リコ さん プロフィール

  •  
リコさん: 親子塚
ハンドル名リコ さん
ブログタイトル親子塚
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rikonnyaku/
サイト紹介文親子で宝塚が大好きです。 子連れ観劇についても書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/05/10 17:00

リコ さんのブログ記事

  • 言わずにはいられないよね。
  • 聞き捨てならないというか、触れずにはいられないニュースが続々と出てきて、いっそ知らんぷりしてしまおうかと思いますが。 ほんと、いろんなタイプの衝撃を受けて、混乱してしまいます。 普段はもうちょっと言葉を選ぶんだけど、今日はダイレクトに心の声を叫びましょう。 ・伶美うらら次で退団なら、一作限りのトップ娘役という道もあったのではないか。 [続きを読む]
  • ゆうみちゃん
  • グラフを読んでいて、いろいろ懐かしくなったので、今日はゆうみちゃんを語ります。月組で抜擢されてた頃は、悪いところがひとつもなくて、とびぬけていいところもないという印象でした。私があんまりよくわかってなかっただけですけどね。そして今もよくわかってなどいないですけどね。前田慶次の捨丸役で、こういうのも似合うんだなぁと、もしかしてできる幅の広い娘役さん?と思いました。それからトップ娘役になって、普段のほ [続きを読む]
  • 邪馬台国 娘の感想
  • 『邪馬台国の風』は古代ロマンということで、子どもには難しいお話かと思っていました。いやいや、これ、全然!杞憂に終わりました。 娘の幕間の第一声は、 「よくわかったよ!難しくなかった!冒険のお話読んでるみたいやった。」 でした。 以下、娘の感想をそのまま書いていますのでネタバレを多く含みま [続きを読む]
  • ツブラメに、前に会ったことがある気がして
  • 邪馬台国のマイティーのお役(ツブラメ)見てて、なんか既視感があるなあと思ってずっと考えてたんですよ。※ネタバレがなさそうで、実は思いっきり大事なところをバラしてしまう記事です。気をつけてくださいね。しゃべられなくて、言いたいことはジェスチャーで伝える役・・・?マイティー、そんなのやってたっけ。思い出せない。最後に一言だけ言葉を発するっていうところは、マノンのみやちゃんと同じだけど、それとは明らかに [続きを読む]
  • 邪馬台国の感想②
  • 登場人物について。ネタバレありで書いています。タケヒコ(りおちゃん)がピュアでいい子でした。 ちょっと子どもっぽいぐらい。ギィとは180度違う人でした。 両親やお師匠様を殺されて復讐に燃えるのかと思いきや、そんな要素はほとんどなく。 戦うことが得意なんだけど、俺が一番強いんだーとか、より強い相手と戦いたいんだーっていう欲求もなく。 愛する人のためってことも(あんまり)なく。 [続きを読む]
  • 邪馬台国の風おもしろかったです
  • 今回の花組公演はなんとなく敬遠されてる方が多いようなのですが、たぶん思ってるのと違う感じだと思いますよ。っていうことを伝えたいので、ネタバレしないように気をつけて書きます。でも、観劇を楽しみにされている方は、他人の感想とか聞かずに行った方がいいと思うので読まないことをオススメします。私も、舞台が古代日本ってどうなんだ!?と思いながら観に行きましたが、意外にもめっちゃ宝塚でした。「タカラヅカ」と書い [続きを読む]
  • ちょっぴり寂しい。
  • 毎年毎年、一瞬悩みはするものの結局買ってしまいます、宝塚おとめ。だって顔が変わってるかもしれないし。好きな役が増えているかもしれないし。 今年のおとめ、まだ全部は読んでいないけど、ちょっぴり寂しいことがありました。 月組95期のページまで読んだところで私の手は止まり・・・。 まゆぽん・・・・メープル卒業しちゃったの?( ;ㅿ; ) [続きを読む]
