tihiro さん プロフィール

  •  
tihiroさん: 牛熊日誌
ハンドル名tihiro さん
ブログタイトル牛熊日誌
ブログURLhttp://fear-greed-investment.blogspot.jp/
サイト紹介文国際分散・増配をテーマに相場についての考えを綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/05/15 21:15

tihiro さんのブログ記事

  • 株の儲かる時期を考える
  • 当たり前のことですが、投資をするのは資産を増やすためです。私は主に株式に投資をしているので(現在は株式100%)どういった株に投資をすれば目的を達するかを考えていきます。▽株価を分解すると株価はEPSとPERで構成されます。(株価=EPS*PER)EPSは一株当たりの予想利益、PERは収益率を示しているというのが教科書的な説明です。EPSはそのままですがPERは市場がその企業に対してどの程度強欲・恐怖を感じているかを測る指標だと理 [続きを読む]
  • ネット企業のリアルへの進出
  • 先週アマゾン(AMZN)がホールフーズ(WFM)を買収すると発表したことで店舗型の業態の銘柄は一律大きく下げました。私個人の投資スタンスとしては小売には近づかないことにしているので投資判断をすることはありませんが今回の話の流れ自体は興味深く見ています。今までさんざんリアル店舗を駆逐し続けてきたAMZNが回り回って店舗を買収というのも何とも言えない感じです。既存の小売企業たちもECに参入を試みていますが、今回のアマ [続きを読む]
  • インデックス投資≒待ちガイル
  • 相変わらず揶揄する意図はないです。前回インデックス投資は強固な投資ストーリーを持っていることを話しました。前回の話が戦略面の優勢性の話だとすると、今回は戦術面の話です。▽ガイルとは皆さんはガイルのことをご存知でしょうか?20代前半より下だとちょっと厳しいかもしれませんが、30台以降の男性なら大体知っていると思います。知らない人のために画像を張りましょう。こいつです。格闘ゲームの金字塔、「ストリートファ [続きを読む]
  • 相場雑感(2017/06):調整?崩壊?
  • 先週の金曜日から米国のハイテクセクターを中心にリスクオフに突入中です。理由はあってないようなものでしょう。強いて言えば「騰がりすぎたから」程度のもののように思います。ちょうどこれを書いている時点のセクター別高騰率を見てみましょう。テクノロジーセクターから資金が逃げているのが鮮明に出ていますね。エネルギー・生活必需・公共あたりに資金が流入しているので株式市場から全撤退というわけでもないようです。続い [続きを読む]
  • 祝!日経20,000円越え
  • 先日日経NK225が20,000円を超えました。おおよそ二年ぶりのようですね。日本株の投資割合が低いのと(2割程度)、投資銘柄があまりNK225に連動していないのであまり恩恵を感じられないのが悲しいですが、日本に住むものとしては高い値が付くに越したことはないです。手元の資料だと2年前の20,000円越え時期のPERが17倍程度。現在のPERが14倍程度であることから相応に各企業利益を蓄えているようです。確かに新聞等でも今期、来期とも [続きを読む]
  • 配当実績(2017年5月)
  • 2017年5月の配当実績を公開します。ティッカー/銘柄名配当コード受取金額利回り1577野村日本株高配当70連動型上場投信3,9622.42%1698上場インデックスファンド日本高配当6722.29%1589iシェアーズ 米国高配当株ETF1,8903.00%SBUXスターバックス$6.311.47%JPMJPモルガン チェース$11.182.42%※利回りは直近1年の実績配当金と直近の株価から算出日米合わせて5銘柄。銘柄数は過去最多でしょうか。先月売却した上場インデ [続きを読む]
  • 資産状況(2017年5月)
  • 2017年5月の資産状況を確認していきます。目標の資産配分はこちらを確認してください。・資産状況前月比:+4.71%前年比:+14.38%・売買買い マイクロソフト(MSFT):新規取得売り なし・保有銘柄銘柄コメントコード銘柄名1547上場インデックスファンド米国株式(S&P500)米国指数1582iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)新興国指数1681上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマ [続きを読む]
  • インデックス投資、その前提
