マツイ ケイスケ さん プロフィール

  •  
マツイ ケイスケさん: 元教師が教える思春期の子どもへの接し方のコツ
ハンドル名マツイ ケイスケ さん
ブログタイトル元教師が教える思春期の子どもへの接し方のコツ
ブログURLhttp://www.sisyunki.net
サイト紹介文思春期の子どもの特徴や接し方、子どもの本音、保護者からの相談事例や苦労などについて書いています。
自由文大学卒業後に中学校理科教師となり、思春期の子ども達と関わってきました。
退職後は、不登校の生徒、問題行動を起こす生徒、学校の授業についていけない生徒などを対象とした塾を開いています。また、保護者の方への教育相談も行っています。
これらの経験をもとに、思春期の子どもの様子や実際にあった生徒指導、教員時代の失敗などについて書いていこうと考えています。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/05/14 10:39

マツイ ケイスケ さんのブログ記事

  • 「ウチの子発達障害かも」と感じたらすぐに行うべき対応3選!
  • 子育ては、人生の中でも 特に充実したすばらしい時間 です。子どものちょっとした成長に喜び、将来に希望や不安を感じながら毎日を過ごすことになります。子どもと一緒に喜んだり笑ったり叱ったり…。その子育てを行う中で、見逃してはいけないとても大切な「感覚」があります。それは、「ウチの子、周りの子とちょっと違うかも?」です。これは子どもがあなたに出しているサインであり、発達障害 によるものかもしれません。確か [続きを読む]
  • 障害の可能性も!?嘘をつく子どもの心理とその対処法9選!
  • 宿題をやっていないのに、「もうやったよ。」と言う。手を洗っていないのに、「洗ってあるよ。」と言う。子どものちょっとした 嘘 に困った経験はありませんか。何度注意をしても、なかなか直らなくて手を焼いている方も多いのではないでしょうか。実は、子どもの嘘 には、いくつかのパターンが見られます。また、障害や病 によって嘘をついてしまうこともあります。今回は、私が 保護者の方から実際に受けた相談 から、嘘をつく子 [続きを読む]
  • 高校受験の面接で絶対NGな受け答え3選!
  • 高校受験 には、筆記試験だけでなく 面接試験 もありますね。各教科を熱心に勉強することも大切ですが、面接の対策を正しく行うこと も重要です。しかし、多くの受験生が面接試験を受けたことがなく、どのように受け答えすれば良いのかよく分からない という人も多いと思います。実は、入試の面接では 絶対にやってはいけない受け答え があります。今回は、高校受験の面接で絶対にしてはいけない受け答えについて見ていきたいと思 [続きを読む]
  • パパ必見!子育てに疲れた妻の心を癒す方法3選!
  • あなたは、普段 子育て にどれくらい関与していますか。「社会生活基本調査」(総務省:2002)によると、育児期の子どもを持つ夫婦の平均的な育児時間は、妻 が1.9時間/日で、夫 が0.4時間/日となっています。夫が育児にかかわっている時間は、妻の 約5分の1 ですね。近年、イクメン が注目を浴びています。イクメンという言葉が普及してから、育児に積極的な夫 が増えているみたいですね。しかし、「男は仕事をして女は家事・育 [続きを読む]
  • 不登校の子どもの将来はどうなる?統計的に見た現実とリスク
  • 現在の日本では、子どもの不登校 が社会問題になっていますね。特に 中学生 の不登校が多く、今では 各クラスに1人 不登校や保健室登校の生徒がいてもおかしくない時代になりました。子どもが 不登校 になると、将来どうなってしまうのだろうかと心配になる方も多いと思います。私の塾にも不登校の子どもが数多く来ていますが、よく保護者の方から「将来が心配 です。」という相談を受けます。それでは、不登校の子どもに待ち受け [続きを読む]
  • ママ必見!子育てでストレスをためない方法4選
  • 子育て は、趣味や仕事では味わえない 特別な経験 です。子どもの成長や入学・卒業、誕生日やクリスマスといったイベントなど…。子育てしているからこそ感じることができる喜びや感動 は、非常に大きなものです。しかし、子育てには 明確な正解 がありません。すぐに結果が出るものでもないので、不安 になることも多いと思います。また、子どものワガママや反抗もあり、ストレス を感じてしまうことも多いでしょう。今回は、私が [続きを読む]
  • 発達障害の種類と就職!適職を探す方法はこれだ!
