medbucks管理人 さん プロフィール

  •  
medbucks管理人さん: MEDBUCKS
ハンドル名medbucks管理人 さん
ブログタイトルMEDBUCKS
ブログURLhttp://medbucks.jp
サイト紹介文医療系情報を発信したい。USMLE, MPH, MBAを目指す医療者のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 125日(平均1.3回/週) - 参加 2016/05/20 11:17

medbucks管理人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分の胃がんを防ぐためにどれくらいのお金を投資するべきか
  • ピロリ菌ってなーに?Helocobacter pylori菌のことであり、胃の中に住む細菌。(胃の中に住む細菌がいて、その細菌が胃癌を引き起こすことを報告して、マーシャル博士が2005年にノーベル医学生理学賞を受賞…細菌が胃癌を引き起こすってことを最初に見つけたのは日本の臨床医である上村 直実先生である。)日本で胃がんが欧米諸国と比べて多い(2011年時点で癌死亡率が男性2位女性3位)とされていて、日本の塩分の高い食事とピロリ菌が [続きを読む]
  • 子供の教育に大切なこと
  • 電車の広告で「子供の脳を伸ばす」系本の広告が最近よく見かけますね。子供の脳を伸ばすにはどういう教育が必要か研究されてきているからです。Interventions shown to Aid Executive Function Development in Children 4?12 Years Old未来の子供たちに何を教育させるべきかサイエンスに取り上げられたこの論文には、人生に成功するためには、創造性、柔軟性、自己コントロール、規律といった実行機能が必要で、どの方法が取得し [続きを読む]
  • TOEFL iBT independent writing について
  • TOEFL independent writingはただの自由英作文です。現実に役立つ映画だけを見るべきだ。本当に美しいのは稀にしか見ないものではなく、よく見るものだ。大学は教師にお金を投資するべきか、施設に投資するべきか。あなたは田舎に住みたいか都会に住みたいか。これに対するあなたの意見を300語程度で述べよ、という形です。まずお約束として、どっちも投資するべきだ、とか田舎にも都会にも住みたいとかはやめてください。どちらか [続きを読む]
  • Cushing現象で呼吸抑制が起こる理由...
  • 今回は医学生向けのアドバンストな内容です。月曜日は憂鬱ですよね。気軽に見ていただけたら嬉しいです。Cushing現象ってなんでしたっけ。Cushing症候群とは全く別物です。頭蓋内圧亢進時に見られる徴候でしたよね。Cushing現象の2徴って覚えていますか?高血圧と徐脈ですね。厳密に言えば、収縮期血圧上昇による脈圧の上昇です。では、Cushing現象の3徴ってご存知ですか?USMLE的には脈圧上昇、徐脈、呼吸抑制です。(呼吸抑制に関し [続きを読む]
  • 点と点を繋ぐ No.2
  • 前回の話は卒前留学後、自分がアメリカで医療(臨床)を学ぶ意味がわからなくなりつつも、でも将来アメリカに行きたい、という話をして実際にアメリカの大学院に行かれた先生が今何をされているか調べたお話しました。今回から臨床留学後に出会い刺激をいただいた方達のお話とその紹介をしようと思います。著名な先生や社会人の方と出会ってお話を聞いた際、その先生達に許可を取ってブログに載せようと当初考えていました。ただそう [続きを読む]
  • 筋トレが世界を救う
  • 肝臓に良い食事とは?昔はあさりやしじみの味噌汁が肝臓に良いとされましたが、鉄分が多すぎてあさりやしじみの味噌汁の取りすぎは良くないとわかっています。今でもネットではあさりやしじみの味噌汁が良いとされるHPが多いですが、現代の医学では鉄分の過剰摂取により酸化ストレスを引き起こすことが言われています。(昔の医学ではしじみやあさりはアミノ酸を含んでいて、それが体に良いとされていました。時代は変わります…)肝 [続きを読む]
  • ストレス社会の僕たちへ
