ひめみこ。。 さん プロフィール

  •  
ひめみこ。。さん: うつぼの漫画
ハンドル名ひめみこ。。 さん
ブログタイトルうつぼの漫画
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/utsubo2016
サイト紹介文平安時代の古典、『宇津保物語』を元に描いた漫画です。 コメディ寄りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/05/16 17:38

ひめみこ。。 さんのブログ記事

  • 81話 菊理風(くくりふ)
  • 俳句講座の期限やお盆などが重なったので前回より1か月ちょっとかかりました(^^;原典の「宇津保物語」には30個超の琴(きん)が登場し、ほとんどに名前がないので、「菊理風(くくりふ)」というオリジナルの琴を登場させてみました若小君と花すすきの姫の関係が軽いものにならないための媚薬のようなエッセンスです原典でも重要人物の二人ですので(*´Д`)アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると [続きを読む]
  • 80話 あるかなきか…
  • 花すすきの姫が目を覚ましました平安時代の高貴な女性は夫以外の男性に顔を見られないようにしていましたが、現代で言うと、裸を見られる感覚なのかなと想像していますそういう事態で当事者の男性がどういう対応をするかが、女性が男性に心を開けるかどうかの境目になるのかなと思います二人きりで気を失っている時の対応とかも食事もお互いに食べ方を見ていたり、見られていたり、お互いを判断する材料だったりもしますねアクセス [続きを読む]
  • 79話 花すすきの君
  • 若干、コミカルな展開になりました(^^;)とはいえ、恋愛はロマンティックな成分よりもこういった成分の方が多いと思いますけどねそういや、AKBの総選挙で結婚します宣言した女の子が「我慢できる恋愛は恋愛じゃない」と総選挙後、言ってたらしいですが…まあ、恋愛はそれでもいいかもしれないが(´・ω・`)結婚は我慢できないと長続きしないですけどね( `ー´)ノ(私は結婚した事ないけど、周囲に聞くと結婚してる人は大なり小なり [続きを読む]
  • 78話 一触即発!
  • やっとアップできました(´・ω・`)ふう(*´з`)原典の『宇津保物語』ではあっさりと終わっちゃってるところを少しエピソードを加えていますなんというか昔はセックスから始まる男女関係が普通だったので「そういうもんだね」とバッサリ描いちゃうとあまりにロマンがないもんですからね後々の展開を考えると、特にそう思うので背景や衣装に四苦八苦してますので、完成に時間がかかってます(/_;)アクセスランキングに参加しています [続きを読む]
  • 77話 度胸だめし
  • やっと77話完成しました宇津保の中でも若小君の恋のくだりはロマンティックながら少々、唐突な感じを受けますので多少なりとじっくり描いてみようと思います^^アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 76話 賀茂詣(かももうで)
  • だいぶ間が空きましたが、やっと完成しましたm(__)m賀茂詣や平安時代の装束の資料を集めつつ、調べつつ、PCのメンテもしたりしながら、ちょっとずつ進めました…この時代に詳しい方には色々つっこみどころもあろうかと思いますが、資料集めや調べものにはおのずと限界もありますし、「うつぼ」はファンタジー漫画ですので、ほどほどに調べたところで前に進めていきますのでよろしくお願いしますまた男性は人前では烏帽子は脱がない [続きを読む]
  • 76話 賀茂詣(かももうで)
  • だいぶ間が空きましたが、やっと完成しましたm(__)m賀茂詣や平安時代の装束の資料を集めつつ、調べつつ、PCのメンテもしたりしながら、ちょっとずつ進めました…この時代に詳しい方には色々つっこみどころもあろうかと思いますが、資料集めや調べものにはおのずと限界もありますし、「うつぼ」はファンタジー漫画ですので、ほどほどに調べたところで前に進めていきますのでよろしくお願いしますまた男性は人前では烏帽子は脱がない [続きを読む]
  • 75話 太政大臣(だじょうだいじん)の息子
  • 新しい巻の始まりです『宇津保』の物語の中では「俊蔭(としかげ)」の巻の中のお話になりますが、俊蔭の冒険とは分ける事にしました一旦、登場人物が一新される事と、平安時代の日本の風俗をいくらか勉強しながら描いたので今までより時間がかかっちゃいました^_^;あんまりガチで調べると前に進まないのでほどほどに前に進めていこうと思います登場人物の髪型については男女ともある程度、自由な感じにしたり、男性の烏帽子や冠な [続きを読む]
  • 75話 太政大臣(だじょうだいじん)の息子
  • 新しい巻の始まりです『宇津保』の物語の中では「俊蔭(としかげ)」の巻の中のお話になりますが、俊蔭の冒険とは分ける事にしました一旦、登場人物が一新される事と、平安時代の日本の風俗をいくらか勉強しながら描いたので今までより時間がかかっちゃいました^_^;あんまりガチで調べると前に進まないのでほどほどに前に進めていこうと思います登場人物の髪型については男女ともある程度、自由な感じにしたり、男性の烏帽子や冠な [続きを読む]
  • 74話 日出づる国へ(ひいづるくにへ)
  • 俊蔭の巻はこれで終わりです読んでくださった方々ありがとうございましたm(__)m次の巻は何年かたった後の日本、都を舞台にお話が始まります…12コマ目は船の帆が描いてないのですが、実は描いてしまうと登場人物たちの目の前の景色が隠れてしまうためです^_^;アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 74話 日出づる国へ(ひいづるくにへ)
