じゅんじゅん さん プロフィール

  •  
じゅんじゅんさん: 映画と服
ハンドル名じゅんじゅん さん
ブログタイトル映画と服
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/ebisu-ya/
サイト紹介文映画とそこに出てくる人達の服について個人的に書いているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/05/13 13:12

じゅんじゅん さんのブログ記事

  • コーラス
  • 映画「コーラス」(2004) 問題児ばかりの学校「池の底」名前からして沈みそうな暗さ 23人の生徒にコーラスを教えるマチュー先生 外見的に生徒のかっこうの餌食にされそう。実際、中傷誹謗、ヤジの連続 歌うことは発散、癒やし、メロディーやそのリズムが一瞬、現実を忘れさせてくれる。 中でも美しいソプラノの持ち主 モランジュ 最初は歌わないが 歌う声に美しい旋律と聞く人を魅了し自分も昂揚とした気持ちになる 横顔が [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し
  • 映画「千と千尋の神隠し」 湯婆婆は双子 私の叔母は姉妹そっくり こうして改めて見ても机の上に積まれている書類や瓶や壺や鼻息荒くしゃべっているところや よかれと思うことに全力で突進する姿は 老人ではなく まさしく湯婆婆 とにかく物が多く 高価な物だから捨てられないのもわからなくはないが アニメなら見てて笑えるが 現実には 本当に恐ろしい。 今まで断捨離やミニマリストという言葉が世間にはあるが私には縁のないこ [続きを読む]
  • 君の名は。
  • 映画「君の名は。」(2016) 今さらですが すさまじい勢いと美しさに引き込まれ見終わったあと現実に戻れるか、戻りたくない浮遊感にゆらゆら。 抗えない運命に挑む姿が自然の光が風が巡る季節が圧倒する。 時間がゆがむときずっと首の周りがぞわぞわと鳥肌がたって 神はサイコロ遊びをしない と言い聞かす。 みつはが髪を結んでいた組紐 時間を組紐になぞらえて交差させいきつもどりつ時間を編みたたんでいく。 理屈ではな [続きを読む]
  • となりのトトロ
  • 映画「となりのトトロ」 あじさいが咲いて森の緑が色を濃くするこの季節 トトロがやってくる この雨のシーン印象的です。 身体にみあわない傘をさすトトロが愉快で自分も身体にあっていない傘だったら滑稽に見えるんだろうか。 でも、小さな子供が大きな傘をさし長靴をはいている姿を見るのが好きです。 俯瞰でみるとぎこちない歩き方や傘の役目をはたしていないさしかたや水たまりをじゃぶじゃぶ入っていく姿は妖怪のような天使 [続きを読む]
  • かもめ食堂
  • 映画「かもめ食堂」 ピッカピカに磨かれた食器やグラス、鍋、フライパン 日々の生活の道具を大切に使っているのがよくわかります。 三人三様の服とスタイルも好きです。 何日も自分のトランクが出てこなくてもひょいっと指さした場所がムーミンの場所でも ここでなら食堂をやっていけるかもという思いつきも 一見突拍子もないように見える理由も 野性的な感のようなものに素直に感じ取って動ける風のように軽い心があるから。 さ [続きを読む]
  • レインマン
  • 映画「レインマン」(1988) 静かに自分の秩序の中だけで生きている兄レイモンドと現実の波ににうまく乗っているように見える弟チャーリー おそらくほとんどの人が弟チャーリーのように生活している。 同じ服、同じ食事、同じ時間に就寝 無理です。 でも、時々この映画を思い出し観ているとレイモンドの静かな秩序がカノンのように心地いいと思える。 同じメロディを追いかけっこして重ねていくパッヘルベルのカノン 服や装 [続きを読む]
  • 魔女の宅急便
  • 映画「魔女の宅急便」 何度も観てるこの映画 黒猫と黒い服(正確には濃紺)の女の子の物語 どうしてこの色の服ではだめだったんだろうって毎回思う。うん、やっぱりだめだと思う。赤いリボンと濃紺がベストよね。 そして対照的なのが街の子供たちの服 誰一人、暗い色の服を着ている人が出てこない。赤やピンク、黄色やブルー。 だから余計にキキの黒い服が目立つ。 私の会社に制服はない。自由だ。 毎日毎日その日の天気や気分 [続きを読む]
