東負投工 さん プロフィール

  •  
東負投工さん: 東大卒の負けない投資工学
ハンドル名東負投工 さん
ブログタイトル東大卒の負けない投資工学
ブログURLhttp://tokyo104enginnering.blogspot.jp/
サイト紹介文東大卒の筆者が、会計、税務、FP業務を勉強しつつ行った投資に基づく、工学的なアドバイス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 321日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/10 21:54

東負投工 さんのブログ記事

  • 第7章 不動産5 住宅ローン控除
  • 前回のReview 「第7章 不動産4 不動産は税金の宝箱2 不動産を持っているとかかる税金その2」今回は,住宅を買った場合に得られる最大のメリットである,住宅ローン控除について,説明したいと思います。一定の条件を満たした住宅ローンを組んだ場合,税額控除を得られるという制度が,住宅ローン控除です。税額控除とは,よくある控除である所得控除とは,似て非なるものです。所得控除とは,所得を控除するものです。年収 [続きを読む]
  • コラム6 生保レディとの攻防 シーン2
  • 前回のReview 「コラム6生保レディとの攻防 シーン1」さて,今回のシーン2は,もう少し安い掛け金の個人年金保険を紹介されるところから始まります。シーン2 「営業トーク」生保レディ「こちらのプランですと,毎月1万円未満の掛け金でも節税枠を目いっぱい使うことができて,大変おトクです。」わたし(やっと節税枠の説明が来たか。というか,節税枠の話先にしろよ。高い保険が売れない相手とわかって,作戦切り替えてき [続きを読む]
  • コラム6 生保のセールスレディとの攻防 シーン1
  • 前回のReview 「コラム5 財産を築くにあたり投資より大事なもの」久々のコラムを書こうと思ったのは,最近,生保のセールスレディの営業を受けたからです。(当たり前ですが,枕営業ではありません。念のため。)以下,ストーリー形式で書いてみたので,お読みください。生保レディの営業を受けたことがある人は,「あるある」と共感してくれるかと思います。まだ受けたことない人は,こういうことがあるのだと,シュミレーショ [続きを読む]
  • 第7章 不動産5 土地の評価方法は複数あるって知ってた?
  • 前回のReview 「第7章 不動産4 不動産は税金の宝箱1 不動産を買うときにかかる税金その2」これまで,不動産について説明してきて,高いだのなんだの言ってきましたが,皆さんは,土地の価格が複数あることを知っていましたか??土地については,役所が出しているもので4種類の評価があります。1 公示価格 国土交通省が発表しているもので,毎年3月ころに公表されます。公表されると,たいてい新聞に一覧がずら [続きを読む]
  • 第8章 相続5 相続不動産の評価方法
  • 前回のReview 「第8章 相続4 贈与税2 贈与税の特例」さて,これまでに相続税対策上,不動産の評価は低くなるので,現金よりも相続に有利になる旨説明してきましたが,今回は,実際にはどのように不動産の評価額が決まるのかを,説明したいと思います。市街地(たいていの街は市街地とされていますので,田舎に土地があるみたいな方以外は,問題となる相続財産の評価は,市街地と考えて差し支えありません。)の土地は,路線 [続きを読む]
  • 第8章 相続4 贈与税2 贈与税の特例
  • 前回のReview 「第8章 相続4 贈与税」今回は,前回紹介した贈与税の特例について,説明したいと思います。前回お話ししたとおり,贈与税は,年間110万円以上贈与があった場合に発生するものですが,今回,この枠を超えても贈与税がかからないようにする技をお教えします。1 配偶者への贈与の特例婚姻期間が20年以上の夫婦の間で,居住用の不動産または居住用の不動産を取得するための金銭について贈与する場合,110 [続きを読む]
  • 第8章 相続4 贈与税
