ららみ さん プロフィール

  •  
ららみさん: ららみ先生のピアノのおけいこ
ハンドル名ららみ さん
ブログタイトルららみ先生のピアノのおけいこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/soraminosorami
サイト紹介文自閉症でも、発達障がいでも、ピアノが両手で弾けるんです! ピアノが弾けるって、素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/05/12 18:17

ららみ さんのブログ記事

  • 同窓会に行ってきた
  • この週末に、同窓会に行ってきました。小学校の同級生の中で、関東地方に住んでいる人達だけで集まったのです。中には、卒業以来と云う人もいたのですが、お喋りをしているうちに、すっかり打ち解けて、盛り上がりました。給食の話や、先生の話など、懐かしい話題が次々と出て来て、あっと云う間の4時間でした。今まで、すっかり忘れていて、思い出したことも無かった記憶が呼び覚まされて私も、随分と色々な事を思い出しました。 [続きを読む]
  • 14歳の棋士 藤井聡太四段
  • この1週間程、身体がだるくて、とても疲れています。気候のせいかもしれませんし、ビミョーお年頃のせいかもしれません。また、最近、非常に気がかりな事がありますので、そのせいかもしれません。ですので、ブログも更新がまばらになったり、ピアノの練習を怠ったり〜といった日々を過ごしています。ところで、中学3年生の棋士、藤井聡太さんが注目を集めています。先日は、わずか14歳ながら、公式戦で28連勝を達成したのです [続きを読む]
  • 自閉症の作家 東田直樹さんのエッセイ【筋書きのないドラマ】
  • 【筋書きのないドラマ】人生とは、筋書きのないドラマだと言います。ドラマには感動的なラストが待っています。自分の人生には、大きなドラマがないと嘆いている人がいるかもしれませんが、これから先、どんなドラマが待ち受けているかは、誰にもわからないと思います。ドラマの観客は楽しいですが、主演は大変です。どんな脚本がきても、演じ切れる体力と気力を養いたいです。〜〜〜〜〜これは一昨日、東田直樹さんが、ご自身のブ [続きを読む]
  • アスペルガー児は大人っぽい対応が好き?
  • アスペルガー児のRちゃん(3年生)を指導していた時のことです。レッスンの途中に、私は、ちょっと面白いことを思い付きました。子どもが喜びそうな、冗談を言ったのです。もう、10年も前のことなので、どんな冗談だったかは忘れてしまったのですが。すると、Rちゃんは、「先生、そんな冗談を言うのは止めてください。」と言いました。私は、ちょっとビックリしました。あれ?大抵の子は、ここで大笑いして、ちょっとしたリセット [続きを読む]
  • えっ?自分で前髪をカットしたの?
  • 先日、次男の顔を見たら、何と前髪が、タラちゃんみたいになっていましたしかも、かなり凸凹にカットしてあります。「もしかして、前髪、自分で切ったの?」「うん。」「何で?」「伸びたのは、前髪だけだから。」と、涼しい顔で答えます。「美容院でカットしておいでよ。」「いいんだよ。前だけなんだから」大学2年の次男は、大学生になったばかりの頃は、東京の美容院でカットしていました。高校生の頃までは、近くの1000円 [続きを読む]
  • アスペルガー児への言葉がけ
  • 10年程前に教えていたRちゃんは、転校生でしたので、小3の途中からピアノを教えました。以前の場所で、すでに4〜5年、ピアノを習っていた〜とのことでしたが、最初のレッスンの時に聴かせてもらいましたら、初歩の曲しか弾けていませんでした。レッスンを始めてみますと、語彙がとても豊富でしたので、理解が早い子のように思われました。ところが、ピアノはなかなか上達しません。なんでかな? 私の工夫が足りないのかな?そ [続きを読む]
  • カリグラフィーを始めました
  • 先日、カリグラフィーの教室に行ってきました。今月から、月に1回、カリグラフィーを習うことにしたのです。カリグラフィーとは、「美しい書き物」という意味のギリシャ語で、アルファベットを、独特のタッチで書く技術です。バースデーカードや、クリスマスカードなどで目にする度に、いつか書いてみたいな〜と思っていました。先日は、初めてのレッスンでしたので、独特な万年筆を使った線の書き方を教えて頂きました。ペ [続きを読む]
  • ADHD児 頑張るT君 17・薬を飲んでいる僕が好き
