D&Kcompany さん プロフィール

  •  
D&Kcompanyさん: D&Kcompany〜競馬予想ブログ
ハンドル名D&Kcompany さん
ブログタイトルD&Kcompany〜競馬予想ブログ
ブログURLhttp://dandkkeiba.com/
サイト紹介文3人の競馬氏によって掲げられた予想家集団。
自由文競馬で稼ぐ をモットーに毎週勝負レースの予想を公開しております!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 287日(平均6.5回/週) - 参加 2016/05/16 08:55

D&Kcompany さんのブログ記事

  • 中山記念2017展開予想と出走馬の最終見解!上位拮抗!
  • 中山記念2017の展開予想と出走馬の最終見解を中心に記事を書きます。思った以上に上位拮抗ですねー、前日段階で単勝オッズ10倍以下の馬が6頭。皆さんもリアルスティールとアンビシャスの2強ではないと踏んでいるのですね。こういうときは仕上がり具合も然り、展開も非常に重要な予想ファクターとなりますのでそのあたりもしっかりと読み解き中山記念を的中で終わりたいものです!いつも通り出走馬の最終見解も載せておきますので是 [続きを読む]
  • 中山記念2017最終追い切り分析と穴馬考察!枠順確定!これは嫌がらせだ。
  • 中山記念2017の最終追い切りから穴馬を考察していきます。2017年の中山記念は上位2頭が抜けて人気になるでしょう。フォトパドックからは順調な印象を受けましたが、最終追い切りを確認するまで過信は禁物です。なにせ、次走への叩き明白ですから。この2頭に迫れる馬がいるのかどうか?もしかしたら状態がめちゃくちゃよくて前走とは比較にならない穴馬がいるかも…馬券妙味はないレースと思っていましたが、案外そうじゃないかもし [続きを読む]
  • 阪急杯2017予想!前走レースから有力馬を分析
  • 阪急杯2017に出走する各馬の前走レースを分析し有力馬を予想して行きます。本日出走馬が確定しましたが、12頭立てと阪急杯にしては珍しく小頭数。シュウジが一歩抜けて人気になるのは濃厚で、他に人気になりそうな有力馬はロサギガンティア、ミッキーラブソング、ブラヴィッシモ辺りとなりそうです。しかし見た目以上の混戦模様であり、シュウジを予想の中心にするにしても、「どういう馬券を組むのか?」これが非常に重要になりそ [続きを読む]
  • 阪急杯2017予想!過去のデータ分析|馬券内率0%!驚愕のデータ発見
  • 阪急杯2017の予想を過去のデータ分析から行っていこうと思います。シュウジが一番人気に推されていますが、それ以外は小頭数でも大混戦模様。こういう時こそ過去のデータをしっかり確認しておくことが、予想するポイントの1つとなると言えます。過去に好走した馬の傾向が阪急杯に出走する馬に合致すればそれは大きな収穫。阪急杯もこれまで同様に過去5年分のデータを基に予想して行きます。 こんにちは、DKC競馬部予想 [続きを読む]
  • 【年間回収率156%】DKC競馬部〜有料コース「D&KMaster」新規募集!
  • D&KCompany競馬部 予想人の咲助と申します!この記事では現在有料会員コース「D&KMaster」に毎週お送りしている【DKC競馬部最終結論】の有料化の新規会員募集についてお知らせしたいと思います。まだ予想家業の世界に飛び込んで1年経っていないのですがその実績は目を見張るもの。確実にプラスにし、確実に当てる。競馬をやる上で最も難しいこの2点をやってのけた【 DKC競馬部最終結論 】沢山有料コースに入会したい!というご要望 [続きを読む]
  • 中山記念2017予想と有力馬のフォトパドック診断
  • 中山記念2017の予想と有力馬のフォトパドック診断を中心に記事を書きます。毎年出走馬の頭数が揃わない中山記念ですが、2017年も例に漏れずといったトコですね。現段階で12頭の登録、しかもほとんどが次走以降に向けての叩きであることは明白です。こういう時はなにがきてもおかしくないと思いますが、さすがに上位勢は強い印象も受け、波乱は見込みにくいので的確に出走馬の能力、適正を見抜くことが重要でしょう。更に、有力馬は [続きを読む]
  • 中山記念2017展望予想とフェブラリーS週結果報告
  • 中山記念2017の展望予想とフェブラリーS週の結果報告を中心に記事を書いていきます。中山記念は例年好メンバーが揃う一戦ですが、2017年も例に漏れず中々の出走予定馬。昨年の2、3着馬や、札幌記念を制したネオリアリズム、秋華賞を勝ったヴィブロスなど。やはり好メンバーが揃うと予想する側としても力が入りますし、春のG1に繋がる大切な1戦なのでしっかりと予想し的中させて勢いをつけたいと思います。 と、いうわけ [続きを読む]
  • 中山記念2017展望予想とフェブラリーS週結果報告
  • 中山記念2017の展望予想とフェブラリーS週の結果報告を中心に記事を書いていきます。中山記念は例年好メンバーが揃う一戦ですが、2017年も例に漏れず中々の出走予定馬。昨年の2、3着馬や、札幌記念を制したネオリアリズム、秋華賞を勝ったヴィブロスなど。やはり好メンバーが揃うと予想する側としても力が入りますし、春のG1に繋がる大切な1戦なのでしっかりと予想し的中させて勢いをつけたいと思います。 と、いうわけ [続きを読む]
  • フェブラリーステークス2017展開予想と出走馬の最終見解