  • 前回のReview 「第8章 相続3 相続税入門その4 小規模宅地等の特例」さて,前回まで相続税をとりあげてきましたが,「相続財産に相続税がかかるんであれば,死ぬ前にお金とか土地を息子にあげちゃえば,相続税かからないんじゃね?」とか,思いませんか?そのような賢い人の考えは国家にすぐばれてしまうのか,日本には,贈与税という,相続税を補完する税金があります。余談ですが,「贈与税法」という法律はなく,「相続税 [続きを読む]
  • 第8章 相続3 相続税入門その4 小規模宅地等の特例
  • 前回のReview 「第8章 相続3 相続税入門その3 配偶者控除等」さて,今回も引き続き,相続税の特例についてです。被相続人が住んでいた住居や,賃貸用に持っていた不動産に足して,高い相続税を課してしまうと,相続人が住んだり,その賃貸用不動産事業を引き継ぐことが不可能になってしまいます。そこで,一定の要件を満たした宅地に関しては,相続税上の評価額を一定程度減額して,相続税額を少なくして,相続人が困らない [続きを読む]
  • 第8章 相続3 相続税入門その3 配偶者控除等
  • 前回のReview 「第8章 相続3 相続税入門その2 節税対策1」さて,今回も引き続き,相続税対策についての講義です。前回書きましたように,お金持ち以外の場合,基礎控除(3000万+法定相続人×600万)と,生命保険控除(法定相続人×500万)を使えば,ほとんど相続税を払わないで済むと思います。今回は,それでも相続税がかかってしまう方への朗報です。1 配偶者控除配偶者が取得した財産が,1億6000万円 [続きを読む]
  • 第8章 相続3 相続税入門その2 節税対策1
  • 前回のReview 「第8章 相続3 相続税入門」さて,相続税というものがいかなるものかをわかってもらった後ですが,相続税の節税について,考えていきたいと思います。もちろん,私個人としては,「死ぬときくらい世のため人のため」と思って,相続財産の一部を日本国に残して欲しいなーって思います。でも,もらう方から考えたら,払わなくていい相続税は,払いたくないですよね?今日以降,相続税を節税する方法について,考え [続きを読む]
  • 第8章 相続3 相続税入門
  • 前回のReview 「第8章 相続2 相続人って誰??」さて,今回は,相続とは切っても切れない関係にある,相続税についてです。相続税とは,相続人が,被相続人から財産を相続した場合に,かかる税金です。ただ,みなさんの多くは,相続税について,身の回りに実際に支払ったことがある人をあまり知らないと思います。なぜなら,相続税がかかるのは,残された財産が一定額以上の場合に限るからです。相続税の基礎控除額(これを超 [続きを読む]
  • 第8章 相続2 相続人って誰??
  • 前回のreview 「第8章 相続1 相続税対策よりも争続対策を先にやろう」さて,今回から,相続に関する基礎的なことを伝授していきたいと思います。これまで,何回か言ってきた気がしますが,みなさん,かならず遺言は残しましょう。遺言を残さないと,法律の定める割合によって相続が発生することになりますが,このことは,相続ではなく,争続の原因となる可能性が高いです。ただ,まあ今日は,遺言を残さないで,人が亡くなっ [続きを読む]
  • 第8章 相続1 相続税対策よりも争続対策を先にやろう
  • 投資の結果をはじめ,この世の中に100%確かなことなど,ほとんどないのですが,人がいつか死亡する確率だけは100%です。すなわち,おそかれ早かれ,あなたにも相続が関係してくるのです。普段生活している中で,相続の話をすることは難しいかもしれませんが,相続の知識は必ず役に立つときがくる(そんなときは来てほしくはないのですが)ので,しっかり勉強していきましょう。最低限の用語として覚え説いてほしいのですが [続きを読む]
  • コラム5 財産を築くにあたり投資より大事なもの
  • 前回のReview 「コラム4 明治安田生命の「じぶんの積立」を検討してみた」さて,今回は,この投資工学を授けるブログに書くことがふさわしいのかわかりませんが,財産を築くには,投資よりも大事なことがあることを指摘しておきたいと思います。あなたの1年後の財産の額は,次の式のとおりです。勤労収入(年収) − 支出 + 現時点での資産×投資の利回り ± その他あたり前のことを式にしただけですが,とても重要なの [続きを読む]
  • 第6章 リスクマネジメント(保険)4
