ららみ さん プロフィール

  •  
ららみさん: ららみ先生のピアノのおけいこ
ハンドル名ららみ さん
ブログタイトルららみ先生のピアノのおけいこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/soraminosorami
サイト紹介文自閉症でも、発達障がいでも、ピアノが両手で弾けるんです! ピアノが弾けるって、素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 316日(平均5.6回/週) - 参加 2016/05/12 18:17

ららみ さんのブログ記事

  • 自閉症の作家・東田直樹さんのエッセイ【笑う】
  • 【笑う】にこにこしても何もいいことは起こらなくても、やはり笑顔が一番です。それは、笑顔だと周りにいる人が、幸せになるからです。自分の表情ひとつで、人を幸せにできるなら、怒ったり、泣いたりしているより、やはり笑っていたいです。〜〜〜〜〜自閉症の作家 東田直樹さんが、昨日のブログで発表されたエッセイです。本当に、笑うことは大事だな〜と、つくづく思います。先月、実家の母が怪我で入院したのですが、退院し [続きを読む]
  • やっぱりハノンは凄い!
  • ピアノの練習をする時、何時もは、【ハノン】から弾き始めるのですが、今朝は、ちょっと趣向を変えてみようと思いました。そこで今日は、バッハの【平均律】から弾き始めました。昨夜のレッスンで使った楽譜が、まだ楽譜立てに置いてあったからです。10分位弾いたのですが、何か違和感を感じて、練習するのを止めました。一応、指は動いているのですが、指先まで神経が行き渡っていないような?そんな感覚を覚えたのです。そこで、 [続きを読む]
  • 目玉先生 改め ADHD児 頑張るT君・14 
  • 昨日は、T君のレッスンでした。T君は2年生の男の子ですが、ADHDの診断を受けています。今年に入って、投薬を始めたようで、最近は薬の効果が現れて、随分と落ち着いてきました。とはいえ、元々がユニークなT君ですから、私はT君のレッスンが、本当に楽しみなのです。昨日はお顔に、マジックで猫のヒゲが描かれていました「T君、それどうしたの?」「さっき、描いたんだ。」「おもしろいね〜」「うん、お兄ちゃんも笑ってた。」( [続きを読む]
  • 私は、大阪のおばちゃんが大好き♪
  • 先日、長男と電話で喋っていた時のことです。長男が私に対して「お母さんは、本当に世話好きだな〜大阪のおばちゃんのようだなぁ。」と言うのです。「うん、自分でもそう思っているよ〜 大阪のおばちゃん、大好きだもん」と答えました。確かに私は、かなりの世話好きで、ママ友にも「ららみさんって、一見大人しい感じだけど、中身は大阪のおばちゃんだよね〜」と言われたことがあります。少しでも困っている人がいると、ついつ [続きを読む]
  • 自閉症児 M君の不思議・18 This is a pen !
  • 昨日は、M君のレッスンでした。3週間ぶりに会ったM君は、また背が伸びていました。そして、お顔立ちも、大人っぽくなってきているような気がしました。M君は、レッスン室に入って来るなり、テーブルの上にあった万年筆を見つけ、「これは何ですか?」と聞きました。私は「これは、万年筆です。」と答えながら〜昔の、英語の教科書を思い出したりしました(笑)あっ!ピコ太郎さんのことも、チラッと脳裏をかすめました(笑)私が [続きを読む]
  • ただいま〜♪
  • 2月28日から実家に帰っていましたが、昨日の夜、帰宅しました。実家に居る間は、脚の腫れが残っている母の世話や、家事に追われて、やはり、ブログを更新する事が出来ませんでした。昨夜帰宅してから、ゆっくりブログを見たのですが、更新していないにも関わらず、毎日4〜50人の方が訪れてくださったみたいで、とても感激しました。更新しないブログなのに、訪れてくださった皆さま、そして、ポチッと してくださった皆さ [続きを読む]
  • たまには思い出してね〜
  • お陰様で、入院していた母(2月9日の記事)の退院が決まり、私は今日から帰省します。退院しても、暫くは通院しないといけませんし、入院前と同じレベルで生活出来るようになるのか?ちゃんと見極めようと思います。そういう訳で、2週間程、自宅のパソコンから離れますので、しばらくはブログも書けないかな〜と思います。他のツールでも、書くように努力はしたいと思いますが、なにぶんアナログ人間故、ちゃんと出来るか不安で [続きを読む]
  • じゃあ、ベートーベンは何色?
  • 最近は、モーツアルトと、ベートーベンを中心に練習しています。モーツアルトは、2台のピアノの為のソナタ。 ベートーベンは、チェロとピアノの為のソナタ3番です。昨日の記事で、モーツアルトは真珠色、と書きましたが、それでは、ベートーベンは何色でしょうか?今朝、ベートーベンを弾きながら、やっぱりベートーベンは深紅かな〜と思いました。勿論、ベートーベンの曲の中にも、木漏れ日色や、新緑色の曲もあります。でも [続きを読む]
  • モーツアルトはピンク色?
