セミリタイア さん プロフィール

  •  
セミリタイアさん: 老後貧乏にならない介護・資格・仕事・お金のこと
ハンドル名セミリタイア さん
ブログタイトル老後貧乏にならない介護・資格・仕事・お金のこと
ブログURLhttp://old-age.click/
サイト紹介文老後困らないようにするには、今からいろいろ準備しておく必要があります、生き残るための情報を発信します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/05/16 22:34

セミリタイア さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家にあるモノを、「貧テック」で売りまくろう!
  • ITと金融を絡めたビジネスを「フィンテック」といいますが、「貧テック」も流行っています最近、フィンテックという言葉がニュースで頻繁にでてきています。アプリで家計簿をつけたり、おつりで資産運用できたりとお金とITを絡めて作ったアプリが人気急上昇しており、時代の変化は加速しているようです。ちなみにアプリで家計簿はマネーフォワードやZaimという会社がサービスをおこなっています。おつりで資産運用するサービスは、 [続きを読む]
  • BS12トゥエルビで10月から「老後資金」についての新番組がはじまります
  • 初回は10月2日(日)17時から放送されますBS12 トゥエルビというBS番組で今日から頭金0円から年収の10倍資産を作る方法 〜老後の生活費1億円を確保〜番組が始まります内容は、サイトには老後資金1億円を確保するための方法を経済コメンテーターとして活躍されている木暮太一さんがわかりやすく紹介する情報番組と書かれています。今日から放送され、素晴らしいことに放送が、今日含め6回放送されますので、時間のご都合が合 [続きを読む]
  • 個人向け確定拠出年金の愛称はiDeCo (イデコ) に決定!
  • DCという言葉と、個人型のキーワードを入れた愛称でした‥来年の1月に法改正されることにより、老後の資産運用として大きく注目されている「個人型確定拠出年金」の愛称募集を8月1日から8月21日までおこなっていました。「i」は、individualという英語から取って意味は個人、もう一つ「i」には「私」という意味が込められており、個人をイメージできるキーワードとして使ったんでしょうね‥。DeCoは、Defined Contribution pension [続きを読む]
  • 日経ウーマンの最新号は、確定拠出年金を特集に!
  • 老後資産の運用として急速に注目され始めている確定拠出年金(DC)確定拠出年金は略語としてDCと言われることがありますが、“Defined Contribution Plan”の略です。確定拠出年金自体、最近できた制度ではありませんが法改正により、2016年1月から個人型DCの加入者の範囲が拡大し、 基本的にすべての方が加入できるようになります。(ほぼ誰でも利用対象となりました)厚生労働省のサイトにも、PDFファイルでわかりやすい説明が載 [続きを読む]
  • 「おひとり老後」は、早めの準備を‥
  • おひとり老後は信頼できる「仲間」と「親族」を持つ!日経ウーマンというキャリア女性向けの雑誌を前回を紹介しました。最近の記事に、老後についての特集が目立ってきたことを前回の記事にしました。最新号では「ひとり老後」という言葉を使っていました。(最新号です↓)景気がよくない中、以前より男女ともに晩婚化、未婚の流れが進んでいます。最終的に未婚となった場合、子どもがいない分生涯最後、一人で生活することになり [続きを読む]
  • 女性雑誌にも、老後の特集の波が押し寄せています‥
  • 日経ウーマンというキャリア志向系雑誌をご存じですか?今年になってから、老後のことを特集した記事が増えてきました。2016年7月号には、STOP! 老後破産 お金が増える人生! 入門と謳って、「老後破産しない! お金習慣&人生シミュレーション」という記事が掲載されていました。まさしく、私がブログのテーマと重なっています!!一番最新の2016年9月号には、「おひとり老後」 に備える10のリストと謳って、●おひとり老 [続きを読む]
  • 20代でも、もう老後の心配をしています
