ガットマイオー さん プロフィール

  •  
ガットマイオーさん: ガットマイオーのレトロアーケードゲーム徒然日記
ハンドル名ガットマイオー さん
ブログタイトルガットマイオーのレトロアーケードゲーム徒然日記
ブログURLhttp://turedurenetgame.blog.fc2.com/
サイト紹介文レトロアーケードゲームの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/05/10 13:03

ガットマイオー さんのブログ記事

  • E.D.F その2
  • ホーミングがどうも弱すぎる気がするので今日はアトミックでチャレンジ。これが中々強い。攻撃力もさることながら、爆風で敵の弾を消すことが出来るのだ。なので接戦が非常に強い。今日は2面のボスまで進むことが出来た。高速弾がきついのだが、これは彩京弾のようにある程度パターン化できる類だと思う。やりこめばなんとかなるか。 [続きを読む]
  • 19XX その2
  • このゲームはP-38ライトニングを使っていたが、ゲーメストではモスキートをオススメされていた。確かにP-38は速度も攻撃力も平均で決定力に欠ける。しかしモスキートは攻撃力が高い代わりにかなり動きがおっそい。結構高速弾が多いゲームなので、リハビリとしては使い慣れたライトニングで進めようと思う。が、今日も4面(北極海)で死亡。何だかんだパターンゲームではあるので、しばらくやり続けてカンを取り戻すしかない。 [続きを読む]
  • ダイエットゴーゴー その5
  • インドワールド(ワールド7)で死亡。このワールドから回転のこぎりが出てくる。これ自体は注意していれば良いのだが、膨らませた敵がこちらのギミックに当たると消滅するので敵をガンガン巻き込むのがし辛くなる。前ワールド(ホラーワールド)の釣り天井も同様に膨らませた敵を当てると敵は消滅して巻き込みにくい。ホラーワールドあたりから集中しないとダメなようだ。 [続きを読む]
  • ゴールデンアックス デスアダーの復讐 その2
  • 今日は2回プレイ。使用キャラはトリックス。最初は1面の冒頭でいきなり死亡。やる気無くなり2面でゲームオーバー。次は順当に3面まで進むが、ボスが大量に出てくるところでサソリの乗り物に乗ろうと躍起になっているうちにボスに殴られ死亡。このゲームは近寄って掴み投げというのが無い(と思う)ので、いかに間合いを開けながら戦うのかが肝になりそう。 [続きを読む]
  • ハレーズコメット その1
  • タイトーより発売されたシューティングゲーム。爽快感がハンパ無いが、フルパワー状態から死ぬと一気に苦行の道になる。フルパワー状態をどれだけ維持できるかが鍵のゲームだろうか。とりあえず地球は守ったが、次のステージの金星ステージであっけなく死亡。倒すと四方八方に打ち返ししてくる敵と、出したアイテムがコソコソ逃げるのでそれをとりに行く時に敵にぶちあたるのが死亡パターンようだ。気をつけねば。 [続きを読む]
  • 源平討魔伝 その1
  • ナムコより出た移植の和風アクションゲーム。この時代のゲームにしては世界観が非常に完成されており、そのグラフィックと音楽とアクションが紡ぐ色絵巻は今なお色あせない。というか未だこのゲーム以上に和風を体現できたゲームは無いのではないかとすら思う。諸行無常のエンディングも、富士をバックに舞い散る桜吹雪も、それとともに流れる詩的な文章も、全てが最高である。そして私が1コインクリアできる数少ないゲームである [続きを読む]
  • E.D.F その1
  • ジャレコから発売されたオーソドックスな横スクロールシューティングゲーム。特徴がなさ過ぎるのが特徴かもしれない。武器はステージの最初しか選べない、かも。パワーアップアイテムも(多分)無く、敵を倒すことでゲージが溜まり、限界まで溜まるとレベルアップ(パワーアップ)のようだ。とりあえずホーミングを選んでおく。強いのか弱いのかよくわからない。オプションを回転させておくと弾除けになるので多少は楽…なのか?2 [続きを読む]
  • エイリアンvsプレデター その1
  • ベルトスクロールアクションの最高峰を挙げろと言われれば、私はこのゲームを挙げる。とにかく爽快感がハンパ無く、キーレスポンスも良く、慣れればなれるほど多彩なアクションが出来るのだ。そしてキャラによって難度が大きく変わり、プレデターウォーリアであれば私ですら1コインくらいできるゲームである。というわけで実に久々にプレイ。今回プレイしたゲーセンは3人設定の40万点で一人増える4人設定。しかも敵の攻撃力も防御 [続きを読む]
  • 逆鱗弾 その2
  • 1面ボスにパンチされてまず死亡。1面ボスは指ミサイル→アーモンド弾→パンチのサイクル化と思ってたのだが、指ミサイルのあとにいきなりパンチされてしまったのだ。にくい…3面の道中で死亡し、ボスの高速弾で死亡。高速弾といっても彩京弾レベルではないので、3面ボスまでは慣れだけでどうにかなりそうだ。 [続きを読む]