  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
  • 映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」(2016) 何度観ても新たな発見があって飽きない映画 魔法やオマージュ、メタファーがたくさんちりばめられて自分の心理状態によって様々な登場人物にアクセスできる映画 自分が何者であっても隠したり偽ったりしないことへの賞賛 この映画の衣装デザイナーはアカデミー賞も受賞しているコリーン・アトウッド ニュートが着ているこのブルー [続きを読む]
  • 101匹わんちゃん
  • 映画「101匹わんちゃん」(1960) 気になってずっと観たかったセル画アニメーション どのシーンも目が離せない!!イギリス、ロンドンの町並みも作曲家ロジャーの家も99匹の仔犬たちのコロコロとした動きやピコピコ動くしっぽなんか手を伸ばして捕まえたくなる!!もちろん、ポンゴとパディータの表情豊かな動きや愛情にも癒やされ、改めて手描きのアニメの素晴らしさを実感。 ポンゴ−斑点72個パディータ−斑 [続きを読む]
  • バンビ
  • 映画「バンビ」 春に観たくなる映画「バンビ」自然の厳しさと美しさが心にしみる。 そしてディズニーランドではイースター復活と繁栄の象徴うさぎとたまごがあちらこちらに この映画に出てくるウサギのとんすけ(サンパー)が可愛くてイラストを描いてみたくなりました。 バンビが主人公なのに。 子供時代のとんすけの声も動きも本当に可愛くて映画だとわかっていても、お願いだからこのまま成長しない [続きを読む]
  • her 世界でひとつの彼女
  • 映画「her 世界でひとつの彼女」(2014) 人工知能型OSサマンサと恋に落ちる男の物語 彼女が姿を現すことはないなぜならサマンサはAI機械だから。声だけで人間がここまで心を揺り動かされ感情が細胞から喜んだり悲しんだりするだろうか。 これは、ぜひ吹き替えでなく字幕で観てほしい映画。 サマンサの声はスカーレット・ヨハンソン 少しハスキーで、でも聞きにくい事はなく耳をくすぐる感じ [続きを読む]
  • ブライダルウォーズ
  • 映画「ブライダルウォーズ」(2009) 幼馴染みのこの二人性格も服の趣味も違うけど夢見ることは全く同じ 名門プラザホテルで6月に結婚式をあげること!! ダブルブッキングされ親友から戦友そしてまた絆の深い友達に ケイト・ハドソンが着ているドレスNYドレスブランドVera Wangのものバレリーナというタイプのドレス本当に可愛いの!!ドレスの美しいラインを出すためお直しができないらしい。 ド [続きを読む]
  • シング
  • 映画「シング」(2017) 最初から顔がゆるみっぱなし!!動物のキャラクターも映像も音楽も楽しい!!私はこの二人、劇場支配人のバスターと推定200歳のイグアナ、カレンとの会話ややりとりが可笑しくてお気に入り。 劇場が経営困難で打開すべく悪戦苦闘してる姿が応援したくなる!! そして、彼らの歌!!パワー!!人生!!爽快感!! 子供たちに観てもらいたいな。 日本語版で観たので次は [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • 映画「ラ・ラ・ランド」(2017) 大きなスクリーンで思いっきり体感して浮遊する感覚で観たい映画!! 冒頭からのスピード感とわくわくがずっとやむことなくミュージカルでもすんなりストーリーにも入れる映画 ストーリーは「シェルブールの雨傘」を連想 これだけではなく「雨に唄えば」や「ロシュフォーの恋人たち」「パリの恋人」のシーンを彷彿とさせるところもあり、それが懐かしさや安堵、切なさに [続きを読む]
  • 世界一キライなあなたに
  • 映画「世界一キライなあなたに」(2016) 死生観、安楽死がテーマだと知らずに観た映画 彼女が着ているドレスは色鮮やかで、デザインも美しい!! ファッションを大学で専攻したいと考えているくらいだから、流行にも敏感なはず。 でも、それはそれ!!着たい色を着たい服を謳歌する!! だから、パリのカフェでこんなシマシマのタイツはいてる人いないけど人目なんて気にせずこれで闊歩する [続きを読む]
