木曽Now さん プロフィール

  •  
木曽Nowさん: 木曽Now
ハンドル名木曽Now さん
ブログタイトル木曽Now
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fukurou0731
サイト紹介文長野と大阪を行ったり来たり、気ままに生きています。星大好き、自然大好き人間です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 326日(平均6.8回/週) - 参加 2016/05/09 07:46

木曽Now さんのブログ記事

  • ユニークな旅、高山!
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー4.3℃  昨日の最高気温 5.7℃木曽町新開     午前8時の気温   −1℃    天気  晴れ飛騨高山は今まで5〜6回以上は訪れているだろうか?今回の高山への旅は8時木曽発国道361号線で県境の長峰峠を越えて高山に向かうコース。高山市街を抜け清見町のオークヴィレッジ高山のショールームを見学。その後匠館を見てホテルアソシア高山リゾートへ。3時前に到着。5 [続きを読む]
  • 自分なら・・・。
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー9.0℃  昨日の最高気温 1.7℃木曽町新開     午前7時の気温   −6℃    天気  晴れ昨日の雪は半分ほど解けました。まだ雪かきした雪は小山のように残っています。御嶽山はここ二日ほど顔を出してくれません。雪が降る前は結構顔が見えました。朝早く行かないと雲一つない青空の御嶽山は望めませんが朝の弱い身としてはなかなか起きることができません。先日の長野 [続きを読む]
  • 春の淡雪ですが・・・。
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー1.2℃  昨日の最高気温 2.5℃木曽町新開     午前8時の気温   +1℃    天気  晴れ間あり昨日は雪が降ったり止んだりの一日でした。春の雪は気温が上がると降ったしりから解けていきますが3時過ぎから再び降り出し朝起きると昨日以上に積もっています。昨日雪の止みまに開田まで行きました。カメラマンも観光客もいません。コナラの丘一帯独り占め状態です。長靴 [続きを読む]
  • 仔馬誕生!
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー4.3℃  昨日の最高気温 5.4℃木曽町新開     午前8時の気温   −1℃    天気  雪朝から雪!10?ほど積もっている。木曽馬の里で仔馬が誕生しました。まだ雪が残るため牧場デビューはしていません。お母さんと一緒に厩舎にいます。訪ねたときは寝転んでいました。可愛い仔馬です。しばらく見ていましたが起きてくれず牧場周りを散策しました。木曽馬が飼葉を食べ [続きを読む]
  • 神社までの散歩道
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー12.0℃  昨日の最高気温 −0.2℃木曽町新開     午前8時の気温   −2℃    天気 曇り昨日の開田は真冬日!そして最低気温−12℃は全国一低い!いつまで寒いのだろう?最近の朝の散歩ウォーキングは軽トラで開田まで行き長靴を履いて雪の林の中を歩くことが多いのですが久しぶりに白山神社まで歩きました。国道361号沿いを南下して神社で参拝を済ませまた道路 [続きを読む]
  • 顔をのぞかせています。
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 −4.9℃  昨日の最高気温 3.0℃木曽町新開     午前8時の気温   −2℃    天気 晴れ拙宅の周りの雪解けも進みあちらこちらでフキノトウが顔をのぞかせています。フキは日本原産の野菜で古くから親しまれています。葉に先駆けて花茎を伸ばします。花が開いてしまうと薹が立つと言い食用には適さなくなります。フキは地下茎で増えるため思わぬところから蕗の薹が顔を出 [続きを読む]
  • 春まだ遠し
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 ー7.8℃  昨日の最高気温 1.4℃木曽町新開     午前8時の気温   −2℃    天気 曇り1か月ぶりに開田の林の中を散策した。雪や氷の花が木々に咲いている。先月の厳冬期と違い雪は汚れており美しくはない。またフィールドサインもほとんど見当たらない。人家近くは雪がとけており雪の林の中を歩き回る必要がないのかもしれない。陽の当たる場所は相変わらず膝まで沈み [続きを読む]
  • まるで冬景色!
