としちゃん さん プロフィール

  •  
としちゃんさん: 自転車日本縦断の夢
ハンドル名としちゃん さん
ブログタイトル自転車日本縦断の夢
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yts510730/
サイト紹介文自転車で日本縦断を企てています。九州南端から初めて1回250kmずつくらいで北海道を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2016/05/15 10:48

としちゃん さんのブログ記事

  • 出羽路振り返り(60)ここまでののまとめ
  • ここまでの旅のまとめ。この旅も5年目に入った。第1回南九州:2013年3月20日(水)〜24日(日) 長崎鼻→新八代 277.6km第2回西九州:2014年4月2日(水)〜5日(土)   新八代→唐津   234.3km第3回北九州:2014年8月21日(木)〜24日(日) 唐津→常盤    238.9km第4回山陽①:2015年3月27日(金)〜30日(月) 常盤→仁方    234.4km第5回瀬戸内:2015年7月24日(金)〜27日(月) 仁方→宇野    238.8km第6回山陽②:2 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(59)今回の旅のまとめ
  • 1日目:5月20日(土) 鶴岡→湯ノ田温泉 49.66km 3時間18分45秒 平均14.9km/h 2日目:5月21日(日) 湯ノ田温泉→下浜 72.92km 4時間42分51秒 平均15.4km/h3日目:5月22日(月) 下浜→男鹿温泉  78.87km 5時間29分24秒 平均13.3km/h4日目:5月23日(火) 男鹿温泉→東能代 49.19km 3時間56分56秒 平均12.4km/h    合計  250.64km 17時間27分56秒  平均14.3km/h天候に恵まれておおむね快適な旅だった。次回は東 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(58)和牛こまち弁当
  • 秋田駅で、限定品の和牛こまち弁当を買った。「さようなら特急寝台列車583系」のパッケージが外側についていて、中身は和牛こまち弁当だった。後で調べてみると「JR東日本秋田支社に所属する583系電車最後の1編成が、2017年4月8日の運転を最後に引退した」のだそうだ。1968年の高校の修学旅行で新大阪から博多まで「金星」に乗っているからもしかしたらそのとき583系に乗っているのかもしれない。牛肉の上に、ショウガとパプリカで [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(57)秋田新幹線
  • 東能代から奥羽線の各駅停車で秋田へ向かった。秋田から男鹿半島経由で自転車では2日間かけてきたのに約1時間で秋田駅に着く。18時16分発のこまち36号まではまだずいぶん時間があったので秋田駅に一度出てお土産を物色する。といっても自転車があるので荷物を増やしたくはない。家へのお土産はすでに宿から送ってある。 18時頃再び構内に入り秋田駅新幹線ホームで待っていると、赤いこまちが入線してきた。秋田新幹線に乗るのは [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(56)リゾートしらかみ
  • 東能代は奥羽本線と五能線の分岐駅である。五能線には企画列車である「リゾートしらかみ」が走っていて結構宣伝をしているのでもう少し賑わっているかと思ったが結構地味な駅だった。米代川から駅に戻り、自転車をたたもうとしていると、リゾートしらかみが入線してきた。3台あるうちの「くまげら」という赤っぽい線の入った車両である。この日は火曜日だったけど座席は結構埋まっていた。ホームに入ると、リゾートしらかみ3兄弟 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(55)米代川
  • 4日目はどこにも寄らずに東能代まで来てしまったので、列車の時刻までかなり時間がある。東能代駅の近くに観光をする所があるかと思って駅まで来てみたが駅には観光案内所もなく、手近にいける所もなさそうだった。しかたないので駅の北側を流れる米代川の堤防に行ってみた。岩手県に源流を発するというこの川はこのあたりでは川幅が広く堤防の内側の岸にはびっしりと草が生い茂っている。時々ひばりがやかましく鳴いて草むらから [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(54)東能代駅
  • 国道7号線に出るとすぐに能代市でやがて道は右へ曲がって101号線と分かれて弘前方面へ向かう。次回は五能線に沿って101号線で青森方面を目指す予定なので、ここで左へ行く方が近いのだが、帰りの列車のことを考えると奥羽線との分岐である東能代まで行かないといけない。能代の市街地に入って広くなった7号線を走って東能代駅を目指した。午後2時過ぎに東能代駅に到着した。  [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(53)国道101号
  • 国道101号線は秋田と青森を結ぶ道で、内陸部をゆく国道7号線に対して海側を回って走っている。男鹿半島の南岸を西進して、中ほどで横断し北側の海岸を東に向かって能代の近くで一度7号線に合流する。能代でまた海岸方面に分岐して五能線に沿って走り、五所川原を通って青森に向かう。地図で見ると男鹿半島の北岸に沿って進んでいるように見えるのだが実際はほとんど海岸には出ず、海沿いの丘の上をアップダウンを繰り返して進む。 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(52)風車
