知床ころぽっくる さん プロフィール

  •  
知床ころぽっくるさん: 風を聴く森*知床のブログ
ハンドル名知床ころぽっくる さん
ブログタイトル風を聴く森*知床のブログ
ブログURLhttps://koropokkuru.amebaownd.com/
サイト紹介文知床で自然ガイドとして活動する僕が、インタープリターとして成長する為に知床の自然を見つめるブログ。
自由文今日の知床。四季の知床。自然ガイドの日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/05/18 17:46

知床ころぽっくる さんのブログ記事

  • イニシエ ノ モリ.
  • 今日は友人たちと知床の奥の奥にあるような森とその先の3つの湖を目指してトレッキングに行ってきました。毎年のように何度か訪れることがある場所ですが難易度が高くて、なかなか思うようには進めない事もかえって楽しんでいるように思います。はじめは知床の他の森にも多い風景のトドマツの茂る森なのですが、奥になるとアカエゾマツが主体となり苔むした世界に変わっていきます。できるだけ踏まな [続きを読む]
  • ウトロは霧、羅臼は...?
  • 今日も知床半島のウトロ側は濃い霧に包まれて、気温も低め。お客様と相談をして午前中に散策する場所を変更して、今日(5月26日)から夜間通行止めが解除され終日通行可能になった知床横断道路を知床峠を越えて羅臼町に行くことにしました。すると、知床峠を過ぎるとみるみる霧がはれ、曇り空ながらも、時には温かな日差しも滲んでくるような暖かさがありました。そして、ウトロでは花の時期が終わった [続きを読む]
  • 霧けむる先にも鳥の声。
  • 今日は厚い雲が空を覆い、濃霧に森や草原が包まれる時間もありました。気温も低いものの、幸いなことに雨はそれほど降ることもなくて、どこか爽やかな空気に野鳥たちのさえずりも心地が良かったです。フレペの滝の草原ではエゾシカがまったりと草を食(は)んでいる横で、ちょこんと枯れた草にとまるノビタキの姿が可愛らしかったです。フィールドスコープでしばし眺めていましたが、癒しの風景です? [続きを読む]
  • 降りしきる雨は今日の音。
  • 今朝のうっすら濡れた路面に...これ以上は降らないでくれよと空を見上げ、まだ小雨が降ったりやんだりくらいの知床五湖の散策に出発しました。どことなく明るくなった様子に少し安心していたのですが、散策の直前に、ふと眺めた知床連山が霞んでいくことに気がついて、雨がくるという予感が。慌てて車からレインウェアを持ってきたことが幸運で、15分後には激しい雨。新緑の柔らかな葉を打ち鳴らす雨 [続きを読む]
  • かなり少ない沼の水。
  • 貸切の半日コースで訪れることのある森の奥の沼ですが、今シーズンは少ないままに経過していって、このまま雨が少なければ、この空間に水がなくなるのも例年よりかなり早くになりそうに思います。本来でも7月頃にもなれば涸れて、その後はシダの草原になるのですが、知床五湖のように地下から湧きだす水もないので減る一方ですね。さて...どうなるものか?シダの草原になるのも早まるのでしょうか。 [続きを読む]
  • 雨あがりの小桜。
  • 今日は好天も一時お休み。朝から雨が降ったりやんだりしていましたが、お昼過ぎから陽が差しくてくる時間帯もあって、そのタイミングで森歩き!ツアーのご案内で散策する場所より少し先の断崖部へと行ってみると、海沿いの斜面にユキワリコザクラだと思われる花が一面に咲いていました。たしか7年くらい前なら普段のツアーで訪れる(森をはさんだ)隣の断崖にも季節を告げる様々な花の一つして、こうし [続きを読む]
  • スモモの花咲く季節。
  • 知床の原生林の中にはない木ですが、開拓跡地などを歩いていると、かつて植えられたスモモの木が生えていることもあります。季節になると実ができて、それを食べようとヒグマが木に登っている...そんなことも国立公園内の開拓跡地等では年に何度か目撃されますね。もちろん今の時期は実には早いですが、ちょうど花が咲いてきました。…とは言っても花のことなど僕は忘れていて、どこからか流れてくる [続きを読む]
  • 芝桜とタンチョウと。
  • 今日は、日頃仕事が忙しく月に2回ほどしかまともに日中に家にいない妻が何だか珍しく予定もなくて休みだったので、網走に食材の買い物に行ってから大空町の東藻琴芝桜公園へと、ちょっとしたデートに行ってきました。こんな天気の良い日に...自然観察ツアーのご案内が出来ないのも哀しいですが。これも季節ならではの空気を感じる大切なイベントだと思いながら...。 [続きを読む]
  • 新緑に咲く花。燦々と。
  • 今日は半月ぶりに訪れた、この春から新緑の季節のお気に入りの森。前回はキタコブシが咲いたばかりでエゾヤマザクラの開花にも早く、森の木々には葉がなくて、かなり開けた印象であったように思います。ただ、今日は燦々と注ぐ初夏のような太陽の下で、様々な花を見ました。写真一枚目は白いブラシのような花が印象的なヒトリシズカたち。この花はこれからの季節は各散策場所で見ることになるでしょう [続きを読む]
  • 新緑、春蝉、海の色。
  • 晴れ渡り、今日は「よくばり半日ツアー」のオーダーメイドのコース!トレッキングより野鳥観察や風景の写真撮影をじっくりしたいとのご要望で、知床峠方面へドライブをして途中で山々を見上げ、国後島を眺めたり、亜高山の世界から戻ってきて少しだけ断崖部の森を散策したりしました。いやはや、何よりも...ここまで天候に恵まれたことが一番の思い出かも(^^)一気に広がってきた新緑の森に、やや満開 [続きを読む]
  • 知床は羅臼も、いいね??