  • 逆説的だが、ストレスは体を活性化させる一方、体にダメージを与えることがわかっている。20年前の論文ですが、ストレスが病気を引き起こす報告です。Protective and damaging effects of stress mediators.(20年前からストレスになると病気になるってわかっているのに、社会の構造は変わらずストレスが増えるばかりですね…)ストレスが起こると体の中でどのような変化が起きるのかアロスタシス(allostasis)という言葉の概念があり [続きを読む]
  • 医療サービスを受ける際、何が決め手となるか
  • 下部消化管内視鏡とマンモグラフィが最も検索された医療サービスこちらへ日本と違いアメリカでは病院間や医者によっても受ける医療サービスの値段が異なります。日本の近所の内科医なら、どこに行ってもお金なんて変わらないんじゃないか…その通りです。アメリカではどこの病院のどの先生に診てもらうか(手術してもらうか)でさえ、値段が変わると言われています。また保険によっても行ける病院が変わります。医療サービスを受ける [続きを読む]
  • 留学先の医学生のベストセラーだったもの
  • こんばんは。久しぶりの更新です。MEDBUCKSはもともとUSMLEのネタで記事を書いて解説をしようという戦略だったのですが...閲覧数が少なくw論文やくだらないことを書くと閲覧数が上がったので味をしめて日々思ったことをつらつら書くブログをこちらにして、旧MEDBUCKSでは引き続きUSMLEネタを投稿していこうと思っています。お薦め記事ポルフィリン症とヘム合成経路Exotoxin Aとは?尿細管間質性腎炎と急性尿細管壊死を区別しようそ [続きを読む]
  • 息で肺がん早期発見へ
  • 息で肺がん早期発見へ。英国で小型・低コスト分析装置の臨床試験記事元今日はYahoo ! ニュースからもらってきたネタです。恥ずかしながら今まで、息で肺がんを早期発見できるなんて知りませんでした。肺がんとは、肺がんは日本の癌死因で男性はNo1,女性はNo2, 男女合わせてもNo1の悪性腫瘍です。日本の最新癌統計まとめ世界中で1年で160万人の人が亡くなると言われています。なぜ肺がんが死亡率が高いのか、もともとhigh agrresive [続きを読む]
  • 母体血清中でα-fetoprotein が上昇 or 減少 したら....
  • 母体血AFP値(肝臓がんの腫瘍マーカー)を図ることで、胎児の先天異常をスクリーニングする、ということは割と有名ですが、日本人の医学生にはあまり馴染みがないので、USMLEでたまに出題されるトピックとして取り上げてみました。 答えから言うと、血清AFP??神経管開在(無脳症、開放性二分脊椎)腹壁欠損(臍帯ヘルニア、腹壁破裂)多胎妊娠 血清AFP??染色体数異常(21トリソミー、18トリソミー) となります。 AFPに関してはこ [続きを読む]
  • 点と点を繋ぐ 
  • 先日、部活でお世話になった先輩(I 先生)に部活の同期と焼肉に連れて行ってもらいました。その時その先生のいらっしゃる大学院も考えていたので、そこの研究室のお話を聞きたい、また実は自分が卒業と同時に結婚式を挙げて身を固めるゆえに、I先生も学生中に結婚されたので子供の育てる時期のタイミングの相談をさせていただきました。I先生にアポイントをとった後、1か月後に焼肉だったので、I先生の研究室の説明会は終わっており [続きを読む]
  • #痛風まっしぐらの僕たちへ
  • 最近インスタグラムで #痛風 #痛風まっしぐら #痛風予備軍 とされるハッシュタグを付けてウニやいくら、ビールの写真が散見される。#痛風まっしぐらとはよく考えたキャッチフレーズだと思う。痛風はだいたい足の親指の付け根に耐えられない痛みがあり熱を持ち赤く腫れあがる。そこに風が吹いただけでも痛むということから付いた名前の病気で、皆様ご存知の通りビールやウニいくらを食べると尿酸値が上がり痛風になるとされる。旨 [続きを読む]
  • 人生最後のダイエット
  • 人生最後のダイエットという特集を組んだ「ターザン」という筋肉マン向け雑誌(嘘です。肉体改造トレーニングから健康や美容まで幅広い一般雑誌)が2015年1月22日刊行された。それを監修されたのが石川善樹先生で、医学博士であり予防医学研究者だ。(いつかお話したい先生のうちの一人です)その先生の著作物である「最後のダイエット」を読んでみた。いくつか石川先生の本を読んだのだが、どの説明もスマートなのに、でも今まで誰も( [続きを読む]
  • ロキソニン (NSAIDs) ってなんで腎臓が悪くなるの?
