AyameFujiwara01 さん プロフィール

  •  
AyameFujiwara01さん: 菖蒲の織物
ハンドル名AyameFujiwara01 さん
ブログタイトル菖蒲の織物
ブログURLhttp://ayame-fujiwara-01.hatenablog.com/
サイト紹介文詩と写真とエッセイです。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 124日(平均1.9回/週) - 参加 2016/05/15 19:43

AyameFujiwara01 さんのブログ記事

  • 星砂の記憶
  • 星砂のように、さらさらと、手からこぼれ落ちてゆく記憶たち。思い出作りにと、遠出して、旅行して、さぁ、3年後、5年後。。。はっきりと思い出せますか?いったい私は、なにを記憶に刻んでいるのでしょう。目を閉じて、過ぎ去った過去は、キラキラと霧消させます。それで十分。。。 [続きを読む]
  • Notes
  • 自分のこと。わかっているようで、わかっていないものです。尊敬する先生が、かつて言いました。人は、自分が本当に、理解しているものしか、書くことが出来ない、と。それなので、自分について、自分が望むものについて、自分が望む生き方について、書き始めました。はっきりとかたちにしてみると、本当に、もどかしいほどに、理解している部分の自分しか、言葉になりません。頭のなかでぐるぐる考えているだけでは、ダメ [続きを読む]
  • Communication
  • 親友のような絆で結ばれたパートナーを探すべく、両親に内緒で、ぼちぼち活動しています。ひとりでうずくまっていても、何も変わらないので…。ところが、これが難しいのです!私、のんびりしているので、基本、2年間お茶友達+3年間お付き合い、というのが完璧なプランだったのですが、お相手に提案したら、憤慨されました。2年間もただのお茶か!?えっ、ダメなのですか!?ということで、ただいま調整中ですが、むつか [続きを読む]
  • 虫の知らせ
  • 留学時代。。。よく、恋愛ゲームに巻き込まれていました。日本人女性は、大人しくて言いなりになると、思われているので、狙われやすいのです。相手は修士や博士課程に在籍の、頭の切れるアメリカ人男性です。完璧な笑顔と完璧な英語(当たり前)で、こちらを釣ろうとしてきます。私はそんな状況の中、なんとか、本当に優しい人を、見つけられないものかと思い、速攻で拒絶はせずに、お茶まではお付き合いしていました。そん [続きを読む]
  • ひとやすみ
  • 今、詩を書くと、なんだか意味不明なものを創作しそうなので、無難に曲の紹介をさせていただきますね。地に足の着いた生き方を応援する曲デス。Katy Perry - Wide Awake (Lyric Video) [続きを読む]
  • 次元の狭間
  • *やっぱり、お気に入りの曲からの連想デス。幻想的でロマンチックな詩に挑戦し、ダメダメになりました(爆)それでも、記録として残します。(-_-#)私はここにいるのに、あなたには見えていない。切ないギターの音色は、虹の入った琥珀色。私を見てください。ここにずっといて、あなたを待っていました。昔、約束したでしょう。楽器と剣の両方を、愛したおかた。再び巡り会ったそのときは、流れ落ちる滝のそばで、一緒に [続きを読む]
  • 友情のかたち #03
  • アメリカに、今年で85歳になる、日系人の「お友達」がいらっしゃいます。私は人のオーラなんて、見えませんけれど、そのかたの周りの空気は、なんだか澄んだ感じに見えます。歩く空気清浄機さんデス。廃車同然の車を$100(約1万円)で買われて、ほとんど全て、ご自分で直してしまわれました。今はその車を運転して、お一人でどこへでも、お出かけになります。買おうと思えば、ベンツでも買える、資産家のおかたです。外国 [続きを読む]
  • 天空
  • *お気に入りの、スペイン語の曲からの連想デス。私のために、あのお星様を、取ってくださいますか?それ以外は、これといって、望みはないのです。基本的に、一人で完結したサイクル。あなたは、私になにか期待を、抱いているのでしょうか。仲良くなりましょう。あなたはそう言いますけれど、自然の流れに任せてみましょう。ひずみが生じないように。お星様、取ってくださいな。そしたら、考えましょう(笑) [続きを読む]
