知床ころぽっくる さん プロフィール

  •  
知床ころぽっくるさん: 風を聴く森*知床のブログ
ハンドル名知床ころぽっくる さん
ブログタイトル風を聴く森*知床のブログ
ブログURLhttps://koropokkuru.amebaownd.com/
サイト紹介文知床で自然ガイドとして活動する僕が、インタープリターとして成長する為に知床の自然を見つめるブログ。
自由文今日の知床。四季の知床。自然ガイドの日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/05/18 17:46

知床ころぽっくる さんのブログ記事

  • 霧がはれてアオサギの姿。
  • 最近は濃い霧に包まれることが多いように感じる知床五湖。今日もお昼頃からの散策の出発当初は霧が濃かったように思いますが、とっても幸運なことに湖に着く頃になると、空もすっかり晴れてくれて、僕自身も半分は諦めていたはずの知床連山の姿すら見ることができました。温かい日差しに誘われてかトンボも多く、オシドリ等の水鳥も現れて、知床五湖の第三湖と第二湖には(おそらく同じ個体ですが)アオ [続きを読む]
  • 濃く緑に霧けむる。
  • 今日も朝から濃い霧に包まれていた知床の森や断崖部の草原。吹きあがり流れていく霧によって、きっと散策し訪れるタイミングで目的地になる滝の姿も見えたり見えなかったりしているのでしょうが、僕が歩いていた頃はフレペの滝もスッキリと眺めることができました。ただ、草原は全く見通しがきかないくらいに白くなる瞬間もあって...一般の観光客の皆さんは道が合っているのか心配になるのでしょうね [続きを読む]
  • 早朝の山と、コエゾゼミ。
  • もしかしたら雨で中止にすることも昨晩は相談していた今朝の「フレペの滝・早朝のハイキング」でしたが、はじめは小雨。やや蒸し暑くもありましたが車で移動していくと雨もやんで、ヒンヤリとした風が吹いてくると散策には良い具合になってきました。車の移動中にはエゾシカやヒグマも目撃して、彼らも昨日の暑さから...こうして涼しくなって気分も新たに活動を再開したのでしょうね。この時間帯は霧 [続きを読む]
  • また暑い...34.1℃。
  • また今日も気温が高そうだったので、熱中症に注意せねば!と朝から意気込んでいましたが、予想以上に湿度も高い印象で、さらには...もう一歩で猛暑日という34.1℃まで知床・ウトロの最高気温は昼頃までグングンと上がっていきました。(午後も31℃ほど)ちなみに同じ知床半島の知床連山を越えたむこう側の羅臼は22.3℃で、単純にフェーン現象だけとも言えないのでしょうが、ここまで変わります。写真一 [続きを読む]
  • 映しこむ夏の残像。
  • 今日は知床五湖の散策。昨日は僕自身のツアーの遭遇はないものの、午前中に1度、午後に1度、僕らの前のツアーの組がヒグマに遭遇して、ツアーが中止になって、地上遊歩道が閉鎖するという状況があり...さらには遊歩道が開放されてすぐの夕方にも出没があったそうです。そうして、今朝は僕のツアーが地上遊歩道に一番初めに立ち入るという。昨日が昨日だったので、、いつも以上にヒグマとの接近遭遇が [続きを読む]
  • にょきっ...。
  • 日陰から太陽へ手を伸ばす...そんな勢いのトドマツに励まされます。あまりにもな夏の日差しの熱さに気が滅入る日もありますが、木洩れ日の差し込む涼しい林内の空気は爽やかでリフレッシュです。忙しさに、夏バテに、気持ちがイライラする時も、少し立ちどまり、ふと一息ついて、時間もほんのちょっと忘れて、森の匂いに憩いましょう。小さくとも、大きくとも、それぞれが、それぞれで、今日も輝いて [続きを読む]
  • 咲き乱れて、時代の跡。
  • 一面のお花畑にエゾシカとキタキツネが駆けていきました。咲いている花の種類は知床にもともと生えているものではなく、人為的な影響で侵入した外来種になるものたちなのですが...どこか絵本の世界のようで、不覚にも綺麗な風景に見えました。ここには以前(数十年前)に観光のホテルがあったそうです。その当時にこれらを花を植えたわけではないのでしょうが、時代の経過とともに猛威とも思えるくらい [続きを読む]
  • 霧けむり肌寒し!
  • これまでの蒸し暑い日々から一転して、昨日の午後のどしゃ降りの後からぐんぐんと気温が下がっていって...涼しいも越えて、肌寒い今日です。つい数日前まで最高気温が30℃以上にもなっていたというのに、今日の散策をしていた5時30分〜17時頃ならば気温が15℃から12℃へと。さ〜っと霧雨が降りしきり、さらに濃霧に包まれていたフレペの滝ですが、どうにか滝の姿を見ることが出来てタイミングが良かっ [続きを読む]
  • 甘えん坊...?
