プルスカ さん プロフィール

  •  
プルスカさん: ドイツ一型事情
ハンドル名プルスカ さん
ブログタイトルドイツ一型事情
ブログURLhttp://ameblo.jp/pulsky77/
サイト紹介文息子が9歳で一型糖尿病を発症しました。ドイツの一型事情を織り交ぜながら家族の日常を綴っていきます。
自由文ドイツー日本ハーフの息子が2012年、9歳で一型糖尿病を発症しました。発症一年後からインスリンポンプOmniPod使用中です。私がみなさんのブログから日本の一型事情を学び、参考にさせて頂いているように、どなたかのお役に立てれば、とドイツでの一型事情を折々紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/05/19 22:36

プルスカ さんのブログ記事

  • 同じ悩み
  • ドラムコンサートで再会した1型の子のママは息子の通うクリニックの麻酔医さんでした(多分今も?) 確か息子が発症後入院して退院の日だったと思うけど病室で帰る準備をして待ってたら廊下を歩いてた女医さんと目が合いあれ?という顔をして病室を覗いて「もしかして君は○○(息子の名)?」と・・ 実は息子同士に共通の友人がいてその子から、息子の名と今入院中ということを聞いていたそう多分ママが日本人ということも聞いて [続きを読む]
  • ドラムコンサートと再会
  • 先週末、ドラムスクールのサマーコンサートで息子も出演させて貰いました 3週間前に復帰してでもまだ足は使えないので手だけで出来る打楽器をさせてもらう?とか言ってたら先生が「これまでやってた曲が良く出来てるから足は僕がやるからコンサート出てみない?」と 息子は人前で発表したり大嫌いなのでもちろん嫌がってましたが「今どうせ暇やんけ、絶対出ろ」と無理やり まぁ出るとなったら家でも珍しく練習して足も左で出来な [続きを読む]
  • 自転車で・・
  • 息子、今週から普通に歩いてOKとなり装具も外して杖無しで歩いてます なんだか新鮮 で、火曜日のリハビリで理学療法士さんに「自転車乗ってもいいよ」と言われたらしく「明日学校に乗っていく」と・・・ まじか いきなり まぁ学校まで近いけどしばらく乗ってないし足も筋肉落ちてるし(ピノキオみたい)「ちょっとこの辺で練習してからにしなさい」と言っても「なんでぇ〜」「ひとまず明日はやめろ」となんとかなだめて昨日は車で [続きを読む]
  • お願いは・・
  • 今日は七夕でしたね 日本語学校に行ってる時は行事の七夕会にお任せって感じでしたが今は私がやらねば誰がやる←ほとんど強迫観念 短冊作って子供達に書かせました 笹じゃないし 幼稚な字と文ですが、ハーフということで許して下さいどっちがどっちかは一目瞭然ですよね 書くの嫌がるかな、と思いきや二人とも文句も言わずに書き始め・・なんか日本のことに関しては素直なんですよね私がいつも縁起が良いとか悪いとかはたまた、バ [続きを読む]
  • インスリンに生かされた私の人生 その4
  • さて、コペンハーゲンからドイツの自宅へ戻った彼のその後ですが・・ ディアスリンはコペンハーゲンから続けて手に入れながら日常の生活が始まります。 学校は2年休んだのでその分を集中的に取り戻し元のクラスへ再編入することが出来ました。友人達もいろいろと助けてくれ2年休んだにもかかわらず半年遅れで卒業試験を受けます。 その間アメリカで溶液化されたインスリンが登場し彼の治療もディアスリンからそのインスリンに [続きを読む]
  • 足がつける!