  • ゼロチーム その11
  • 2面ボスをのんびり攻略していたら、やたら攻撃が早くなり死んでしまう。やる気なしで3面を進み、やる気が無いので道中で死亡。しかしやる気の無いまま迎えた3面ボスはノーミスクリア。やはり3面ボスはジャンプキックがキモである。そうしてむかえた4面だが、こちらは敵を少しずつ出すように進めば割り遠く深くまで進めた。最上階のラッシュで死んでゲームオーバーになってしまったが…4面からは丁寧に進んだほうがよさそう。 [続きを読む]
  • ショックトルーパーズ その1
  • ザウルスから発売された、ネオジオ用ソフト。メタルスラッグを上から見た感じである。ぱっと見ややチープ感があるが、キャラのパターンがかなり多く丁寧に作りこまれている。胸の大きな女キャラのモーションは中々エロ可愛い。無敵避けボタンもあるので一見とっつき易いが、敵がぴょんぴょん跳ねながら切りつけて来たりとやたら動きがいやらしく、舐めているとすぐダメージを受けてしまう。しかもステージクリアしてもダメージが全 [続きを読む]
  • ダーウィン4078 その2
  • 2面まで。ブラックディームになった3秒後に敵の放った矢に刺さって死亡。敵弾に無敵でつい気が大きくなるのが困る。このゲームはハレーズコメット等と同様、無敵状態を如何に維持するかが鍵だと思う。 [続きを読む]
  • タンブルポップ その2
  • 今日は4ワールド目まで進む。4ワールドはアメリカ面なのになぜか河童がおり、しかもコイツの吐く痰?は坂を駆け上ってくるので恐怖する。初見殺しである。このゲームもダイエットゴーゴー同様、無敵状態になりながら昇降する敵に気をつければそれなりに進むようである。 [続きを読む]
  • 雷牙 その1
  • テクモの地味な良シューティングゲーム。通常の攻撃の他に、ボタンで自機の進行方向を左右出振り分けることが出来る。キャラパターンも多くレスポンスも良く爽快感もありゲームバランスも練られている(と思う)のだが、とにかく地味で有り余り話題にならないゲームである。でもコアなファンは居る…と信じる。結構好きなゲームである。しかし3面で死亡。好きなゲームだがヘタである。でもいつかはクリアしたい。 [続きを読む]
  • ダーウィン4078 その1
  • 進化を繰り返して自機を強くしつつ進撃していくシューティングゲーム。目玉は様々な条件で「突然変異」をするシステム。音楽、グラフィック、ゲーム性ともに当時のレベルを遥かに凌駕した世界観を持っており、クセのあるゲームながら根強いファンが多い、と思う。敵の動きがとても胡散臭い。さて開始。ややしばらくして、地上敵が放つ爆風みたいなのに当たって進化するタイプ(橙色のコアに翼が付く形)になる。これは敵弾に対して [続きを読む]
  • モモコ120%攻略
  • ■基本・とにかく無理をしない・ラッシュ状態はその場に立っていると継続するので、スクロールアウト(一旦半画面ほど動いて戻る)するなどして避ける・トランポリンはジャンプボタンを押し続けると高く飛べる。但し上から落ちてくる敵に注意・連射装置を使っている場合、全弾が画面に出て攻撃できない状態の時に敵が当たる場合がある。しゃがんだり振り向いたりする時は注意・天井ハシゴを進む時は飛び移る直前に弾を出すようにす [続きを読む]
  • モモコ120% その7
  • 大分安定してクリアできるようになった。どうも自分の立ち位置で敵の攻撃がラッシュになったりするようなので、延々と敵が来るところは半画面分行ったりきたりするといい…気がする。あと最終面はボーナスステージなため、時間切れでも床をウロウロしている敵?に捕まっても強制的に結婚式が始まるだけでミスはしない模様。 [続きを読む]
  • モモコ120% その6
  • アイドル面を越え、ついにウェディング面へ。アイテムは全部取らないといけないのかどうかわからないが、残り時間1秒を切ったところで結婚式へ。ついに、ついに人生初のモモコ120%クリア!やったぜ。20歳で結婚は早すぎる気もするが…このゲームは危険予測が全てな気がする。座標が微妙な所を動く黄色のお化けっぽいのと、深青色のタコっぽいのは軌道を良く見て衝突コースだったらしゃがむかジャンプ。火の玉が吐く炎弾は加速する [続きを読む]
  • アウトフォクシーズ その2
  • クリア。アクメ面は、・アクメとの対面後落ちてくる手榴弾を奥へ投げつける・坂道を登る面はアクメの投げてくる手榴弾を怖がらずに拾って投げつけるを意識すると割とカンタンだった。慣れればそれなりにカンタンなゲームではあるが、まだカンが戻っていないのでもう暫くやりこむこととする。昔やっていた頃はダニデビ面(小さい船)がエライ苦手だったが、「相手の着地際を撃つ」ではなく、「相手が降りてくる途中を撃つ」を心がけ [続きを読む]