  • 友情のかたち #番外編
  • 大学の敷地の端の端。ひっそりと1本の古木が、立っていました。中国の古典に出てくるような、髪を結ったおじいさんに、イメージが重なるのでした。が、しかし!ムリヤリに「セラフィム」と、西洋の天使の名前を、私はつけたのでした。そこを通るたびに、挨拶する仲になりました。人見知りなのか、なんなのか、お友達を連れて来るのはダメだと、お断りされてしまうのでした。ねじ曲がった末に天を向く、ある枝がとても良い [続きを読む]
  • Missing: 結婚願望
  • 突き詰めていくと、昔から、結婚願望があまりありません。いつになっても、出てきませんし、どこを叩いても、出てきません。強いて言うなら、親友のようなパートナーは、欲しいかなぁ、とは思います。英語で companionship …(仲間づきあい)と言います。でも、それ以上に気持ちが行かないのです。カップルを見ても、家族連れを見ても、なんだか、異星人を見ている感覚です。親に言うと、心配されるので、何も言ってはいま [続きを読む]
  • 一流と二流の違い
  • 洋楽のヒット曲をカフェ風に、お洒落にアレンジした、CDアルバムを購入しました。歌っているのは、オリジナルの歌手ではなくて、歌のうまい、そっくりさんでした。最初は楽しく聴いていましたし、アルバムに満足していました。ところが、久しぶりに、その中の1曲のオリジナル曲を、聴いた時。。。全然違うのです。声の透き通り具合が。そっくりさんが、上手に歌っていても、オリジナルの歌手は、それに加えて、聞き手に語 [続きを読む]
  • 将来の夢 #99
  • 小さい頃の私の夢は、パティシエになることでした。ケーキが大好きだったからです。成長すると、郵便局で働きたい、と思うようになりました。基本的に、単純作業を、丁寧にこなすことが、好きだったのです。お手紙を扱う仕事は、自分に向いていると思いました。母は、私を医者にしたがりました。それが自分の叶わぬ夢でもあったからです。将来が安定するから、人のためになる仕事だから、理由はたくさんありました。母のヴィ [続きを読む]
  • アウトプットの謎
  • 移民史や史学史や、資本主義やナショナリズム…。さまざまな専門書を、何百冊も読みました。文学・歴史・社会学・文化人類学・政治学。よくもまぁ、網羅したものです。私の花盛りは、読書で過ぎ去りました。ちょっと、もったいなかったような気がしますが、他の人生を知りません。しようがないので、今、アウトプットし始めました。しかし!!出てくるものが、なんというか。。。どうして、ポエム書いているのでしょう( [続きを読む]
  • 出雲の青石
  • さぁ、アメジストさんに、守ってもらおうと、心を決めたそのときに、頭をよぎったイメージ。それは…。コレクション用にと、大切にしまってあった、出雲の青石のブレスレット。ちなみに勾玉付きデス。貴方が来てくださるの?普段使いしてよいのですか?鋼のような品格ある深緑。とにかくオーラが違うのです。秘蔵の刀が、私のために、動いてくれました。(たぶん)では、左手につけて、眠らせていただきます。今日からどうぞ [続きを読む]
  • アメジスト
  • 天然石の不思議な力。どちらかというと、信じていません。ただ、集めて喜んでいるだけです。でも、最近気付いたのです。悪夢で起きてしまうようなとき、アメジストとヒマラヤ水晶の、自分でデザインした、ブレスレットをすると、よく眠れるのです。6mmのアメジスト3粒に、8mmのヒマラヤ水晶1粒の、6回繰り返し。シンプルなものです。こんなものに(ごめんなさい!)何かしらの力が!?自然の力でしょうか。某サイトに [続きを読む]
  • 友情のかたち #02
  • シカゴ生まれの、60代の先生がいらっしゃいました。大学を卒業されてから、お仕事に就かれて、銃撃戦の組合運動(!)などを経験されたのち、40代くらいで、大学に戻り、博士号を取得されて、政治学の講師になられた、バリバリの叩き上げの先生でした。エリートである、大学教授たちの多くは、現場のことを知らない、とおっしゃっていました。思考の速さでメールを打ち、それがみな論文レベルの文章になるという、一種の天才肌で [続きを読む]