  • 最近は同じ知床半島でも天候が逆転するような日が多く、今日も朝の段階ではウトロ側は霧がでたり雲が多くてどんよりしていましたが、知床峠を越えて羅臼に行ってみると驚くくらいに晴れていて暖かかったです。そして、知床横断道路の通行可能時間が8時00分〜17時00分に延長されたので、 羅臼側の「熊越の滝」や「間欠泉」等にドライブがてら行ってきました。 季節もやや違う知床半島、羅臼では桜の開 [続きを読む]
  • 雨が"しとしと"降る。
  • 今日は天気予報も雨の予報。それでも朝の段階では降っておらず、このまま午前中の知床五湖のツアー中に降らずにもってくれたら...と、散策中に立ちどまり、咲く桜と空を見上げながら歩いていました。入口から...五湖、四湖、三湖と幸いなことに雨に降られることなく、知床連山も期待していた以上にクッキリと姿を見せてくれており、お客様方の写真を撮る様子も嬉しそうに見えました。僕もですが。結果 [続きを読む]
  • 今日の...?知床峠。
  • 天気予報のわりには晴れ間が見えたり暖かかったり強風以外は穏やかな様子で経過していった知床のウトロ側でした。ただ、お昼頃から山々を包んでいこうと流れてくる雲が次々と、風景の先に眺めていると目立っていて、その方向の知床峠に行くと。。。車で標高が上がっていくと、みるみるうちに雲の中で周囲が真っ白、10m先すら見ることが出来ないような濃霧になってしまいました。車の温度計も外気温を [続きを読む]
  • なんとなく幸せ。
  • 午後の海岸線に土筆(つくし)が生えていました。いっぱい。さわさわ風に揺れる様子は、どこか寄せては返す波のようで、ちょっと滑稽で、周囲の新緑の中で、ちょっと清々しかったです。 つい先日に満開になったばかりに思う知床(ウトロ)の桜ですが昨日から今日でみるみると葉がひろがってきた気もします。瞬く間に変わっていく草木に比べて、山々の雪融けはゆっくりで [続きを読む]
  • 海霧のそばの知床五湖。
  • 例年の5月〜6月頃には(近年は7月にも)、しばしばあることですが、流れこむ海霧で森や湖が真っ白に包まれて対岸すら見えないということ。実際に昨日の知床五湖も海霧によって”そのような状況”だったそうで、幸いなことに僕が案内した午前中は写真(上)のように晴れてくれましたが、観光船が濃霧で欠航になった時間もあり、様々な影響を及ぼしています。知床連山と湖を写真で撮っていると海から冷たい [続きを読む]
  • 羅臼湖にも遅い春の訪れ。
  • 今日は残念ながらお客様のご案内もなくウトロの天候も悪かったので、窓のむこうの空のようにジトジトした気持ちを吹き飛ばそうとドライブに。知床峠へ向かっていくと...当然のようにずっと雲の中で濃霧でしたが、、しだいに周囲が明るくなっていって知床峠に着く頃には見事に晴れ渡りました!せっかくなので散策。羅臼湖入口まで歩くのは大変なのですが、ゴールデンウィーク中には僕は行けなかった羅 [続きを読む]
  • ゆらゆら、ゆるゆる。
  • 今日は雨の予報でしたが思ったほどの雨量にもならず...ぱらぱら..程度、知床横断道路がまた通行止めであったことをぬかせば穏やかな一日です。ウトロの町付近の海岸線から眺めていると波のない海の先では水平線がぼんやりと霞んでいて空との境目も曖昧でこの時期らしくもあります。足下には蕗の葉が茂り、振り返ると斜面のミズバショウも葉が伸びてきました。海沿いの雪融けの早い場所では季節の経過 [続きを読む]
  • 風に吹かれて沼の声。