  • 早朝の散策でいつもと少し場所を変えて森を歩くと、あちこちで鳴きながら今日はアカゲラが多かったように思います。とくに巣立ったばかりの若い個体の姿が目立っていましたが、巣立ち直前に見える大きな子供が、ふと巣穴から顔をだしています。明らかに窮屈そうにしながら、ほぼ親と見た目は変わらないのに...ずっと「お腹すいた〜!何か持ってきて〜!」と鳴いていました。これから自然と巣立ちの瞬 [続きを読む]
  • 暑いけど野鳥の多い一日。
  • 今日のウトロの最高気温は32.7℃。この暑さ、まだ続くのか!?と最近はやけっぱち気味に変にテンションが上がる僕ですが、、明日の午後からは天候も変わっていって少し涼しくなりそうです。早朝のツアーから始まった一日。やはり朝の空気は爽やかで、その後の蒸し暑さも感じさせないサラッとした風が吹いていました。草原の背が高い草の天辺にちょこんと”おすまし”したようなノビタキ。なんだか可愛 [続きを読む]
  • 空も海も青くて!
  • この7月とは思えない連日の暑さに...少し寝不足気味の知床の住民ですが、今日も澄んだ空気に晴れ渡り、ほぼ快晴の空には気持ちは上がります。ウトロの最高気温は、ちょうど昼頃に32.3℃にまでなったようで、たしかに朝から昼にかけてグングンと気温が上がるのを実感していました。また、知床に本格的な夏の到来を告げるように鳴き始めるセミであるコエゾゼミの声を昨日に続いて今日も聴きました。数は [続きを読む]
  • 緑の絨毯(じゅうたん)。
  • 早朝のツアーから一日の始まり。今日も天気が良くて、暑くなりそう。。。ただ、午前6時頃ならお日様が温かいくらいで、爽やかな空気の草原です。このフレペの滝の周辺では、まだキオンやハンゴウソウが咲く前なので一面の草原にはワラビの繁茂が目立っており、わさわさとした先に海の様子。そんな鬱蒼とした緑の足下(遊歩道のそば)には、ナミキソウが咲いていました。ささやかに朝陽に照らされて風に [続きを読む]
  • 涼を求めて...さまよう?
  • 今日は空いた時間で一人ふらふら森の散歩に行きました。午前中は晴れ間も見えて、熱い日差しに、また気温も30℃超え。せめて...もう少し湿度が低ければ散策にも良いのでしょうが、ツタウルシやイラクサまみれで半袖になるわけにもいかないのでこの服装の影響もあって、、もう汗がとめどなく流れてきます。だけど、川の近くになると涼しい風が吹きぬけますし、ちょっとばかりの沢登りをすると長靴ごし [続きを読む]
  • カナヘビも蒸し暑い日。
  • 昨日の天気予報では斜里町の最高気温はまた30℃を越えそうだったので、これは散策中の水分補給もしっかりしなければ...と考えていましたが、気温はそこまで高くはならず、それでも27℃くらいであったようです。ただ、ものすごく蒸し暑い。。。じと〜っとした汗がまとわりつきます。雨が降るのか降らないのかはっきりしない空模様もまた悩まされますね。僕はレインウェアは着ない選択をしたので、降ら [続きを読む]
  • 雨の匂い。海の匂い。
  • 今日は貸切のツアーでお客様と何か所かの散策をしました。天気予報でも午後からは雨が降る予報で覚悟はしていましたが、一時的に...これはどうしたものか?と考え込むくらいの土砂降りに。ただ、本当に幸いなことに、散策を終えて車に乗る頃が一番ひどく、その後は降ったりやんだりの繰り返しでしたが、小雨程度でした。雨が降り始める前に冷たい風が吹いてきて、そこに雨の匂いのような、断崖部の森 [続きを読む]
  • そんな日向にカイツブリ。
  • 知床五湖に営巣をしている野鳥たち。湖面にも親子の姿を見ることも。オシドリ、マガモ、カルガモの子供たちは先月から姿があって、今は、雛というよりも...親と変わらない大きさまで成長している個体もいます。そうした中で、今年もカイツブリ(写真)はやや遅れながら営巣を始めました。何故にそんな日差しが強く暑そうな湖の真ん中に浮巣を作っているのかと、、なんだか心配な気持ちになりながら双眼 [続きを読む]
  • 晴れ空、日差し、涼み頃。
