sou0922 さん プロフィール

  •  
sou0922さん: 空手の組手・形が上達するコツと練習法
ハンドル名sou0922 さん
ブログタイトル空手の組手・形が上達するコツと練習法
ブログURLhttp://karate-navi.seesaa.net/
サイト紹介文組手大会で勝てない、形だけでも完璧にしたいなど、空手の組手や形が、みるみる上達する練習方法をご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 190日(平均0.7回/週) - 参加 2016/05/13 09:51

sou0922 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 空手が上手くなるコツと練習法が学べる良教材をご紹介
  • 練習量を増やしても、間違っていては意味が無い間違った練習を続けていると、技の出し方やフォームに癖が付いてしまい、なかなか修正が効かなくなる場合があります。せっかく一生懸命コツコツ練習をしても、ただ運動をしているだけの状態と一緒です。正しい練習に沿って正しい体の使い方を覚え、イメージ通りに体を動かせるようになるのが理想ですよね。そこで今回は、正しい練習法や初心者でも経験者でも上達するコツが身につく、 [続きを読む]
  • 空手の組手 【子供編】練習方法と上手くなるコツ
  • 強い子供に育てたい、打たれ強い子供にしたい精神力を鍛えたい!強い子供にしたい!そう思う親御さんは少なくありません。実際、その思いが優先となり、子供がまだまだ小さく技術や経験も無いのに、「組手で鍛えて下さい!」と頼まれる方も多いです。そもそも空手は、相手がいることを想定して練習する基礎練習と型があり、まずはその練習が中心に始まり、組手へと移行していくのが普通です。基礎がいかに大事かということを大前提 [続きを読む]
  • 空手の形上達のための松涛館基本形バイブル、待望の映像化!
  • 松涛館流空手の形が上達するオススメのDVDです!Hirokazu Kanazawa 10º Dan Heian Shodan【参考動画】松涛館基本形バイブルが待望の映像化!基本形(平安初段・平安二段・平安三段・平安四段・平安五段・鉄騎初段)の教範映像はとても貴重です。各形を、正面・横・後ろからの映像で表現。ポイント解説・分解ではスローモーションと字幕でとても分かりやすく説明しています。松涛館流空手道形教範全集「基本形」 Vol.1 (DVD)松 [続きを読む]
  • 空手を始めたい人、空手の組手や型の上達を目指したい人へ
  • ⇒空手のコツを最速で学びたい人はこちら【空手の基礎知識】空手の流派・4代伝統空手について極真空手と4代伝統空手の違いとは?松涛館流空手の形が上達するオススメの本!【空手上達のコツと練習法】空手練習 蹴りの応用【回し蹴り】のコツと上達法空手練習 蹴りの基本【前蹴り】のコツと上達法空手練習 突き技の基本【正拳突き】のコツと上達法【空手の形が上手くなりたい】空手練習応用編 勝負に勝てる【形】のコツと上達 [続きを読む]
  • 空手練習応用編 強くなるための【組手】のコツと上達法
  • 空手の組手とは組手とは、本来二人で相対して行う空手の練習形式の一つです。決まった手順にしたがって技を掛け合う「約束組手」、自由に技を掛け合う「自由組手」、勝敗を目的にした「組手試合」が存在しますが、ここで紹介するのは強くなりたい、勝つためのコツが知りたいという人が見ていると思いますので、組手試合で勝つためにどうするかをおさえたコツなどを項目別にご紹介していきたいと思います。スポンサーリンク空手組手 [続きを読む]
  • 松涛館流空手の形が上達するオススメの本 松涛館流空手形教範全集「基本形」
  • 松涛館基本形バイブル、待望の新発売!基本形(平安初段・平安二段・平安三段・平安四段・平安五段・鉄騎初段)の教範本が、遂に完成しました!写真・解説・留意点・運足など、分かりやすく明記した構成となっており、形をマスターするための必携書です。演武は在本幸司氏となっています。松涛館流空手形教範全集「基本形」購入へ初心者でもとても読みやすい仕上がり【在本幸司氏の参考動画】親切な英語表記も有り、形の全挙動の写 [続きを読む]
