Oe さん プロフィール

  •  
Oeさん: ウォーターランドの風に吹かれて
ハンドル名Oe さん
ブログタイトルウォーターランドの風に吹かれて
ブログURLhttp://waterland.o-e.main.jp/
サイト紹介文琵琶湖をフォールディングカヤックで写真を撮りながらツーリングし、写真と文章を掲載しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/05/16 21:28

Oe さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 姉川河口
  •  この日、天気予報によると午前9時頃から風速4メートルの北西の風が吹くらしい。今回、漕ぐつもりなのは長浜市の南浜から姉川にかけての予定なので、琵琶湖の北西側から入った風が西岸に向けて波を運んでくるのを留意する必要がある。そういった理由で漕ぐのなら朝早い時間に限ると思い、8時半には出艇した。5月の終わりとはいえ、水温はそれほど高いわけではない。念のため、ロングジョンを着込んだ。 前回、沖島で愛用して [続きを読む]
  • 沖島
  •  今年初めての漕行記となる。昨年、水郷でお会いしたNさんとその息子さんと、5年ぶりに沖島へ渡った。それにしても、「5年ぶり」と言えるくらいのカヤック歴になったわけだが、頻繁に漕いでいるわけではないので、まだまだ初心者だ。  9時に宮ヶ浜に到着して、カヤックを水辺まで運ぶ。そこで、赤いアルピナ450を組み上げて、出発する方がみえたので、挨拶をする。このブログを読んでくださったことのある方だった [続きを読む]
  • 邂逅の水郷
  •   まだ11月の初めだというのに、寒い日が数日間続いた。こんなに寒くなったら水辺で遊ぶのはきついなと思っていたら温かい休日に恵まれた。こんな日こそ、カヤックに乗るチャンスだ。他の用事は犠牲にしてでも、出かけなくては! 秋の行楽と言えば、紅葉狩りなのだが、僕としては金色に輝く葦原が続く水郷を漕ぎたい。いや、心情的は、漕がなくてはならないと言った方がいい。昨年の秋はここへ来ることは出来なかった。 昨日 [続きを読む]
  • 中秋のマキノ
  •  夏の間、すっかりカヤックから遠ざかっていた。琵琶湖で一番お気に入りの場所のマキノで漕ぐ事にした。   もう10月の終わりだというのに、今年はいつまでも週に何日かは夏日が含まれている。それでも、湖水はやはり夏のものではなく、パドリングシューズやロングジョンの内部に入り込んでくるとひんやりと感じる。  湖畔には、まばらに人がいるだけで、カヤックに乗っている人とは出会わなかった。ほんのちょっと [続きを読む]
  • パドリングシューズ
  •  パドリングシューズを新調した。今までは、冬季は長靴、温かい時期はショート丈のパドリングシューズを使用していた。○長靴 足が濡れないという大きな利点がある。しかし、長靴の高さよりも深い場所に足を浸すと、当然、足は濡れる。その結果、水深に気を使う。経験はないが、沈した場合、長靴を履いたままでは動きづらい。つまり、危険である。早急に長靴の使用はやめた方が良い。○パドリングシューズ(ショート)  どうせ [続きを読む]
  • 長良川2016初夏
  •  ゴールデンウィークもすっかり終わり、世間がバカンスモードから通常モードに切り替わった5月の中旬、未だバカンス気分が抜けないので、例年よりも早いこの時期に長良川を下ってみた。アウトドアでの活動にはこの時期は最も適しているので、今のうちに楽しんでおきたい。紫外線が強くなってきているのは困るけど、夏に比べると暑さはかなりましで、それになによりも、季節が夏に向かうと思うだけで気持ちが高揚するのだ。 いつ [続きを読む]
  • 和邇から蓬莱
  •  ゴールデンウィークの晴れた日、湖西のお気に入りのコース、和邇から舞子浜まで漕ぐことにした。カヤックに乗るときは事前に天気予報、とりわけて風速はよく確認するようにしている。風も穏やかで空も青くて、気持ちの良い一日になりそうだ。  いつもどおり、和邇浜へ荷物を降ろしてカヤックを組み立てる。 例年、ゴールデンウィークからロングジョンは着込まない。でも、カヤックを水に浮かべ、乗り込もうとして足を水に浸す [続きを読む]
  • モノトーンの湖
  •  ついこの間まで咲き誇っていた桜もすっかり散ってしまい、湖面に浮かんだ花筏も今となっては跡形もなく、枝の葉の緑も日ごとに濃くなっていく。春爛漫とした景色は、既に過ぎ去り、季節は初夏に入ろうとしている。 天気予報を見ると風がなさそうだし、夕方までは雨の心配もなさそうなので、少しでも漕げればと思い、長浜の湖岸へ向かった。 フレームを組み立てる時に、久々にやってしまった。フレームの接合部に指を挟んでしま [続きを読む]
  • 海津大崎お花見カヤック2016
  •  「水ぬるむ」は、春の季語である。そうは言っても、まだまだ水温は低い。つい先月、湖西でカヤックの遭難事故があった。その同日、僕もカヤックを予定していたが、天気予報を見てあまりの風の強さに中止にした。何かあったら、すぐに中止にしてしまう。天候はもちろんのこと、ウェアや装備品を自宅に忘れてきたり、眠かったり。。。。エトセトエトセトラ。。。 そんなわけで、カヤックツーリングが出来るのは、条件が整った時だ [続きを読む]
  • マキノ
  •  このブログのサブタイトルが、〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜なのに、琵琶湖を漕ぐのは今年に入って初めてになる。アルピナ1−450を一年ほど使用していないため、そろそろ乗らないと、組み立て方や感覚を忘れてしまう恐れがある。それに、アルピナ2−430は使用回数が多いけど、一度も沈したことはないが、アルピナ1−450は、沈経験がある。水温が冷たくならないうちに、乗っておかないといけない。 そんな理由 [続きを読む]
  • 白水湖
  •  岐阜県の白川村にある白水湖を漕いできた。標高は1200メートルくらい。湖畔には源泉かけ流しの露天風呂がある。温泉成分が、湖水に混じっているため、光線状態によって、エメラルドグリーンや乳白色に見えたりする。20年ほど前に、バイクツーリングで白川郷の帰りにこの湖を見たときは、その神秘的な湖面の色に驚いた。 時が流れて、カヤックに乗るようになり、いつかこの神秘的な天空の湖を漕いでみたいとずっと思ってい [続きを読む]
  • 過去の記事 …