りんこシンガポール さん プロフィール

  •  
りんこシンガポールさん: りんこのシンガポールDating Diary
ハンドル名りんこシンガポール さん
ブログタイトルりんこのシンガポールDating Diary
ブログURLhttp://singdating.blog.fc2.com/
サイト紹介文シンガポールでのデート体験談を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 328日(平均0.7回/週) - 参加 2016/05/08 18:04

りんこシンガポール さんのブログ記事

  • シンガポールデート事情:仮氏との出会い方
  • 「出会いなさすぎて彼氏どころか仮氏すら作れないんですけど?」と嘆くあなた。シンガポールでは出会いなんてもうホントそのへんに転がってる。彼氏を作ろうとおもうといろいろ気構えてしまうけど、仮氏なんだから気軽に行きましょう。まず。家のカウチでティンダ―開いてる暇があったらばっちり化粧してスタバにでも行ってください。狙い目はひとりでパソコン開いてる男性のとなり。「すいませーん、Wi-Fiってどうやって繋ぎまし [続きを読む]
  • シンガポールデート事情:仮氏のススメ
  • かなり久々になってしまいました。水野先生の恋愛スパルタ塾。ドラマにもなって話題になりましたね。りんこは現在、そこで推奨されている「仮氏理論」を実践しています。仮氏とは、彼氏じゃない仮の彼氏。本命ひとりに絞るとつい執着してしまい重い女になってしまうので、友達以上恋人未満的な仮氏を作って気持ちを分散させましょう。ってやつです。りんこの本命は、ラテン系なヨーロピアンで長身イケメンマッチョなのに頭も良いう [続きを読む]
  • バリキャリのしくじり
  • 前回の続きです。「確かにあなたの言う通りかも。次はもっとポジティブな気持ちで彼に会ってみたいわ。でもあれから連絡ないし、私たちもうダメなのよ。。」「んー、彼はあなたのこと相当好きそうだけどな。。デートの後に御礼のメールとかしたの?素敵なレストランに連れて行ってくれてありがとーとか?」「御礼メールなんてしてないわ。お会計だって私が済ませたし。」詳しく聞くと、お会計時に彼が支払おうと財布を出したところ [続きを読む]
  • ポジティブスイッチ・ネガティブスイッチ
  • 友人のマリアは、超一流企業に勤めるキャリアウーマンながら、私生活ではゆるふわな私服を好み、お料理やアート、可愛らしいものが大好き。ブロンドに青い目を持ち、いつもニコニコしているとても女の子らしい女の子だ。きっと男性が彼女にしたいタイプだと思うのだが、なんともう5年以上も彼氏がいないどころか、デートも半年以上していない。そんなマリア、2か月ほど前に友人のフェアウェルパーティーで出会った男性にデートに [続きを読む]
  • 不倫大国シンガポール?
  • シンガポールに限ったことではないのかもしれませんが、いま巷にはデートアプリが溢れかえっています。要は出会い系サイトですね。TinderhappnOkCupidCoffee Meets BagelSkout .......などなど、実際めちゃめちゃたくさんあって書ききれないほどなのですが人気なのはこのあたり。その中でもTinderに至っては「いまどき独身でTinderやってないなんて、Facebookやってないのと同じくらいやばい」と言われ、長年ずっとアンチ・デート [続きを読む]
  • 魔法の言葉サンキューとソーリー
  • 前回のブログの冒頭にも書きましたが、例の彼とはいろいろと問題があります。よく、仲の良い素敵夫婦の記事を読んでると、「夫婦円満の秘訣は?」「感謝の言葉を伝えること、それと悪いことをしてしまったら喧嘩になる前に謝ることですね」なんてセリフを見かけますがまさにその通りだと思うのです。好きな人に何かをするとき、別に見返りなんて求めていません。自分がやりたいからやっているんです。でもそれに対して感謝が見られ [続きを読む]
  • 顔と身体>楽しい会話?
  • また久々のブログとなりましたが、今回は現在進行中のデートの話。色々問題はあるのですが、まずはっきり言って彼おもしろくないんです。ていうか会話が成り立たない。普通、会話というのは言葉のキャッチボールで成り立ちます。私がボールを投げたら、彼の仕事はそれを直球もしくは変化球にして投げ返す。それを受けて私がまた投げ返す。その合間に笑いがあったり中には反論があったりして会話が盛り上がっていくんです、そうなん [続きを読む]
  • 独身女性へ警告★シンガポールは危険な龍宮城?