  • 個別株に比べると書くことが少なくて忘れがちですが、指数連動の金融商品にも投資しています。割合的には三分の一程度がETFでしょうか。十分にインデックス投資してるといっていいと思ってます。インデックス投資をしている方だと、先進国・新興国指数連動のETFや投資信託を比率を決めて保有という方が多い印象です。私自身インデックスの有用性にはいささかの反論はないものの、世界全体に丸ごと投資という方法はとっていません。 [続きを読む]
  • 投資テーマの賞味期限
  • 個人が投資をする場合、投資テーマの賞味期限を意識することは非常に重要なことだと思います。投資テーマは言い換えれば「なぜ儲けることができるのか」を端的に表したもので利益の源泉といえるでしょう。相対的にリソース(資金力・情報収集能力)が乏しい個人は、賞味期限が長い投資テーマを意識して銘柄を選定した方が成績向上に繋がると思うのです。私が知る中で最も長期かつ強固な投資テーマは「人口増加」です。人口減少と高齢 [続きを読む]
  • 日本たばこ産業(2914):プルームテック発売は成長エンジンとなるか
  • JTホルダーとしては待望のプルームテック発売に関するプレスがJTから出ていました。たばこ用デバイス「プルーム・テック」専用たばこカプセル「メビウス・フォー・プルーム・テック」3銘柄2017年6月29日より、東京都心部の「プルーム・テック」専門店、及び一部たばこ販売店にて発売(JT IRリリース)決算発表で会った通り来月から東京で発売とのことです。またアイコスと同様に専門店を銀座などにOPENさせるとのこと。すでに国内タ [続きを読む]
  • 値上げニュース:酒とたばこ
  • 酒や家電の「値上げ」が夏以降に相次ぎそうな理由(ダイアモンドオンライン)フィリップ モリス たばこ82銘柄の値上げ申請(NHK NEWS WEB)上記ニュースにある通り、酒・タバコが今後さらに値上げされるそうです。酒は税改革によるものではなく、安売り規制をすることで実質値上げ。タバコは「人件費高騰によるため」といういつものやつ。JTも4月に値上げをしたばかりですし、値上げラッシュといった感じでしょうか。私個人としては [続きを読む]
  • KDDI(9433)決算:増配発表
  • 米国偏重なPFの中で数少ない日本株銘柄であるKDDI(9433)が決算発表をしました。主だったポイントとしては・売上前年比+6.3%・営業利益前年比+9.7%・配当の上方修正(80円→85円)あたりでしょうか。事業予測に沿った良い決算だったのではないでしょうか。特に配当は通期で見れば70円→85円と20%超の増配となっています。直近の利益成長は素晴らしいものの、来る人口減少社会への悲観からかPERは低いです(14倍弱)。個人的にはいささか [続きを読む]
  • シミュレーション:法人税引き下げの恩恵を受けるのは?
  • トランプ大統領の改革の目玉かつ命綱でもある法人税改革。実現性や具体性を絡めて相場のネタになっています。個人的にはここまでぶち上げた以上時間はかかっても(とはいっても中間選挙までかかるようならゲームオーバーでしょうが)何らかの形にはするのではと思っています。政権側は現行35%の法人税を15%にという数値を出してきていますが、紆余曲折が予想されます。さて本題として最終的な税率は置いておくにしろ減税が決まった [続きを読む]
  • 米国高配当ETF・HDV(1589):2017年は分配金増加?
  • 1年ほど前ですがHDVの分配金が減少している話をしました。ふと2017年はどうだろうとiSharesのサイトを確認したところ、以下のように3月実績は前年、前前年を超える実績が出ていました。権利落ち日分配金単価2017/03/24$0.7228842016/03/23$0.6768052015/03/25$0.716815本ETFは1年を通して同程度の分配金を出すことか過去の傾向から読み取れます。そこから推測するに今年のHDVは増配(と言っていいのか?)となりそうだなと。2016年→ [続きを読む]
  • コーチ(COH)決算:ブランド企業の逆襲
  • コーチ(COH)の四半期決算が発表されました。主要指標(前年同月比較)は以下のような感じでした。EPS:$0.40→$0.43(+7.5%)売上:10.33億ドル→9.95億ドル(-3.7%)売上は減るも利益率が上がりEPSは上昇といった構図でしょうか。個人的にはまぁまぁな決算なように思えます。ただEPS・売上共にコンセンサス予想未達だったため、DPSの悲劇と同様のことがおこるのではと頭をよぎったのですがアフターマーケットでは株価11%超プラスという [続きを読む]
  • 配当実績(2017年4月)
  • 2017年4月の配当実績を公開します。ティッカー/銘柄名配当コード受取金額利回りMOアルトリア グループ$12.733.33%※利回りは直近1年の実績配当金と直近の株価から算出今月は1銘柄。先月色々個別を追加したので来月以降は少しにぎやかになるかと。アルトリア(MO)は年初から株価絶好調でしたが、直近調整中な印象。業績自体には大きく変化はないのでフィリップモリスの電子タバコ期待の膨張とその反動に連動しているといった感じでし [続きを読む]