  • 空手の組手における上手な間合いの取り方
  • 組手の間合いで勝負が決まる間合いとは相手との距離のことを言いますが、一言で良い間合い、上手な間合いといっても簡単なことではありません。間合いで勝負が決まるということは、この間合いさえ上手く修得できれば今まで勝てなかった組手勝負でも見方が変わってきます。初心者の人は、恐怖心から受けが中心となり、間合いが遠くなりがちになってしまいます。ある程度の経験者であれば徐々に間合いを詰め寄り技を出すことが先行し [続きを読む]
  • 空手の組手を戦い抜くための基礎体力をつける
  • 想像以上に疲れる組手空手の組手は、ボクシングのような長丁場のラウンドを戦うわけでも、柔道のようなつかみ合いの力、体力勝負をするわけでもない、と見た感じは思うかもしれません。しかし、拳同士がぶつかり合うだけのボクシングと違い、蹴りや受け、時には踏込みで体も張ります。柔道のような取っ組み合いと違い、相手の動きを先に察知して動くための集中力と間合いを瞬時に計る能力も必要です。要するに頭の先から足の指先ま [続きを読む]
  • 空手練習応用編 勝負に勝てる【形】のコツと上達法
  • まずはこのふたつの動画をご覧ください。このふたつの動画ではっきりと共通していえることがあります。女性の形であろうが子供の形であろうが、最期まで見入ってしまうほど迫力とキレがあり、ドラマがあります。演武している本人には敵である相手がいるということです。確かに上手い下手はありますが、相手を倒す意気込みがひしひしと伝わってきます。要するに、上手く演武をしようとしているのではなく、いかに見る人の想像力を働 [続きを読む]
  • 空手練習 突き技の基本【正拳突き】のコツと上達法
  • 正しい正拳突きを覚えると上段下段など全ての突き技に応用が効きます空手の基本動作では、構えの姿勢から突く側の拳を脇の下まで引き(これを引き手と呼びます)、同時に突き手と逆側の手は正拳を前に出した形、もしくは受けの形をとります。 引き手とした拳を腰を入れながら対象までまっすぐ突き出しますが、突き出した時は拳の手甲部は上向きとなります。要するに、正拳突きは引き手位置から拳を180度の回転を加えながら目標に到 [続きを読む]
  • 空手練習 蹴りの基本【前蹴り】のコツと上達法
  • 足を使った攻撃の基本が前蹴りです前蹴りは、中足を正確に当てれば絶大な破壊力を発揮し、相手を一発で倒すことができますが、使用部位の面積が狭いためヒットポイントをはずす可能性が高く、また技の軌跡が直線のため事前に察知された場合には相手にはじかれやすいので、組手・試合などでは思うように効果が表れないことが多いです。ですので初心者は回し蹴りなどを多用することが多いです。あまり力や筋力に自信の無い人でも充分 [続きを読む]
  • 極真空手と4代伝統空手の違いとは?
  • 極真空手はフルコンタクト空手のひとつ4代伝統空手は、組手でわかるように寸止めのルールがあり、極真空手は直接打撃性の空手となります。顔面への打撃を禁止していますが、防具を着け認めている流派もあります。そもそも極真空手は極真会館でやっているものだから極真空手と呼ばれており、直接打撃性の総称フルコンタクト空手の老舗・発祥が極真空手です。極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、「頭は低く目は高く、口 [続きを読む]
  • 空手の流派・4代伝統空手について
  • 4大伝統空手松涛館(船越義珍ーふなこし・ぎちん先生)剛柔流(宮城長順ーみやぎ・ちょうじゅん先生)糸東流(摩文仁賢和ーまぶに・けんわ先生)和道流(大塚博紀ーおおつか・ひろのり先生)この4つが、4代伝統空手といわれています。全て寸止めが基本です。空手が日本の本土に来たのは1930年頃です。これらは全て空手が沖縄から伝わったときに、はじめて流派を名乗らなくてはならない時につけられた名前で、それまでは、流派と [続きを読む]
  • 過去の記事 …