  • 2016年に行った調査「発達障害を持つ子どもに対して不安に感じていること」によると、90%以上の保護者が 子どもの将来に不安を感じている という結果になっています。私の塾にも 発達障害 を持つ生徒が多数来ていますが、保護者から子どもの 進学 や 就職 についての相談を受ける機会が非常に多いです。中には、「発達障害があると仕事に就くことができない。」と思い込んでしまっている方もいます。しかし、「発達障害がある=就 [続きを読む]
  • 発達障害の子どもの思春期とは?保護者必見の基礎知識!
  • 発達障害 にはさまざまな特徴があることを、以前の記事でお話ししました。発達障害の種類や特徴については、「発達障害の種類と特徴 絶対に知っておきたい基礎知識!」の記事を参考にしてみて下さい。さて、発達障害の子ども も他の子ども達と同じように 思春期 を迎えます。思春期になると、子どもは 様々な悩みや葛藤 を持つようになりますね。それでは、発達障害を持つ子どもの思春期 にはどのような特徴があるのでしょうか。 [続きを読む]
  • 軽度発達障害の主な症状と3分でできる診断方法!
  • あなたは、軽度発達障害 という言葉を聞いたことがありますか。そもそも発達障害には、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、広汎性発達障害(PDD)などがあります。広汎性発達障害は、自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群 などをまとめたものになります。このような発達障害の中でも特に症状が軽い場合、軽度発達障害 と言います。症状によっては障害が見つかりにくく、子どもは支援を必要としているのにそのまま [続きを読む]
  • 中1ギャップの実態と対策!小学校との違いに6割以上の子どもが悩む
  • あなたは、中1ギャップ という言葉を聞いたことがありますか。中1ギャップとは、中学校へ入学した子どもが 小学校とは異なる環境(部活動・教科担任制・先輩後輩の関係など)に悩み、心身に不調が表れる ことを言います。中1ギャップによって、不登校やいじめ、非行 などにつながるケースも非常に多いです。今回は、私が 保護者の方から実際に受けた相談 から、中1ギャップの実態とその原因、対策 について見ていきたいと思います [続きを読む]
  • ママ必見!小学生の子どもに守らせたいスマホ使用ルール7選
  • スマホ がかなり普及していますね。私の塾に来ている小・中学生も、スマホを持っている子がどんどん増えています。小学生の子ども にスマホを持たせたいけど、不安に感じている という方も多いと思います。勉強がおろそかにならないか、スマホ依存にならないか、犯罪やいじめにあわないか、課金や有害サイトへのアクセスをしないかなど…。今回は、私が 保護者の方から実際に受けた相談 から、小学生の子どもに対するスマホの上手 [続きを読む]
  • 子どもの身長を伸ばす2つのヒント!まずは基本を見直そう!
  • 子どもが 小学校高学年〜中学生 になると、身長 がグンと伸びますよね。成長期 を迎えているので、洋服や靴などをすぐに買い替えなくてはいけなくて大変です。子どもの成長が感じられる嬉しい「痛み」でもあります。一方で、成長期を迎えているはずなのに 身長があまり変わらない子ども もいます。「あれ?成長期なのに身長が伸びないのはなぜだろう。」「子どもの身長を伸ばす方法はないのだろうか。」と悩む方も多いと思います。 [続きを読む]
  • 「習い事が続かない」と悩まないで!子どもはこれで変わる
  • どんな 習い事 をやってもすぐに 飽きてしまって続かない。このような子育ての悩みを持つ方も少なくありません。なぜ、習い事が続かない のでしょうか。そして、どうすれば1つの習い事を続けられるようになるのでしょうか。今回は、私が 保護者の方から実際に受けた相談 から、習い事が続かない子どもを変えるヒントについて見ていきたいと思います。スポンサーリンク 40代のママからのご相談小学6年生の息子に悩んでいます。これ [続きを読む]
  • 反抗期の子どもの特徴とその対応!SOSを見逃すな!
  • 反抗期の子ども にはどのような特徴があり、どのように 対応 していけば良いのでしょうか。多くの方が、反抗期の子どもとの接し方に悩んでいると思います。今回は、私が保護者の方から 実際に受けた相談 から、反抗期の子どもの特徴とその対応について見ていきたいと思います。スポンサーリンク 30代のママからのご相談最近、小学6年生の長女の態度が変わってきました。平気で嘘をついたり家でダラダラしたりする ことが多くなっ [続きを読む]
  • 子どもがキレやすくて困っている方必見!原因と対処法はこれだ!
