フシミコウイチロウ さん プロフィール

  •  
フシミコウイチロウさん: フシミコウイチロウ
ハンドル名フシミコウイチロウ さん
ブログタイトルフシミコウイチロウ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fushimikouichirou
サイト紹介文言いたい事も言えないこんな世の中にポイズン、するほど言いたい事はない。たまにある。ある時に書けばいい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 319日(平均1.5回/週) - 参加 2016/05/19 09:07

フシミコウイチロウ さんのブログ記事

  • 新しい季節
  • 先日、モンテディオ山形のホーム開幕戦を観戦しに行った。NDスタでの試合観戦は約1年ぶりぐらい。カマタマーレ讃岐との対戦だった。かつてのモンテの守護神、シミケンこと清水健太が讃岐ゴールを守っていた。シミケンを中心とした讃岐の守備は堅く、試合は結局、0−0で引き分けに終わった。新チームはまだまだ連係が未完成。パスミスを連発し、セカンドボールは奪われ放題だった。そんな中、キャプテンでボランチの元日本代表 [続きを読む]
  • 旅立ちの日に
  • 先日、娘が小学校を卒業した。卒業式で、校長先生など多くの人たちが、挨拶である話題について言及した。その話題とは「東日本大震災」である。何故多くの人が話題に挙げたのか?それは、娘たちが震災の混乱冷めやらぬ中、入学式を行った年代だからである。2011年3月11日。福島県南相馬市出身の私にとって、その日を境に起こった出来事を忘れることはないだろう。原発事故の影響で、両親や妹の家族が山形に避難してくることになっ [続きを読む]
  • 無愛想
  • 新幹線に乗っている時の私は、無愛想である。誤解しないで欲しいが、1人で乗ってる時の話である。誰かと乗っている時は普通である。無愛想というよりは、外面スイッチをオフにしている。そして、本を読んだりスマホいじったり車窓の景色を眺めたり寝たり、自分の世界に没頭しているのだ。東京までの約3時間、この時間をこよなく愛している。芸能人ではないので、誰もそんな私を咎めない。そもそも声を掛けられることは皆無だ。新幹 [続きを読む]
  • 小沢健二の20年と社畜の私
  • オザケンこと小沢健二が、20年ぶりにテレ朝系「ミュージック・ステーション」に出演するというニュースが突然舞い込んできた。そうか、彼はそんなに表舞台に出てなかったのか、と20年という年月の重さに目まいがした思いだ。残念ながら番組は見逃してしまった。オザケンとタモリとYOSHIKI(X JAPAN)の3ショット、見たかったな。20年前、よく彼の音楽を聴いていた。特に1993年にリリースした1stアルバム「犬は吠えるが [続きを読む]
  • 「あだ名でフレンドリー」という幻想
  • 世の中には「あだ名」を付ける名人が存在する。芸能界であだ名付け名人と言えば、現在すっかり売れっ子になった有吉弘行の名前が挙げられる。「アメトーーク!」内で品川庄司の品川につけた「おしゃべりクソ野郎」は、有吉を単なる「天国と地獄を知る」芸人から脱却させ、その才能を世に知らしめた代表作だ。誰しもが何となく思っているのだけど、言葉にするのが難しいことを簡潔な言葉で表す、というのは才能のなせる技だ。しかし [続きを読む]
  • Facebook乗っ取られた
  • Facebookを乗っ取られてしまった。乗っ取られたのは正味15分ぐらいの間。アカウント乗っ取りされるなんて、人生初めての経験である。乗っ取り犯は私のFacebookの友達全員に「今忙しい?」とメッセージを送り、返事が返ってきた人に「私のLINEが凍結されてるから、コンタクトリスト中の何名かの友達の携帯検証で凍結を解除することが必要だから 携帯電話番号を教えてくれる?」と返した。さらに、携帯番号を教えると「四桁の検証コ [続きを読む]
  • ジャスラックはヤクザなのか?
  • 音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル ジャスラックが音楽教室から著作権料を徴収する、というニュースを読んで、妻がピアノ教室を開いていることもあり、詳細が知りたくグーグルで検索しようと「ジャスラック」と入力したら、続きの検索候補の一番上に「ヤクザ」と出てきて、思わず吹いてしまった。これが世間のジャスラックに対するパブリックイメージだ。著作権とは、楽曲などの創作物を作 [続きを読む]
  • ジャスラックはヤクザなのか?