  • 牧野から一度海岸に出る。こういう景色の中を走れると思っていたのだが、きれいな海岸に沿って走るのはほとんどここだけで、写真で見えるこの先を右に曲がると長い上り坂となり後はまたアップダウンの繰り返しだった。 海岸線の崖の上には風車が並んでいるところが多かった。北西の風が吹き付けることが多いのだろう。  [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(49)入道崎2
  • まだ日没までには20分くらいある。月曜日なのであまり人はおらず、友人連れやカップルが車でやって来てはすぐに行ってしまう。夕日の見える海岸にしばらく座ってだんだん暗くなる空を見ていた。日没を見てしまうと帰りの道が心配なので6時25分頃に宿に向けて出発した。まだ道が見えなくなる前に男鹿温泉郷に戻ることができた。  [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(48)入道崎1
  •  宿に着いたのは5時半少し前だった。5月下旬なので日の入りは6時半頃だからまだ十分に明るい。男鹿半島の西北端、夕日の名所の入道崎はここから5kmほどのところにある。峠越えでだいぶ疲れているが今日はまだ68kmしか走っていないので、夕日を見に行くことにした。 入道崎まで行く県道55号は、海岸には出ずに丘の上を軽いアップダウンを繰り返しながら進む。途中街灯などは全くないので、帰りにもし暗くなるととても怖そうであ [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(45)なまはげライン
  •  脇本城跡から少し海岸線を進むと羽立というところで国道101号線は内陸部へ向かって男鹿半島を横断する。3日目の宿の男鹿温泉は半島の北部にあるのでそちらへ向かう。時間がたっぷりあれば奇勝の多い男鹿半島の南岸をぐるっと回って行けばよいのだがちょっと距離がありすぎる。自動車だったらなんてことはないのだと思うけど。 羽立を出てすぐ、さらに内陸部を男鹿温泉に向かってゆく「なまはげライン」という道が分岐する。高 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(43)脇本城跡2
  •  駐車場の脇に鳥居があって急な階段の参道が続く。その右側には舗装された道が続いていてこちらの方が歩きやすい。坂道を10分ほど登ると菅原神社につく。安東氏の氏神として菅原道真が祀られているのだそうである。お城はなくなったのに神社は残ったのだが昭和年間に火災にあって昭和57年の再建である。神社の脇をさらに登ってゆくと開けたところに出る。土塁らしいものが草や低木に覆われている。曲輪の跡らしいが貧しい想像力で [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(42)脇本城跡1
  • 左側に海を見ながら男鹿半島の南側を快適に走る。しばらくゆくと脇本城跡の看板が見えて来た。昔はお城といえば天守閣のような建物をイメージしていたが、江戸時代にあったその国のシンボルとしてのお城は明治の初めにほとんど解体されてしまって残っていないことを知ってから少し見方が変わった。一見華やかなコンクリート製の復元天守閣より、草むし森林となった城跡から昔を偲ぶことに興味が出てきた。 そこで、今回行く脇本城 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(40)なまはげ案内所
  • 天王からJR男鹿線に沿って走る国道101号線をゆく。30分ほど走ると前方に大きななまはげのモニュメントが見えてくる。地図で見るとここに観光案内所がある。 案内所の手前で、地元のオジサンライダーが声をかけてきた。「危ないから歩道を走った方がよい」と、おかしなことをいう。私があまりに遅いので見かねて声をかけてくれたのかもしれないが、写真のように車は時々しか走っていない。片側2車線の道路で見通しもよい。確かに [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(38)道の駅てんのう
  • ねぶり流し館を出たときにはもう11時になろうとしていた。秋田市内観光に2時間を予定していたのでちょっと時間オーバーである。この後男鹿半島を横断して男鹿温泉まで行かなければならない。県道56号線に戻って北西に進む。土崎というところで国道7号線のバイパスと合流して青森方面を目指す。1時間ほどで追分という交差点に着いた。文字通り男鹿方面への道との分岐点である。 追分で7号線を離れ、だんだん周囲の人家が少なくなっ [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(37)ねぶり流し館
  • 赤レンガ郷土館から自転車で5分ほど北に向かうと、分館の「ねぶり流し館」につく。ねぶり流しとは夏季の眠気を払うために旧暦の七夕の頃に行われた行事のことだそうで、秋田では今は8月はじめに行われる竿灯祭りがこれに当たる。つまりは竿灯祭りの資料館である。全国各地で見てきた山車や山鉾などの保存館と同じように大きな竿灯を保存するためのタワーのようなつくりになっている。3階に上ると竿灯を上から見ることができる。 [続きを読む]
  • 出羽路振り返り(36)赤レンガ郷土館
  • 市民市場から今度は西向きに進んで旭川のところまで戻ると、赤レンガ郷土館に着いた。秋田銀行本店として明治45年に建てられたものだそうで、中は銀行時代の雰囲気がよく残っている。横浜の開港記念会館を思い出す。また砺波チューリップ公園の中にあった砺波郷土資料館(こちらは明治42年に中越銀行として建てられたもの)とも似ている。  [続きを読む]