  • シンガポールに長く住んでいると、大体半年を過ぎた頃くらいから記憶障害が起こる。「あれって3週間くらい前?いや、えっ、もう2か月前なの!?」といった感じで過去のことを振り返るとそれがいつだったかが分からなくなってしまうのである。これが3年ほど過ぎると、その出来事が1年前なのか2年前なのか、もう年単位でわからなくなってくる。この原因のひとつが、一年中真夏のこの気候。ちゃんと四季のある国ならば、過去のこ [続きを読む]
  • アジアのイタリアン〜韓流二股法
  • 韓流グループデートの罠からお読みください。遊び人の友人は気に入らなかったけれど、私と彼は家が近かったこともあり彼の授業が終わる夕方にどちらかの家で料理をして一緒に食事をしたり、映画を見たり、たまにはお互いの友人も交えて夜遊びに出かけたりと順調な関係を続けておりました。ところが、とうとう彼が韓国へ帰国することに。それからは私が韓国へ会いに行ったり、彼が来たり、3か月ほど遠距離恋愛を続けていたのですが [続きを読む]
  • アジアのイタリアン〜韓流グループデートの罠
  • こんにちは。りんこです。ある調査によると国際結婚した日本人女性の相手国で一番多いのが韓国だそうで、一時期と比べると韓流ブームも下火になってきたとはいえ、韓国人は私たちにとってきっと一番身近な外国人でしょう。韓国人は教育熱心で一般家庭でも一度は子供を留学へ行かせることが多く、どの国へ行っても韓国人留学生を見かけます。見た目も似ているし国も近いので親近感が湧き、留学経験のある方なら語学学校で最初に仲良 [続きを読む]
  • 好きな彼なら体臭まで愛せるか!?
  • あなたはパートナーの匂い、好きですか?やっぱり日本人と比べて外国人は独特の体臭を持っていることが多いです。体臭が薄いといわれるアジア人でも、中国人は八角のニオイがしてたし、韓国人はキムチ臭してました。まじで。(日本人も私が気付かないだけで醤油のにおいとかしてるのかも)彼のニオイがたまらなく好き!!という匂いフェチの方もたくさんいるかと思いますが、私個人的には無臭派です。ちょっと香水の匂いに皮膚のに [続きを読む]
  • 気になる相手との初セックスを拒む(焦らす)コツ
  • あらら、またすっかり間が空いてしまいました。。ちょっと最近リア充なのですっかりネット社会から遠ざかっていました。夏のアバンチュール満喫中です。ふふ。さて、前回の記事でも触れたとおり、私は「超タイプでこの人といましないと絶対死ぬまで後悔する!」と思うくらい相手が良い男でない限りは簡単にセックスはしない主義です。でも、そこまでどタイプではないけどちょっと気になる。何度かデートもしてキスの相性も悪くない [続きを読む]
  • セックスと女性ホルモン
  • 私は誰かと真剣に付き合うと浮気は一切しませんが、当然シングルの時は誰とデートしてもいいと思ってます。ちょっと良いなと思う相手とデートした翌日に別の男性とごはんに行ったり、一人はランチ、もう一人はディナーと一日二件デート入れることもありますし、ある程度スケジュールが埋まってても新しい人と出会えば連絡先も交換します。週に3-4人とデートすることもザラですが、ただひとつ私が滅多にしないことが「セックス」。 [続きを読む]
  • 外国人が好きなデート服
  • お久しぶりです。りんこです。デートの時、どんな服を着ていくか悩みますよね?りんこは上半身は完璧にアジア人なのですが下半身が欧米人並みに大きく、日本にいるときはかなりコンプレックスでした。それがこちらにいると色んな国籍の方に「良いケツしてるねえ」と褒められるように。そこで、せっかく人様から褒められるようなパーツを持っているならそこを強調しない手はない!ということで、デートの時はお尻のラインが綺麗に見 [続きを読む]
  • パーフェクト・パートナーの法則
  • 突然ですが、皆さんの周りに長子(兄弟の一番上)同士で恋愛結婚した幸せなカップルはいますか??私自身は長子なのですが、最近あることに気付いたのです。長子とは合わない周りを見回してみても、長子同士で恋愛結婚したカップルの少ないこと。他の国ではどうなのか気になって各国の友人に聞きまわっているのですが、みんな口を揃えて「そういえばいない!」と言っているので日本人だけじゃなく人類みんなに当てはまるのかも? [続きを読む]