  • 今年に入ってから、気持ちを落ち着かせるお薬を飲み始めたT君(3年生)は、すっかり集中力が身に付き、レッスン中もやる気に満ちています。新しい曲の譜読みでも、「間違えなくなるまで頑張る」と言って、真剣に取り組んでくれます。「T君、偉いね〜! 本当に、よく頑張るね。」と褒めると、「僕、気持ちが落ち着く薬を飲んでいるから、集中力が付いてきたんだよ。」と答えます。「そうなのね。 お薬飲むと、心が落ち着くの?」 [続きを読む]
  • ヴァイオリンを弾いていた少年の頃
  • 今日、スーパーで買い物をしていましたら、S君のお母さんにお会いしました。S君は、中3までピアノを習いに来ていた男の子で、ヴァイオリンがとても上手でした。S君のお父さんは、市内では有名なヴァイオリンの先生で、ご両親共に、S君が音楽大学に進むことを望んでいました。その準備として、小学3年生から、私のところにピアノを習いに来ていたのです。音大の入試に必要なピアノのレッスンと、時には、ピアノ伴奏付きの、ヴァイ [続きを読む]
  • ダンスと佳子さまと、ドレミファダンスコンサート
  • 秋篠宮妃の紀子さまと次女佳子さまは、昨日、東京体育館(渋谷区)で開催された【第10回 ドレミファダンスコンサート】の開会式典に、お出ましになりました。ドレミファダンスコンサートとは、障害者やその家族らがダンスや音楽を自由に楽しむもので、今回が10回目になります。佳子さまは学習院女子高等科時代に、文化祭でダンスを披露して話題になるなど、ダンス好きとしても知られています。関係者によると、佳子さまは「私も高 [続きを読む]
  • 東京大学に入ってみた!
  • 東京大学と資生堂が開発したハンドクリームに、2000年前の、蓮の花の香りを原料にしたものがあるのだそうです。2000年以上前の蓮の花の香りって、どんな香りだろう〜?是非、実物の香りを嗅いでみたい〜と、以前から気になっていました。ちょうど今週は、湯島界隈に用事があり、そのついでに、本郷の東京大学に行くことを思い付きました。湯島と本郷は目と鼻の先で、10分も歩くと、東京大学の構内に着きます。そして、そのハンドク [続きを読む]
  • 電車の中の子ども達
  • 最近、上京する機会があり、久しぶりに平日の電車に乗りました。都内で用事を済ませて、地下鉄のホームで電車を待っていましたら、小学生の子ども達に会いました。校章の入った制服を着ていましたので、おそらく私立の小学校だと思われます。そして、新しいランドセルと背丈から察して、おそらく1年生だと思いました。東京では、小学校のうちから、電車で学校に通うのだな〜と思い、少々驚いたのですが、何より驚いたのは、その子 [続きを読む]
  • 中高生が薦める曲を聴いてみると〜
  • 最近、中高生にレッスンをする時に、心がけていることがあります。レッスンの時に、「今、どんな曲を聴いているの?」と聞くのです。すると、大抵の子は嬉しそうに、最近のアーティストの名前を挙げて、好きな楽曲をおしえてくれます。「どんな感じの曲?」と尋ねると、詳しくおしえてくれるので、書き留めておいて、後でYouTubeで聴いたりします。そして、次のレッスンの時に、その曲の感想を少し言うと、本当に嬉しそうな顔をし [続きを読む]
  • チャイコフスキーの花束をありがとう!
  • 友人から、花束を頂きました。友人は、お庭でお花を沢山育てていて、お庭の薔薇とアジサイで、花束を作ってくださったのです丹精込めて育てたお花で作った花束は、本当に美しく、気持ちが清められるようです。そして、この【チャイコフスキー】と云う名の白い薔薇は、特別に薫りが高く、その薫りがロマンチックなので、とても癒やされます。思いがけず頂いた【チャイコフスキーの花束】は、私の心を、穏やかに包んでくれるようです [続きを読む]
  • ブータン国王と【龍のお話】
  • 「皆さんは、龍を見たことがありますか?」という言葉からはじまるこの名言は、ブータン国王夫妻が、2011年11月18日に、福島県相馬市の桜丘小学校を訪問した際に、東日本大震災で被災した子供達に向けて送られたものです。【自分の「龍」を育てよう〜子どもたちに伝えたかったこと】皆さんは、龍を見たことがありますか?私はあります。王妃もありますね。龍は何を食べて大きくなるのかを知っていますか?龍は、経験を食べて大き [続きを読む]
  • 紀子さま〜お茶の水女子大学の特別招聘研究員に就任
  • 秋篠宮妃紀子さまが、お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所の、特別招聘研究員に就任されました。紀子さまは今後、研究所の「人間発達科学・健康科学に関する研究プロジェクト」に、共同研究者として参加される予定です。紀子さまはこれまでも、日本学術振興会名誉特別研究員として、同大学にて「健康心理学」の研究を続けてこられました。そして、2013年には「結核予防の意識と行動について」をテーマにした論文で、博士の学位 [続きを読む]