  • 音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル ジャスラックが音楽教室から著作権料を徴収する、というニュースを読んで、妻がピアノ教室を開いていることもあり、詳細が知りたくグーグルで検索しようと「ジャスラック」と入力したら、続きの検索候補の一番上に「ヤクザ」と出てきて、思わず吹いてしまった。これが世間のジャスラックに対するパブリックイメージだ。著作権とは、楽曲などの創作物を作 [続きを読む]
  • 新聞を子供に読ませるには
  • NIEという活動を御存知だろうか?Newspaper In Educationの略で、日本語で言うと「教育に新聞を」という意味だ。学校で新聞を教材として活用する事業のことを言う。もともとは戦前のアメリカで始まった事業らしいが、日本でNIEという言葉を聞くようになったのは最近になってからだと思う。それは、新聞業界の危機と無関係ではない。「若者の新聞離れ」という言葉が頻繁に耳に入ってくるようになって久しい。若い人が新聞を読 [続きを読む]
  • 「べっぴんさん」はどう評価される?
  • 今クールのドラマでは、TBS系「カルテット」と日テレ系「スーパーサラリーマン左江内氏」を楽しみにしている。「カルテット」はメインキャラ4人(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)のやり取りが楽しくて、いつまでも見てていたい感じだ。それでいて、松たか子の夫の失踪がらみでサスペンス的な所もあり、今後、展開から目が離せない。「左江内氏」は福田雄一脚本がとにかくふざけてる(笑)佐藤二朗とムロツヨシは安定 [続きを読む]
  • キャプテンってどうやって決める?
  • 新生モンテディオ山形は現在静岡でキャンプ中だが、今年のキャプテンが決まったようだ。今年清水エスパルスから加入した、日本代表の経験もあるMF本田拓也選手である。てっきりモンテ歴の長いDF山田か、ムードメーカーのMF松岡あたりがなるかと思いきや、新加入選手をいきなり選ぶとは驚いた。しかし、私は大いに結構な話だと思う。今年のチームコンセプトに最も適切な人間がキャプテンとして選ばれたということなのだから。 [続きを読む]
  • 1+1=2と言える勇気
  • 「1+1=?」「田んぼの田」小学生の時の「2」以外の定番の解答だ。そう最初に答えた人は偉大だ。しかし大人になって、それ以外の答えがあることを知った。それは…「自分では答えない」だ。???な…何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何を言ってるのかわからなかった。頭がどうにかなりそうだった。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。大人は簡単に自分で答えない。なぜなら「誰が」答えたかが重要だから。それ [続きを読む]
  • 年賀状に子供の写真を使おう
  • 年賀状に子供の写真を使うのはあんまりよくない、と知り合いに言われた。我が家は今年から子供の写真から犬の写真に切り替えたのだが、えっ?!今、世の中はそういうことになってるの?と思い、ググってみた。ググった結果の「ネットでの論調」はだいたいこうだ。子供の写真が嫌がられる理由として、・他人の子供に興味ない。・親と知り合いなだけなのに、その子供の写真を見せられても困る。・不妊症の人や独身の人が不快に思う。 [続きを読む]
  • 洋楽聴こうぜ
  • 用事があって、山形駅周辺で息子と時間をつぶすことになって、駅ビルであるエスパル山形の5階には本屋とCDショップの新星堂があるな、と思って5階へ。新星堂エスパル店は私が学生の頃からあった店で、行けば古今東西のCDが賑やかに並んでて、眺めるだけでもワクワクしたものでした。CDショップの一番の魅力は、店のおすすめCDを試聴するコーナーがあることです。特に洋楽は、基本的に情報源が少ないので、おすすめは貴重で [続きを読む]
  • ブログを書く意味
  • 更新がすっかり滞ってしまった。実はいろいろ途中まで書いてはいた。クラブワールドカップの話とか紅白の話とか。でも、自分の中で何かが納得できなくて、結局最後まで書き切ることができなかった。もともとこのブログは、自分が気が向いた時にちょこちょこと書きたい事書けばいいかな、という程度の認識で始めたものだ。でも書いていくうちに、それなりに反響も出てくると、どうしても読み手の事を考えて、いつの間にか筆が進まな [続きを読む]
  • 「逃げ恥」と、ネットが教えてくれないこと
  • 娘が来年中学生になるので、中学校のオリエンテーションに行ってきました。服装や部活などの説明を受けたあと、時間を取って、最近のインターネットでのトラブルについての話がありました。我が家は特に中学生の息子がいるので、アダルトサイトに関しては注意しないといけないと思っています。今やインターネットでちょっと検索すれば、「モロ」なものに簡単にたどり着くことができます。我々が中学生の頃、インターネットがない時 [続きを読む]