  • キスを制する者はデートを制す2
  • さて、ちょっと間が空いちゃいましたが、キスを制する者はデートを制す1で紹介した英国人D。約束通りデートに誘ってきました。ディナーはChijmesのレストランのテラスで。ワインがほぼ一本空いた頃になってもまだ口説きモードに入ってこないし、将来の夢とか色々語ってくれて、あれ?このひと良いかも?意外にまじめ??なんか結構好きかも?なんて思っていたころ・・Dが携帯チラ見しながらそわそわしだした。が、さすがにデート [続きを読む]
  • 結婚するならドイツ人!?5つの理由まとめ
  • すっかり間が空いてしまいました。実はある旅行先で出会い、数日間デートしたあともずっと連絡を取り合っていたドイツ人の彼がシンガポールに来てくれて、しばらくうちに泊まっていたのでプチ同棲生活満喫してました。昨夜ドイツに帰っちゃって、ちょっと寂しいです。8日間、彼とずっと一緒に過ごしていて思ったのが、ドイツ人って結婚相手には最高じゃない!?もちろん人によるかもですが、過去にひとりデートしてたドイツ人も彼 [続きを読む]
  • キスを制する者はデートを制す1
  • 変な趣味なのだが、私は男性がどうやって女性を口説くのかを観察するのが好きだ。クラブで多いパターンが以下の流れ。「味見する?」とドリンク交換でまずは間接キス⇒ここで躊躇いなく間接キスが成功すると、軽くボディータッチへ。「何か飲む?」と腰に手をまわしバーへ連れて行き、ドリンクを買う。⇒女子はお金を出して貰う手前、更に激しいボディータッチを許しやすくなる。「ちょっと踊らない?」とダンスホールへ。⇒女子 [続きを読む]
  • イエローフィーバー 3
  • 1からお読みください。イエローフィーバーだらけのこの国の恋愛市場において、一番苦戦を強いられているのは誰なのか。それは若いインターンや学生以外の、いわゆる適齢期の白人女子たちなのである。彼女たちの多くは男性と違い、アジア人は恋愛対象として見られないという。理由は以下の通りだ。1.身長が低い2.身体つきが華奢3.英語のアクセントが苦手4.下半身がアジアンサイズなんと、皮肉なことに同じアジア人でも女 [続きを読む]
  • イエローフィーバー 2
  • 1からお読みください。さて、シンガポールで遅れてきた青春を取り戻すべく、イエローフィーバー全開のBHL(Back Home Loser)たち。そんな彼らの「アジアに来て良かった」あるあるがこちら。1.女子に番号を聞いてもキモがられない2.同僚の女子がランチに誘ってくれた3.クラブで女子が自分を見ている4.俺の番号を‥聞きたい‥だと?5.女の子がデートに化粧してハイヒールを履いて現れた6.母親以外の女子からイケメンと [続きを読む]
  • イエローフィーバー 1
  • シンガポールに住む欧米人男性のほとんどがある病に冒されているといわれている。その病名は、Yellow Fever本来の意味は「黄熱病」だが、こちら別名アジアンフィーバーとも呼ばれ、主にアジア人女性に魅力を感じる白人男性が感染者と言われている。"Why white men are attracted by Asian girls""Why white men like Asian girls"などでググると、いかにアジア人女性が素晴らしいかをオタクっぽい白人男性が熱く語っているサイト [続きを読む]
  • デート3:ドバイのトルネード 3
  • ぜひ1からお読みください。しあわせ絶好調だった私は、更なる幸せマウンテンの高みを目指し、彼の太い首に巻き付けていた腕を腰のタオルへと伸ばす。そしてタオルを引きはがしたとき、見てはいけないものを見てしまったのだ。ええ?え!?着せ替え絵本をご存じだろうか。ページが3−4枚にカットされていて、パーツごとに一枚めくって違う顔やドレスを組み合わせて遊べる小さい子供向きの着せ替え本である。この要領で彼の身体 [続きを読む]