院生 さん プロフィール

  •  
院生さん: 大学院生の恋と結婚の論
ハンドル名院生 さん
ブログタイトル大学院生の恋と結婚の論
ブログURLhttp://ponnjyo.blogspot.com/
サイト紹介文女子大の結婚相談所で婚活してみようか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 127日(平均0.7回/週) - 参加 2016/05/18 12:27

院生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大学の結婚相談所で婚活を始めるか悩む大学院生の記事
  • 1 大学院生でも妙に婚活が気になる季節2 韓国の初雪と私の中の強い結婚願望3 大学院生なんてやめて早く結婚して欲しい親の本音4 孤独を超えるための結婚の後に積みあがってゆくストレス5 大学の結婚相談所で25歳男性が婚活相手に示した条件は学院卒6 大学の結婚相談所がイチオシだと教授は言うが女性の条件はいかに?7 大学の結婚相談所でも婚活写真はメチャクチャ大事8 結婚の判断と学歴の因果関係 大学の結婚相談所の場合9 非モ [続きを読む]
  • 結婚相談所に登録するか悩みつつ男性の登録メンバーをチラ見した
  • 生まれて初めて?大学の結婚相談所?という独特の雰囲気に包まれた場所に潜入して、複雑な気持ちとなった。時間が過ぎて、登録するかどうか? いまだにわたしの心は揺れている。男性登録メンバーさんのプロフィールファイルが閲覧できて、もう少しどんな人がいるかわかれば入会するかしないかの踏ん切りがつくのに……。そんなわけで、今度は、後輩を連れて潜入してみることにした。二度目の見学だとバレないように微妙に変装をし [続きを読む]
  • 婚活の前に結婚の自分定義を議論しておく
  • 大学の結婚相談所、潜入秘話は少しさておき、結婚観について議論したいと思います。結婚することにもしないことにも、メリットとデメリットがあるて思っています。言い尽くされていることだと思うけど、単純に「結婚=幸せ」でないと。私の周りにも、幸せな結婚をしている人はいっぱいいますよ。もちろん。うちの両親は仲がいいし(何で母親はそんなに父のことが好きなんだろうと疑問に思うぐらい)学生時代の友人たちも(まあ、まだ [続きを読む]
  • 費用-親-非モテ 大学の結婚相談所の三つの特徴
  • たしかに、女子友の中にもとっても可愛かったり綺麗だったりするのに彼氏がいない女子が存在するのは事実だ。性格も良いし、スペックは相当高いはず…なのに婚活どころか彼氏がいないのだから「お一人様」そういえば、40歳までのパートナーのいない男女の半数以上に共通する特徴が、交際相手すらいない完全シングルなんだそうだが、近年の恋愛事情とはそれほど枯渇している現状なんだろうか?反面、彼女のいない男友達は、彼女がい [続きを読む]
  • 結婚の判断と学歴の因果関係 大学の結婚相談所の場合…
  • 大学の結婚相談所、相談所の職員の話や友達からの情報をたぐり寄せると、意外と、多数の利用者がいることがわかった。結構、行ってるのね? 知らなかった。まー、大っぴらに行くような場所でもないんでしょうが……。近々、本気で利用しようと考えている大学の結婚相談所。入会するその前に、乏しい人脈をたぐり寄せて体験談を収集してみた。すると、親の学歴問題と結婚の因果関係について目をそらせない事実にふれることとなった [続きを読む]
  • 大学の結婚相談所でも婚活写真はメチャクチャ大事
  • 婚活に使う写真をナメてたらいかんぜよって、既婚者の先輩主婦におこられてしまった。大学の結婚相談所に出す顔写真もしかり…口角上げてかわいく写し出されるように、写真スタジオで撮影するのは当然なんだそうだ。とその前に…大学の結婚相談所に一緒に潜入してみようと企てた女子友。その女子友いわく……彼女の友達は民間の婚活サービスに50万円払って入会したらしい。50万!まあ、大学の年間の学費より安いから、学費を何年も [続きを読む]
  • 大学の結婚相談所で25歳男性が婚活相手に示した条件は学院卒
  • 婚活する年齢層は実に幅広いと感じている。なぜなら、社会人とかアラフォーとか離婚したシンママとか……年齢や属性によっては自然な結婚が難しいと考えられるからこそ、合理的に結婚成功を目指すことが可能な婚活サービスがあるのだろうと解釈していた。ところが、婚活市場とは私の固定観念を覆すものであったのだ。婚活は既述のようなカテゴリの人々のためにあるのではなく、なんと?大学生のための婚活?も存在する。こんなこと [続きを読む]
  • 孤独を超えるための結婚の後に積みあがってゆくストレス
  • 結婚願望の根っこにある感情は孤独だと思う。孤独は、自分らしい生き方によって生まれる満足感を超えるパワーがある感情だ。仕事もせず大学院生として好きな学問に身を寄せる生き方とは、見方によっては幸福だと見えるが、その裏腹に、院生である私は同期の女子友の結婚ラッシュに恐怖すら覚える瞬間がある。その恐怖の根っこにあるのはやはり?孤独?なのである。私は仕事も結婚も両方良いとこどりをしてやる! と意気込む女子友 [続きを読む]
  • 大学院生なんてやめて早く結婚して欲しい親の本音
  • 早く結婚して欲しいと考える母親、それに対して、結婚したくとも婚活相手さえいない娘。そんな二人がひとつ屋根の下で暮らせば、なにかとわだかまりが深まるのは致し方ないだろう。兄弟姉妹がいて、姉の結婚が決まれば母親のわだかまりは余計にふくらむのだろうね。加えて、数え年の問題……若い女が数え年を気にすることは希でも、親世代ともなると、数え年に気にするのはもう仕方のないことなんだろう…。たしかに、私の年齢が毎 [続きを読む]
  • 韓国の初雪と私の中の強い結婚願望
  • 独女だと思われたくないからつい、「おはしは二つください」と答えてしまうのは虚栄のなせる業だ。もし、本当は独身であるという事実を知った相手だったら「おはしは二つください」と振る舞う私に隠された……強い結婚願望に見るに忍びない気持ちになるだろう。スーパーやコンビニエンスストアでお総菜を買ったとき、店によってはレジで?おはしの必要本数?を尋ねられることがある。そのとき……一本で良いですor二本くださいによ [続きを読む]
  • 大学院生でも妙に婚活が気になる季節
  • 会社を辞めて大学院進学を志した私。女子会社員の薄給といえども、毎月きまって支払われる給料はかけがえのない収入だった。にもかかわらず、最も現実的で、かつ、最大の不安と思われる?大学院進学時の金銭的不安?に揺らぎつつ、大学院生をしています。志を貫いたものの……この先、私の人生はどうなるんだろう? そんなことに頭をもたげる時、いつも浮かぶ考えが?結婚?なのです。そう、結婚して専業主婦になれば、経済的精神的 [続きを読む]
  • 過去の記事 …