  • 息子、手術から6週間が過ぎやっと怪我した足をつけるようになりました この2週間は装具を60度から90度までの設定に替えていてそれだけでも随分楽と言ってましたが今日から0度に設定し、いくらでも曲げれてそして、ついに足をついてもよくなりましたといっても最初の1週間は20kgまでの負荷で来週から本格的に歩ける感じです 最初は6週間足がつけないなんて途方もないような気がしてましたが過ぎてみるとあっという間目 [続きを読む]
  • オーマとオーパと
  • 先週末旦那と私とオーマとオーパでお出かけしました 去年のオーパへの誕生日プレゼントがまだ実現出来てなくて週末息子のバスケが無くなった今がチャンスと 息子と娘にも声かけましたが二人とも友達と約束してついて来やしませんまぁオーマ、オーパとはいつも会ってるしね どこへ行ったかというとまずこちら 日本食レストラン オーマは鮭イクラ丼オーパは鮭の照り焼き定食オーパは張り切ってお箸持ってますけど実は唯一お箸苦手な [続きを読む]
  • 発症年齢とか自立とか
  • 息子が発症してすぐの頃血糖コントロールのやり方を学び最初は「大変だ」という気持ちしかなくと同時に考えたのが「私がいなくなったらこの子はどうやって生きていくんだろう・・」ということでした でもすぐに子供はみんないずれ自立し親から離れていくんだから息子も自分でコントロールしていかなければならないし絶対出来るはずなんだ、と思い至りちょっとホッとすることが出来ました 息子が入院中、病院の1型のスタッフさんに [続きを読む]
  • 学校復活
  • 息子、今週からまた学校復活しました事前にエレベーター使わせてもらえるようにお願いして登校時事務室でエレベーターのカギを貰って下校時に返すという 本人「階段で全然いける」と言ってましたがなんせ5年生から12年生までいる学校で休み時間とかビャーっと一斉に生徒達が出てきてどんっとぶつかったりしたらとか思うと・・・ 初日はさすがに事務室まで付いて行こうとしたらはぁという顔でキッパリ「No」と言われ泣く泣く車 [続きを読む]
  • 父の日と誕生日
  • お久しぶりですまた偏頭痛にやられてました・・ 昨日は日本では父の日だったんですよね〜ドイツの父の日は母の日のちょっと後なのでもう済んでましたが昨日はパパの誕生日みんなでグリルしてお祝いしました一番働いてたのはパパだけど 本当に昔から仕事も頑張ってくれてるけど家事に育児にすべての中心となり子供達が小さい頃は暇があれば一緒に遊んでくれというか、本人が一番楽しんで遊ぶもんだからよその子達にも大人気娘の友達 [続きを読む]
  • また注射かいっ
  • 息子、包帯グルグルも傷テープも外してリハビリも順調に進んでます 理学療法士さんに 「回復が早くて経過が良すぎる」 と驚かれたと喜んでましたが確かに私も時々手術したんだっけ?と思うほどただ捻挫しただけのような感じ? 1型のせいで治りが遅いんじゃないかと心配してたのでこれにはホッとしました 本人はいい気になってかならずかあれから連ちゃんで友達の家に遊びに行き土曜日はお昼から夜遅くまで居座りちゃっかりBBQまで [続きを読む]
  • 息子の朝ごはん
  • 息子の朝ごはんは2Type トーストかシリアル このパターンは1型になる前からずっと同じです1型発症後はどちらも炭水化物60gになるようにしてるだけこの”60g”には大して意味は無いですそれまで食べてたのが丁度そのくらいの量だったので切りのいい数字にしてるだけ、というもちろんきっちり量ったりはもはやしてないので”大体60g”ですけどね ドイツのトーストはミニミニで1枚当たり1カーボくらいかな?これは全粒 [続きを読む]
  • インスリンに生かされた私の人生 その3
  • なんだかいろいろあってまたしばらく間が空いてしまいました 息子は新しい装具になって動きやすそうで今日は友達のお家へ遊びに行きました→母の内心その後今度は別の友達がうちに来て泊まって行くそうです最近うちが息子の友人達の溜まり場と化してますわ・・ 前回はデンマークから一筋の希望の光が差したところまででしたが・・ 彼の母親は、たまたまコペンハーゲンに住む彼の叔父から、糖尿病の新しい治験が始まるらしいと聞き [続きを読む]
  • 神コントロールが・・
  • 息子、今日で手術後ちょうど2週間です抜糸も終わりこれまでは包帯グルグル巻きの上に膝を真っすぐに固定するサポーターのお化けみたいなの付けてたんですが今日から曲げる角度を設定できる装具に移行です(最初は60度から) これまでのもでしたが、付け外し可能なので寝る時と松葉杖で移動する時以外は外せますギプスに比べると全然楽だしその間の筋力の低下などを極力抑えれるのでほんと昔に比べると手術してもその後の処置が [続きを読む]
  • のんびり、まったり・・
  • ふと気づくと、もう6月だったんですね〜日本は暑そうですが、こちらも爽やかな夏が来たって感じです 普通なら息子も友達とビーチバレーしたりプールに行ったりしてるんだろうけど でも毎日いろんな友達が訪ねて来てくれ何時間か相手してやってくれるのでほんと、ありがたいです 思い返せば、6歳でバスケを始めずーっとぶっちぎってここまで来たので一息つくのも悪くないかもこれを機に音楽に重点を置いてみても・・とか思いきや [続きを読む]