  • 俊蔭の巻はこれで終わりです読んでくださった方々ありがとうございましたm(__)m次の巻は何年かたった後の日本、都を舞台にお話が始まります…12コマ目は船の帆が描いてないのですが、実は描いてしまうと登場人物たちの目の前の景色が隠れてしまうためです^_^;アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 72話 苦悩
  • 霧雨は今後、苦い過去と向き合いながら生きていくんでしょうね次回、次々回ぐらいで俊蔭編はラストになりますアクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 72話 苦悩
  • 霧雨は今後、苦い過去と向き合いながら生きていくんでしょうね次回、次々回ぐらいで俊蔭編はラストになりますアクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 71話 謝罪
  • 険悪な雰囲気で始まりましたが、これはすごく健全な形の険悪さですけどね特に日本人はこういう事を言わずに腹に貯め込み、貯め込んだ挙句、怒りを火山のように爆発させたり、突然目の前から消えたりします私自身、職場で良からぬ人物により、仕事で関わるあるグループ全員に誤解され、素直に謝り、事なきを得た経験があります三人衆と霧雨の間にあったしこりはこれでとりあえずの結着を見た事になります現実はこんな簡単なものでは [続きを読む]
  • 71話 謝罪
  • 険悪な雰囲気で始まりましたが、これはすごく健全な形の険悪さですけどね特に日本人はこういう事を言わずに腹に貯め込み、貯め込んだ挙句、怒りを火山のように爆発させたり、突然目の前から消えたりします私自身、職場で良からぬ人物により、仕事で関わるあるグループ全員に誤解され、素直に謝り、事なきを得た経験があります三人衆と霧雨の間にあったしこりはこれでとりあえずの結着を見た事になります現実はこんな簡単なものでは [続きを読む]
  • 70話 一難去って…
  • いつになく険悪なムードの三人衆悪の元凶は九尾のキツネですが、操られたとはいえ、嵐を生み出したのは霧雨の竜の力というわけで…こういう話は現実にも「上司に言われてやったんだ」とか、結構ありますよね実行した本人が完全に罪がないとはならず、何かしら責任を負わされるところもきついところですアクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 70話 一難去って…
  • いつになく険悪なムードの三人衆悪の元凶は九尾のキツネですが、操られたとはいえ、嵐を生み出したのは霧雨の竜の力というわけで…こういう話は現実にも「上司に言われてやったんだ」とか、結構ありますよね実行した本人が完全に罪がないとはならず、何かしら責任を負わされるところもきついところですアクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 69話 竜閣風(りゅうかくふ)
  • 台風で被害などもありましたので、不快に思われたらすみませんハシ国から出発した船のうち、俊蔭たちの乗った一艘のみが助かりました漫画の中では俊蔭たちのみ描写してますけども、描く側としては他の2艘はお話上沈む事となっているので、架空のお話とはいえ、やっぱり気になります現実に被災された方、ご愁傷さまです亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますさて…17コマ目で雲がスクリュー状になりますが、実は数日前にこん [続きを読む]
  • 69話 竜閣風(りゅうかくふ)
  • 台風で被害などもありましたので、不快に思われたらすみませんハシ国から出発した船のうち、俊蔭たちの乗った一艘のみが助かりました漫画の中では俊蔭たちのみ描写してますけども、描く側としては他の2艘はお話上沈む事となっているので、架空のお話とはいえ、やっぱり気になります現実に被災された方、ご愁傷さまです亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします嵐のくだりはとりあえず、これにて終わりです俊蔭が目を覚まし、白雪 [続きを読む]
  • 68話 急行
  • 一旦はバラバラになった仲間たちがあっという間に嵐の海で再会しようとしていますまずは嵐を治めねば…この話で100ページを超えました読んでくれた方々、ありがとうございます^^そして1つの物語で100ページ何とか描いてこられた自分の根気に「おめでとう^^」!アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 68話 急行
  • 一旦はバラバラになった仲間たちがあっという間に嵐の海で再会しようとしていますまずは嵐を治めねば…この話で100ページを超えました読んでくれた方々、ありがとうございます^^そして1つの物語で100ページ何とか描いてこられた自分の根気に「おめでとう^^」!アクセスランキングに参加しています。ポチッと して下さると嬉しいです           ↓ [続きを読む]
  • 67話 決意
  • 白雪は霧雨と共に旅立ちました俊蔭一行を救う方法も見つかり、あとは間に合うかどうかだけちょっとバタバタ感があり、反省です…天皇の衣装ですが、調べていても「これでいいのかなあ」という事があり、こだわりすぎると絵がゴチャゴチャするので、ほどほどテキトーにしていこうと思います『宇津保』自体もそうですし、特に俊蔭編はほぼファンタジー平安ものなので、天皇の文様とか禁色とか、漫画向けに決めてしまおうかなと思って [続きを読む]
  • 67話 決意
  • 白雪は霧雨と共に旅立ちました俊蔭一行を救う方法も見つかり、あとは間に合うかどうかだけちょっとバタバタ感があり、反省です…天皇の衣装ですが、調べていても「これでいいのかなあ」という事があり、こだわりすぎると絵がゴチャゴチャするので、ほどほどテキトーにしていこうと思います『宇津保』自体もそうですし、特に俊蔭編はほぼファンタジー平安ものなので、天皇の文様とか禁色とか、漫画向けに決めてしまおうかなと思って [続きを読む]