kotaro さん プロフィール

  •  
kotaroさん: SKI×MONO
ハンドル名kotaro さん
ブログタイトルSKI×MONO
ブログURLhttp://skrp.sakura.ne.jp/skimono/
サイト紹介文スキー板の試乗レポ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 320日(平均1.4回/週) - 参加 2016/05/14 21:51

kotaro さんのブログ記事

  • 2018スキー試乗記 ARMADA INVICTUS 99 TI
  • ARMADA INVICTUS 99 TI (179/20.5/133-98-123)栂池で好印象だったINVICTUSのセンター幅違い。この日の新雪もさもさなコンディションなら、こういう板の方が楽しそうだなとチョイス。もさもさボコボコをお構いなしに吹っ飛ばして走る。ノートラックが残っていたので突っ込んでみるとフワ♪うんうん、やっぱり楽しい。コンディションの影響が大きいと思うけど、108TIのときよりは取り回しにくさを感じた。もう少しRが小さいか、ロッ [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 HART CIRCUIT MT
  • HART CIRCUIT MT (165/R15.8/114-70-97)ハートの基礎セカンドモデル、一昨年よりもデザインが格好よくなった。クセがなく素直な挙動でとにかく楽、軽快さ取り回しのよさはこの日乗った中で1番。キャップ構造だと思うけど、キャップでたまにある安っぽさや嫌な感じはない。アイスバーンではエッジグリップの弱さを感じるけど、それを求める板じゃないよね。中級者には最適だと思う。試乗コンディション 試乗者プロフィール  [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 K2 PINNACLE 85
  • K2 PINNACLE 85 (170/128-85-112)来期買替予定のまったり板(ちょいパウダーも)の候補の1つ、栂池でも苗場でも空振りでようやくありつけた。栂池でスタッフの方が、メタル抜きだか減らしたモデルと言っていた。うんうん、履きなれたピナクルの乗り味。後ろよりに乗ればモコふわな雪をうまくいなして越えていってくれるし、テール側のかかりがいいのもピナクルらしい。軽快さ、浮遊感とテールのしっかりさは好みのマッチング。短いこ [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 ReIsm GHOST
  • ReIsm GHOST (167/R17/118-79-104)ReIsmの新作、オールラウンドモデルLA-Fの後継かな。「滑走面がトップシートに」と書いてあった。大回りから始めたら少し速度が出ただけで不安定になって怖かった。そこまで速度出ていたわけじゃないんだけどなあ。まあ飛ばす板じゃないたろうしね、と低速の小回りに切替えたけど、なんだかイマイチ。強いわけでないのにきれいにたわまないような、ガラスのような妙な張りを感じて気持ちよくない [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 ATOMIC REDSTER G9i
  • ATOMIC REDSTER G9i (171/R17.6/109-68-95.5)新生REDSTER基礎系のロングターンモデル。手に持った感じも超軽量というほどしゃないけど十分軽い。乗り味も軽快だけど張り付くような接地感がある。クセはないけどS9iより強い。トップの食いつきや回転性は希薄で、板全体で雪面を捉え、板全体をしっかりと撓ませて曲がる板といった感じ。いかにもロングターンモデル。小回りはやりにくい。ま、基本的に小回り系で大回りの方が楽ですよ [続きを読む]
  • 2017/3/26アサマ2000試乗会(アルペン・スポーツデポ)
  • 試乗コンディション天候:雪、視界不良気温:-2〜-4℃ (強めの雪もあり結構寒かった)試乗コース・コンディション・STAGE3(Ave16° Max22°)、PANORAMA(Ave14° Max24°) ふわふわのもっさもさで板が沈み込む、ブレーキがかかる箇所有 場所によりムラが大きく不安定なコンディション・STAGE2(Ave22° Max25°) 大会のため午前はリフト側が、お昼頃からは逆側が使用不可。 固いベースに軽い雪が乗り、モコモコ・ボコボコ・コブコ [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 AMPLID TIME MACHINE
  • AMPLID TIME MACHINE (185)栂池にいたニーチャンにまた捕まった(笑)もさもさザブザブだし、「柔らかいルーズな板がいいなー、でもROCKWELLは前に乗ったし」と話したら、「今日重めの強い板の方がブッ飛ばせて評判いいですヨ」とオススメされた2本のうち細い方がコレ。センターは90mmだったかな。リフト乗場のすり鉢ぽくなっているところで気付く、この板、基礎系ばりにキャンバーあるんじゃない?滑り出しの1歩目から走る!!多少 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 BLOSSOM MIRAGE