  • 「子どもがキレやすい。」と悩んでいる方はいませんか。「キレる」とは、感情的になってしまい理性が働かなくなってしまう状態のことです。キレると、感情的で攻撃的になってしまいます。子どもがキレやすくなるのには、いくつかの 原因 があります。今回は、子どもがキレやすくなる原因とその対処法について見ていきたいと思います。スポンサーリンク 子どもがキレやすい原因と対処法子どもがキレやすいのは、遺伝的なものや環境 [続きを読む]
  • 高校受験に対する親の心構えと準備とは?家族でできる入試対策6選
  • 子どもが中学3年生になると、いよいよ 高校受験 が近づいてきますね。中学3年生は思春期真っただ中です。なかなか 進路や将来の夢や目標 についての話をしてくれなくなりますね。学校での面談や進路相談などで、初めて子どもの志望校や将来の夢を知るといったケースも少なくありません。しかし、子どもの高校受験に向けて、親として何かサポートをしてあげたいですよね。今回は、高校受験に対する親の心構えと準備について見ていき [続きを読む]
  • 高校受験!偏差値だけで高校を選んではいけない6つの理由
  • 高校受験 をひかえた子どもを持つと、いろいろ不安や悩みがでてきますよね。受験生の親がまず悩むのが、「志望校をどうしようか。」という問題です。あなたは子どもの志望校を選ぶときに、何を基準にして選びますか。また、子どもは何を基準にして志望校を選んでいますか。高校受験の志望校を選ぶ際に、偏差値 だけで受験校を決めてしまいがちです。特に、母親は「少しでも偏差値の高い高校に進学してほしい。」という想いが強いこ [続きを読む]
  • 高校受験!志望校選びでチェックしておきたい重要ポイント7選
  • 子どもが中学3年生になると、高校受験 が近づいてきますね。高校受験を行う際に、最初に悩むのが 志望校選び だと思います。志望校は、どのようにして選べばよいのでしょうか。今回は、高校受験の志望校選びでチェックしておきたいポイントについて見ていきたいと思います。高校受験 や 高校 について知り、子どもに合った志望校を見つけていきましょう。スポンサーリンク ①子どもの現在の学力を見極める志望校 を決める前に、子 [続きを読む]
  • 勉強しないからとあきらめないで!子どもに勉強をさせる10のコツ
  • 何度注意しても 子どもが勉強しない。そのような経験がある方も多いのではないでしょうか。私の塾にも、「子どもが勉強しなくて困ります。」「どうすれば子どもが勉強するようになりますか。」と相談に来る方が数多くいます。どのようにすれば、子どもが勉強するようになるのでしょうか。今回は、勉強をしない子どもに勉強をさせるための10のコツについて見ていきたいと思います。スポンサーリンク 勉強しない子どもに勉強をさせ [続きを読む]
  • たったこれだけ!?子どもに勉強させる方法4選!
  • 子ども は、なかなか自分から 勉強 しようとしませんよね。勉強していても嫌そうにやっていることが多いです。あなたが「勉強しなさい。」と繰り返し言うことで、やっと勉強を始めるというケースも多いのではないでしょうか。何事でもそうですが、強制されながらやると嫌になってしまいますよね。勉強も同じです。できることなら、楽しく「勉強したい!」と思わせながら学習させてあげたいですね。今回は、子どもに勉強をさせる4つ [続きを読む]
  • 小学生の子どもに勉強習慣をつけたい方必見!6つのコツ
  • あなたは、小学校に入学して初めて教科書をもらったときのこと を覚えていますか。折り目が全くついていないピカピカの教科書と、何とも言えない印刷の匂いが印象的ですよね。小学校へ入学したばかりの 子ども のほとんどが、「勉強は楽しい。」「勉強が好きである。」と答えます。しかし、中学校を卒業する頃には多くの子どもが「勉強はつまらない。」「勉強は嫌いである。」と思うようになってしまいます。子どもは、いつの間に [続きを読む]
  • 子どもの集中力を高める方法はこれだ!親子で簡単トレーニング
  • 子どもが小学校に入ると、学校の授業が始まりますね。学校で授業を受けるとなると、それなりの 集中力 が必要とされるようになります。子どもに集中力がない、子どもが小学校に入るまでに 集中力をつけさせたい と考えている方も多いと思います。実は、子どもが集中力を身につけるには、親の力が必要不可欠です。今回は、子どもの集中力を高めるためのトレーニングについて見ていきたいと思います。スポンサーリンク 子どもに集中 [続きを読む]
  • 子どもに部屋を与えるタイミングは?その質問にお答えします
  • 「いつから子どもに部屋を与えれば良いの?」「家には部屋がないけどどうすれば良いの?」子どもが大きくなるにつれて、子ども部屋 をいつから与えるべきか悩むようになりますよね。今回は、いつから子どもに部屋与えるべきかについて見ていきたいと思います。スポンサーリンク 子ども部屋の効果あなたは、子ども部屋にはどのような メリット があると思いますか。私は、「子どもが1人になれる空間である」ということが最大のメリ [続きを読む]