  • 10年位前に、一世を風靡した「のだめカンタービレ」と云う漫画があります。テレビや映画にもなりましたので、記憶に残っている方も多いと思います。ピアニストを目指す「のだめ」と云う主人公を描いた作品で、結構、専門的な描写もあって、楽しめました。その中で、のだめちゃんが「モーツアルトはピンクピンクのイメージ。」と言うフレーズがありました。その時は、「えっ? ピンクなの〜?」と思い、あまり共感出来ませんでし [続きを読む]
  • 「秋篠宮さまは光っていました」とは高校生の感想です
  • 2月23日の記事で、紀子さまが大好きと書きましたが、勿論、秋篠宮さまも大好きです3年程前、次男の友人が高校生の時に、ある科学の賞を取りました。次男の友人に会った時に、「おめでとう」と言いましたら、その子は「ありがとうございます。秋篠宮さまの前で授与式があったんですが、秋篠宮さまも、紀子さまも、本当に光っていて、ビックリしました」と語ってくれました。特別な思想を持っているわけでもない、普通の高校生の感 [続きを読む]
  • 中学生のレッスンで心がけていること
  • 私の教室で、ピアノを習っている生徒さん達は、たいてい中学3年生の夏までは、レッスンに来てくれています。中3の夏休み前に、入試の為に辞める〜と云うのが一般的です。中には、明日は入試!という日にもレッスンに来る子がいますが、非常に稀だと思います。そこで、私が中学生のレッスンで心がけているのは、①飽きさせない、②無理をさせない、と云うことです。最近の中学生はとても忙しく、部活は勿論のこと、塾通いも週に2 [続きを読む]
  • 紀子さまのやりくり
  • 2月14日の記事にも書きましたが、私は紀子さまが大好きです。お綺麗だし、上品だし、聡明で、本当に憧れてしまいます。そんな紀子さまの情報は、なるべく漏らさないようにチェックしているのですが、先日、秋篠宮家の収入の記事を読みました。それによると、秋篠宮家の収入は、家族5人で、年間6710万円です。一般庶民からすると、かなりの年収になりますが、たとえば、御公務で地方へ行かれた場合の交通費、宿泊代も、すべてこの [続きを読む]
  • モーツァルトを弾くと頭が良くなる?
  • 最近、心身共に忙しく、疲れも溜まっていましたので、ピアノの練習も、なかなか思うようには捗らない日が続いていました。今日は、久しぶりに時間が取れましたので、ゆっくりとピアノの練習をしています。今日は、モーツアルトを中心に、練習しているのですが、これが思いの他、気分が良いのです。一時【モーツアルト効果】が、持て囃された時期がありました。1993年に、「モーツアルトを聴くと、頭が良くなる!」と云う論文が、ア [続きを読む]
  • 嵐の日に忘れ物をしたら〜
  • 昨日の記事の従弟とは、1歳違いです。従弟の母親は教師でしたので、従弟は、学校から帰ると私の家で過ごしていました。ところで、私が子供の頃住んでいた地域は、台風の通り道(2016年9月5日の記事)です。秋になると、しょっちゅう台風が通過しました。台風が来ると、暴風雨に見舞われますので、学校はお休みになったり、早引けになったりします。そんなある日のことです。 私が2年生、従弟が1年生だったと思います。従弟 [続きを読む]
  • 花嫁の父は、喫茶店に隠れていた!
  • 昨日は、従弟の長女、Rちゃん(2016年11月2日の記事)の結婚式でした。私も、都内の結婚式場まで出向き、出席しました。明るくて華やかな、良い挙式と披露宴だったと思います。実は、私の従弟は、若い時に結婚し、2人の子供に恵まれた後、離婚しています。なので、従弟と Rちゃんは、ほとんど交流が無く、10数年の月日が流れました。しかし、この縁談を機に交流が始まり、昨日の挙式に至ったのです。従弟は結婚式に出席が決まっ [続きを読む]
  • 髪を切ったんだから押し入れに隠れて!