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 −4.5℃  昨日の最高気温 3.2℃木曽町新開     午前8時の気温   −6℃    天気 晴れ昨日朝から降り出した雪は昼前に雨になりほとんどとけました。気温が下がり始めた3時過ぎにはまた雪になり夜まで降り続き5センチの積雪です。今朝起きたら晴れていますが一面真っ白!東京はソメイヨシノの開花宣言が出たというのに?!今日明日は晴れ予報です。久しぶりに散策が楽 [続きを読む]
  • 無事木曽に着きました。
  • 開田高原アメダス  今朝の最低気温 −0.1℃  昨日の最高気温 9.8℃木曽町新開     午前8時の気温  0℃    天気 雪お彼岸の中日に家をあけるので朝からお墓参りを済ませ11時前木曽に向けて出発した。三連休の最終日で渋滞を予想していたが車は多いもののまったく渋滞はなかった。途中雪をかぶった伊吹山が春霞の中空中に浮かんでいるように見えた。名古屋市内では気温が19℃をさしていて驚いた。3時 [続きを読む]
  • 第14回琵琶湖一周ウォーキング
  • JR 永原駅 〜 JR 木ノ本駅(約15?)雨の心配のないウォーキングだと思い雨具を置いてきた。それなのに比良駅を過ぎた辺りから雨が激しく窓をたたき始めた。その雨も安曇川を過ぎる辺りから小降りになる。9時31分永原駅着。歩き始めた頃には晴れ間ものぞく。さすが湖北!吹く風は冷たい。道路脇には雪が残る。国道303号に合流して緩かな坂を上ると岩熊トンネルが見える。新しい第2トンネルを歩く。山を下り冬枯れの田んぼ [続きを読む]
  • 毛の役目は?
  • 川沿いの公園でビンカ・マジョールツルニチニチソウが咲き始めました。キョウチクトウ科の常緑のつる植物です。花をのぞくと毛がたくさん生えていて中が全く見えません。キョウチクトウの花とよく似ています。ひとつだけ花をいただき開いてみました。小さい鋏で花筒を切り開くと2つの雄しべが腰を曲げたように花にくっついてきました。もちろん毛が生えています。雌しべの柱頭の先は円盤状になっていて先にはやはり毛が生えていま [続きを読む]
  • ユニークな名前です。
  • 散歩道の生け垣の下に小さな小さな花が咲いています。フラサバソウです。オオイヌノフグリのような色をしていますが花は萼と同じほどの大きさでとても小さい花です。雄しべ2本と雌しべ1本。オオイヌノフグリと同じ花の構造をしています。(オオイヌノフグリ)このフラサバソウには面白いエピソードがあります。幕末に日本で植物採集をしたフランスの植物学者フランシェとサヴァチェが長崎で採集したと「日本植物目録」の中に記録し [続きを読む]
  • 発見?!
  • 何日かぶりに田んぼ回りを散歩した。歩きながら道路脇や水路を観ながら歩く。ムラサキサギゴケだ!こんな水路脇に咲くのは。さっそく田んぼに降りてしゃがみ込んで調べた。花は小さいし白っぽい。そして何よりランナーを伸ばしていない。残念!こんな水路脇に生えていてもトキワハゼだ。トキワハゼは去年ブログにアップしている。真冬を除いてほぼ通年見られる。結構好きな花だ。ムラサキサギゴケはこんな街中では見つからないのか [続きを読む]
  • コンパスプランツ
  • 散歩道のシモクレンが最後の皮(芽鱗がりん)を脱ぎかけている。どうやら3枚毛皮のコートを着ていたようだ。暖かい日がもう2、3日続けば花を咲かせてくれるだろう。モクレンの冬芽は北の方位を指すことが知られている。太陽の当たる南側が先に膨らむため冬の終わりごろには冬芽の先が北を指すようになる。コンパスプランツと呼ばれる所以だ。写真の左側が南。右側が北である。どうだろう。北を指しているだろうか? [続きを読む]
  • 強烈なにおい!
  • 春まだ浅い頃から咲き始めるのだが今年は遅いと思いながら歩いていると草影に二輪咲いているのを見つけた。2枚の薄い膜のような苞葉から花茎を伸ばして咲いているハナニラだ。白い花に紫色の筋がとても目立つ。花は6枚の花弁のように見えるが外側の3枚が萼にあたり外花被(がいかひ)内側の3枚は花弁にあたり内花被(ないかひ)と呼ぶ。上から花をのぞくと長い雄しべと短い雄しべが3本ずつ見える。先が3つに分かれた雌しべも見え [続きを読む]
  • 虫の気持ちになってみる。
  • ギンヨウアカシアミモザに下にヒメオドリコソウが咲いています。結構好きな花です。去年もブログにアップしました。雀(から)さんに他の在来種を駆逐してしまう「ぶりっこ」だと教えていただきました。でも花を見つけると撮影してしまいます。と言うのも昔お世話になった花なんです。サルビアで味をしめていたので同じような形の花だからきっと甘いだろうと花を抜いて吸ってみるとほのかに甘かったのです。サルビアと違って叱られる [続きを読む]
  • この花の名前は?