  • 朝練
  • 午前4時に起きて、同じ曲をエンドレスで聴きながら、天然石を眺める。どうでもよいメールをさばきながら、同じ曲をエンドレスで聴き続ける。ちょっと掃除をして、また天然石を眺める。着ているのはタオル地のワンピース。人は前進し続けないと、後退するって、聞いたりもしましたけれど。。。ゆるゆるな幸福感。丁寧に、時間を浪費する。たまには、いいじゃないですか。 [続きを読む]
  • 友情のかたち #01
  • 院生時代。。。どんなに拒否しても、フレンチ式珈琲を入れてくれる、ベトナム人留学生がいました。直接、顔を合わせなくても、お昼に寮の共用キッチンの、自分のロッカーを開けると、珈琲がコップの中に入っているのでした。*ちなみに、そのかた、勝手に私のロッカー開けるのです(笑)それが毎日続きました。そして、2年間、ずっと続きました。そのかたが修士号を取って、卒業されるまで。その後、連絡は一切ありません。 [続きを読む]
  • 魂の節電
  • ちょっと力を抜いた、エコモード的な生き方が好きです。気張るのは苦手だし、気張っても、あまり格好良く、決まらないのです。40%くらいが、ちょうどいいです(笑)ちょっと頑張って、60%でしょうか。でも、それで人と渡り合おうと思ったら、けっこう、基盤はしっかりしてないと、いけません。だから、The Economist くらいは、ちょっとだけでも、読まなければ!自然体で、肩の力が抜けてて、それでも軸がブレないように [続きを読む]
  • 読書Log #01
  • 実は、「知識」のグループに入れていただいているのデス。なので、ちょっとだけ、それらしいことを書いてみようと思い立ちました。Ideology and U.S. Foreign Policy作者: Michael H. Hunt出版社/メーカー: Yale University Press発売日: 2009/04/28メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見るアメリカの外交政策における、イデオロギーの役割について論じた本です。筆者は、学者にも敬遠される傾向にある、この [続きを読む]
  • ♪YouTube 埋め込み♪
  • ブログ・カスタマイズ(?)、これで終了です。YouTube ビデオ・クリップの埋め込み!私のお気に入り、もしよかったら、聴いてみてください。(^^)今日はもうこれで、あとは、静かにしておきますね〜(笑)Jason Mraz - "Back To The Earth" (Live @ Mraz Organics' Avocado Ranch) [続きを読む]
  • シンプルに。ひたすらシンプルに。
  • 毎朝、ウォーキングして、アイス・カフェオレを飲んで、Jason Mraz の曲を聴きながら、心の塵を払います。友人は、国境を越えて、数人いるけれど、みな自分のことで忙しい。そう、家族・友人はいても、基本は一人。ご縁の糸は、絡まらないように、常に手を入れます。心が波風立たなくなると、物も自然に整理されてゆきます。シンプルに。ひたすら、シンプルに。時々、ブレるけれど、それはその都度、修正して。。。異国 [続きを読む]
  • 粋なお店
  • *明るい詩を書きまーす!頭の切れる少数派に、意図的に複雑に構築された、マネーゲーム。。。資本主義社会。その真っ只中で、日本の工芸品を売りさばく、清々しいビジネスマンたち。伝統と流行の矛盾をものともせず、妥協せずに作り上げた、美しい品々。隠し持った小刀は決して見せず、巧みに人を魅了する。お金持ちに見えない私に、お金持ちのご夫人が通りがかっても、目を一瞬も離さずに、話しかけ続けてくださった。その心意 [続きを読む]
  • ブログ♪引っ越し完了♪
  • ブログの引っ越しも、無事、完了しました。ブログについては、賛否両論ありますが、アウトプットできる環境が、きれいに整っているというのは、本当に恵まれていると思います。初心者のなんちゃってポエムでも、レベル☆1の写真でも、どんどん載せて自分の世界が作れる。。。しかも、望めば本にだってできる!すごいと思います。日本の神様からは、毎日顔をきちんと洗って、包丁を研いで(笑)、丁寧にお料理しなさいと、 [続きを読む]