  • BLOSSOM MIRAGE (170/R14/121-71-106)味気ないデザインのブロッサムブースにひときわ目立つ板。GREAT SHAPEベース、世界で100本だか200本の限定モデル。お値段はなんと板のみ18万円。とても手が出ませんが、好奇心の赴くままに試乗。直前のWINDSHERよりはしっかりとした感じで、気持ちよくエッジが雪面を捉え、走ってくれる。とは言え手強さはなくブロッサムらしい乗り味で扱いやすく気持ちのいい板。いいけど買えませんよ、こんな [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 BLOSSOM WINDSHER
  • BLOSSOM WINDSHER (170/R14/124-77-110)「ゲレンデベースのちょい太め」のリクエストで紹介されたのがWINDSHER。フレア以外のBLOSSOMは初めて。試乗用のテストスキーなので見た目は気にしちゃイケナイ。滑らかな雪面タッチに、自然な早い反応、悪雪のいなし、うん好みのフィーリング♪肩の力を抜いてゲレンデを楽しむにはいい板。そういや今日似たような板に乗ったような・・・リフトの上で思い出す。滑走感はKS-RXが近く、板のコンセ [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 SLATNAR RISE
  • SLATNAR RISE (164/R13/118-74-104)高梨沙羅選手の板ということで話題のスラットナー。スキー事業ではビンディングに始まり、エランのジャンプスキー部門移管を経て、来期からゲレンデ用の板も出すらしい。(→公式HP:スラットナー・アジア)スタッフの方に声を掛けると「何色にします?!」カラフルな色違いが並んでいるけど中身は同じ、長さも164cmのみ。軽くて扱いやすいオールラウンドスキーとのこと。スタッフの方の話のとお [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 ATOMIC REDSTER S9i
  • ATOMIC REDSTER S9i (165/R12.7/118-68-104)モデルチェンジで注目のアトミックブース、大人気すぎて、お昼になってようやくありつけた。リフトまでのスケーティングでわかる軽快さ。昨年までのドッシリとしたアトミックじゃない。滑り出しても軽い!昨年までの重厚さ、乗らされている感はどこへ?接地感は薄いけどスゥーー!とよく走る。でも走りも急激じゃない。切替えの反応もキビキビと速く、すんなりいうことをきいてくれる。 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 STOCKLI STORMRIDER 88
  • STOCKLI STORMRIDER 88 (177/R19/127-88-113)LASER AXを乗るときに「初めて試乗会に出した。乗った人ほとんどいないはずだから是非試して」とオススメされた。これまたエッジからの感触が心地いい。ロッカー成分は少なめで、フリーライド系にしては真面目な乗り味。ギャップはやさしくいなしてくれる、反応はやや遅めかな。ゆったりとしたクルージングが楽しい。いかにもストックリの作ったフリーライド板、オガサカ→ブラストラッ [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 STOCKLI LASER AX
  • STOCKLI LASER AX (167/R14.4/123-78-110)シールにはオールマウンテンとあったが、センター78mmなのでピステベースでオールマウンテンとの橋渡し的な立ち位置かな。エッジから伝わる滑らかで繊細な感触が気持ちいい。コレコレ♪一昨年にSCで感じた気持ちよさ。オガサカやブロッサムもズラシの感触がいいけどそれ以上。こういう板に乗ると楽しくて頬が緩んでしまう。基本的には中速で取り回しのいいモデル。急激なところが一切なく [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 BLIZZARD ZERO G95
  • BLIZZARD ZERO G95 (178/R21/128-95-111.5)受付して真っ先に向かったテクニカブースだが、お目当てのブラーマは持込無し、またしても空振り。しばらくして、モサモサ・ザクザクの荒れた雪であうと思ってチョイスしたのですが、ツアーモデルだったんですね。薄く軽い乗り味。軽快なのはいいけど、しなりを感じない、ギャップの突き上げをいなさずにそのまま伝えてくる。軽い板なので突破するような力強さもない。うーん楽しくない。 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 SALOMON XDR 88 TI