  • 先行画像が・・・
  • 久々の更新です。 先行画像の話ですが、ダルタニアンのことかと思われますか? 違いますよ。 ずんちゃんの方ですよ。 話題がいつも周回遅れですいません。 パーシャル・タイムトラベルの先行画像、なんていうか、 正直に率直に申しまして、 わたくし幼い頃より「正直 [続きを読む]
  • 宙組さんの夢
  • 今朝は起きてまず、なんか真風さんの夢を見たような・・・と思いまして。そんな大切なこと、忘れてはいけない!と記憶を繋いで詳細を思い出しましたので、ここに紹介させてください。 場所は、キャンプ場とかロッジとかレストランとかがあるだだっ広い施設。 まぁ様と真風さんが二人で話すということでロッジにこもっておられたので、私とずんちゃんは外の公園で待っていました。(私がみりおんの位 [続きを読む]
  • 『王妃の館』 娘の感想
  • まだまだ王妃の館の話をしますよ。これが王妃ロスってやつですか?違いますか、そうですか。 娘には、『王妃の館』は今まで見たお芝居の中で過去最高だったそうです。 映像でしか見てない作品も含めると、1位は『王妃の館』、2位は『めぐり会いは再び』、3位は『アーネストインラブ』だそうです。 入れ替わったりニアミスしたりしながらお話 [続きを読む]
  • 千秋楽 〜好きすぎて、2017〜
  • 週明けから大変なニュースが続いてもうグッタリですが、ここらでテンション上げていこうと思います。よろしくお付き合いください。 宙組公演『王妃の館/VIVA!FESTA!!』 大劇場公演が先日無事に千秋楽を迎えました。 ムノンのことはとっても心配ですが、お芝居の方は出ておられたようなので「無事に」と言わせてください。 自分のせいで「無事に」と言ってもらえないのは辛いと思いますし。 [続きを読む]
  • ・・・!!!
  • ・・・! えっと・・・! あかん!日本語がわからへん!! うそ。 ちゃんとしゃべります。 まぁ様が退団を発表されるそうです。 なんでやねん!! 宙組さんはね。前からちょっとずつ、「この人が次期トップです!」(?2)みたいな、ね。あからさまなアレがあったとは思います。気付いてましたよ、ええ。 [続きを読む]
  • 雪組の退団者発表
  • 今日はもう衝撃がすごすぎて。タイトルにしたものの、うまく文章にできません。ホントにみんな好きな人で・・・。 ひとりひとりの退団に対するショックが大きいのに、みんな一気にって。 幕末太陽傳は小柳先生の演出ですね。 小柳先生でコメディタッチであるならば、きっと退団者さん皆さんへの愛にあふれた演出がされていることと思います。 今はまだ想像したくないけど。 [続きを読む]
  • 今さら感満載で語る“まぁみり”
  • ビバフェスタのデュエットダンス。和風の方じゃなくて。 もうね。胸がいっぱいになります。 以下、ネタバレ?がありますので、ご注意ください。 ダンスの技とか知らないから上手に説明できないんだけど、どの技もハァッ(ため息)てなります。 興奮じゃなくて、ときめきでもなくて、なんか・・・自分から変な物質が出てる気がするというか。ああ、おかしなこと言ってる。 [続きを読む]
  • 観劇日記と言いながら
  • 王妃の館は結局3回見ることができました。3回目ともなると、やっぱり私はずんちゃんばっかり見てました。はぁ。好き。 でも今日は邪馬台国のポスター画像について言いたい。 ていうか前々回の記事で「今週は王妃の館の感想ばっかり書きます」とか言うてたのに、全然書いてないですね。いきなりトイレの話しとるし。不思議なことがあるものです。 さて、邪馬台国ポスターについて。 [続きを読む]
  • ○○の話