  • どの年齢層でも、今の日本に不安を感じているみたいですね‥少し情報が古いのですが、生命保険文化センターが平成25年に若者向けに行なったアンケートの中で、老後生活に対する不安の有無を調査したところ、86%の方が不安感ありと回答されました。実際、平成の間に生まれた人たちは日本のいい時代を過ごしていないだけでなく、社会全体がブラック企業などから摂取の対象とされるやすい立場にあるので、明るい未来を描きにくいかも [続きを読む]
  • 昔より、今の老後の方が長くなったのでお金もかかります
  • 昔の老後は短ったので、お金があまりかからなかった‥今から65年前の1950年頃は、会社の定年はだいたい55歳ぐらいでした。1950年の平均寿命は、男性58.0歳、女性61.5歳でした。定年退職した後の男性の余命は3年程度でしたので、退職した後の時間はとても短いものでした。生活期間が短い分、多くのお金が必要なこともありませんでした。その後、乳幼児の死亡率が減少し、医学の進歩もあったため、平均寿命が大きく延びました。2014 [続きを読む]
  • 日本は高齢者の就業率が世界でもトップクラスです
  • 60歳過ぎても働きたいのか、働かざるを得ないのか‥働くということは、お金を稼ぐだけでなく、働く本人の達成感や働いている仲間とのコミュニティとしての価値などがあります。ボランティアには基本的に報酬はありません。自発的におこなっている理由として、お金を稼ぐ以外の目的があるから成立する行為だと言えます。今の日本で、60歳以上の働いている方たちがどのような意識で働いているかが気になるところです。調べてみると、 [続きを読む]
  • ハローワークで求人が多い資格は何ですか?
  • 60歳すぎても働ける資格はありますか?今の世の中って、40、50代になると仕事を探そうとしても、採用する側が極端に職局的になる傾向がありますよね。特に男性は、柔軟性がなくなって使いにくくなるとイメージされやすいですよね。しかし、多くの業種で人手不足がずっと続いていることもあり、少しだけ仕事がみつけやすい状況ではあります。特に、人手不足なのが、保育業界と介護業界です。私は、現在高齢者の総合相談窓口の地域包 [続きを読む]
  • 65歳からの人生は平均で20年、お金はいくら必要ですか?
  • 老後の人生はどのくらいあるのでしょうか日本人の寿命は今も延びています。平成26年簡易生命表では、男性は80.50年、女性86.83年となり、世界でもトップクラスです。60歳での平均寿命は男性で23.68年、女性で28.68年となっておりますので、おおまかにいって、65歳から20年近く生活することになります。(結構長いかもしれません‥)老後の生活にどれくらいの費用がかかるのでしょうか厚生労働省の「年金制度基礎調査平成24年」による [続きを読む]
  • 老後貧乏にならない方法は3つあります
  • 老後貧乏にならない方法は、「年金で生活する方法」、「貯蓄で生活する方法」、あと一つは?それは、できるだけ働き続けることです。今の60代や70代の方は、健康な高齢者が多く、体力的に「働く」ことが可能です。制度面でも「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の改正法が2013年4月から施行され、定年後の継続雇用が進みつつあります。この法律は、急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年 [続きを読む]
  • 年金の受給資格期間が大幅に短縮されました
  • 年金を納める最低期間が25年から10年に変更しました年金の受給資格期間を現在の25年から10年に短縮する法律が、平成27年10月に施行されました。これにより、55歳からでも年金を納めることができれば、65歳には10年経ちますので、年金が受給することができます。但し、納付した金額によって年金の受給額が変わりますので、満額でもらえるという訳ではありません。この法律ができた背景として、25年も払いきれないと思った方が年金を [続きを読む]
  • 40・50代から考える老後の貧困リスク
  • みなさんは、老後の心配をしていますか?今の時代、ほとんどの方が安心して過ごせるとは思っていないかもしれませんね‥。世の中の変化がどんどん激しくなっていて、5年後のことさえ予測しづらくなってきています。このサイトでは、老後貧乏・老後破産しないような取り組みやライフプランを提供できればと思っております。私自身、ファイナンシャルプランナー1級と日本FP協会認定のCFPという資格を持っております。福祉の資格で [続きを読む]
  • 過去の記事 …