  • 最近この花をよく見かける。川沿いの家の前にも拙宅のまわりのお家でも植木鉢やプランターに植えられている。写真を撮らせてくださいとお願いして名前を聞いてみたが分からなかったよく観てみると葉は対生。花は筒形で萼筒が粘り5枚の花弁。ムシトリナデシコに似ている園芸植物!ムシトリナデシコ何日か調べてみるが分からない。前にもお世話になった「みんなの花図鑑」に投稿してみた。その日のうちに9件の回答があった。すべて [続きを読む]
  • 花外蜜腺
  • 今年初めてカラスノエンドウの花を見つけた。去年の夏から秋にかけて芽生えて冬を越し少し暖かくなると急激に生長する。もうこの時期に花をつけている。色と言い蝶に似た形と言い春らしい花である。よく見るともうアリマキが集まっている。葉の根元にある赤い三角形の部分から蜜が出ている。花外蜜線(かがいみつせん)だ。花外蜜腺といえばサクラの葉の根元にあるのが有名だがこんな野の植物にもあることが不思議だ。(ウワミズザク [続きを読む]
  • 雪のように白い花。
  • コゴメバナが咲き始めました。柳のような枝に雪のように白い花が咲くユキヤナギです。小さい葉が4〜5枚集まったところから数個の花が咲いています。バラ科の花らしく花弁が5枚雄しべは多数あります。サクラの花と大きく違うところは雌しべが5本あることです。雄しべの根元をぐるりと取り巻くように黄色い輪が見えています。これはいったい何なんだろう?写真を撮って詳しく見ると小さい黄色い粒々がつながって輪のようになって [続きを読む]
  • 金持ちになれる?
  • 昔拙宅にもありました。新芽の小さいうちに五円玉を通して成長させお金がなったように仕立てていました。母が取られるからと夜には植木鉢を家の中に入れていたことを覚えています。どのお宅にもひと鉢あったような気がします。一般には金のなる木と呼ばれていますがフチベニベンケイと言います。花はとても可愛いです。星形の5枚の花弁と5本の雄しべがあります。真ん中に子房から伸びた5本の雌しべが目立ちます。写真を撮ってい [続きを読む]
  • ゲンノショウコと同じ仲間です。
  • 可愛い花が咲いています。散歩道で見過ごしてしまいそうな小さな花です。ゲンノショウコと同じ仲間のフウロウソウ科の植物でアメリカフウロです。雄しべは10本ありますが先が5裂した雌しべにぴったりと寄り添っています。ゲンノショウコは雄性先熟の花ですがアメリカフウロは雄しべと雌しべが咲き始めから引っ付いていますので自家受粉をするのかもしれません。 [続きを読む]
  • この花も動きます。
  • ヒイラギナンテンの花が咲き始めました。下向きの黄色い花が春に先駆けて毎年咲いてくれます。よく見ると花弁がたくさんあるように見えますが先端が薄茶色いのは蕚片なのです。蕚片が三重になっていて合計9枚もあります。花弁は6枚だけで先が浅く割れています。雄しべは6本あり普段は花弁に引っ付いています。ところが虫が蜜を吸いに来て雌しべの根元に触れたとたん雄しべは雌しべにすうっと寄り添います。まるで虫の体に花粉を [続きを読む]
  • 驚異的な生長です!
  • 2月の初めにこれでもロゼットかと驚かされた場所(フェンスで囲まれた駅前の空地)に寄ってみました。アメリカオニアザミが驚くほど変化していました。1ヶ月でこれだけ大きくなるの??フェンスの中なので人に踏まれることもなくコンクリートのすき間なので他の植物との競争もなく生長できる・・・。とは言え蕾まで見えるとは驚くべき生長ぶりです。他の植物がロゼットから目覚め茎を伸ばし始めるころ誰にも邪魔されず背を伸ばし太 [続きを読む]
  • 九州では普通種!?
  • シロバナタンポポが咲きました。仕事をしていた頃「タンポポと言えば白い花と思ってた」「黄色いタンポポの方が珍しかった」と九州出身の同僚から聞いて驚いたことがありました。後で調べてみるとシロバナタンポポは九州や四国では普通と書いてあったことを思い出します。シロバナタンポポも一つひとつの小さな花が集まってできています。コスモスやアザミなどと同じキク科の植物です。シロバナタンポポはすべて舌状花からできてい [続きを読む]
  • カエルも出てくる?
  • 春のうた                草野心平ほっ まぶしいなほっ うれしいなみずは つるつるがぜは そよそよケルルン クックああいいにおいだケルルン クックほっ いぬのふぐりがさいている。ほっ おおきなくもがうごいてくる。ケルルン クックケルルン クック今日は啓蟄。二十四節気のひとつです。暖かくなって生き物が土から這い出ててくる季節になりました。散歩道のカンザキハナナ菜の花にミツバチが群がって [続きを読む]