  • 自閉症の作家 東田直樹さんのエッセイ【子供たちの声】
  • 【子供たちの声】夕方になると、小学校から帰ってきて、外で遊んでいる子供たちの声が聞こえて来ます。笑ったり、ふざけ合ったりしている子供たちの声を聞いていると、何だか、ほっとします。この心地良さは、子供の声が、自分の過去の記憶を呼び覚ますというよりも、未来に対する安心感を抱かせてくれるから感じるものなのではないでしょうか。みんな昔は子供だったのです。子供の存在は、未来への希望そのものだと思います。〜〜 [続きを読む]
  • 梅雨の前〜気怠い日に聴きたい曲
  • 最近の気候の変動に、身体が付いていかず、気怠い日が続いています。こんな日には、音楽を聴いて過ごすのが最適でしょう。そして、この季節には、モーリス・ラヴェル(フランスの作曲家・1875〜1937年)の音楽が打って付けのような気がします。【水の戯れ】【ソナチネ】等のピアノ曲は、清涼感があって、それでいて、アンニュイ感が漂っていて〜ちょっと疲れた今の私には、心地良く染み渡ります。【弦楽四重奏曲】も素敵です。こん [続きを読む]
  • 楽譜の片隅にイラストを描いてみた
  • 今日は、3年生のAちゃんのレッスンでした。Aちゃんは、嬉しそうにレッスンに来るのですが、お家での練習はちょっと。。。と云うタイプです。でも、この4月からは3年生ですし、お家でも沢山練習をして、一気に上手になってもらいたいな〜ということで、レッスンに色々と工夫を試みています。先週は、楽譜の片隅に、日付と、ウサギさん等のイラストを描いて、「練習した日に、色を塗ってね。」と言っておきました。そして今日。 [続きを読む]
  • 考えるのを止めると、うまくいく?
  • 今日も、近隣の山を歩いてきました。どうって事の無い、楽〜な道中の筈でしたが、最後の登り道が、想像以上に急勾配でビックリしました。ところが、急勾配ではありましたが、意外とスイスイと登れたので、自分自身の体力にも、ビックリしたのでした。実は、最近の山歩きで、1つだけ体得したことがあります。急な登り坂などで、身体が悲鳴をあげそうな時、私は務めて何も考えないようにします。つまり、登るのが辛いな〜とか、疲れ [続きを読む]
  • 受験生とピアノのレッスン
  • 今朝も、予備校に行く前に、H君が来ました。H君は、なかなかの秀才君で、予備校でも、特別なクラスに入っているそうです。自転車で颯爽とやって来たH君は、すぐにピアノを弾き始めるのですが、練習していないのがすぐに分かる程、たどたどしいのです。予備校に通う受験生なのですから、それは仕方のないことです。なので、片手ずつ弾かせたり、ゆっくり弾かせたり、色々工夫して練習させました。すると、器用なH君は、すぐに弾ける [続きを読む]
  • 最近の報道で心配していること
  • 16日に、NHKが速報で流した“眞子さまの御婚約” 報道。お相手の方が、テレビで紹介される度に、私はなんだか落ち着きません。お相手の方が、眞子さまとは釣り合わないような?そんな気がしてならないのです。この御縁談、本当かな〜? そう思いながら、様子を見守っていました。すると、今日の午後、ヤフーニュースを見ていましたら、以下のようなニュースが飛び込んできました。『宮内庁の山本信一郎長官は25日の定例記者 [続きを読む]
  • 秋篠宮家の1週間
  • 眞子さまの御婚約報道(宮内庁の正式発表ではない)以降、秋篠宮家の報道が多くなり、喜んでいます。以下、この1週間の秋篠宮家の皆様の御公務です。5月12日・・・【眞子内親王】武蔵野陵・武蔵野東陵参拝(ブータンご訪問につき)5月13日・・・【両殿下】第27回森と花の祭典―「みどりの感謝祭」式典出席5月13日ー14日・・・【紀子妃殿下】京都府訪問・「第30回大聖寺文化・護友会総会」ご臨席及び関係者との懇談5月15日・・ [続きを読む]
  • 発達障がい〜誰もがカケラを持っている・その2
  • 昨日の続きです。一昨日の夜に放送された【NHKスペシャル・発達障がい】は、ちょうど帰省していた、長男と一緒に観ました。見終わった後に、長男に感想を求めましたら、「オレ、発達障害の人の気持ちがわかるよ。オレも、発達障害の可能性が高いからね。」と言いました。なので私も「今テレビを見て、お母さんも、確実に発達障がいの傾向があるな〜と自覚したよ。」と答えました。確かに、私も長男も、片付けが苦手ですし、“つい [続きを読む]