ティーアンドケー さん プロフィール

  •  
ティーアンドケーさん: 映像と音楽と
ハンドル名ティーアンドケー さん
ブログタイトル映像と音楽と
ブログURLhttp://ameblo.jp/picv/
サイト紹介文映像と音楽の微妙な関係。映像音楽のテクニック。映像制作。「映像と音楽」の、こぼれ話。
自由文映像音楽のt&k社のスタッフが贈ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/05/09 22:06

ティーアンドケー さんのブログ記事

  • うみぃ〜
  • こんばんは。kiriです。さぁ、今日はオイラの生活の話からスタート。オイラは趣味をもってない。電車の中で本を読んだりお酒はよく飲むんだけど趣味と言えるような趣味はない。と、遊びも…。ホント、面白味のないヤツだと思う。オイラみたいなのは、野暮を絵に描いたようなヤツって言うんだろうな、きっと。あるいは、野暮が服着て、歩いてるとか。そんなオイラのところにルアーパラダイスという番組の仕事がやってきた。釣りは、子どもの頃、一度だけやったこ [続きを読む]
  • さぁ、行こう let's twist…②
  • こんばんは、kiriです。前回のブログ…プロジェクトが成功するためにはそのプロジェクトに命がけで取り組む炎のような熱意をもったヤツが1人いなくてはならないという趣旨で書いた。暑いときに、またまた熱い話でなんなんだけど熱意=エネルギーは何かコトを成し遂げるには絶対に必要だと思う。熱量が多いヤツが勝つ。ホント、暑苦しい話だなぁ。さぁ、ここでBGM、行きます。こちらも負けずに熱い音楽。前回の続編。そ、let's twist againのカバー。今回は女 [続きを読む]
  • 芸能人は・・・
  • そうだねぇ・・・やっぱり芸能人は、「芸能人じゃなきゃいけない」。だから芸能人は、一般社会とはちょっと別な世界にいなきゃいけない。おニャン子辺りから、その距離感が縮まってきた気がする。ブログやツイッターができてから、さらにかもしれない。これがいいのか、どうかわからない。おっと、忘れてた!こんばんは、スタッフAです。高野フルーツパーラーのマンゴーケーキを食したものだから、自分の名を名乗り忘れるところで [続きを読む]
  • もいちど、踊らないか?
  • お晩です。kiriです。今回は、生き方の話だからね。お化けの話じゃない。自爆しそうだけどさ。とある方が、こんなコトを言っているという話を聞いた。その、とある方とはオイラは一度だけ会ったコトがある。出版会社の社長さんでなんだか、すっとぼけた人だなぁとん…と、オイラさ、思ったんだけどなぁ。ダメだな、オイラの人を見る目なんてまだまだだ。「いろんな人がかんでプロジェクトが立ちあがるとき成功するかどうかってその中に、たった1人命 [続きを読む]
  • 読まない方がいいと言われ
  • 恐い話がきらいなスタッフAです。kirigirisuから、今回のエレベーターの話は、読まない方がいい。読むと眠れなくなる。読んでないよね?と聞かれ、もちろん、恐い話は読まないと答えた。しかし・・・そう言われると、なんとなく、読んでみたくなる。ブログをリレーしているわけなので、タイトルを すれば、すぐに読める。②がいちばん恐いと思う。kirigirisuはそう言った。「だって、②は・・・」あああ、その後のkirigiris [続きを読む]
  • やっぱり書きます。エレベーターの彼女③
  • おはようございます。kirigirisuです。気がかわりました。やっぱり、書くことにしました。オイラの事務所のエレベーターの怪事件。2階から降りてきたエレベーターには誰も乗ってませんでした。オイラは、おっかなかったんだけどそのエレベーターに乗って9階まで帰りました。あの2件の出来事はいったいなんだったのでしょう。最初のできごと、エレベーターに乗ってきた女性はオイラが見た幻覚。2回めのできごと、こちらは、エレベーターの誤作動。そう考えるのが一番、 [続きを読む]
  • 真夜中、またまたオイラはコンビニに。エレベーターの彼女②
  • 真夜中。仕事が一段落。ほっとしたオイラは思う。さて、ビールでも買いに行って飲んで、寝ようか。そう思ったけど、ちょっと前にブログに書いたエレベーターの彼女の件を思い出した。恐い。でもビールが飲みたい。恐い。でもでも、ビールが飲みたい。どうしよう。そうだ、この前はオイラは疲れてたし幻覚を見たんだ。ダイジョブ、今夜は、この前ほど疲れてないし…問題ない。オイラは自分に言い聞かせた。でもやっぱり恐いなぁ。さぁ、今日のBGMは enya [続きを読む]
  • 怪奇映画…ん、ちがうか、恐怖映画かも
