネシア出張よりタイに戻って来た。やはりタイの気温は高い。空港からサービスアパートに戻り、KZと共に両替に出掛けた。ここまでタイ国内について前回の出張時の残金で戦っていたKZ。もっともタイに居たのは日曜の夕方から夜に掛けてであったが。両替の後はプロンポン駅近くの道端レストランで一杯。ところがコレが本当にシンハービール一杯で終わってしまった。急遽若い技術のKZのお気に入り?KZが気に入られ?の尾根遺産 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その9)
  • 昨日も朝も早くからインドネシアのお客様周り。若い技術のKZをインドネシアに連れて来た本番の1つである。月曜夜にジャカルタ北部で本番をしそうになったのは後日の報告とさせて頂きます。限られた人だけがお客様の現場に入る事を許された。もちろんKZはソッチ側である。現場には入れなかったのは商社のインドネシア拠点長と私である。名目上でもそれぞれの拠点長になると現場が遠のく悲しい気持ち。逆に夜の街の現場は接待等々で [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その8)
  • 昨日からのインドネシア入り。日曜日に若い技術のKZがタイ入りし、そこからの尾根遺産同伴の飲み。尾根遺産が一緒だとお酒が進む進む。きっちりと仕上がってから月曜日のジャカルタ行きである。フライトが8時頃とコレまたそれなりに早い。飛行機の中は爆睡。KZも同様であった。ジャカルタ到着後は先日タイに出張頂き、晩御飯からナナプラザの〆のソイカウボーイまでご一緒させて頂いた商社の若い拠点長と合流した。折しもインドネ [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その7)
  • 昨日はとうとう若い技術のKZが3度目の訪タイを果たした。空港までお迎えに上がるのも一苦労で有る。私がピンで迎えに行く分には全く以って苦労は無い。日本に居た頃は羽田空港であり、成田空港へ行くとなるとスペシャル感が有ったものだ。小さい頃に地方都市の中でも中心的な街に出掛ける時の一張羅を着込む気分に似ている。しかし今のBKK空港。毎朝その姿を見ている。正しくは居眠りをしている為、見てはいないのだが。薄れるスペ [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その6)
  • 金曜夜の雨季感とは変わって朝から良い天気の土曜日。健康診断で最悪の結果が出てから1ヶ月。尾根遺産にモテ様とするよりも努力した。食事制限と運動。問題であった数値が1/10程度まで下がった。検査前に医者から食事制限等をしたかと聞かれて胸を張って「Yes」と回答。実の所、あの漢と合流したパタヤの朝もセカンドロードからビーチロードとパタヤの街を徒歩で1周した。2時間15分の徒歩。昨日も約3時間歩いた。流石に3時間も歩く [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その5)
  • この間の土日は日本で有った。それだけで何と無く久し振りのタイの休みの様な気がして来る。完全に雨季に入ったタイ。昨日も夕刻から程良い雨である。バンコクに戻ってから彼女と夕食。チムチュムがご所望との事。最近はチムチュムと言えば決まったお店である。旅行者ではちょっと行きにくい所である。1ヶ月程前で有ろうか。フリーペーパーでバンコクの美味しいチムチュム屋さん特集に載っていた。タクシーで来るにしても帰りが問 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その4)
  • 本日朝の飛行機で日本のマスタークラスの方々が帰国の途に着いた。また通常通りの赴任者1名の工場に戻った。昨夜は最後の晩餐とマスタークラスの1人のご希望の焼肉屋さんへ。このマスタークラスの方々。出張に出る日は日曜日である。両替は空港で行わずバンコクの街中へ。その方が両替レートが良いのは分かり切っている。両替の後は決まった焼肉屋さんへ。コレも何時もの流れである。昨夜の焼肉屋さんは初日とは別な焼肉屋さんへ。 [続きを読む]
  • あの漢が現れた(その3)
  • 今朝のアマタナコーン工業団地は梅雨入りの如く雨。コレで降り続けばバッチリ洪水のパターン。工業団地からきっと洪水情報がメール配信されるんだろうなと思える朝である。とうとうマスタークラスの日本から出張で来て下さった方々も出勤最終日。明日の朝は帰国である。一気に切なくなる。特に問題の晩御飯。仕事の話ばかりの居酒屋飲み会晩御飯だがコレが楽しくて堪らない。金曜夜や土曜夜は多少の遊びにも出る。ココで遊べれば豪 [続きを読む]
  • あの男が現れた(その2)
  • 連日の某居酒屋ミーティング。もとい、飲み会である。つくづくこの日本のマスタークラスの連中は仕事バカだと思う。今風に言うならブラックを自ら好んで選んでいる。何故そこまでのめり込むか。彼らには基本的に今の会社で出世をしたいとは感じない。個人的には利用して社内で出世して頂きたい。そうすれば「Gと仕事をすると出世する」と評判になると思うからだ。私が社の内外で重視するモノ。評判である。評価では無い。サラリー [続きを読む]
  • あの漢が現れた
  • 今朝は工場で朝食を取った。出張者が有った時にだけ食べている様な気がする。ローカルスタッフにお願いし、買って来て頂く。この朝食はコイチャップである。ただし麺が通常とは異なり、餃子の皮をクルクルと丸めた様な形状である。この麺は米粉メインで有り、丸めてから茹でるのでは無く茹でると丸まると聞いた。アマタナコーン工業団地の近くで朝だけ出るお店で購入している様だ。出汁が効いて非常に美味しい。大盛りB35である。 [続きを読む]
  • お客様がタイへ来た最終話
  • 今日からタイの工場へ戻った。日本出張は自社内に居てもお客様扱いであった。何と無くではあるがタイが落ち着く今日この頃。昨日の飛行機。3人掛けの中央席が結構空いていた。日曜日のフライトはイメージとしてもっとサラリーマン等々が搭乗しているかと思ったらそうでも無い様子。アメリカ方面のエアラインとコードシェアしている関係で、最近のタイ行帰りの飛行機には大勢のアメリカ等々の方々が搭乗しているイメージであったが [続きを読む]
  • お客様がタイへ来た続き
  • さてとタイへ帰る日が来た。昨日はタイへ帰る前に日本を感じる日帰り旅行。散々行き先は迷ったが、温泉は外せ無い。そこで箱根に決定。箱根に入る前に思い出のドライブインの様なお土産物屋さんと、湯河原にてお寿司でも頂こうかと計画。箱根の麓は散々釣りの行き帰りで通っている。小田原から湯河原は何時ものルートである。しかし箱根となると忘れた頃に一部を通過する事があっても、改めて観光となると経験が無い。それも決断の [続きを読む]