  • 外科手術と1型
  • 息子、退院して5日目ですが痛みもほとんどなくなり昨日はホームドクターの所で傷を消毒してもらい来週から装着する装具のお店で寸法を計ってもらい今日からリハビリ(と言ってもマッサージから)も開始と忙しくなりつつ、ひとまず先も見えて来たといった感じで私の心配も徐々に減って落ち着いて来ました 学校は、先週は木曜が祭日で金曜も休校そして来週からまた2週間のお休みに入るのでその休み明けから復帰することになってま [続きを読む]
  • 退院しました
  • 息子、手術を終え昨日退院しました! 結局MRIを撮ったら、剥離骨折というよりも膝下の骨に結構パッキリひび入ってました大腿の筋肉に引っ張られて靭帯が切れるより先に骨が折れちゃうという子供の柔らかい骨にはよくあることらしいですただ普通にドリブルシュートをしようとしただけなんですが飛び上がった拍子に衝撃があって立ってられずひびが入った骨が浮き上がって最初は恐ろしく突き出てたみたいですコーチやみんなに「見るな [続きを読む]
  • 転んでもただでは起きない・・
  • 一昨日の金曜日、夜のトレーニングで息子怪我して救急車で運ばれ来週手術することに 救急のお医者さんが優しいお姉さんだったんですが外科のこと全然わからないみたいでレントゲンだけ撮って固定し帰され明日専門医が電話します、と・・ お陰でその晩はまたいろんな不安や恐怖がよぎり全く眠れず(偉そうなこといつも書いてるくせに、やっぱりダメな私を再確認) 翌日すぐに電話が来て膝下の剥離骨折(日本語でこういうのかわかり [続きを読む]
  • 干支
  • 先日、旦那が急に○○(姪っ子)は今年30になるんだっけ?と言うので、えっ来年じゃなかったっけ?とかあれこれ言ってたら、娘が「○○(姪の名)何年だった?」 ん干支 私「確かウサギじゃなかった?」娘「じゃどうなるの?」私・・両手の指で数えようとするけど何をどう数えたらいいかわからなくなって「よけいわからんやんけ・・」(お前は日本人か?)娘「あっ、やっぱりウシじゃなかった?」私「ウシ?ウシなんて無いわ」( [続きを読む]
  • 5月の検診
  • 昨日は3カ月ぶりの検診日でした前回の2月はバスケの学校対抗戦と重なり別の日に変更してもらいましたがなんと、昨日もバスケの学校対抗地区大会が両方ともたま〜にしかないのに、なぜ重なる 今回は試合時間がぎりぎりまでわからず会場の体育館も市内で病院まで10分程なので先生とも相談して、出れる分だけ出るということにしてもらい結局検診の日は変更しませんでした 検診は3時からなのでその前に試合ちょっと見れ [続きを読む]
  • インスリンに生かされた私の人生 その2
  • 今日は母の日ですね子供たちのコントロールを頑張ってるお母さん方自分のコントロールを頑張ってるお母さん方今日はちょっとヒロインぶって自分ってすごいっと浸ってみても良いですよね!1型の大先輩の母上もすごかったです 前回は彼の父親がとんでもない教授がいる大学病院から彼を強制退院させて自宅へ連れ帰った所まででしたが・・ 自宅では彼の母親が献身的に彼の食事制限を行います。オートミールは1日に1度朝食 [続きを読む]
  • インスリンに生かされた私の人生 改めて
  • みなさん、お待たせしました1型の大先輩の本の続きです・・がその前に お気づきになった方もいらっしゃったかもしれませんがこの本に関連するブログを一時削除していましたって言ってももう訳すのしんどいからこの本が見つかったというブログを抹殺してなかったことにしようなんて思ったわけではありませんよ〜〜(してもおかしくない人間ですが)実は、特に誰に何を言われたわけでは無いのですが突然、これ勝手に紹介してい [続きを読む]
  • 悲劇のヒロインじゃなくて
  • 息子が1〜2歳の頃だったかちょうど言葉をいろいろ話し始める頃少し吃音が出たことがありました娘は早くからぺらぺらと流暢におしゃべりしてたのでかなり心配したんですが後で聞いたら、男の子には結構よくあることらしくひと月くらいで自然に治りました その吃音があった当時、息子が何かしゃべろうとして 「お、お、お・・」 と苦しそうになったんですがなんと、それからの 「お、お、ウホウホウホッ」  [続きを読む]
  • 息子の県民ショー?
  • うちの子達は二人とも中1まで週1回の日本語学校へ通ってたんですが息子が準1年生(年長さん?)だった時の参観日のこと その日はひらがなの「ん」を習ってたんですが先生が「みんな”ん”のつく言葉知ってますかぁ?」と聞きそれぞれ 「りんご」 「パンダ」などとかわいく答えているさ中息子もハーイと手を上げあててもらい答えた言葉が 「山口県」 ハイ 一同一瞬静まり返り、先生が「そーだね、” [続きを読む]
  • 運動無しの日
  • 日本はGW真っ盛りいいですね〜 ******この場を借りてちょっとお知らせですが前々回のブログ「ラバーバークーヘン」で日本でもルバーブが手に入るところがあるまたは栽培していたと教えて頂いたので一応レシピを追記してみました全然低糖質じゃないですがぜひ1度お試しを****** 先週末に息子のバスケも最後の試合が終わりようやくシーズンオフといっても2週間だけトレーニング無しでまた来シーズンへ向けてのチー [続きを読む]