  • SALOMON XDR 88 TI (172/R16/130-88-113)サロモンの整地ベースのオールマウンテンモデル。栂池で乗ったXDR80の幅違い。XDR80は差し色とビンディングが黄色で、こちらは赤。操作性と安定感、走破性の高さのバランスのよさ、基本的なフィーリングはXDR80と変わらない。太く短くなった分、反応は多少鈍くなり走りは弱くなるが、モサモサ雪での取り回しはいい。172cmでも安定感は十分。同じシリーズなら、太さ長さ違いでイメージしたと [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 FISHER RC4 W.C. SC
  • FISHER RC4 W.C. SC (165/R13/122-68-103)一昨年気に入って何度も試乗した板。次の整地板の候補筆頭でしたが、昨年は試乗機を見かけることがなくもしやカタログ落ち?と焦ったものです。一昨年はテスト機のような素っ気無いデザインでしたが、2年振りに再会したSCはスタイリッシュに変身していた。最近流行りの軽量モデルと比べると重いが、SLモデルにしては軽い。中量級といったところ。前より少し強くなったように感じたのは、柔 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 OGASAKA KS-RX +FL585
  • OGASAKA KS-RX (165/R15.5/113-67-96)FL585プレートオガサカの新作ケオッズ。ケオッズはシェルトップ(サンドウィッチ)とツインキールの2タイプがあり、それぞれ2年毎にモデルチェンジのサイクルになっています。来期RXはシェルトップ(サンドウィッチ)構造の番のはず。オガサカ試乗機名物のごっついレンタルビンディング、基礎系もアタック13でいいのに。このbinだと印象悪いことが多いんだよなあ・・・と思いながらの滑り始めでしたが [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 K2 IKONIC 84TI
  • K2 IKONIC 84TI (170/133-84-112)今期KONICシリーズは78?80?85だったけど、来期はセンター84mmが加わる。85mmはなくなるのかな?これまでのKONICシリーズより強くしっかり、芯の強さを感じる。今期85TIより切替えの鈍さは薄まったように感じる。最近柔らかい太板に乗ることが多いので、そのせいかもしれないが。強くなったとは言え強すぎず、機敏とまで言わないまでも小回りの反応もよく、きれいに回ってくれる。軽快でほどよく [続きを読む]
  • 2017/3/18苗場試乗会(JSP・クレブスポーツ)
  • 試乗コンディション天候:晴れ 気温:3〜10℃試乗コース・コンディション ・第2、第3ゲレンデ:もさもさのザブザブ、AMでもかなり荒れた状態 ・火打ゲレンデ:緩いものの荒れることはなく ・筍平〜大斜面〜チャレンジコース   :筍平とチャレンジはそこまで荒れず、大斜面は荒れ気味 ※全体的に速度を出せるコンディションではなかった試乗会について主催:JSP、クレブスポーツ、PRESTOメーカー: ATOMIC、SALOMON、HEAD [続きを読む]
  • 所持板インプレ K2 PINNACLE 95 (2016年モデル)
  • K2 PINNACLE 95 (177/R15/132-95-115)購入にいたるまで3〜4年前から始まった太板探しの旅。いくつも試乗し2016年シーズン終了時点で候補が3本残っていた。2016 K2 FulLUVit 98Ti (170/R17.5/131-98-119)2016/2017 K2 PINNACLE 95 (177/R15/132-95-115)2017 BLASTRACK FARTHER (176/R17.5/126-92-114)滑りごえがあって気持ちのいいFARTHERと、軽快で取り回しがよく楽しいPINNACLE&FulLUVit 甲乙つけがたい。見た目はダントツで2016 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 ZAG H-95
  • ZAG H-95 (179/R19/132-96-118)前日UBACが好印象だったので、他も試そうとZAGブースへ。整地もいける板とのリクエストで出されたのがH-95。「色合い的にレディース板?」と思ったがそうではないらしい。テール書かれた「FOOD FOR LEGS」の文字。脚のための食べ物?どいう意味だろう。滑り始めると感じる張りの強さ。身が詰っているというより、パリッとした無機質的な硬さ。小回りはターン後半にテールが引っかかりやりにくい。大 [続きを読む]
  • 2018スキー試乗記 ATOMIC VANTAGE 90 CTI
  • ATOMIC VANTAGE 90 CTI (176/R16.8/132-90-115.5)※画像を撮り忘れたのでネットの拾い物でゲレンデも楽しめるということで、バンテージで一番人気らしい。メタル入りで95Cの不安定さはない、突き上げもしっかり押さえてくれるし、走りも十分。整地でも普通のスキーのように使えて楽しめる。見事なバランス、欠点のない板。メーカーによっては同シリーズのセンター幅違いで別物だったりするけど、バンテージは統一感のある乗り味で [続きを読む]