  • 今日は、久しぶりに髪を切って、パーマをかけました。ずっと、ふんわりパーマをかけたかったので、今日は願いが叶って嬉しいです髪の毛を短くしたので、何時もより、気持ちが軽やかになったような?そんな気分です。ピアノの先生に成り立ての頃、近所の、Mちゃんと云う5歳の女の子が習いに来ていました。とても懐いてくれていて、毎日、お友達との待ち合わせ場所が、私の家の庭でした「今日遊ぼう♪ 待ち合わせ場所は、ららみ [続きを読む]
  • バレリーナ 吉田都さんの姿勢
  • NHKの情報番組「あさイチ」に、今朝、バレリーナの吉田都(みやこ)さんが出演されていました。吉田都さんは、22年間にわたり、イギリスのロイヤル・バレー団でプリンシバルをつとめた、世界的に有名なバレリーナです。プリンシバルとは、そのバレー団のトップを表す称号で、なかなかなれる地位ではありません。ましてや、吉田さんは日本人です。しかも小柄なので、体つきの全く違う西洋人の中で、トップに居続けることは、並大抵 [続きを読む]
  • 自閉症の作家・東田直樹さんのエッセイ【犬の鳴き声】
  • 【犬の鳴き声】犬の鳴き声を聞くと、僕は窓の近くに行き、じっと耳を傾けます。何に対して吠えているのか知りたいのではなく、どんな気持ちで吠えているのか知りたいのです。ワンワンと同じように吠えているように思ってしまいますが、よく聞くと吠えている時の声の大きさやリズムは、日によって違います。この時、犬の姿を見てはいけません。こうして、犬の声に耳をすませていれば、犬の気持ちがわかるような気がします。〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 今、練習している曲
  • 発表会は終わりましたが、私自身の練習は続けなければ!と思っています。今は、とりあえず、ベートーベンの、チェロ・ソナタ3番チャイコフスキーの、ピアノトリオ『偉大な芸術家の思い出』ラフマニノフの、2台のピアノの為の組曲2番 を、細々と練習しています。どれも大曲なので、体力が勝負になりますが、他の楽器と合わせた時の嬉しさを思うと、頑張ろう!と思えてきます。その為には、基礎練習をしなくっちゃね!と思いつ [続きを読む]
  • 紀子さま・結核予防関係婦人団体中央講習会開校式
  • 秋篠宮妃紀子さまは13日午後、東京・千代田区のホテルで行われた「第21回、結核予防関係婦人団体中央講習会」の開講式に出席されました。この会は、紀子さまが総裁を務める結核予防会などが主催し、結核予防の知識の向上などを目的として、開かれたものです。紀子さまは、結核の罹患率の現状について、日本は欧米諸国と比較すると、中程度の蔓延国に位置している、と指摘された後、「皆さまの貴重な経験や情報の交流が、今後、結核 [続きを読む]
  • 発表会と、心臓の音
  • 昨日は、発表会でした。無事に終了することが出来て、ホッとしました。どの子も、頑張って弾いてくれたと思います。発表会の時、私はいつも、舞台の袖に立ち、生徒さんと共に次の出番を待ちます。次に演奏を控えた生徒さんの横に立ち、小さい子ならば、後ろから抱きしめ、少し大きい子には、背中に手を置いて、「大丈夫だからね。」と言ってあげるのです。その時、生徒さんからは、心臓のドキドキが本当に伝わってきて、私の鼓動も [続きを読む]
  • 自閉症児 M君の不思議・17 郵便局に行きます
  • 今日は、M君のレッスンでした。M君は、レッスン室に入って来るなり、「H君は?」と聞きました。以前、レッスン室で時々会っていた、高校生のH君のことを思い出したのでしょう。私は、「H君はテストがあるから、レッスンはお休みだよ。」と伝えました。去年の暮れまでレッスンに来ていた高3のH君も、さすがに今年に入ってからは、レッスンをお休みしているのです。するとM君は「僕も、16歳になったら、郵便局に行きますから、レッスンは [続きを読む]
  • 3日ぶりにハノンを弾いて気が付いたこと
  • 火曜日と水曜日は実家に帰っていましたので、ピアノの練習をしませんでした。実家にもピアノはあるのですが、病院へ行ったり、掃除や洗濯で明け暮れ、ピアノに触る余裕が無かったのです。昨日の午前中に自宅に戻り、早速ピアノを弾いてみました。まず最初にハノンを弾きました。いつものテンポで弾き始めたのですが、指にぎこちなさを感じました。ぎこちなさを感じたままピアノを弾き続けると、指に負担がかかりますので、ゆっくり [続きを読む]
  • 母の入院
  • 火曜日の朝に、ケアマネージャーさんから電話があり、実家の母が、入院したと聞きました。朝、デイサービスの職員さんが、母が床に座り込んでいるのを見つけてくれて、救急車で病院へ運んだのだそうです。私は急いで、新幹線に乗りました。午後に着く飛行機には間に合わなかったからです。実家の母は、1人で生活しています。足が悪いので、要支援1をもらい、週に1度だけ、体操のデイサービスを利用しています。母の足が立たなく [続きを読む]
  • 「北風小僧の寒太郎」と息子達
  • 今日は非常に風が強くて、外出するのが ためらわれる程です。今から16年程前の、今頃の季節だったと思います。風の強い日に、息子2人を連れて歩いていた時、小さな公園の横を通りました。すると、強い風に押されて、ブランコが大きく揺れました。とても大きく揺れたので、私は「あっ 北風小僧の寒太郎が、ブランコに乗っているんだね」と言いました。すると、6歳の長男は「ああ、やっぱり、北風小僧の寒太郎って、いるんだね」と、 [続きを読む]