hihuka さん プロフィール

  •  
hihukaさん: 胃がんの症状がよくわかる
ハンドル名hihuka さん
ブログタイトル胃がんの症状がよくわかる
ブログURLhttp://igan110.com/
サイト紹介文胃がん・スキルス胃がんの初期症状から末期症状、治療や手術、原因などについて詳しく解説していきます。
自由文昔から日本人と馴染みの深い胃がんは初期症状を感じる人が少なく発見が遅れることも珍しくありません。当サイトでは胃がんに関する情報を提供しています。胃がん・スキルス胃がんの初期症状から末期症状、治療や手術、原因などについて詳しく解説していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 125日(平均0.6回/週) - 参加 2016/05/15 08:16

hihuka さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 胃がんの血液検査(腫瘍マーカー)
  • 胃がんは血液検査で判定できるの?胃内視鏡検査やバリウムは検査による体の負担も大きく、出来ることなら避けたいものです。最近、新しい胃がんの検査としてABC検診(胃がんリスク検診)が注目されています。採血からピロリ菌の有無や胃粘膜の萎縮、胃の粘膜炎症などm胃がんの発症リスクを知ることができます。他には血液で調べる腫瘍マーカーでのスクリーニングがありますが、腫瘍マーカー単体の検査では問題点も多数あるため [続きを読む]
  • ピロリ菌が胃がんの原因?
  • ピロリ菌に感染すると胃がんになるの?ピロリ菌と胃がん発症の関係については、1994年にWHO(世界保健機構)が、ピロリ菌が「確実な発がん因子」と発表しています。また、この関係は統計学と共に動物を使った実験でも関連性が明らかになっています。長年(20年〜30年以上)に渡り、ピロリ菌に感染したまま放置していると将来、胃がんに罹る確率は高まります。ピロリ菌に感染している人は必ず除菌治療を受け、定期的な胃がん検診を [続きを読む]
  • 胃がんの治療方法
  • 胃がんの治療法は数種類ある胃がん治療では、数種類の治療法が組み合わされて行われます。腫瘍の位置や症状等によっても多少異なりますが、一般的に胃がんにおいてはステージ3期までが手術適用となります。胃がんの手術ですが、日本人は胃がんの発症率が昔から高かったため、手術の技術も高度なものが浸透しており、多数の手術術式が開発されてきました。手術後、胃の一部やすべてを摘出した場合でもリンパ節に転移が見つかった場 [続きを読む]
  • 進歩する胃がんの抗がん剤治療
  • 胃がんに対する抗がん剤治療の実情以前まで胃がん治療で抗がん剤は効きにくいことで知られていました。しかし、最近は新薬の登場や他のがんの治療で使われていた薬が、胃がんに効果があるという報告されるなど、徐々にですが抗がん剤での治療成績が上がってきています。また、従来の抗がん剤とは違う新薬も登場しており、将来的により効果の高い薬が登場するのではないかと期待されます。 胃がんに対する抗がん剤治療とは?胃 [続きを読む]
  • 胃がんの末期症状
  • 末期胃がんの治療胃がんだけでなく他のがんでもステージ4期となると、他の臓器にがんが遠隔転移している状態となります。そのため、手術によりがんを取り除くことが難しくなり、多くが抗がん剤での治療を受けることになります。胃がんの場合は末期になると、がんにより胃の粘膜から出血が起きることがあります。末期の胃がんであっても出血が続くと貧血状態になってしまうため、出血を止めるために手術を行うことがあります。昔に [続きを読む]
  • 胃がんの症状
  • 胃がんの初期症状胃がんの初期症状は、日頃の疲れやストレスからくるものとよく似ており、まさか自分が胃がんであると疑うような症状はほとんどありません。このようなことから胃がんの発見は、遅れる傾向にあります。下記では胃がんの初期症状として考えられるものを上げてみました。・食後の胃もたれ・常にお腹が張っている感じがする(腹部膨満感)・胸焼け・みぞおち付近の痛み・違和感・慢性的に起こる消化不良・下痢・なかなか [続きを読む]
  • 胃がんの原因
  • ピロリ菌と胃がんピロリ菌への感染が、胃がんの発症リスクを高めるということが世間に広く知られるようになりました。そもそもピロリ菌とは、外部から侵入して胃の中に住み着きます。つまり感染したということになります。一度感染すると薬によって除菌治療を行わない限り、ピロリ菌は消えません。主な感染経路は、井戸水や経口感染(口から)と言われており、水道設備が整った現代の環境ではピロリ菌感染は減少しています。しかし [続きを読む]
  • 胃がんと胃潰瘍の違い
  • 胃潰瘍と胃がんで現れる症状胃潰瘍と胃がんは、症状から区別することが難しく大変よく似ています。その共通する症状は以下のようになります。・胃痛 ・胸焼け ・胃の不快感これら3つが主な症状となります。とくに胃潰瘍では胃痛の症状が多くなり、食後の胃痛が特徴的ですが胃がんの痛みは食事に関わらず起きることで知られています。 胃潰瘍と胃がんの違い胃潰瘍と胃がんは自覚症状は似ていますが違う病気です。次にそれぞれ [続きを読む]
  • 胃がん検診(検査)
  • 胃がん検診の内容2015年の厚生労働省の発表で、これまでの胃がん検診が40歳以上だったのですが50歳以上へ変更となり、受診間隔も1年に1回だったのが2年に1回へと、さらに内視鏡検査が新しく導入され大幅な変更となっています。検診の内容は以下になります。・問診・胃X線バリウム検査・胃内視鏡検査■問診問診では普段の食生活や生活習慣について問われます。事前に問診票へ記入しておくケースが多く、検診当日は胃X線検査 [続きを読む]
  • 胃がんのステージ(病期)
  • 胃がんのステージ胃がんのステージとは、一般的に進行度を示すものでがんの浸潤している深さとリンパ節への転移の有無でステージが決まります。胃の粘膜の構造は一番内側の粘膜から順に、1:粘膜 2:粘膜筋板 3:粘膜下層 4:固有筋層 5:漿膜(しょうまく)下層 6:漿膜となっています。3番目の粘膜下層以内にがんが留まっていると早期がん(ステージ1期)と分類されますが、それ以上に浸潤すると進行がんとなります。粘膜下層 [続きを読む]
  • 過去の記事 …