  • フェブラリーステークス2017の展開予想と出走馬の最終見解を書いていきます。かなり人気が割れてますね(笑) さすが大混戦模様のフェブラリーステークス!昨日の記事でお伝えした通りどの馬もなかなかの好仕上がり具合で、あとは展開次第、力比べといったトコ。予想難易度の高いレースではありますが、展開を読み解き適正のある馬を導けば自ずと答えは見えてくるでしょう。出走馬全頭の最終見解もまとめましたのでこちらも踏まえて [続きを読む]
  • フェブラリーステークス2017最終追い切り分析と穴馬考察
  • フェブラリーステークス2017の最終追い切りから穴馬を考察していきます。2017年のフェブラリーステークスは確固たる軸馬不在で大混戦模様です。正直なにが勝ってもおかしくない状況で、各馬の仕上がり具合、展開などで着順が大きく入れ替わりそうな印象を受けます。今回は最終追い切りから状態面が抜けてよさそうな馬や、気配絶好の馬を探り馬券攻略の1つにしていこうと思います。また、その中には人気の盲点になっている穴馬もい [続きを読む]
  • 小倉大賞典2017予想と過去の傾向
  • 小倉大賞典2017を過去5年分の傾向を元に予想して行きます。冬の小倉競馬ハンデ重賞。いかにも荒れ狂いそうな雰囲気を持つ1戦ですが、過去5年ではそこまでの大波乱の決着はなく、比較的堅めな決着が続いてます。ただ、ハンデ戦ということもあり予想難易度は高いですし、小倉競馬は適正差が大きくレースを左右するコースなので、過去の傾向を元に適正のある馬を導くことが予想の大きなポイントになります。爆裂馬券的中を目指して早 [続きを読む]
  • フェブラリーステークス2017過去の傾向とデータからの有力馬
  • フェブラリーステークス2017の過去5年分のデータから有力馬を考察します。大混戦模様を伺わせる今年のフェブラリーステークスですが、こういう時こそ過去に台頭した馬の傾向を探るのが1つのポイントになりますので、今回も過去5年分のデータに基づき大激走しそうな有力馬を分析して行きます。 本日は過去のデータ予想になりますのでD&KCompany競馬部 予想人のジャンキー松ヨシが担当させて頂きます。皆様よろしくお願い [続きを読む]
  • 京都記念2017展開予想と最終見解
  • 京都記念2017の展開予想と各馬の最終見解を中心に記事を書いていきます。まず無事に開催されて本当によかったです!一時は雪の影響で開催が危ういんじゃないかとさえ思いましたのでホッとしました。ですが、小倉は雪の影響で開催中止、京都も馬場は目でみてわかるほど荒れています。土曜開催を見ていても馬場の影響で伸びあぐねる馬も結構おり、この馬場状況とレース展開が予想の重要なポイントとなりそうです。しっかり展開を読み [続きを読む]
  • 京都記念2017最終追い切り分析と穴馬考察
  • 京都記念2017の最終追い切り分析から穴馬を考察して行きます。マカヒキ、サトノクラウン、スマートレイアーと帰国初戦の馬が数頭。1番人気に推されるであろうマカヒキはほぼ鉄板で好走するだろう材料が揃っています。ただし、ここで目一杯に仕上げてくることはまずありえないでしょう。サトノクラウン、スマートレイアーに関してもそれは同様に言えること。しっかり最終追い切りを分析して状態面は確かめておくにこしたことはない [続きを読む]
  • 共同通信杯2017予想とコース分析からの有力馬
  • 共同通信杯2017の開催されるコースを分析し、適正のある有力馬を予想して行きます。東京の1800mという距離は少し難解なコースであることは皆さんもご存じのコトと思います。毎日王冠やエプソムカップ、2歳戦でも東スポ2歳Sなど結構重要となるレースが開催され、この共同通信杯も例に漏れず近年ではクラシック戦に向け最重要ステップとも言えます。まだ明け3歳の若い馬達なのでコース適正があるのかどうか予想するのは難しいですが [続きを読む]
  • 共同通信杯2017過去のデータからの注目馬
  • 共同通信杯2017の注目馬を過去のデータから導いて行きたいと思います。3歳クラシック戦に向けての大切な1戦となる共同通信杯。昨年はディーマジェスティがここを勝利し、そのまま皐月賞を制覇。一昨年はリアルスティールとドゥラメンテの歴史に残る1戦、その前はイスラボニータ更にはゴールドシップやディープブリランテなど何かとクラシックを賑わせる共同通信杯。2017年の出走馬もクラシックに向け好メンバーが揃ったと言えます [続きを読む]
  • 共同通信杯2017過去のデータからの注目馬
  • 共同通信杯2017の注目馬を過去のデータから導いて行きたいと思います。3歳クラシック戦に向けての大切な1戦となる共同通信杯。昨年はディーマジェスティがここを勝利し、そのまま皐月賞を制覇。一昨年はリアルスティールとドゥラメンテの歴史に残る1戦、その前はイスラボニータ更にはゴールドシップやディープブリランテなど何かとクラシックを賑わせる共同通信杯。2017年の出走馬もクラシックに向け好メンバーが揃ったと言えます [続きを読む]
  • 京都記念2017出走馬分析と有力馬の考察
  • 京都記念2017の出走馬分析を中心に有力馬を考察して行きます。昨日、展望予想の記事で上げた通りマカヒキが予想の中心となる2017年の京都記念。ただ、打倒マカヒキ!な出走馬もおり、有力馬に関しては三つ巴な印象を受けます。何が勝ってもおかしくない!とは言いませんが見た目以上に混戦な印象を受けますので、有力馬に関しては過剰に評価せず、その他の出走馬に関しても軽視しすぎず各馬をフラットに見て予想していくのが大切と [続きを読む]