  • 前回のReview 「第6章 リスクマネジメント(保険)3」保険には,生命保険(第一分野)と損害保険(第二分野)のほかにも保険があり,それらの保険をまとめて,第三分野の保険,と言われています。今日は,第三分野の保険をとりあげます。第三分野の保険は,生命保険会社,損害保険会社の双方が取り扱っています。第三分野の保険の主な商品は以下のとおりです。1 医療保険医療保険とは,病気になって通院や入院した場合に,保 [続きを読む]
  • コラム4 明治安田生命の「じぶんの積立」を検討してみた
  • 前回のReview 「コラム3 アイドルと経済その2 CD販売イベントの考察 夢アドin川崎ラゾーナ」さて,今回は,最近よくネット上で広告を見かける,明治安田生命の「じぶんの積立」という積み立て保険を検討してみましょうか。(なお,私は同社から広告料をもらっているわけでもなく,保険のアフィリエイトもしていません。)私は,この商品がいいとか,悪いとかではなく,投資工学の計算ドリルとして,保険商品の見極め方を身 [続きを読む]
  • コラム 恋愛工学編1 はじめに
  • 恋愛工学,この言葉を皆さん聞いたことがあるでしょうか?元外資系金融機関勤務の藤沢数希氏のメルマガ,「金融日記」,及び同氏の著作「ぼくは愛を証明しようと思う。」に出てくる,恋愛におけるテクノロジーのことです。皆さんは,恋愛が得意でしょうか?私を含め,東大に入るような高学歴の人,頭のいい人,は大抵苦手でありました。しかしながら,恋愛工学というものは,恋愛も,受験勉強と同様に,方法論があり,それに従って [続きを読む]
  • 第6章 リスクマネジメント(保険)3
  • 前回のReview 「第6章 リスクマネジメント(保険)2」さて,今回は損害保険のつづきです。4 傷害保険傷害保険とは,日常生活でおきるけがに対して,保険金が支払われる保険です。傷害保険には,いろいろありますが,みなさんがよく耳にするのは,旅行傷害保険ではないでしょうか?旅行傷害保険には,国内旅行傷害保険と,海外旅行傷害保険があります。海外では,当然日本の健康保険は使えないので,海外で病院に行くと,とん [続きを読む]
  • 投資工学読書のすすめ 5 不動産投資の超基本
  • 前回のReview 「投資工学読書のすすめ 4 ほったらかし投資術」さて,今回は,不動産投資のイロハがわかる本の紹介です。 「第7章 不動産2 不動産投資はすべきか」で書きましたが,私はレバレッジが大きすぎ,投資のバランスを乱すので,不動産現物の投資はおすすめしていません。(もちろん,その心配がないRETITはおすすめです。)にもかかわらず,今回,不動産投資の本を取り上げたのは,不動産は価格が大きく,人生で一 [続きを読む]
  • 第6章 リスクマネジメント(保険)2
  • 前回のReview 「第6章 リスクマネジメント(保険)1」さて,今回は,損害保険についてです■2 損害保険損害保険とは,急な損害が発生したときに備える保険です。損害保険は,主に,1 火災保険2 地震保険3 自動車保険4 傷害保険5 賠償責任保険の5種類があります。1 火災保険みなさん,部屋を借りるときに締結したことある人が多いのではないでしょうか?住宅火災保険とは,その名のとおり,家が火災にあったとき [続きを読む]
  • 第3章 手数料3 ATM手数料
  • 前回のReview 「第3章 手数料2 株式」さて,今回は,ちょっと投資からは遠い論点なのですが,ATMの手数料についてです。手数料とは,運用利回りのマイナスという実質的意味があります。たとえば,銀行預金で10万円に年0.1%の利息がつくとすると,100円の利息が付きます。この場合に,年100円しか利息が付かないのに,ATM手数料かかるときに1回でも使っちゃうと,108円かかって,マイナスになってしまいます。 [続きを読む]
  • 第4章 投資各論3 投資信託 その4 ETF
  • 前回のReview 「第4章 投資各論3 投資信託 その3 ファンドラップ」さて,今回は,投資信託の中で一押しの,ETFについてです。ETFとは,Exchange Traded Fundの略で,上場投資信託という意味です。その名の通り,市場の上場している投資信託ですので,株式を購入するのと同じように買えますし4桁の証券コードもついています。このETF,何がすばらしいかというと,インデックス型の投資信託が豊富にあり,手数料が格安の投 [続きを読む]