  • 資産状況(2017年4月)
  • 2017年4月の資産状況を確認していきます。目標の資産配分はこちらを確認してください。・資産状況前月比:-1.04%前年比:+11.81%・売買買い ドクターペッパー スナップルグループ(DPS):新規取得 ジョンソン & ジョンソン(JNJ):新規取得 プロクター & ギャンブル(PG):新規取得 コーチ(COH):新規取得売り 上場インデックスファンド日本高配当(1698):全売却 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577):一部売却 上場イン [続きを読む]
  • コーチ(COH)新規取得
  • コーチ(COH)を新規取得しました。決算前購入で痛い目を見たばかりですが飛びついてしまいました。持ち株内だとちと異色です。不景気耐性が高いわけでもなく、一貫した成長を続けている銘柄でもない。配当はそこそこですが、、5月に入るとすぐに決算なので注目しておきたいと思います。 [続きを読む]
  • ドクターペッパースナップルグループ(DPS)決算:炭酸飲料への悲観
  • 先日購入したドクターペッパースナップルグループ(DPS)の四半期決算が発表されました。主要指標(前年同月比較)は以下のような感じ。EPS:$0.94→$1.01(+7.4%)売上:1.49億ドル→1.51億ドル(+1.3%)まぁまぁな数字に感じるのですが、アフターマーケットでの株価は暴落(-5%超)。今年一番の下げとなりました。決算内の報告で売り原因となりそうなのは・先日買収したバイの売り上げが期待を下回っている・販売管理費が上がったため営業 [続きを読む]
  • 生活必需なPF補強:PG・JNJ・DPSを新規取得
  • タイトルにある通り、以下の3銘柄を新規取得しました。・プロクター&ギャンブル(PG)・ジョンソン&ジョンソン(JNJ)・ドクターペッパースナップルグループ(DPS)以前書いた弱気転向を反映してというのと、近々のリスクオフ要因の北朝鮮は市場としては織り込んだ(テーマとしての旬が過ぎた)と感じたのでおっかなびっくり買いに入りました。実質S&P500から低βな銘柄たちへの乗り換えなので、上げ下げどちらの展開でも後悔は少ないか [続きを読む]
  • ADR覚書つづき:JDRの可能性
  • 前回ADR、というかDR(預託証券)が何なのかを押さえました。転じて今日はJDR(日本型預託証券)に目を向けたいと思います。現在JDRにどのようなものがあるかを調べたところ、以下の銘柄が見つかりました。◆JDR一覧コード銘柄名1361i シェアーズ 米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)1362i シェアーズ 新興国債券ETF(バークレイズLocal EM国債コア)1363i シェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)1385UBS ETF ユー [続きを読む]
  • ADR覚書
  • 海外の株を自国のマーケットで買えるシステム位にしか理解していなかったADR。曖昧な理解なのも気持ち悪いので調査した結果を備忘として残しておきます。・American Depositary Receiptの略語で、日本語だと「米国預託証券」・現地で上場している株の「預かり証」を証券化して米国上場したもの・つまり厳密には株ではなく、それと同等の権利を持つ預かり証を保有することになる(議決権行使はできないみたいです、現物株を保有して [続きを読む]
  • 相場雑感(2017/04)-現金比率35%
  • 話題の中心はやはり米国。市場の最大関心事の税制改革は絶賛頓挫中、政権運営に疑問符が付きだしました。11月からのトランプ相場も期待のみで騰がるフェーズは終わりといった感じでしょうか。懸念なんていつの相場でも常に付きまとうものですが、直近高騰した要因そのものに対する懸念なので目先の相場は下かなと思っています。上記も相まってポジションの現金化を進めています。前回話した1547(S&P500連動ETF)以外にもJPM、1577・ [続きを読む]
  • under promise over deliver:若干の弱気転向
  • under promise over deliver(約束は控えめに、結果は大きめに)良い言葉です。人生訓としても示唆に富みますし、企業の在り方としてもかくあるべしだと思います。(大きな約束、さらに大きな結果が最上であるとは思いますが、、、)4月に入り決算シーズンに突入しました。S&P500のEPS成長(前年同Q比)は9%を見込んでいるとのことで、景気が良いことです。株価の高値圏推移もうなずけます。ただいささか勇み足が過ぎるのでは?という印 [続きを読む]