kapok さん プロフィール

  •  
kapokさん: 経済&マネー
ハンドル名kapok さん
ブログタイトル経済&マネー
ブログURLhttp://kapok.mydns.jp/business/
サイト紹介文投資情報専門サイト 個人投資家であるKapokが、資産運用についての記事を投稿します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/05/13 18:18

kapok さんのブログ記事

  • バフェットのポートフォリオ(2016年12月)
  • ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)のポートフォリオをメモしておきます。バフェットは長期投資家として知られていますが、実はバフェットのポートフォリオの構成銘柄や比率は大きく変化します。また、バフェットの一挙一動は関連銘柄の株価に影響します。そのため投資家は時々、バフェットのポートフォリオを確認する必要があります。バフェットのポートフォリオ下記のポートフォリオは2016年12月時点のものです。構成銘柄 [続きを読む]
  • インデックスファンドの平均取得価額は下げた方が良いか?
  • Q. インデックスファンドの平均取得価額は下げた方が良いですか?A. はい。平均取得価額は下げた方が良いです。投資成果は買値と売値で決まります。そして買値は低い方が良いです。そのため、平均取得価額が下げられるのであれば、下げるべきだというのが私の意見です。含み損であれば、安値で拾い平均取得価額を下げるべきこの質問をしてくるという事は、含み損の状態だと思います。含み損の状態であれば、追加で買い付けを行うと [続きを読む]
  • 運用報告書(2017年4月末日)
  • 2017年4月30日時点の資産運用の状況を公開します。運用概況資産概況時期運用資産(千円)基準価額(円)前月比口数(千口)低リスク資産比率2017年4月末10,99015,7422.08%6,98127.7%2017年3月末10,76515,4200.47%6,98131.2%投資環境2017年4月は地政学的リスクが意識された1ヶ月となりました。米国がアフガニスタンに大型爆弾を投下し、北朝鮮がミサイル発射を繰り返しました。特に4月中旬は、為替相場においてリスクオフの円買いが [続きを読む]
  • イラク戦争(2003年)開戦前後の米ドル/円 為替チャート
  • イラク戦争開戦時の米ドル/円 為替チャートを作成しました。イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。イラク侵攻直後下図は、イラク侵攻直後の米ドル/円為替チャートです。為替は開戦後、一時的にドル高に振れた後に、安定しました。開戦は織り込み済で、為替への影響は小侵攻前日の2003年3月19日の為替レートは1ドル120.43円でしたが、イラク侵攻開始後に米ドルが買われ、3月21日に [続きを読む]
  • 運用報告書(2017年3月末日)
  • 2017年3月31日時点の資産運用の状況を公開します。運用概況資産概況時期運用資産(千円)基準価額(円)前月比口数(千口)低リスク資産比率2017年3月末10,76515,4200.47%6,98131.2%2017年2月末10,71415,347?6,98131.9%投資環境投資環境は概ね安定していたと言えますが、トランプノミクスの息切れも指摘される相場環境でした。例えばダウ平均株価は3月16日(木)から8営業日続落しました。また、3月24日(金)にはトランプ大統領 [続きを読む]
  • 多くのアクティブ投資家が市場平均に負ける理由
  • 多くの市場参加者は、市場平均に負けると言われています。アクティブ投資家の大多数が市場平均に負け、その負け分が少数の大勝ち投資家の利益になります。シミュレーションの結果を参考に、その仕組みを説明します。シミュレーション四半期での平均リターンが2%、リスク20%で資産運用を行う10,000人の投資家がいたとします。彼らがそれぞれ運用を行った時、何が起こるのかを乱数シミュレーションした結果が下記の動画です。t は時 [続きを読む]
  • 無リスク資産への投資