  • こんばんは、kiriです。またまた久しぶりのブログ、失礼します。で、で、さぁ。今、怪奇映画の音楽を作ってる。ここんとこ、いつも一緒にやらせてもらってるYさんとまたまたコンビ。通常は、こんな曲にしたいというモチーフを元に打ち合わせしてオイラたちは、作り始める。で、役割分担。オイラは、ちょっと音楽に関してはインチキなトコロがあるんで、アハハハ、ウソ。おっ、タケさん。うなづいたな。おおおお。アハハハ、ま、いいか。ますます、アハハハなんだけど、オ [続きを読む]
  • とある駅前の本屋さん
  • 少し暑さも和らいできた夕刻、打ち合わせへ行く途中。私鉄沿線、昔からの商店街に昔からある本屋さん。外に煙草ピースのダンボールやらなんやらを並べ、雑誌を並べてる。今どき、減ってきた昔からの本屋さん。こういう本屋さん、大好き。いいなぁ〜 「ひとりで歩く」 ひとり旅かぁ雑誌の表紙も夏だ金網の向こうは線路がつづくどっかいきてぇなぁ〜 あの線路が山陰本線に見えてくる・・・夏休みが待ち遠しいスタッフAでした。(゜ [続きを読む]
  • エビスツアー
  • 本日、かる〜い熱中症になったスタッフAです。エアコンつけてて、水分もとっていたつもりなのですが、午後4時半頃から肩がきゅうっと凝りだし、頭が重く、軽いめまいがしそうな感じで、なんだ、なんだ、いったいどうした自分?熱中症か(@_@;)保冷剤で首を冷やして、なんとか無事に回復しました。皆様もお気をつけくださいませ。さてさて、ここは、渋谷区恵比寿。事務所から目と鼻の先に山手線が走っていて、その向こうには、あ [続きを読む]
  • 積読からの一冊は
  • 音は、聞こえるものだけど、感じるものでもある。どちらかというと、感じる方が強いかもしれない。そんなことを梅雨空を見ながら考える。こんばんは、スタッフAです。本を「積読」ばかりになってたので、その中から一冊取り出した。村上龍だ。2000年くらいに発売された恋愛小説。思いのほか、おもしろい。音楽が聞こえてくる小説は、最後まで読んでしまう。この本もそうかな。ある日突然、中学時代の初恋の相手から電話がかかって [続きを読む]
  • せいいっぱい だけで、いいジャン
  • 真夜中のちょこっと前に、こんばんは。kirigirisuです。さてさて、スタッフAが忙しくなってる。というわけで、オイラが、ブログ、がんばるしかないなぁ。発信し続けます。アハハハであります。速く戻って来いよぉ〜。と、いうことで、行きます。前回のブログ、ちょっと反省しております。なんだか、ちがうんじゃないかという気がしてきた。人は、運のキャパシティーをもってて小さなキャパシティーの人は大きな運をつかんじゃったらその分、マイナスの運が働いち [続きを読む]
  • 「分相応」…あんまり信じたくないけど
  • 真夜中に、こんばんは。kirigirisuです。知り合って10年。懇意にさせてもらってる女性社長がいる。ここ2年以上か、まったく会ってなかった。女性社長から電話が入る。「どうしてます、元気ですか」電話では、話し足りなくて会うコトになった。もちろん酒席。彼女は、ソフト関係の技術者を抱えがんばっている。彼女とは、同じ年齢。しかも、元の職業はロックバンドのボーカル。オイラは、そのバンドの名前も知らなかった。なんだか、失礼なヤツなのだ [続きを読む]
  • ダイジョブ、ダイジョブ…ホントかなぁ
  • やらなくちゃならないコトがまったく追いついてない。いかんなぁ。やらなくちゃならないコトが多すぎる。あんまりいい状態じゃない。真夜中にこんばんは。kirigirisuです。今夜はエレベーターには乗りません。今回のブログはさ、筆のおもむくままに…ちがうなぁ、キーボードの上の指に任せてあんまり考えずに、流れだけで、書こうと思います。スタッフのAに怒られそうだけど読んで直さない。アハハハ、なんだけどさオイラはさ、あんな文章をいつも書いてる [続きを読む]
  • エレベーターの彼女 世界は不思議であふれてる14
  • こんばんは、kirigirisuです。ちょっと空いてしまいました。そう、「世界は不思議であふれてる」のテーマっす。最後に書いているのが、去年の12月。速いなぁ、時がすぎるのは。このテーマは、忙しいと書けない。なぜなら知識がない。ゆえに、いろいろと調べなくてはならない。調べたり、確認している間に、書くことがまとまってくる。音楽がテーマだったら、ちょっと調べればすぐ、書けるんだけど「世界は不思議であふれてる」はそうはいか [続きを読む]
  • 女体盛りって日本の伝統らしい