  • 今日も天候には恵まれたのですが、やっぱり暑いですね。もう朝の散策から汗がとまらないくらいで...道産子にはキツい。それでも、午前中の知床五湖も素敵な風景を見せてくれて、残雪もかなり減ってきた知床連山の様子も夏そのものです。高架木道では意識が朦朧としそうでしたが、良い写真も撮れました! 午後からは貸切ツアーのご案内で、カムイワッカ湯の滝にも。 [続きを読む]
  • 枯葉くわえて...シマリス
  • 今日の森の散策中には久々にエゾシマリスの姿を見かけました。それも...面白かったのが、木の幹を登っては下ってを何度も繰り返し、僕らは4回の往復を観察しましたが、それ以上にしていたはずです。あの小さな身体でよく頑張っているな!そして可愛いな!と眺めていたのですが、番い(2匹)だったようで、木の上にもう1匹が。そして、気がついた事が、登る時には口に枯葉をくわえていて、下りは何もくわ [続きを読む]
  • アリスイの鳴く朝。
  • 今朝の早朝のツアーも森や草原でも野鳥たちが賑やかで、ウグイスのように”さえずる”ものもいれば、幼鳥や若鳥の鳴き声もして、鳥たちの巣立ちの時期にも入っていることを感じることができました。僕はそれほど野鳥の鳴き声に詳しいわけでもないので、この鳴き声は何かな?...と、、昨年の同じ時期にも図鑑等で調べたことを思いだしたり、推測したり、時間がかかってしまう場面もありましが、今日も [続きを読む]
  • 出没。
  • 今日の森の散策ではエゾシカによく出会えました。野生動物を観察することも楽しみにしていたお客様方であったので、草原の中にメスジカが1頭ポツンといる光景でも嬉しそうでしたし、なんと帰り道では仔ジカが僕たちを待っていてくれました...、...と言っても、仔ジカ自体は迷子的なあたふた具合であったのでどうしても僕らの帰るルート的に、その方向に行かざるをえなくて、ちょっと気の毒なことをし [続きを読む]
  • 穏やかな時間。
  • 今日も知床五湖のご案内でしたが、なんだかタイミングが良いもので、(昨日と同様)また散策の開始頃は山々がすっぽり雲に隠れていたのですが、ぐんぐんと雲が消えていって...知床連山の稜線がクッキリと姿を見せました!はじめは薄暗い雲があって、にわか雨でも降らないかと心配したというのに。 知床連山が見え始めるとともに日差しも熱いくらいになってきて、野鳥 [続きを読む]
  • ぶわりと晴れて。
  • 今日はお昼頃から知床五湖を散策してきました。はじめ曇り空。たしか朝に見た天気予報では夕方頃になって晴れてくる...とそんな記憶で歩きましたが、思ったよりも早くに天候が回復する兆し。少しずつ空が明るくなって、太陽、木洩れ日が足下にポツポツと、、見上げてみれば木々の葉が陽に透けてキラキラと輝いて、青空まで。散策の後半の第二湖あたりになると、なんと知床連山まで姿を見せます。 [続きを読む]
  • 濃霧と強雨...?
  • 天気予報は雨。今朝はそれほど天候が悪くなかったので、雨が降りだす前までは、、と思いながらベランダに洗濯物を干していましたが、しだいに暗くなってくる空に1時間程で部屋に取りこむことになりました。そして、森歩きになるのですが...一時的にバケツをひっくり返したような強雨!森の中にいても足元から雨が跳ね返るような状態にもなって...足早に移動です。黙々と歩いていると不意に雨がやんで [続きを読む]
  • Odekake...♪
  • 今日は一日、朝早くから出かけていました。その移動中に広がる畑も始まったばかりの7月に緑が鮮やか?農家さんも忙しそうですね。そして、トラクターが緑の先に。ああ、なんてほろ苦いような感覚。それは郷愁なのでしょうか。晴れ渡って真夏の暑さでしたが、帰る頃には雨が降りだしました。***** 自然ガイド 知床ころぽっくる *****知床五湖・フレペの滝・原生林のトレッキング、自然観察 [続きを読む]
  • 暑い!だけど天気いい!
  • 今日は知床(ウトロ)も気温が上がって湿度もやや高め。蒸し暑い!ウトロの最高気温は28℃だったようですが、風もなかったですし、知床五湖の高架木道は日差しも強いので...もっと暑く感じました。本州からお越しのお客様方でも、私の住む地域の方が暑いわよ!と...言いながらも、やはり北海道でこの気温の高さは予想外だったそう。本当に真夏を思わせる状況の中で、一湖の水鏡は久々に見られました(^^) [続きを読む]