  • 「オール山形」に騙されるな
  • 山形のローカルニュースでたまに出てくる言葉に「オール山形」というのがあります。これはいったいどういう事かというと、山形のライバル企業同士が手を取り合って協力し、何かを成し遂げることを言います。これが最初に使われたのは、山形でロケをした映画の宣伝を県内マスコミみんなでやろう、となった時だったかと思います。藤沢周平の「小川の辺」だったかな?その後「おしん」でもやりましたね。このオール山形という言葉から [続きを読む]
  • J2最終節に思ったこと
  • 20日のサッカーJ2最終節は熱かった。何せそこまでJ1昇格チームもJ3降格チームも全く決まってなかったのだ。全て同時刻キックオフで、その半分以上の試合の行く末が、いろんなチームの運命を変える可能性があったのだから、この時ほどスカパーでザッピングして見たかった、と思った時はない。モンテディオ山形はJ2残留は決まっていたが、対戦相手ギラヴァンツ北九州は、降格するかどうかの瀬戸際だった。しかしモンテは石崎監督のラ [続きを読む]
  • 養正館のひぐらし
  • 今「養正館のひぐらし」という歴史小説を読んでいます。舞台は幕末、天童藩の藩校である養正館に通う学生たちが、戊辰戦争の動乱に巻き込まれていく様が描かれています。幕末の作品は数あれど、天童藩をメインに扱ったものはあまりなかったように思います。その作者の講演会が娘の通う天童南部小であるというので、行ってきました。小学校は藩の調練場跡に建てられています。ちなみに殿様のいる御殿はここの北隣にありました。作者 [続きを読む]
  • 忘れてあげよう
  • 私は前のブログエントリーで、逮捕されたモンテのGK選手の名前を出さなかった。別に報道規制を受けているわけではない。あえて出さなかった。これは、インターネット検索で彼の過去の過ちに辿り着く機会をできる限り少なくしてあげたい、という私の願いが込められてる。人間にできて、コンピューターにできないこと、それは「忘れる」ことである。忘れるなんて、コンピューターにとってしてみれば無駄な機能どころかむしろ欠陥で [続きを読む]
  • サッカーチームで大事なのは何?
  • モンテディオ山形の若手GK選手が児童ポルノ保護法違反で逮捕された事件は、今年一番と言っていいぐらいの衝撃だった。去年11月に動画共有アプリでわいせつ動画をインターネットで閲覧出来る状態にしていた疑いで逮捕されたということだが、もっと衝撃だったのは、それが男児のわいせつ動画であったというのだ。サッカー選手は子供に接する機会が多い。下部組織の子たちとも交流はあるだろうし、時には小学校に行って子供たちの前 [続きを読む]
  • ボブ・ディラン、ノーベル賞いらないってよ
  • 今年のノーベル文学賞の受賞者は、ミュージシャンのボブ・ディランと発表された。毎年村上春樹が受賞するかどうかが話題になるこの賞、全くの想定外(少なくとも私は)の結果となった。私もディランはたまに聴く。アルバムも初期の作品だけだが何枚か持っている。特に好きなのは1965年に発売された「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」だ。フォークに初めてロックサウンドを持ち込んだアルバムと言われている。「サブ [続きを読む]
  • 丸と十勇士
  • 大河ドラマ「真田丸」が世間の評判も視聴率も上々だ。脚本が三谷幸喜というのは影響は大きいが、脚本家の力だけで必ずドラマがヒットするわけではない。「真田丸」は戦国時代の本来の魅力を十二分に引き出したドラマだからヒットしたのだと思う。戦国時代はこれまでもさんざん大河ドラマで扱ってきた。最近だと「天地人」や「軍師勘兵衛」なんかはそれにあたる。この2つ、視聴率はまずまずだったと記憶しているが、面白かったかと [続きを読む]
  • 保護者会
  • 息子が小学校の時入っていたサッカークラブには、保護者会がありませんでした。何故ないかというと、親の負担を極力なくすため、というのと、子供の自主性を育てるために親の過干渉をなくすため、のようです。確かにスポ少に比べたら親の負担は軽かったです。コーチ陣にお茶だしをする必要はなかったし、練習試合で審判を依頼されることもない。でも保護者会が無くて困ったケースは何回かあって、例えば試合会場の駐車場が1チーム [続きを読む]
  • ユーチューバー
  • 「ユーチューバー」ってご存知でしょうか?YouTubeに面白い動画をアップして、それを生業にしている人たちのことです。いまや「小学生がなりたい職業」第3位にまで上り詰めているぐらい人気があります。最近、息子はYouTubeで「ヒカキン」という人が「マインクラフト」というパソコンゲームをしている動画をひたすら見ています。YouTubeには他に面白い動画もあるだろうに、そればっかり。そのヒカキンが、いわゆる人気ユーチューバ [続きを読む]