  • こんばんは、スタッフAです。いつものように仕事柄、色々調べ物があり、「ええー!しらなんだー」と思わず叫んでしまいました。『女体盛り』そう、全裸の女性が横たわり、刺身などを盛る、あれのこと。温泉旅館の一室で、オヤジらが、よだれたら〜っていう顔して、箸もって、えへへ〜みたいな。しかし、今、外国では、流行っているそうです。知っていますか?女体盛りは、日本の伝統で、日本でも日常的によくやっているなどなどと [続きを読む]
  • 答えが無いこともあるんだよ
  • こんばんは、スタッフAです。悲しいニュースが多い。若い方が亡くなると、胸がしめつけられる。人生は、ホントにいろいろあるんだけど、いろいろあるんだけど、ね・・・今でも、よく考える。人はなぜ死ぬのか。死ぬのは仕方ないとしても、死んだら会えないのが一番つらい。たまに思う。突然、電話でもかかってこないかなとか。突然、メールでも入ってたら、とか。あるわけないんだけどね。この世とあの世のホットライン、どこかに [続きを読む]
  • てるてる坊主、いつになれば終わるんだい
  • 最近は、てるてる坊主を見かけなくなりました。以前は、軒先や、窓のところにたまに見かけたものですが。こんばんは、スタッフAです。てるてる坊主が活躍した頃は、天気予報もざっくり予報でしたからね。明日、雨、やまないかなぁって、窓の外見ながら思ってた。今は、アメダスがいるから、明日も明後日の天気までわかる。沖縄は、梅雨明けしたそうです。そして明日の23日は、沖縄県が制定した慰霊の日。私は、遠方へ行くとなるべ [続きを読む]
  • 言わザルくん
  • こんばんは、kiriです。日光に見ざる聞かざる言わざるという3匹のサルたちがいる。栃木県在住のオイラはさ、子どもの頃に遠足で、この猿たち会った。そのとき、わぁ、と思った。彫刻として固まってるわけだから、手は絶対に動くことはない。目を押さえたサルは、何も見ることがない。耳を押さえたサルは、今後、決して聞くことができない。口を押さえたサルは、未来永劫に渡り、喋れない。なんでだろう。無理しなくていいのにな、と思った。 [続きを読む]
  • パンダちゃん
  • パンダちゃん、産まれましたね。無事に育ちますように。こんばんは、スタッフAです。上野動物園といえば、わたくしがまだ若かりし頃、仕事をさぼって行く場所でした。会社員がつらくてつらくて(・_・;)肌に合わない会社員。だから今こうなんだけど。動物園に行っては、パンダちゃんを見たり、お猿のアイアイが来たときは、スーツ姿でアイアイ見る列に並んじゃったりなんかして。目立つこと、目立つこと。思い切り場違いな格好して [続きを読む]
  • 街角の音楽
  • とある番組の選曲、しゃかりきに闘っていたらとある登場人物が、メッチャ平和な歌を歌いながら登場してきた。オイラは、あれ、このメロディー、知ってるぞぉ〜と。そして、なんだかやけにノスタルジックな気持ちになった。それから、平和な気持ちになった。歌詞から調べたら昭和の音楽だった。歌手は、橋幸夫。オイラはちゃんと彼の音楽を聴いたことがない。だけど、あの時代、音楽はいたるところで流れてた。そ、街角でもいろんなお店でも生活の一部と [続きを読む]
  • レンコンは奥が深い
  • 仕事柄、色々な映像や資料に出会います。本日の出会いは、「レンコン」こんばんは、スタッフAです。レンコンですよ、レンコン。レンコンはすごい!!レンコンのこと、知らなかった。ホント、申し訳ないと思いました泥の中にいる。花はとてもきれい。それくらいしか知らなかった。私たちが食べている穴の開いてるレンコンは、ハスの茎が地下にもぐった地下茎なのです。根かな?と思ってました。ちがうんですね。でもって、あの穴は [続きを読む]
  • オンエア!ウルトラマン・・・
  • 何がオンエアかというと、ジャジャーン♪「ウルトラマンジード」でございます!こんばんは、スタッフAです。知人の監督さんが、ウルトラマンオーブに続き、ウルトラマンジードも監督をやることになりました。といっても、メインの監督さんがいて、ほかに数人の監督さんが順繰りに受け持ちます。その中のおひとりです。テレビ東京系で、7月8日土曜日から始まります。たぶん、朝の9時頃かなぁ。ちびっこのいるご家庭の皆さま、ぜひぜ [続きを読む]
  • 方言の魅力
  • ビルの廊下の隅で、スマホ片手に関西弁で喋っている女性がひとり。あらら、あの人じゃあーりませんか!会社の中では所謂、標準語というのを話していたので、ちょっとびっくりしました。これは、良い方のびっくり。こんばんは、スタッフAです。お国ことばになると、一気にその人の雰囲気が変わりますね。親しみやすくなる。標準語というのは、どこか気取って冷たい感じがするという人が多い。それはたぶん、言葉のリズムやアクセン [続きを読む]