  • ここは「よくばり半日ツアー」で散策することのある森の奥の沼。そのツアーで先週に訪れた時にはまだ雪が残っており半分が雪原、もう半分が雪融け水の溜まった沼になっている様子でしたが、この時期の森の変化は本当に早いもので今日はすっかり沼でした。ただ、やはり例年の5月上旬に比べると水の量がかなり少なくて、エゾアカガエルの鳴き声も何となく控えめな気もします。不思議なくらい。 [続きを読む]
  • 若葉の空に海。
  • 雨や霧に寒いくらいであった昨日から一夜明けて、今朝は良い天気。やや風は冷たくもありましたが、森を散策するには心地よいくらいで、ひらいたばかりの若葉や草原のササを軽やかに揺らしている様子も、眺めていて心が澄まされるような場面に感じられました。清々しい! 野鳥たちも青空の下に気持ちも昂ることがあるのかはわかりませんが、写真のアオジも胸を張って [続きを読む]
  • 冷たい雨に濡れながら。
  • この時期は例年のことのように暖かい日と寒い日が繰り返しますが、今日は肌寒いくらいの空気に、しとしと降る雨や霧の日になりました。山や峠では雪や路面凍結の恐れもあってお昼頃に知床横断道路が通行止めに。せっかく咲いたエゾヤマザクラやキタコブシも毎年の事とはいえ...冷たい雨粒をその花にまとって艶やかに輝いても、、やはり寒そう。レインウェアをしっかり着て眺める岩尾別川周辺の桜も見 [続きを読む]
  • さくらさくら...♪
  • ようやくウトロ周辺ではここ数日で桜が開花した様子でしたが、知床半島を基部へと車をはしらせて行けば...みるみる色彩が増えていきもう当然のごとくに目に飛びこんでくる満開の桜の鮮やかさです...♪また、斜里町付近ではシラカンバも新緑の色をまとっており、こうした季節の波が瞬く間に...明日や明後日には僕の住む町にもきっと届くのであろうと想うと、青空の広がりと相まって嬉しくなります。 [続きを読む]
  • 水芭蕉の園と蛙の声。
  • 今日は数日ぶりに知床五湖のご案内。ちょうど昨日・一昨日はGWのピークで知床五湖の駐車場もいっぱいで、長い渋滞もできていたようなのですが、僕は渋滞とは無縁な場所の案内ばかりしていたので、様子を想像するばかり。前回に比べて地上遊歩道(大ループ)の残雪はなくっており、かなりの泥濘に、今日(5月6日)から小ループだけでなく大ループも一般開放になりましたが、散策にはスニーカーでは難しく、 [続きを読む]
  • 天気も良く桜も開花!
  • 今日は早朝のツアーから一日の始まりです!日中は暑い最近の知床ですが、やはり夜から明け方にかけては肌寒いくらいの空気に包まれています。ウェアの下に薄いフリースも着て、清々しい空の下でバードウォッチング、様々な野鳥のさえずりを聞きながら、知床連山と朝陽を眺めましたよ。 その後は、みるみる気温も上がっていって少し薄着に着替えて、午前中は断崖部か [続きを読む]
  • 夏のような熱と涼しい風。
  • 今日も昨日から続いて5月とは思えないくらい暑かったです。ウトロの最高気温は25.3℃にまでなって...散策していると汗ばみます。ただ、それは日向になる草原を歩く時のことで林内にはいると涼しく、生ぬるい空気がたちこめる場所もありつつ、急に冷たい風が吹いたり、印象としては全体的には快適であったようにも思います。GWも今日から明日が賑わいのピークのようで町も車で溢れていますが、僕らが散 [続きを読む]
  • 燦々と降りそそぐ春の陽。
  • 昨日も朝からこれくらい晴れてくれていたら、どんなに嬉しかったか...起きたばかりの窓のむこうに思った僕でしたが、天候ばかりはどうにも、気持ちを切り替えて今日もツアーでお客様のご案内に向かうのでした。知床五湖では風に波立つ湖も多かったですが、不意に水鏡になった刹那、それまでの野鳥の鳴き声もやんで、時間がとまったような湖面に山々が。澄み渡った青空と知床連山のコントラストが際立 [続きを読む]