  • ギャラクシー街道
  • 映画「ギャラクシー街道」(2015) 木星と土星の街道にあるハンバーガーショップサンド・サンド・バーガーコスモ店行ってみたい!! この店内で繰り広げられるドラマ 50年代から60年代のアメリカンダイナーのようなイメージ 壁にはギャラクシーマップが!!これでどこにあるかわかるからいざ出陣!!とはいかない。 ピンボールゲームやジュークボックス雰囲気いいなぁ。 登 [続きを読む]
  • ゴーストワールド
  • 映画「ゴーストワールド」(2001) イーニドとレベッカ親友同士 高校卒業社会と現実との折り合いがうまくいかない 髪の毛緑にしたり他人を馬鹿にしたり職もなく家もいずらく居場所がない 二人のファッション可愛い!! イーニドのプリントTシャツやこのポロシャツもふざけた感じが彼女の毒舌とマッチして原作が見たくなる。 そしてスケッチブックに描いてるイラストが本当に上手い [続きを読む]
  • バチカンで逢いましょう
  • 映画「バチカンで逢いましょう」(2012) ドイツ人母娘3代の物語それぞれの年代それぞれの人生それぞれの事情 このおばあちゃん可愛いんですよ!! 愛情たっぷり敬虔なクリスチャンでローマ法王の謁見を夢見て 実現しちゃう!! ドイツの家庭料理カイザーシュマーレンというお菓子 お砂糖たっぷりで美味しそう!!そう、このお菓子ローマ法王も愛してやまない特別なスイーツ [続きを読む]
  • ロッタちゃんはじめてのおつかい
  • 映画「ロッタちゃんはじめてのおつかい」(1993) 5歳の女の子名前はロッタお気に入りは豚さんのぬいぐるみ お隣のおばあちゃんだぁいすきだから家出してしばらくここで暮らすの!! 色使いやインテリアがいつまでも残る映画そして、何よりこの生意気でかわいいロッタちゃんの世界観が微笑ましい。聞き慣れないスェーデン語も異国情緒と童話の雰囲気にマッチしている。 アストリッド・リンドグレー [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・
  • ▼私を構成する成分は・・・\あなたはなにでできている!?/成分チェッカーで分析する 凄い!!当たってる!! 特に春や季節の変わり目は眠気がとんでもなく、映画を見ながら寝ちゃうこともしばしば。 ところで、好きなドラマなのに毎回絶対深い眠りに落ちちゃうのが「相棒」なんなんでしょう。。。最後まで見れたことがなく、ビデオでもやっぱり寝ちゃう。だから、私の中で未解決事件だけがたまってい [続きを読む]
  • マルタのやさしい刺繍
  • 映画「マルタのやさしい刺繍」 この映画が好きで勝手にコラージュしてみました。 画像が横になってしまいみづらくてごめんなさい。元の画像はちゃんと正面向いているのに、どうしたら直るんでしょう。。。 実は今週月曜日からインフルエンザで仕事も休み、外出もできずハサミとちょきちょきといろいろ作って遊んでます。 紙やリボン、シールや布何でもありで楽しいです!!そして、 [続きを読む]
  • ダニエラという女
  • 映画「ダニエラという女」(2006) この美貌、この容姿で娼婦それだけでそそられる男でなくてもね! このお顔で「いくらで愛してくれる?」 冴えない男達とのやりとりは滑稽でテンポよく衣装や髪型もころころ変わる あり得ない服で登場なんだけど娼婦だからいいのかモニカ・ベルッチだからいいのか 映画同様、心臓の悪い方はご注意遊ばせ血圧上がる事間違いなし!! & [続きを読む]
  • イン・ハー・シューズ
  • 映画「イン・ハー・シューズ」(2005) 姉のローズ、職業は弁護士得意なもの、勉強コンプレックス、外見。 妹のマギー、無職得意なもの、与えられた美貌で男を落とすコンプレックス、字が読めない。 このシュークロゼット圧巻目の保養キャメロン・ディアスの足も目の保養 無職の妹には買えるはずもなくもちろん全て姉の物。しかし、姉は履かない。 当然二人はうまくいくはずもなくお互いに理解しあえる事 [続きを読む]