  • どうも。大劇場の大トイレでは、年に一回ぐらい、用を足せずに通り抜けてしまう者です。こんばんわ。 ※大劇場の1階奥(ラウンジ横)にある女子トイレ。 なんやそれ!と思われた方のためにご説明しますと。 関西最大級のこのトイレ、利用するのが非常に難しいのです。 トイレ内は、一方通行のすごーく長い通路にズラーッと個室が並んでいます。 60ぐらいあるのかな? その通路の [続きを読む]
  • 『王妃の館』 阪急交通社貸切公演で。
  • 今日は阪急交通社さんの貸切公演に行ってきました。この日限りのアドリブのことなどを書いているぶんにはぜひ読んでいただきたいのですが、ネタバレもしちゃってますので、所見の感想を大切にされている方は読まないでくださいね。 やっぱり貸切は、笑いどころが普段(客の大半が宝塚ファンのとき)と違ってて面白い。いや、おそらく貸切公演も大半が宝塚ファンなのだろうなと思うんですが、何か違うんですよ。笑い [続きを読む]
  • VIVA!FESTA!の感想文
  • 観劇から日が経つにつれ、「王妃の館のサイドストーリーというか、太陽王編!みたいなのやってほしいぞ。」と思うようになってきました。 だってとっても宝塚的なエピソードが山盛りいっぱいなんだもの、ルイ14世サイド。 真風さんとうららちゃんでガッツリやってほしい。 宝塚ファンからしたら「いつものやつ」ぐらい、ベタベタなお話になっちゃうから、冒頭とラストは亡霊設定に [続きを読む]
  • ソーラン節!
  • 踊ったなぁ、昔。 踊ったんですよ、私。中学の体育祭でソーラン節を。だから懐かしくてたまらなかった。そして、衣装がすごく似てたので嬉しかったです。 私のはどんな衣装だったっていうのを細かく説明したいのですが、同じ中学の子が見てたらイヤなので言いません。 (見てるかっ!)←ツッコミ。 ソーラン節って漁師の踊り?ですよね。 だから振りも、船を [続きを読む]
  • みりおんとずんちゃん
  • 『王妃の館』の感想文です。ネタバレとかいろいろやっちゃってます。なのに、ためになることはひとつも書いてないです。すいません。 みりおん演じるツアーガイドの桜井玲子。歌でチラッと言ってただけですが、元々旅が好きだったんですよね。 「好きを仕事に」っていうところもそうだし、その仕事をバリバリこなすところもみりおんにピッタリでした。 あとね。現代の日本人の役でしたが、ホントにすごく身近 [続きを読む]
  • にじみ出るロイヤル感
  • 宙組『王妃の館』の感想です。 ネタバレがありますので気を付けてください。 配役では、真風さんがどのお役をやるのかが一番気になっていました。 久しぶりに真風さんのスーツが見たいな〜という願望だけで、ツアーコンダクターの戸川さんをやらないかなという安易な妄想をしていたのですが、 大方の予想通り、ルイ14世のお役でした。 正確には「ルイ14世の亡霊」ですね。 ルイ [続きを読む]
  • 王妃の館 まぁ様!!!!!
  • 『王妃の館』の感想です。ネタバレありますので気をつけてください。 王妃の館には登場人物がたくさんいて、みんな個性も強くて、原作はホント群像劇!って感じですが、宝塚版は群像劇とひと括りにできない気がします。個々のエピソードをぶったぎって展開していくのではなく、登場人物が入り乱れて全部が同じひとつのエピソードという感じ。 まぁこれは私が、活字を追うのか、実際に動くものを見ているのか [続きを読む]
  • 王妃の館 原作ファン
  • 私、中学生の頃から浅田次郎氏の小説の大ファンです。 初めて読んだ作品が何だったかすら思い出せないほど、たくさんの作品を熟読し、そのすべてを愛してまいりました。ある作品では感動しすぎて、その勢いで読書感想文(別に宿題じゃない)まで書くっていう、ちょっとおかしな子でした。 元々読書が好きなんですよね。 話がそれるけど、今後宝塚で舞台化してほしい小説をここで述べてもいいです [続きを読む]