  • 無リスク資産の活用は、資産運用の柔軟性と効率を向上させます。無リスク資産は、将来的にリスク資産の購入に利用する事でポートフォリオ全体の成長性を高めます。無リスク資産を含めた資産全体の成長こそが、投資家にとって最も興味のある指標です。特に長期運用において、無リスク資産を活用しリスク資産のリスクの大小をコントロールする事は重要です。無リスク資産とは?無リスク資産(Risk-free Asset)は、元本が保証された [続きを読む]
  • 米国債ショック(2011年)前後のダウ平均株価チャート
  • 米国債ショック(べいこくさいショック)は、2011年8月8日に発生した世界同時株安です。米国債のデフォルト懸念から、アメリカの格付け機関スタンダード&プアーズ(S&P)が、2011年8月5日にアメリカの長期発行体格付けをAAAからAA+に格下げしました。安全資産とされていた米国債の信用が揺らぎ、金融不安から世界の株価は下落しました。米国債ショック前後のダウ平均株価チャートを作成しました。米国債ショックの後、米国株式相場 [続きを読む]
  • 東日本大震災(2011年)前後のダウ平均株価チャート
  • 東日本大震災当時の米国株動向を知るために、ダウ平均株価チャートを作成しました。ダウ平均株価は少なからずこの大震災の影響を受け、2011年3月16日には震災前より3.6%低い水準まで売られる局面がありました。東日本大震災東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、ひがしにっぽんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に日本で発生した大規模地震災害です。地震による直接的な被害だけでなく、地震によって発生した巨大津 [続きを読む]
  • イラク戦争(2003年)開戦前後のダウ平均株価チャート
  • イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。下図はその前後のダウ平均株価チャートです。2000年のドットコムバブル(インターネットバブル)崩壊の影響で下落基調であったダウ平均株価は、イラク戦争開戦後に回復を始めました。なぜなら米国は世界で最も軍事産業が盛んですので、侵略戦争によって米国の経済活動が活発になったからです。迷惑な国ですね。とは言え、米国の回復は世界に [続きを読む]
  • 911アメリカ同時多発テロ事件前後のダウ平均株価推移
  • 2001年9月11日にアメリカ合衆国内で、航空機等を用いた4つのテロ事件が、同時多発的に発生しました。この事件は、「アメリカ同時多発テロ事件」や「9・11テロ」等と呼ばれます。この事件後のダウ平均株価チャートを作成しました。作成したチャートの元データは株価データ倉庫から取得しました。テロが起きたのは9月11日の朝で、アメリカ合衆国での取引が始まる前の時間帯でした。多くの金融機関が入居する貿易センタービルで起 [続きを読む]
  • リスク資産への長期投資で必ず負ける場合とは?
  • プラスリターンの金融商品を長期運用すれば、長い目で見たら儲かりそうだと考えてしまう投資家は多くいます。ところが現実では、必ずしも儲かりません。特にリスクを取り過ぎた資産運用を長期間継続すれば、儲かるどころか必ず負ける事になってしまいます。シミュレーションハイリスク・ハイリターンな金融商品例えば四半期の平均リターン3%・リスク30%の金融商品を考えます。この金融商品の年間でのリターン期待値は12%になります [続きを読む]
  • リンク集
  • お気に入り・お薦めwebサイトへのリンク集です。投資サイト・ブログ投資理論サイト名著者(投資開始)備考医学と投資についての随想 (KAPPA)KAPPA(1997年頃)医師が執筆するデータの読み解き方に関する投資理論ブログです。話題豊富。¥∞不明ケリー基準は個人投資家必読のページです。投資日記不明話題性の高い学術論文の引用、解説を多く閲覧できます。Tansney Gohn の投資ブログTansney Gohn(不明)短いコンテンツの中に興味深いリ [続きを読む]
  • リスク資産の運用概況(2017年2月末日)
  • 私のリスク資産運用の概況を投稿します。2017年2月28日時点の状態です。資産概況概要リスク資産運用額は7.07百万円となりました。2017年の間は、リスク資産額が7.00百万円を下回らないようにキャッシュポジションを調整します。投資環境米トランプ大統領に対する期待と不安の入り交じる相場でしたが、結果的に安定した投資環境となりました。個別銘柄状況産業別個人的にパフォーマンスが良い生活必需品(Consumer Staples)と技術 [続きを読む]