  • 今回は医学生向けのアドバンストな内容よくUSMLEには出るのに、CBTにはあまりでない内容かもしれません。ただしNSAIDsがなんで腎臓に悪いの?とかACE阻害薬やARB(A2受容体拮抗薬)は腎臓にどのように作用するのか、答えることはできますか?まずACE阻害薬、ARB(A2受容体拮抗薬)は血圧を下げるお薬です。これらの薬は腎臓に優しいとも言われています。なぜでしょうか。ACE阻害薬はAngiotensin Ⅱ(A2)の産生を抑制するわけなのですが、A [続きを読む]
  • アメリカ臨床留学に行くまでと行った後...
  • 2016年3月19日から3月26日まで,米国財団野口医学研究所主催によるアメリカのフィラデルフィア州にあるトーマスジェファーソン大学(TJU)でClinical Skills Programに参加してきました。研修を簡単に説明すると、1週間ですが、午前は救急か外来、午後は内科か講義、1日だけ夜はホームレスの診療所、という形の実習でした。救急では研修医や指導医の下に付き問診から上級医へのプレゼンを見てきました。10分以内で問診、身体所見を取 [続きを読む]
  • 続 射精は21回以上した方がいい?
  • この論文を再度取り上げる’’背景’’としては前回取り上げたブログのアクセス数が急増したからだ。もちろんまた同じ手を使ってアクセス数を増やそう、という試みでは全くない。(と言っても少しその下心はある)射精は月21回以上した方がいい?実はアクセス数が急増した原因の1つに友人の1人がfacebookでシェアをしてくれたおかげもある。おかげで私のブログの内容は日本はおろかアメリカ(逆輸出である)や中国、ハンガリーまで拡大 [続きを読む]
  • 精神科の医療政策/ Wiskott-Aldrich syndrome とは?
  • 今日は精神科の医療政策について軽く調べたので教えます。 これからの精神科が進むむべき方向とは?入院医療中心から地域生活中心へ このキーワードは2004年に厚生労働省が提示したものです。 精神科病床数は日本の病床の約2割を占め、(さて全病床数っていくらでしたっけ?答えは下)また日本の精神科の人口あたりの病床数も諸外国と比べると多いと言われています。この原因は昔の時代の精神科患者の隔離のせいであり...(この話は長 [続きを読む]
  • TOEFL iBT integrated writingの勉強法
  • TOEFL iBT integrated writingの勉強法です。 まずwritingという特殊なテストがあるのだが、英作文がある大学受験を乗り越えてきた優秀な皆様なら、その垣根は低いのかもしれない。 ただし、筆者が大学4年生まで英語を特に勉強することもなくのほほんと堕落した日々を過ごし、気づいた頃には高校生の時よりも英語できなくなっているんじゃねーの?という現状に陥りながら、3か月でライティングを10点以上伸ばした方法を紹介します [続きを読む]
  • 日本の医療政策の最新トピック
  • 前回に引き続いて有名な医学雑誌であるNEJMのある論文についての記事です。(前回は腸内細菌がサイエンスという雑誌で今の研究のトピックの1つであることを取り上げました。) 今日は2015年11月にMichael R. Reichさんが書いた日本の医療システムの未来についてご紹介します。(外国人が書いたってすごいと思ったら渋谷先生が共著者である..)実はこの論文を知ったわけは、日系のアメリカ人の医師と飲み会をした際に、自分が日本の医 [続きを読む]
  • 腸内細菌の最新のトピック
  • 腸内細菌のトピックとしては、2015年11月Scienceという偉大な科学雑誌に腸内細菌の話題だけで2本の論文が上がっている。しかも2本とも腸内細菌と腫瘍免疫との関係を示している。1本はシカゴ大で、もう1本はハーバード大だ。このトピックに関しては既に中村祐輔先生のブログに詳しく書いてあるので、中村祐輔先生のブログ今回はシカゴ大の論文だけを軽く紹介。(さらっとしか読んでいないので間違いがあったら申し訳ない) Commensal [続きを読む]
  • 過去の記事 …